人気ブログランキング |

懐かしい未来へ...   仏蘭西 ブルターニュ地方、古い家の修復、庭しごと、土でもの作っています。 


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2019年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧







e0206902_17305410.jpg





ようやく御手洗いの壁作り始めました。

レンガ積み経験ゼロのわたくし、ええい、この国はまず地震は来ないのだからやるしかないっ!
と始めてみると楽しいです◎

端のレンガを切るのも思っていたほど大変ではなく、
グラインダーでガガガッと切れ目を入れたところへメタルのヘラをあて、上からトンカチで叩くと
大半はパカッと気持ちよく割れてくれます。
過去の素焼きタイル貼りの経験で学んだことを生かして →★
一日4段くらいずつ、スロウに進んでいます。昨日までで12段、後2段したら
窓枠設置の予定です。





e0206902_17283035.jpg





レンガを積みながら物思いにふける。

先日、イチロー選手の引退記者会見を見ました。
私としてはとても珍しい、スポーツ観戦に興味のないどちらかと言うと嫌いなくらいですので。。
イチローという存在は知っていましたが、プレーなど見たことも彼がどの様な功績を
残したのかも知らないのですが、何故か興味があって見ました(最後までではないですが...)
そして心に残る言葉が二つ。

■ 子供達へメッセージを という質問へ

「好きなものを早く見つけてほしい、好きなものが見つかれば後はそれへ向かって進んでゆくのだから etc...」

■ ご家族のこと

「我が家の老犬イッキュウが一生懸命生きている姿を見て感動している」


正確ではないですが、その様なこと。

子供達へのメッセージは子供のためだけではないな、と、、妙にストンと落ちました。
私は好きなものが一つに絞れず時々やきもきします。
でもそれらが合わさった今のライフスタイルが好きなのだから、こつこつ地道に、
与えられた人生を一生懸命に生きてゆこう。

あと、もう一つ「人と比べて頑張ったというのはありません、自分の中のベストをしているだけ」
みたいな、やはり世界のイチローさん、よく知りませんでしたが言う事違うな、と思いました。

by pot-eri | 2019-03-29 17:53 | 古い家の修復 | Comments(2)






e0206902_21133360.jpg





オルティ、イラクサの季節がやって来ました。
食用には新芽、上の方の2~4枚目くらいが良いそうです。

しっかり手袋をして摘んだ上の部分は台所、残りの下の部分はコンポストへ
栄養価の高いオルティは捨てるところがありません。

いつもだとスープにするところですが、初摘みオルティ、干してお茶用にすることにしました。

というのも野草の本をあらためて読み返してみると、
オルティの葉は生では2~9%、ドライでは40パーセント、大豆の二倍のプロテインがあるそう

これ読んでしまったら...


干すしかないっ!!

by pot-eri | 2019-03-17 21:29 | 植物.ハーブ | Comments(4)






e0206902_1842216.jpg





近所のピエロー(5歳)とマリー(3歳半)の通う柔道教室へ一緒に行きました。

こちらでも道場はDojo、柔道家はjudokaと呼びます。
ここは5歳までの一番小さな子達のクラス、道着姿かわいい◎







e0206902_1816594.jpg






はじめと終わりはちゃんと正座します。


何故、Dojoへ見学に行ったのかと言いますと、
昨秋の里帰り中、100円ショップで見つけた柔道手拭(48の技法のデッサンとそれぞれの技名がアルファベットで書いてある)
ピエローとマリーへのお土産にしたらもの凄く喜ばれ、
クラスへ持って行くとこの写真の先生にも感動され、欲しがっている...というので
日本の家族に頼んで追加で郵送してもらったのです。

まさか、こんなに喜ばれるとは思いませんでした、100円ということは秘密。

さてDojoでどんなことをするのかな、と見ていますと、
まずはサムライ版鬼ごっこ(?)スポンジのバットを持ったサムライに叩かれたら地面に倒れる
先生の「ハジメ!」で子供達はキャーキャー大興奮です。
叩かれた子は掌を広げ地面に突き足を広げて倒れる、倒れ方゛後ろ受け身゛の練習なのですね、
「マテ!」でピタッと止まります。

次は一人がワニになってやはり鬼ごっこ系。ワニに捕まった子もワニになって地面を這う、
ワニ同士、相手を捕まえ腕を押さえたら心臓に耳をあてて゛抑え込み゛。


十分発散し顔が真っ赤になった子供達、その後は先生を囲んでお話
精神論?というには大袈裟すぎますけれど。。。
先生のお話の最中、真っ直ぐに手を上げたチビちゃん、先生に指されると 
「ボク昨日誕生日でした」 (へっ?! 先生の話と全く関係ない)
「そうか~それはおめでとう。」と先生 
すると別の子が手を上げる、そして
「ハッピ~バ~スデ~トゥ~ユ~♪」と唄いだす ... 先生の背中に忍という字が!? 笑
いえ、きっと先生にとってもプチ.ジュードーカ 達と過ごす時は貴重な時なのではないかなあと思いました。

伝えるということ、何だか少し羨ましかったです。


この後は二人一組、相手の道着の首の部分を掴み片足を引っ掛ける、
ほほーぅ、なかなか柔道っぽい。

柔道とは何か、正面から教えるにはまだまだ小さすぎるチビちゃん達、
楽しく遊びながら柔道の根っこの部分にちょこっと触れる様な柔道教室
「走るのは好きだけど倒されるのは好きじゃない」 というピエロー

この中からどれくらいの子がこの後も続けるのかわかりませんが
日本の柔道がこんな風に伝えられていること、習いに来ているチビちゃん達に嬉しくなりました。









by pot-eri | 2019-03-16 18:30 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)





e0206902_18342279.jpg






あなぐらの様なアトリエの奥の天井に穴を、
正確には2階のこの部分の床板は腐っていて既に穴が開いておりとりあえず板を渡して
ふさいであったのですが、その穴をもう少し広げてみました。





e0206902_18423560.jpg






のこぎりでギコギコ...
これは持ち家ならではの醍醐味かも、誰にも文句言われない~などと思いつつ。

そういえば20代前半、一人暮らししていた下北沢の古い木造アパートの和室を
真っ白にペンキで塗り替えて出る時大家さんに怒られたなぁ...
壁だけのつもりが段々ペンキがはみ出し、木の柱、天井全部塗ってしまったのですから。
仏映画エリックロメールの『満月の夜』、主人公のパリジェンヌがパリのアパルトマンを改装するのに感化され、本人大満足だったのですけれど。
敷金戻ってきませんでしたし(当然?)菓子折り持ってお詫びに行きました。






e0206902_1941244.jpg







この穴の先には大きな天窓があるので、天から光が降りてきます。
あー 気持ちいい。

とりあえずテーブルに使っていた硝子板を渡してありますが
いずれもっとしっかりした強化硝子にします。
いくら位するのかなぁ、結構高いと聞いたことはあるけれど...

実はもう一ヶ所開けたい、開ける予定の場所があるのです。

by pot-eri | 2019-03-15 19:11 | 古い家の修復 | Comments(5)

3.11








e0206902_3474184.jpg





e0206902_337272.jpg







極細の三日月

穏やかで美しい水面の先

ぽつり、ぽつり、温かい灯りがともり始める

そっか、この灯りはきっと殆ど電気だね

現代の暮らしに電気は無くてはならない、

理想と現実、矛盾は消しきれない
でもその人なりに近づくことは出来る、と私は信じている


3.11


8年が過ぎた


海の奥底へご冥福をお祈り致します。



by pot-eri | 2019-03-11 02:51 | 空.つぶやき | Comments(0)