e0206902_1519426.jpg



 シソ君がどんどん葉を大きくしてこのままでは固くなってしまいそうなので
 消費しましょう。
 おむすびには刻んだ葉をたっぷり混ぜて、
 開いた鰯と一緒にくるくるっと巻いてオーブンで焼いたり...

 実はこれは初代シソ君(シソクン)ではなくて、
 この春お嫁入りしてきたシソ君(シソギミ)です。
 しなびたチビの苗が3本だけで5ユーロって高くないですか?
 と、さすがの私(金銭感覚が宇宙人と呼ばれています)も思いましたら、
 お店のムッシューも哀れみを帯びた視線で苗を見つめながら
 「コレ買うの? 二週間位待ったら?」
 「二週間後に出直すなら、うちで育てても一緒です!」 ともう愛着の湧いてしまったシソギミ、
 セーヌ沿いから11区へ嫁いできました。

 初代のシソクンは? 今年はシーンとしたままでもうだめなのかな、
 と思っていましたら、
 このところようやく変化が...


 
e0206902_15541564.jpg


 忍 は大切ですね。


 


 
e0206902_1612146.jpg


バジリコちゃんもようやくつやつやの本葉が出てきています!

[PR]
# by pot-eri | 2012-05-28 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)
e0206902_6472153.jpg



 ずうーっと待っていた
 良い知らせのあった今日は、
 夏の様な暑さとなり、
 じめじめもどんよりもせず
 カラッ!と。

 忍 を飲みつづける日々から
 半歩前進。

 うつくしい三日月
 一緒に膨らんでいこうね。

[PR]
# by pot-eri | 2012-05-24 00:00 | 空.つぶやき | Comments(0)


e0206902_16122768.jpg



サンマロから車で30分、中世の町ディナン方向へ向かうと
プチジャングル〜未来の菜園(?)へ辿り着きます。

ここは生前ブルトンさんのお父さんが趣味の家庭菜園を愉しみ、
当時は四季おりおり、さまざまな野菜、果物が収穫されていたそうです。

縦長のうなぎの様な敷地には、古いキャンピングカーが一台、
その横に物置が併設されているだけの限りなく簡素な環境。
自然と戯れる以外、することはありません。



e0206902_1763393.jpg




それでは、農業フランス語レッスン1. から始めてみましょう。

Piocher 〜ピオシェ[ツルハシで掘る]
 ジュ ピオシュ、チュ ピオシュ、イル ピオシュ、エル ピオシュ、
 ヴ ピオシェ、ヌウ ピオション、イル ピオシュ、エル ピオシュ と活用していきます。

ピオシェに使う道具は une pioche  ユヌピオシュ、とてもシンプルですね。



e0206902_17494.jpg
 


レッスン2.
Becher 〜ベシェ [鋤く、掘り起こす]
 ジュ ベシュ、チュ ベシュ、イル ベシュ、エル ベシュ、
 ヴ ベシェ、ヌウ ベション、イル ベシュ、エル ベシュ

ベシェに使う道具は une beche  ユヌベッシュ = シャベル 
(becher、 une beche のeの上にはとんがり帽のアクサンシルコンフレックスがつきます、念の為。)


e0206902_17374651.jpg



ピオシェの後に、ベッシュで土の天地返しをしてゆくのですが
これでもうカラダはガタガタ、翌朝はばっちり筋肉痛です。
と言っても、耕したのは僅か1.5平米ほど。
一番日の当たりの良い場所に、ハーブがふさふさになる予定です。
( 雑草でふさふさになっている... 無きにしも有らずですね(汗))


e0206902_17452075.jpg



e0206902_17471486.jpg



夢の暮らしのパーマカルチャーには、まだまだ勉強不足...
最後にオマケでコンポストまで作ってみました。
( 次に来たら風で倒れてること間違いなし... です(涙))


e0206902_17552230.jpg



ミミズさんの暮らしをいっぱい邪魔して、謝りながらの庭仕事、


e0206902_1813676.jpg


「マズマズネ」 〜 野を駆け巡る乙女、現場監督ココさん

[PR]
# by pot-eri | 2012-05-22 00:00 | | Comments(2)

五月の海 la mer de mai








e0206902_4183318.jpg



まだ人も少なくて気持ちいい五月の海。



e0206902_421018.jpg



どんなごはんでもピクニックだと美味しいね。




e0206902_4245138.jpg



もうRのつかない月だけど、美味しかったー。




e0206902_4284942.jpg



ココさんの日課、潮の満ち引きチェック中?


ここに居るだけでしあわせ、 ありがとう。

[PR]
# by pot-eri | 2012-05-20 00:00 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)
e0206902_19214795.jpg



  ... !



e0206902_19295143.jpg




 青空ってこういうのでしたね、
 雲一つない。
 忘れてたー !

 ブルトンさんとココちゃんは、一足先にブルターニュへ。
 夕べうちへ戻ると がらん、ぽかん。
 これから追いかけます!

[PR]
# by pot-eri | 2012-05-14 00:00 | 空.つぶやき | Comments(0)
e0206902_0381362.jpg



 フレッシュな野菜達、
 ここのランチはいつもとても美味しい。
 ご一緒していただいたのは、いつもとてもお洒落なNムさん、
 繊細な心配りの出来るヒト、見習いたいなあ。

 話して、聞いて、食べて、飲んで(ノンアルコールです!)、
 見て、感じて...
 五感にさらさらとエネルギーが注がれる。


 
e0206902_0431386.jpg



お皿の宇宙は、
 人参
 カボチャ
 ズッキーニ
 茄子
 レッドパプリカ
 オレンジパプリカ
 ブロッコリー
 カリフラワー
 パネ
 大豆(とうふ)
 プチトマト
 紫キャベツ
 レタス
 ほうれん草
 ビーツ
 ひよこ豆
 パセリ

 思い出せるだけでもこんなにある、素敵。
 これはわたしチョイスの(いつもこれ?)grand mezz、
 Nムさんのムサカも美味しそうでした。
 もちろん全てベジタブル&ビオです、ビーガンメニューも充実しています。
 それ以外に無塩メニューなども事前に頼めば応じてくれるそう、
 奥の深いサービス☆

 ワンプレート + フレッシュジュース + チャイ(or コーヒー)で15ユーロ。
 ボン.ラポー.カリテ.プリ☆ とても良心的と思います。

 SOYA CANTINE BIO   20, rue de la Pierre Levee 75011 Paris

 

[PR]
# by pot-eri | 2012-05-12 00:00 | おでかけ | Comments(0)
e0206902_3333468.jpg



北の街ですからね、
仕方無いのかもしれません、この天気...

久しぶりに、ヌーヴォーロバンソンへ〜
ヌーヴォーロバンソンは、パリ近郊、東、西、南に3店舗ある
オーガニックのスーパーマーケットです。
このところ食品に関しては、我家の近くにも3件ビオのお店が出来て、
(しかも一つはうちの斜め向かい、超便利!)
わざわざメトロを使っての買い出しはしなくなっていました。

今日ヌーヴォーロバンソンへ行ったのは、封筒を買いにです。

フウトウ?
はい、ふつうの封筒です。

フランスのふつうの封筒は50枚ほどの単位で売っています。
これを消費するのに、私の様な凡人には一、二年はゆうに過ぎていきまして...
前回は近所の普通のスーパーで買ったフツウの封筒、
使う度に、あー次はリサイクルの手触りの優しい紙のものにしよう...
と、たかが封筒ですが毎回思っていました。
そしてこの度、晴れて今迄のものを使い切ったので
エコプロダクトの充実したヌーヴォーロバンソンへ出掛けたわけです、封筒を買いに☆

久しぶりに行ったヌーヴォーロバンソンの店内は
配置換えがされていて、見た事のない商品も色々
キッチン用品、コスメ、日用雑貨、本、etc...充実しています。

ここには独自の空気が流れていて、
何とも言えない安堵感、そして細胞が活性化される感じです。
おそらく、お店の人、買い物に来ている人々、陳列された商品、
それらの波動のせいでしょう。

また来よう っと。



e0206902_4404545.jpg








[PR]
# by pot-eri | 2012-05-09 00:00 | おでかけ | Comments(0)
e0206902_19233514.jpg



満ちてゆく月のちから。

窓辺の種まきのゆくえは、パセリとコリアンダーを除いて
他は シーン ... 
土のなかでむぐむぐしていてくれれば良いのですが...
お力添えのほど、お願いしますね、
どうぞぐいぐい引き寄せてください。

小さな命の観測、
土だけの鉢をじーっと見つめる今日この頃。


まだ薄明るい5月3日夜9時半頃の空でした。

[PR]
# by pot-eri | 2012-05-04 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)
e0206902_6342828.jpg




やっと、やっと 青空。
メイデーの祝日は、すずらん売りで始まる
一年で一番良い季節の到来。

午後、ブルトンさんは仕事、私は作業、のつもりが
昼食後、あっさり予定変更、散歩に出ることにする。
西欧人は散歩が好きです。
近場で緑のあるところ...
ヴァンセンヌはきっとパリより人でいっぱいに決まってるし、
車でどこかへ出るには渋滞は免れない、まして遅すぎ...
結局、バスティーユから12区のはずれ迄延びる緑道、
promenade planteeへ地味に散歩に出る。
この緑道は途中にあるトンネルをくぐると、緑の茂った別世界になる。
そのコントラストがなかなか良い◎

途中プチジャングルの参考に、
垣根の作り方、菜園の工夫、コンポストetc...
草花もいちいち触ったりしながら歩くと往復3時間。

休日のこういう場所では
政権がどうこうとか、出世とか、物欲とか
余分なものが見えなくて、
行き交う人 皆 のどかでいい。

平和がいいなあ、とつくづく思う。



[PR]
# by pot-eri | 2012-05-01 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
e0206902_5272215.jpg



昨日ネットで素敵なものをみつけて即買いしました。
エクスプレス便でなく普通郵便の発送を選びましたが、
今朝もうアルザス地方から届いて
びっくり!嬉しい、 これはとってもフランスらしからぬこと。

届いたお品はタイトル通り、
梅の種、 abricotier du Japon 、学名はprunus mume というそうです。
梅干しの種とは違います!
二粒で5ユーロ。
パリで温めてからブルターニュで大きくしようという計画、
果たして発芽するのでしょうか? ドキドキ...

もの凄くスロウなプロジェクトのはじまり、
夢の梅仕事はいつでしょう?
長ーい、温かい目で見守ってくださいね。


梅の種をのせた平皿は、
素焼き前の乾燥時にひびの入ってしまったもの。
こういうの私的には好きなのですが、
砕いてもう一度土に戻して使います。

どこまでもスロウ...

梅干し食べたいー

*      *      *

昨日はチェルノブイリ原発事故から26年目ということを知りました。

多くの人に見て欲しい、知るべき真実があります。
初め数分仏語、その後 仏語字幕の英語になります。
you tube の画像の貼り方が今ひとつ分からないので
下記アドレスからどうぞ↓とても良いフィルムです。

http://youtu.be/dsGZeqPrECM

[PR]
# by pot-eri | 2012-04-27 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(2)
e0206902_1932352.jpg



グレーは好きな色ですが、
こんなにも グレー+ 雨ばかりの日々、
うきうきする春は何処へ...

e0206902_1934241.jpg



昨日は茜色の夕焼けだったようです、多分。
お隣の壁が紅く染まっていましたから、
やったー! 明日は晴れだー とワクワクしました。

e0206902_194312.jpg



そうしたら、今朝もどんより、がっかりです。
月のことを思って種まきしても
太陽無しでは、お話になりません...


e0206902_1942243.jpg


この写真はですね、昨年十一月のある夕暮れ、
このところの巴里はもっと地味です。

[PR]
# by pot-eri | 2012-04-26 00:00 | 空.つぶやき | Comments(0)
e0206902_19402553.jpg




なかなか美味しいテンペのおむすび。

細長く切って照り焼きに仕上げたテンペに
山椒をぱらり。
それを軸にきゅっきゅっと握ります。
茶色いおむすびは、
南仏カマルグの有機玄米です。
パクリ、すると フワリ 山椒のかほり。

お隣は豆腐のフリット
カリッと揚がったら塩胡椒、
塩はフルールドセルがいいです。
パプリカ風味、エルブドプロバンス風味も美味しいです。

茶色いお弁当?
緑は食べ終わった後でしたー。





* テンペとは?  大豆をバナナの葉に包んで発酵させたインドネシアの伝統食、
         納豆の様なコク、匂いはなくソフトで美味しい◎

* 山椒は、粒のものをその都度擂り粉木でごりごり...
  フレッシュなかほりに癒されます。
  
 


[PR]
# by pot-eri | 2012-04-23 00:00 | | Comments(4)

e0206902_19213931.jpg




 何だかきゅっと引き締まりたくて
 ハイビスカスの花びらティー
 ルビーの様な真っ赤な色に、目が覚め、
 ひと口飲むと、
 キュウーッ と細胞が引き締まる。

 東京オリンピックで金メダルを獲得した
 マラソンのアベベ選手は、ハイビスカスティーを
 愛飲していたそうです。

 長距離、短距離どちらでもキューッといけそうな感じです

 酸味が苦手な方にはキツイですね、
 ローズヒップなどとブレンドすると飲みやすくなる様です。

 わたしはしばらく キューッ療法してみようと思います
 人生まだまだ続きますからね...

[PR]
# by pot-eri | 2012-04-19 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)






e0206902_17444974.jpg




アンタ マタキタノネ
アサヒ ガ キモチイイデショ
ケショウ ニ イソガシイノヨ アタチ

ジカンアルノネ? チョットセナカ ナデテクレナイ?



サンマロのミミ(勝手に名付けた)
どこまでもマイペース

猫に学ぶ

[PR]
# by pot-eri | 2012-04-17 00:00 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)
e0206902_1203036.jpg




冬の間足の遠のいていたブルターニュのプチジャングルへ。

二日間の庭仕事は、わずかばかりの土地拡張のための垣根の伐採。
電気のこぎりで木こりに徹するブルトンさん。
私は植木屋よろしく、
はさみでぐるぐるわさわさ伸び放題のロンスというとげとげのツルと戦う。
夏には木苺をいっぱいつけてくれるこのロンス(ミュールと同じファミリー?)
生命力はもの凄い。
ロンスの呪いにあうのでは、というほど働く。
私の中のとげとげしさも抜けて少しソフトになれるかしら? 
この後、ここは耕して菜園になる予定です、さていつのことやら...




e0206902_125491.jpg



先週は日本の方々から満開の桜の写真が届いて、春の挨拶サクラサク、
ふわーっと心が和らぎました。ありがとう、やっぱり日本人ですね。
プチジャングルにもりんごや桃、たんぽぽや知らない野の花もいっぱい。





e0206902_055249.jpg



後ろ髪を引かれつつ巴里へ戻る。





e0206902_4275139.jpg

[PR]
# by pot-eri | 2012-04-14 00:00 | | Comments(0)

スロウ  slow


マルシェに行くと、
ふさふさのハーブの鉢植えがよりどりみどり並んでいた。
うちの種まきした子達は、ようやくちょんちょん、と土から顔を出したところ...


いいのいいの、スロウにいきましょう




e0206902_18405329.jpg















ね、ココちゃん☆
(ココちゃんもうじき15歳でーす!)





[PR]
# by pot-eri | 2012-04-06 00:00 | 巴里.日々 | Comments(2)

ニムニム nimnim

e0206902_1842747.jpg




きょうは少し小さな声でガールズトークです。

皆さんニムニムの布ナプキンをご存知ですか?
タイのオーガニックコットンで手作りされているエコナプキン、
私は何年か前に、当時タイとパリを行き来されていたNgさんから
お土産に、といただきました。
自然素材の布ナプキンは手にするだけで気持ち良いです。
敏感肌でカブレをおこしやすい私にも安心。
外出しない日、アトリエで作業のみの日はニムニム、
そして従来のものとを使い分けていますが、心地よいのは断然ニムニム!

そんなニムニム使用感についての報告とお礼も忘れたまま、
Ngさんは愛するタイへと海を渡って行かれました。

今頃もご主人と二人チェンマイの青空の下、タイビールでも飲んでいるのかなあ...?
美味しいですかあ タイビール??

ニムニムの詳細はこちらのサイトからどうぞ →


[PR]
# by pot-eri | 2012-03-29 00:00 | もの | Comments(0)

種まき   semer

e0206902_2162534.jpg


春の気配ではなく、もう春ですから
窓辺の箱庭解禁!
昨年収穫したロワールのバジリコの種と、


e0206902_2113850.jpg


ちょっと自信のない何年も前にどなたかに頂いた三つ葉と、


e0206902_2114464.jpg



毎年収穫のシソ君、


e0206902_21155849.jpg



そして新メンバー、イタリアンパセリBIO
「ビオの種って何それ?」  とブルトンさんに鼻で笑われましたが、
「それは、もちろん有機農法で栽培、収穫された種ですわよ」 と胸をはって答えました。

「ふーん」  ですって...

あとはシブレットとコリアンダー準備中     るるる...



[PR]
# by pot-eri | 2012-03-22 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)
e0206902_17452977.jpg


先週に引き続き陶芸家Yさんのアトリエでランチ、今回はトマも出席。
おくら、シーフード、レンズ豆 三種のスリランカカリーをいただきながら、
エコロな家づくりについて、トマに聞けばいつでも的確な答えが返ってくる。

トマはまだ30そこそこなのに、ブルターニュの田舎に日本の数寄屋風家屋を自分で建てた。
土木作業から全部です。日本へ行った時持って帰ってきた和紙で障子を作ったり、
上野公園で失敬してきたという桜の小枝を見事挿し木にして、家のまわりには桜並木が
出来るらしい。岩風呂もあるし、水は地下45m掘り起こした地下水があるから、
水道局のお世話にはなっていない。

そんなトマの知恵と力を借りて、Yさんのアトリエ横の空き地に手を入れる。


e0206902_1755710.jpg



いらない木の根っこを掘り起こしたり、ガレキ拾いからのスタート。
小さなことから少しずつ、やがては大きく変わってゆくのだな、
などと思いながら手を動かす。
Yさんがスーツケースに忍ばせて(密輸??)日本から大切に運んで来た柚子の苗木の植樹、
トマからお裾分けの桜、栗、葡萄も植えて、これからの変貌が楽しみ。



e0206902_17461915.jpg




パリ20区に食べ物がいっぱいなる庭、
夢の暮らしは少しずつ...

[PR]
# by pot-eri | 2012-03-21 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
わたしのもとお師匠さま、陶芸家Yさんの新しいアトリエに遊びに行く。
天井が高ーく、自然光の燦々と入る広々理想の空間、ス.テ.キ。
本当はこの日、ブルターニュから出て来るエコロジー建築の専門家トマと
三人でのランチのはずだったのが、日にちを勘違いしていて
Yさんと日本語たっぷり二人ランチに。



e0206902_2275033.jpg



昼間っから、ワインをいただいて、
きゅうりの柚子味噌和え、まぐろの漬け、大根の千切り、
お味噌汁、鰯の天日干しア.ラ.メゾン塩焼き
Yさん作の土鍋で炊いたごはん...

はーっ、しあわせの和食◎

[PR]
# by pot-eri | 2012-03-12 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

3.11.2012

e0206902_4554967.jpg





集団行動が苦手な私、最初は、どうしようかな? とも思ったりしましたが、
祈る気持ちに変わりはないのだから、とトロカデロ広場での祈りに参加することにしました。

5h20起床、
薄暗い空、鳥達は人々の寝静まる巴里を独り占めするように声高く鳴いている。
パリの東に位置する我が家から西のトロカデロ迄はメトロでおよそ40分、
日曜の早朝のメトロには、徹夜で遊び明かした酒臭い若者達... 
そんな中 一駅、二駅と進むごとにホームで静かに電車を待つ日本人が乗ってくる。
黙々と自由意志で、でも何かこうせずにはいられない、内に固いものを秘めている様な
...日本人ってスゴイ。 じわっと涙がこみあげてきてしまう。

早朝のトロカデロ広場、澄んだ空気、無言で少しずつ集まってくる日本人...

発起人、高田賢三さんの挨拶、 


6h46 黙祷



e0206902_555190.jpg



空は少しずつ明るくなって、
人々は普通の一日へ戻ってゆく。




e0206902_532231.jpg




ふつうに過ごす今に感謝します。


















[PR]
# by pot-eri | 2012-03-11 00:00 | 地球 | Comments(0)
e0206902_45950.jpg


わたしが巴里で一番好きな庭は、もうずっと変わることなくパレロワイヤルのお庭です。
ボージュ広場、チュイルリー、リュクサンブール...他にも素敵なところは沢山ありますが、
パレロワイヤルは、その規模といい、つつましやかな品格、たたずむ空気が一番落ち着きます。
きっと、わたしと同じ意見の方、他にも沢山いらっしゃるはずです。



e0206902_4225416.jpg


さらりと絵になるマダムの読書...


今日は一日だけのお仕事で、ここから目と鼻の先の国立図書館にいました。
なのでお昼休みは迷わずここへ... 
まだちょっと寒いですがベンチでおにぎりとか、高野豆腐とか、一人パクパクいただきました。
景観崩してたらごめんなさい。

その側では雀がちゅんちゅん...
チュンチュンチュチュチュチュチュチュンチュンチュチュチュチュ チュンチュンチュン...


e0206902_4285260.jpg



この垣根の中に100羽くらい居そうな勢いでした。
まだ寒いからおこもりなのね。 時々宿から顔出してかわいい◎



e0206902_440463.jpg



パレロワイヤル周辺には、まだどこよりもかろうじて、
古き良きパリらしさがあるなあ、とわたしは思います。
普通に働く人もいながら品の良い巴里があります。
どうぞこれ以上、汚染されませんように。

ねずみ色の空、お昼休みの一時間、「わたしが好きだった巴里」 再確認◎



e0206902_572613.jpg



パリ♡ジュテーム   (久しぶりに思う...)










[PR]
# by pot-eri | 2012-03-07 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
e0206902_19501132.jpg


懐かしい未来 という言葉をご存知の方もいらっしゃると思いますが、
スウェーデン人の環境活動家、ヘレナ.ノバーグ=ホッジさんの著書に
『懐かしい未来 ラダックから学ぶ』 という本があります。

ラダックはインド最北部、標高3000mを超える高地にある村で「リトルチベット」とも呼ばれています。
著者は1975年に初めてラダックを訪れ、そこで遭遇した心豊かな人々のうつくしい社会に
深く魂を揺さぶられます。
それから幾度にもわたりこのラダックを訪れた著者の回想録をもとに、
世に言う《途上国》と《先進国》、何が豊かさで、何が幸せなのかを、考え、見つめ直させられる
素晴らしい本です。

ヘレナさんのもう一冊の本に『いよいよローカルの時代 〜ヘレナさんの幸せの経済学』があります。


e0206902_2044840.jpg


日本の環境運動家、ナマケモノ倶楽部世話人、辻信一さんとの対談形式であるこの本では、
グローバリゼーションの盲点、ローカルに人とつながり、土地に根ざして生きることにより得られる
シアワセについて分かりやすく語られています。

 私がブログのタイトルにそのまま拝借した ancien future 懐かしい未来 は、
ただ新しいものを拒む懐古主義という捉え方ではなく、
ここ100年ほどの間に加速を続け、スピード重視、物質主義の先進国の社会システムで
消えざる負えないもの、見失おうとしているもの、尊い人々の知恵、自然、人と人とのつながり、
そういうものを見つめ直し、大切に生きてゆくシンプルな暮らしのすすめと受け止めています。

同じ様な思いの方とつながってゆくことが出来れば、何よりです。

[PR]
# by pot-eri | 2012-03-05 00:00 | | Comments(0)

一年... un an ...

  3.11より一年、日本人にとって重みのある日付が近づき
世界中で集まりや祈り、さまざまな準備が進められている様です。

ここパリでも

 -ノートルダム寺院《日本へのお祈り》 09/03 17h45〜18h15
  ミニコンサート 19h〜19h30

 -東日本大震災追悼パリ集会 〜犠牲者の方々への追悼と復興への祈りと連帯の思いを伝える集い
  (代表: 高田賢三) 11/03 6h30〜7h30 トロカデロ シャイヨー宮広場

 など予定されている様です。

 日本人だけでなく世界中の多くの人々が
集いに参加出来なくても、祈りを捧げてくれればと思います。

 私的にはノートルダムでのお祈りに参加したかったのですが、
どうしても都合がつかず、早朝のトロカデロへ参加するか、
同じ時刻にどこか別の静かな場所で、自分の内と向き合い祈るべきか考え中です。
どちらにせよ、空気の澄んだ早朝の祈祷、瞑想は大切な時となるでしょう。


*       *       *


 お気づきになられた方は少ないのでは、と思いますが、
 ブログのタイトルを変更しました。
 retro futurisme から ancien future へ、
 懐かしい未来という言葉の響きにあるやさしさに、仏語では
ancien future の方がより近い風にふと思いました。
 
 ちなみにこの《懐かしい未来》の言葉の由来については
 次回、お伝えしたいと思います。あまり間を開けずに...ですね。

 

[PR]
# by pot-eri | 2012-03-04 00:00 | 地球 | Comments(0)

薬草茶 la tisane

ハルノケハイヲカンジルケフコノゴロ...
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

少し寒さの和らいだ巴里で薬草茶をガブガブ飲んでおります。
ヒース(仏名Bruyère)をベースに他4種類のハーブがブレンドされたものです。



e0206902_1755335.jpg

















このブレンドティーの名前は《confort urinaire femme》
お恥ずかしい話なのですが、訳しますと...
《女性の泌尿の手助け》 ... 
一頃の寒さのせいなのか、ほんの微かなカラダの異常を感じまして、
自然の力を借りて自己治癒力を目覚めさせています。
他には、小豆をせっせとお料理に使ったり、陰性に緩んだカラダを
引き締める食べもの、お味噌も良いですetc... 

このハーブティーは1区にあるハーブの老舗店、
Herboristerie du Palais Royal で調達しました。
ヒースだけのハーブもありますが、
症状を伝えるとこちらのブレンドを薦めてくれたり、
煎じ方や飲み方もきちんと説明してくれたり、
とてもプロフェッショナルで良いお店です。
そしてお茶としても美味しくてはまっています。
出掛ける時も水筒に入れてガブガブ。

そして肝心の効果ですが、
一週間も経たずに放尿時に微かに感じていた痛みというか、
突っ張り感、残尿感は消えてゆきました。

今回初めてこういう症状を体験しましたが、
調べてみると女性には多い悩みな様で、
からだの訴えは早くに気づくこと、
気づける様に耳を傾けることが大切ですね。
この手のトラブルは癖になりやすい様なので、
これからも気をつけたいと思います。

*Herboristerie du Palais Royal   11,rue des petits champs 75001 Paris
                                                www.herboristerie.com



[PR]
# by pot-eri | 2012-02-17 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(2)

さむい ca caille!

今朝、アパートの外へ一歩出てから慌てて家へ引き戻る。

もの凄く、寒ーい! 冷凍庫状態でございます。

探し物は、耳当て+ポンポン付きネパールの毛糸の帽子、
薄グレーとこげ茶の二色アイスみたいなこの子の出番がやっとやって来た。

これをかぶるとかなりスペース(←怪しい人)みたい、と自分でも薄々感じていますが、
何よりも防寒、そして実はお気に入りであったりします。

堂々とこんな姿で歩いても大丈夫なのは、
巴里の道行く人々、みんなすごいことになっています。

今夜は本焼きの窯詰めを澄ませ、スイッチを入れて帰る時はもう0時、
自宅迄の道のり、
半月の暗闇で時々すれ違う人は皆、獣系忍者さん。
一瞬おののくものの
おそらくそれは相互に感じていることでしょう。

この寒さ、金曜日にピークがやって来る様です。

明日の作業場は窯出し、トロピカルです☆ ルルル...



e0206902_1015268.jpg



暖かい家の中では、
神話とハーブティーでぬくぬく。

フィンランドの国民叙事詩『カレワラ』
ポエティックであり、血なまぐさい場面もあったりします。

[PR]
# by pot-eri | 2012-02-02 00:49 | 巴里.日々 | Comments(0)

朝の散歩 promenade du matin

 
 
e0206902_20143015.jpg



 あの船に乗るとイギリスへ行かれる...
 大西洋の北の海は静かで広い。
 冬のブルターニュなのに青空、困るなあ、どんどん心が奪われてゆく。



e0206902_20212557.jpg


 
e0206902_20205580.jpg



今朝はいささか驚いております...


 
e0206902_20235862.jpg



 ダビデの星? サンマロに??
 ケルトとユダヤ 次の読書のテーマになりそう...

[PR]
# by pot-eri | 2012-01-16 20:37 | | Comments(0)
  
  
e0206902_715012.jpg



  元旦に巴里でいただいたお節。
  mさんのお母様手作りの田作りや黒豆、
  やさしい薄味で はーっ シアワセなお正月。
  外国での年明け、これはとても贅沢なことなのです。

  子供の頃は全然好きでなかったのに、
  今は、ずっとちびちび食べ続けていたい...

  ちなみにブルトンさんに「どれが一番好き?」と尋ねると
  「プチポワソン!」 田作りでした。
  勿体無いから全部たべなくてもいいですよー(わたしが食べるから〜)

  mさん、mママさん、どうもありがとう。



  
e0206902_7455394.jpg

  

[PR]
# by pot-eri | 2012-01-05 07:50 | 巴里.日々 | Comments(0)

Bonne Annee 2012

e0206902_7115157.jpg




e0206902_7154624.jpg



 
e0206902_713324.jpg


e0206902_7191511.jpg


e0206902_7221181.jpg


e0206902_7225022.jpg


e0206902_7232862.jpg


e0206902_7241199.jpg



e0206902_7245885.jpg



 新しい年、

 地球の平和、

 そしてみなさまの健康を心よりお祈りいたします。




 




 
[PR]
# by pot-eri | 2012-01-03 00:00 | ごあいさつ | Comments(0)
e0206902_701010.jpg


  ぐるぐる、ごそごそ...

 100%ナチュラル、森の贈り物... 拾い物

 ルルル... ノエルはもうすぐ

 
 家の中に温かさが増す、不思議な森のチカラ
 






e0206902_6584178.jpg

[PR]
# by pot-eri | 2011-12-19 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30