e0206902_16264568.jpg
 



e0206902_16272695.jpg





日曜日はお昼前に思いついて、南ブルターニュへ
私の居る北ブルターニュからは車で2時間掛かりました。

遅いランチを済ませた後、海へ
暑い一日だったので足浴、 





e0206902_1628971.jpg






気持ちいい~

足浴だけでは物足りなくて脱ぎ出したヒト...






e0206902_1628381.jpg





下着のパンツいっちょです。。 いいなぁ 自由で◎







e0206902_16294292.jpg





茜色の空、 毎日毎日青天に感謝です◎





[PR]
# by pot-eri | 2018-06-28 16:30 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)







e0206902_19443778.jpg






朝の散歩の収穫、さくらんぼう*
散歩の途中にいくつもさくらんぼう付きの桜の木を発見!
未だ若い木なので実が小さめですが、甘くて美味しい。
これから年を重ね大きな実になってゆくのね ふふふ...





e0206902_19475631.jpg





毎朝欠かさずの一杯。
目の覚めるような赤は、ビーツの赤です。
ビーツ、にんじん、グレープフルーツ、キウイ、だったり
ビーツ、にんじん、オレンジ、キウイ、バナナ とか
ビーツは土臭くならない程度にピンポン玉くらい入れます ゴクゴク。。






e0206902_19533456.jpg






庭の小屋はパイン材に深みを出したくbrou de noixというクルミの殻の天然着色液を塗りました。
その上から亜麻仁油を一度塗り、二度塗り あともう一回。
毎日お天気が良く、爽やかな海からの風もあるので゛塗り日和゛ という感じです。


[PR]
# by pot-eri | 2018-06-23 20:01 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)





e0206902_22353572.jpg








ここで暮らしたい

と10年くらい前に思い
今も未だその思いは消えていない。




e0206902_2251757.jpg



e0206902_22431215.jpg





大きな樫の木に守られ、
林檎、梨、桜、梅、胡桃の木...
精霊と寄り添う暮し

いつかきっと叶うね。





e0206902_22575464.jpg






[PR]
# by pot-eri | 2018-06-19 22:58 | ブルターニュ.日々 | Comments(6)







e0206902_5194358.jpg






イルドレとブルターニュの一番の違いは、空の青さと白い家。
ブルターニュは石の家、そして青空の日もありますけれど、ブルー、グレー、白 コロコロ変わります。。

私達がイルドレに行った時はまた、たまたま夏の様なお天気だったというのもあるかもしれませんが。。





e0206902_5524499.jpg



e0206902_5204032.jpg





e0206902_16141743.jpg







島には゛フランスの最も美しい村゛に指定されている村が二つあります。
私達は車で周りましたが
この小さな島の魅力を満喫するのなら本当は自転車で周るのが良いのだと思います。



ランチは宿で仲良しになったオランダ人のカップルから教えていただいた
メニューはシンプル、生牡蠣が食べれて絶景というところへ →★







e0206902_518464.jpg




e0206902_5332097.jpg






e0206902_5325226.jpg





目の前は海、





e0206902_685443.jpg





ヴァカンスムード 爆発!


つづく


[PR]
# by pot-eri | 2018-06-15 05:26 | おでかけ | Comments(8)







e0206902_14251032.jpg




小屋プロジェクト続いています。






e0206902_1426212.jpg





サクサクS氏が来て下さり、





e0206902_14263557.jpg






外二面の壁がほぼ終了。 そして、
この小屋のことを相談したらあっという間に見つけてきてくださった古い扉
ブルターニュの古いお家で使われていたお勝手用の扉だそうです。
素材はオークなので重たい、40キロくらいある立派な扉 嬉しい*






e0206902_1427832.jpg




はい、ぽてりさんの出番♪





e0206902_14273754.jpg




ガリガリガリ... ひーふー ひーふー
古いペンキ剥がし 濃いグレーの下はタマゴ色その下はブルーグレー三層なの、、

小屋の中での作業は心地良いです。
ここに住みたいくらい◎

[PR]
# by pot-eri | 2018-06-14 14:29 | | Comments(4)

Pesto de roquette







e0206902_2139162.jpg





ロケット... ルッコラが好きなのでこの春も庭のあちらこちらに種を撒いた。

白に紫のすじの入った可憐な十字の花も愛おしい。
バケツ一杯分、大量に収穫したロケットの葉でペストを作りました。

苦味があるのでバジルペストほど万人うけするものではないと思いますが
薬草系love な私はあっという間に一瓶空にしてしまいました。


ロケット、大蒜、カシューナッツ、フルール.ド.セル(塩の華)、オリーブオイル

それだけ。
シンプルだから、美味しい塩と、美味しいオリーブオイルを使ってください。

だけど今回はカシューナッツが無かったので、アーモンドで作っちゃった
やっぱりなんちゃってなぽてりです。


[PR]
# by pot-eri | 2018-06-10 21:32 | | Comments(2)

大蒜  l'ail






e0206902_695885.jpg





くんくんくん...

掘り出したばかりの大蒜よ*







e0206902_6121140.jpg






九月に植えた種用にんにくではなく、ビオの食用にんにく。
水を欠かせないように気をつけてすくすく育っていましたが
半月留守にして戻ってみると、葉が黄色いテンテンの錆病になってしまっていたので
思い切って全て掘り出しました。
収穫は七月初め頃? と思っていたのでちょっと早いかなーとびくびくしながら引き抜いてみると、それなりに大きくなってくれていましたー

もつように乾燥させたく、
でも、病気の葉を切り落としてしまったので、糸を巻いて吊るしてみました。

フレッシュ大蒜の美味しい食べ方レシピ、探してみようと思っています。
おすすめな食べ方あったら教えて下さいね。





[PR]
# by pot-eri | 2018-06-09 06:22 | 植物.ハーブ | Comments(0)






e0206902_642744.jpg



小屋プロジェクトに強~い身方登場。
物置小屋は既製のキットになったようなものもあるのですが、どんなに探してみても
私の希望するようなサイズとデザインのものが無く、
家の修復でもお世話になっているブルターニュのお友達abeilleさんのご主人S氏に相談してみると
私の描いた子供のようなデッサンを元に造ってくださることになりました。

S氏の仕事は早いです。



サクサク、



e0206902_6423944.jpg






サクサクサク、



e0206902_6431167.jpg





骨組み終了~ !


次回は壁板と扉が付くそうです。


ありがとう S氏☆


[PR]
# by pot-eri | 2018-06-08 06:43 | | Comments(4)







e0206902_18342889.jpg








半月留守にしてブルターニュの家へ辿り着くと
家に入るよりもまず、庭へ

すると、そこは

ボンジュール アマゾン ...





e0206902_18345651.jpg





五月後半、おそらくブルターニュも夏日+夕立の日がつづいたのでしょう。
薔薇たちは狂い咲き、背を伸ばし、なぎ倒され、カモミール、ボリジ、ルッコラ、
ハーブも雑草もめちゃくちゃ。。
薔薇たちの咲き始める一番愛おしい季節に相手が出来ず
どこから手をつけたら良いものか、からだは一つなのだから。。と開き直って
その日は庭でアペロしました。

アペロしている最中も、ついつい雑草に手が伸びてしまいます。








e0206902_1835506.jpg




e0206902_18362116.jpg




e0206902_1642465.jpg







↑ 小旅行先のラロシェルでも一度だけ夕立にあい身動き取れなくなりました。
この後パリではもっともの凄い夕立がありました。
夕立で思い出すのは、海辺に夕立が来てメリーゴーランドの下で皆が立ちんぼになるという
イブモンタン主演の仏映画、タイトル忘れてしまいました。確かそれがラストシーンだったと思います。
どなたかご存知でしたら教えて下さい。もう一度見たいです。






e0206902_18365814.jpg





出掛ける前に支柱を立てておいたので
初めて成功しているお豆さん。
早くに収穫するとさやえんどうで、そのまま成長させるとグリーンピースになるって
初めて知りました(冷汗) 

人生まだまだ学ぶこと多し... です。

[PR]
# by pot-eri | 2018-06-06 18:37 | | Comments(6)






e0206902_6362135.jpg






またまたご無沙汰してしまいました。


五月後半はあっという間に過ぎてしまいました。


母と母のお友達の二週間のフランス滞在のガードマンとして
パリ、フランス南西の港町ラロシェル、そこから橋を渡って行けるレ島へ
女三人楽しかったなぁ。。






e0206902_650723.jpg






ブルターニュへ戻って来ると、庭も家もアトリエもやることだらけ。。
ぼちぼちと、旅の思い出も残してゆきたいと思いまーす。





e0206902_651507.jpg







[PR]
# by pot-eri | 2018-06-05 06:59 | おでかけ | Comments(2)

嫁入り仕度 la preparation






e0206902_735577.jpg





10時間掛けて温度を上げ、一昼夜ゆっくりゆっくり冷ましたもの達と
ご対面、

最後の仕上げのサンドペーパーかけをしたら
お嫁入りの準備をします。

手放すのはあっという間...。

[PR]
# by pot-eri | 2018-05-12 07:46 | | Comments(0)







e0206902_342520.jpg





やっと終わったー 
今日一日で40ピースの施釉。 最近の私は釉薬を吹き掛けしているので、これはなかなか辛い作業なのです。
勢いよく口で吹いて釉薬を噴射させるので、続けていると酸欠になりそうになります。。
釉薬の入ったバケツにポチャンとくぐらせたり、柄杓で掛けたりすれば早いのに何でそんなことしてるの? と言われてしまいそうですが、
なるべく薄く釉薬を掛けたいのでそうしています。
エアーコンプレッサー欲しい。。

祭日の今日はご近所さん達もお友達とピクニックへ出掛けたり、家族でバーベキューしたり...
皆さん楽しそうにしてるけれど、ぽてりさんは一人篭もって作業。
ブルトンさんもパリで仕事。今週末からしばらく休暇になるのでお互いあと少し、鼻先に人参ぶら下げてがんばっています。

私の方は後は本焼き、これは天の神さま、火の神さまに委ねるしかないので、
ここでひとまず幕が下りる感じです。

大失敗だったら、、、とかそういうことはもう考えない。

このところ犠牲にしていたやりたいことがたーくさんあるので
まずは明日、アトリエの大掃除します。


[PR]
# by pot-eri | 2018-05-09 03:31 | | Comments(8)







e0206902_542141.jpg






うちの裏庭の北東の隅にこんもりと丘のように土がもり上がった一角があり
椰子の葉の様な怪しい植物があまり光りも必要とせずに居心地良さそうにしていました。
ここに物置小屋を作るという計画は未来の家&アトリエ計画が始まった時から私の中にはあったのですが、最近わかったこと それは...

私が動かなければ、何ひとつ一生進まない ...   ということ。


なので動き始めました!  (こんもりした丘の状態を写真に収めなかったのが残念です。。これは大分平らになった図)

ひと月ほど前から怪しい植物の引っこ抜き作業、そして丘崩し、
ごろごろ大きな石、レンガ、ペットボトル、硝子の破片、瓦礫がいっぱい出てきます、、
夏に向けての庭しごと、種蒔きや永遠の草むしりと平行し少しずつ進めています。
目標は夏の終りまでに、冬へ向けて薪を調達しストックする場所を作りたいのです。 

そして今現在はブルトンさんが仮に作った物置テント、、恐ろしく美意識に欠けた
黒ビニールで覆われた一角。そこは私が兼ねてから庭のテラスにしたいと思っている場所なので、
この計画が進めば小屋とテラス一度に二つが実現する... はず。


さて一体どうなるのでしょう? やることは他にも山ほどある~ 、、涙


少しずつ、がんばります。

またご報告出来ますように。





e0206902_657189.jpg





ふー  くたびれたー












[PR]
# by pot-eri | 2018-05-07 05:57 | | Comments(0)

五月  le mois de mai







e0206902_15131816.jpg




五月になってお天気も良いので一人ランチは裏庭で。
陶の製作は未だ終わっていませんが、峠を越したので
お昼ごはんの後は30分だけアラームをセットして庭仕事。

考えてみると、あっち(アトリエ)でもこっち(庭)でも土をいじっています。
ひょっとするとしあわせなのかも、と土をいじりながら一人納得。






e0206902_1516315.jpg





e0206902_15145192.jpg





ボリジ、タイム、チャイブ、ローズマリー、そしてもうじきセージ
ハーブ達が花をつけてくれています。

ハーブの中でも私は特にタイムが好きです。地味だけれどしっかり土地に根付いてくれている様子は
信頼出来る友 という感じ。


[PR]
# by pot-eri | 2018-05-05 15:37 | | Comments(4)

HP







e0206902_16175840.jpg





HPを新しく作り直しました


http://aonoto.strikingly.com/



もう狂うのはやめました。 でも地道にコツコツやっています。

このところ手短ブログですみません。
ゆっくり、ぐふふ という様なことを書きたいものです。

良い日曜を!

[PR]
# by pot-eri | 2018-04-29 16:24 | | Comments(2)

思ひ出  souvenir



わたしとしては珍しく、カレンダー、スケジュール表などというものを作り、
壁に貼ってみた。
来週半ばまで狂ったように成形(陶芸)する。
既に疲れて狂いそうです... と言っても夜はちゃんと寝ているし、ごはんも食べて、朝は庭へ
旋廻に行っています。
そしてこうしてブログへ逃避していますし。。

先週末のクラフト市でとても印象に残ったお客様、
田村正和と大原麗子の様な(←古すぎ?)パリジャンの素敵なカップル。
「私古いものが好きなのです」と言うと
「僕も、貴女の作るものはアンティキテ=古物の様ですね」なんて胸の置くまでじんわり来る様なことを言ってくださり、いくつか選んでくださり、更に翌日日曜の朝も又来てくださりました。


そんな思ひ出に浸っていないで、さっさと作業に戻れー


はい、 がんばります。

[PR]
# by pot-eri | 2018-04-27 02:18 | 空.つぶやき | Comments(2)






e0206902_16575755.jpg







青天に恵まれた週末はブルターニュの中世の田舎町ヴィトレで marches de createurs クラフト市に参加していました。
ブルターニュのお友達いつもギャラリーでお世話になっているabeilleさんと、
彼女の陶芸仲間で盆栽も学んでいるポールと三人の作品を出品。


フランス人は花や植物好き、そして子供から大人まで日本文化好きの人も多いので
まずはポールの盆栽が人目を引き? 笑 
なかなか手ごたえのある二日間でした。

カメラ持って行くの忘れた私です...すみません。





e0206902_1773740.jpg





e0206902_1775890.jpg







普段は一人篭もって修道女のような暮し、作ったもの達もギャラリー、お店にお届けし
後はお任せしているので、こうして直接コミュニケーションが取れ、反応を直に感じられる
マルシェはとても嬉しく、勉強になります。


私のつたない作品に目を留め、じっくりと一つつひとつ見てくださったり、
感じたことをそれぞれの言葉で話してくださったり、はたまた大切な人へご自分への贈り物として選んでくださったり... 
このためにまた作ろうと思います
これを糧に前へススム!






e0206902_17225785.jpg






庭のマグノリア、今年は花を4つ付けてくれています。
とても良いかほりでしあわせになります。
スロウな成長リズム、 誰かと似てる...


えっ  ワタシ ?

[PR]
# by pot-eri | 2018-04-24 17:26 | | Comments(8)

庭へGo!  Allons au jardin!








e0206902_6245820.jpg






やっと毎日お天気です。
うちは庭と家が繋がっていないので、日に何度もこうしてトコトコ絹と一緒に
くるっと庭まで行きます。







e0206902_6323732.jpg






未だ眠りから覚めていない春の初めの庭。





e0206902_634357.jpg






トマトの種蒔きしました、かなり遅れ気味な気がします。
今年は気合が今ひとつ、以前に買ったまま放置してあった
リサイクル紙で出来たエコな種まき用パックを使ってみました。
プチトマトと、今年初挑戦クュードゥブッフ=牛の心臓という名のトマト。
さて、どうなりますか...






e0206902_6423734.jpg






三月に一瞬暖かくなった時、調子のって種蒔きしたラディッシュ↑
もう30日くらい経ってます。。





e0206902_6444516.jpg






大分茎が立派になってきたニンニク、収穫のタイミングが今ひとつよくわかりません。
うーむ。







e0206902_6461433.jpg







初咲きカランデュラ(狂い咲き?)、眩しいほどのオレンジ☆
これからもっと太陽の光りをいっぱい浴びたらせっせと摘んで、ドライにし
オイルにします。















[PR]
# by pot-eri | 2018-04-14 07:06 | | Comments(4)

鬱金香  les tulipes







e0206902_14291579.jpg







e0206902_14295317.jpg






e0206902_14302683.jpg





e0206902_143117.jpg





なにか内に秘めている様なこの時が好き

球根はずっと植えたままなので段々植えた覚えの無い子が生まれたり、
花が小さくなってきたので、今年は忘れずに掘り出して、新しいものも植えよう
と、今は思っています 笑




e0206902_14391766.jpg





苺の花もぽつぽつ!
少しずつ楽しみの増える季節です。

[PR]
# by pot-eri | 2018-04-11 14:41 | | Comments(2)

魔除け  l'amulette







e0206902_2394562.jpg




作るだけではなく

「これは何するものですか?」 と聞かれた時に


きちんと答えられなくては。








e0206902_23133534.jpg








e0206902_23141365.jpg







ウラ、オモテ、
表、裏、


お塩をのせたり、 ピアスを外して置いても、 紅茶のティーバッグでも、
ひょっとすると魔除けとしても...?


苦肉の答え 笑







[PR]
# by pot-eri | 2018-04-07 23:26 | | Comments(6)






e0206902_6112132.jpg




生きてまーす、
毎日製作してまーす。


コツコツ...




e0206902_6134178.jpg






ちまちま系。


八重の黄水仙 ↑ は昨年12月、スーパーで見切り品になっていたもの。
球根10個くらい入っていて1€、だめもとで買って植えてみたら蕾もまん丸でかわいいです。






e0206902_6192867.jpg







週末にプチジャングルで摘んだネトルのスープ
不味そうですが美味しいのです。
じゃがいも、玉ねぎ、ニンニク、ローズマリー、ネトル
一昨日まで肌寒く、湿気もあったので温かいスープがからだに沁みます。
南へ移住したいと思ったくらい
ようやく晴れて嬉しいです。 

[PR]
# by pot-eri | 2018-04-07 06:38 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

ろくろ le tour








e0206902_633636.jpg





少しずつ春めいて来てアトリエにもお天気の良い日は午後の一時
日差しが入り込んでくれます。
今年に入り、ろくろを再開しています。
2016年春に坐骨神経痛になってから、ろくろの作業など怖くて出来なかったのと、
手で作る楽しさにはまっていました。

久しぶりのろくろ、それはまた新鮮で
あーこれこれ、゛無になり土と向き合う゛ 水中で一人ぼっちになるような感じ。
忘れていた心地良さ。。
ルーシーリーのようにろくろオンリーには慣れませんが
何か新しいろくろとの付き合い方に気付け、楽しくなっています。

゛自由で良い゛ ということ。 (←意味わかりませんね、すみません)



坐骨神経痛の方は昨秋で一年半通い続けたキネの治療が終わり
完治とまではゆきませんが、今はふつうに暮らせています。
後は自主トレで筋肉をつけるべし、なのですが殆どやっていません。。

なるべく身体を動かしたほうが良いので、日中お天気が良いと作業の手を止め
庭へ逃避しています。
コンポスト捨てに~ とか、薪を取りに~、タンポポと葉にんにくを摘みに~ etc...
ちょこちょこ行ってます。
葉にんにく、オムレツに入れたら美味しかったです◎












[PR]
# by pot-eri | 2018-03-29 06:36 | | Comments(4)

芽  le germe







e0206902_1856982.jpg






週明けの月曜は予報どおり目覚めた時から雪が降っていた。
ちらちらとくうを舞う虫の様で、 うつくしい と、心から思った。

翌日は晴天。
前日の雪にもかかわらず、
月初め気温が上がった時に調子にのって撒いた種が律儀に芽を出してくれていた。

ロケットとラディッシュ。
ラディッシュは芽も紅くてかわいい。
芽が出ても株は大きくならないのかな...


又種蒔きの楽しい季節がやって来た。

[PR]
# by pot-eri | 2018-03-21 19:16 | | Comments(4)

待つ attendre







e0206902_2041566.jpg






とても欲しかった写真集があり、検討の末
新書は今の私の身分には高価過ぎるので大手web通販会社Aの中古のものに的を絞る。

出店者は英国を本拠地としヨーロッパ各国に支社があり、参考までにAのユーザー評価をチェックしても殆どが5つ星でクリアな会社の様なので信頼し、配達目安9日~15日後という事も了承し注文する。

注文から2日後に商品発送の知らせと配達予定日がその12日後というメールが来たので
二週間後を楽しみに待ちわびていた。
配達予定日の朝は5時に目覚めてしまい、朝からわくわく、いそいそと
《配達の方、在宅していますのでドアをノックしてください S.V.P シルヴプレ》
張り紙を郵便受けに貼り準備を整える。

結果から言うと届かなかった。

夜8時にAのサイトから出店者にメッセージを送る。
翌朝短い返答メールが届いていた。簡単な謝罪と代償として即刻返金もしくは代替品の無料再配送の
二者択一を求める定型文のみ。

私の注文したものは゛状態良し゛とある古本であって、代替品として同じものとはどういうことなのだろう?というのが最初の疑問であったが、
二週間待ったあげく「すみません、即刻返金」ではあまりにも簡単すぎるのではないか?
事情説明が一切無かったことを問い落胆した気持ちを添え、結局代替品(同じ本)の再配送を希望した。
その日のうちにまた返事が届き、事情説明としては配送追跡が出来ないので対処法が無い、
敏速に再配送の手続きをする、そして結びの挨拶 〆

それから3日、何の連絡も無い。
Aからは今回の買い物についての評価を求めるメールが届き、評価を付けるのは経過を見てからと思ったが、ここまでの状況と星二つの評価を残した。
するとそのすぐ後に5つ星の評価が2件追加されている。
星の数は操れる...? そういう話は耳にしたことがあったので、こういうことなのか...と思った。

 
「そのうちテレビのボタンを押すと物が出てくるようになるよ」と小さい時お祖父ちゃんが言っていた。 

便利なのだけれど、やっぱりこれだけではいけないね おじいちゃん。


[PR]
# by pot-eri | 2018-03-18 20:54 | Comments(8)






e0206902_627515.jpg




毎日少しずつ庭に手を入れる、30分でも
そうすると心が満たされます。 からだのためにも日の光りを浴びるのは大切、
自然と交わりたいがゆえに選んだ今の暮しなのだから
その分陶の作業が夜遅くになっても良い。






e0206902_634129.jpg





今ポタジェにあるのは秋に植えたニンニクくらいです。
種ニンニクは園芸屋で買ったものではなく自然食のお店の食用のもの
何か違いがあるものなのか...? 





e0206902_639336.jpg





おやつに焼いたグルテンフリーの紅茶サブレ、直系8cmくらいあります。
米粉200gとヘーゼルナッツパウダーを100g、
つなぎには卵とヘンプシードをすり潰して水にしばらく浸してとろみをつけたもの、
ブラウンシュガーと菜種油と混ぜて焼きました。
サクッ、ホロッ この食感、ヘーゼルナッツの香ばしい味、昔どこかで食べたことがある...
記憶を辿ってみると、
中華のアーモンドの焼き菓子。 横浜中華街のこれ →★
わたくし神奈川県民でしたので... 中華と言えばここなのです。

ヘーゼルナッツの味が強いので紅茶は不要だったようです。
先月末に摘んで乾燥させておいたイラクサでお茶を入れ、一人ほっこりいただきました。




[PR]
# by pot-eri | 2018-03-17 07:18 | ブルターニュ.日々 | Comments(8)

たんぽぽ les pissenlits







e0206902_6355212.jpg




お昼休憩に庭へコンポスト捨てに行くとすぐに戻って来れなくなる自分のことは
とてもよくわかっている
この時期の雑草の勢いはまだ人の手の動きに勝らない序曲という程度
柔らかい新芽はむしり捨てるものと、むしり食べるものと..
むしりながらお昼ごはんはタンポポミモザサラダ! と閃いたので食べる分だけむしったら
いつもほど長居せずに家へ戻る






e0206902_6501690.jpg





摘みたてタンポポの葉と、マッシュマスタードポテト
ミモザサラダに白みは使わないことに気付いたのは卵丸ごと切り始めてしまってからでした あしからず。
この時期のタンポポの葉は本当に美味しいです。
パリに居た頃はマルシェでお金を出して買っていました。

お皿の下は...
パリのお友達T姉さんから日本のお土産に有機ポン酢と一緒に頂いた
お世話になっているekocaさんオリジナル、ハンドメイドのリネンのトルション。
洗いをかけてくたっとさせた感じ、質の良い天然素材は思わず頬で触れてその心地良さを確かめたくなります。
フック掛け部分がギンガムチェックの布で小さな紐になっていたり細部に渡りにくい、
作る人のやさしさ、楽しんでいる感じが伝わってきて洗い物を拭くのにはもったいなく、
今は部屋の中で妙に白くて気になるプリンターの目隠しに使わせて頂いています。






e0206902_7164098.jpg




今年も一番乗りのチューリップは二頭身のうす桃さんです。

[PR]
# by pot-eri | 2018-03-16 06:36 | | Comments(4)



e0206902_6525251.jpg




五月にお友達と来仏を決めたという知らせを母から受け、
丁度一週間前から旅のコーデュネイト
気付くと時間が過ぎ、昨晩ようやく一区切りつきました。

パリメインの滞在から数日間出掛ける小旅行先は私も未訪の地で
毎日下調べ、滞在スタイルをパズルの様に何度も組み替えイメージしながらの宿探し、
ずっと空想の世界で過ごしていたので、一通り準備が終わってしまうと空っぽな感じに...

自然がうつくしそうなその島へ行くのは未だふた月も先なのでした。


はよ行きたい~




[PR]
# by pot-eri | 2018-03-14 07:14 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

二猿  les deux singes







e0206902_4321674.jpg



一猿! ミャウ~





e0206902_4331210.jpg





二猿めはどこ...?






e0206902_4342660.jpg





えっ?!






e0206902_7393095.jpg





落っこちないでねー。

[PR]
# by pot-eri | 2018-03-06 04:38 | | Comments(3)





e0206902_623549.jpg





三月初めの朝は目覚めると雪が積もっていました。





e0206902_635739.jpg





うちの裏小路、ベルギーみたい   と思ったのは私だけ?

こんな風に辺り一面白くなったのはこの冬初めて
夜中か明け方に降ったらしく、目覚めた時にはもう止んでいて
しばらくするとしとしと雨になりあっという間に雪は消えてしまいました。

ブルターニュは本当に雪が少ないのです。






e0206902_69093.jpg




初めて雪の上を歩く絹

おずおず...

初めてのことがまだまだ沢山ある絹ちゃん、いいね。





e0206902_6112823.jpg





凛!

[PR]
# by pot-eri | 2018-03-03 06:11 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)






e0206902_1105395.jpg



フランスにgrand froidが上陸しています。
grand froidを直訳すると大寒となるのですが、日本の暦の上のそれとはひと月ずれていることになりますね
今日二月最終日です。


寒いけれど雲ひとつ無い青空がとても気持ちよく
日中は庭へ出て薪割り、そして薔薇の剪定を始めだすと時を忘れ、
いつの間にか随分冷え込んできたので、慌てて家の中へ。

薪ストーブの上には朝仕込んだボルシチ、今夜が楽しみ。。
チャイを入れてからだを温め直します。


先週パリの近代美術館で観た展覧会は
Jean FAUTRIERという今まで知らなかった20世紀の抽象画家の回顧展
色使いやテクスチャーなど後半の作品は今の私が感じたいー というツボをくすぐられる様で
何度も館内をうろうろ..
自分の記録のためにカメラに収めてみましたが
写真で見るとなんだか。。 残念な感じになってしまいますね。






e0206902_1321714.jpg





e0206902_1341036.jpg





e0206902_1344550.jpg





e0206902_135951.jpg




実物をぜひ、3月20日まで開催されています。

[PR]
# by pot-eri | 2018-03-01 01:32 | アート | Comments(2)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30