懐かしい未来へ...     フランス.ブルターニュより。古い石の家の修復*陶のアトリエ  http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧





e0206902_027094.jpg





翌朝ロリオンを出航し夕方辿り着いたのはLesconil レスコニル

「ポテリ~ とってもチャーミングな小さな漁港に辿り着いたのよ、起きれそうだったら出ていらっしゃい」

と私の頬を優しく撫でてくれるアニー。

そうなのです、快晴のロリアンの後、海が荒れはじめ
ぽてりさんは船酔いでぶるぶる、ガクガク、ゲロゲロ zzz...
舟の中のキャビンで毛布に包まって半死状態でした。

そしてこの苦しい思いはこの後も何度もやって来るのです。。
でも、舟が止まれば大丈夫。






e0206902_043258.jpg






夜ごはんは漁港の先端にあるビストロをアニーが目ざとくチェックし
予約を入れてくれていたので、散歩がてら食べに行きました。
これがヴァカンス中最初で最後の外食 笑

予約の時間に行っても満席で待たされましたが
土地の食材、ビオの食材も多く使われ良心的なプライスなので
込むのは仕方無いのでしょう、
半死後、あまり食欲の無かった私は前菜メニューの海のプレートのみ。
アルドワーズのプレートに天然のサーモンのグラブラクス(サーモンを塩と砂糖、ハーブで漬けた北欧のレシピ)、鰹のタタキ、サーディン、サラダ etc... ちょこちょこのっていて
どれも美味しかったです。 
Cantine de mer 海の食堂という名のお店はここ →★





e0206902_0404915.jpg




4日めの日中は殆ど横になっていたのに夜もぐっすり眠れました。

[PR]
by pot-eri | 2018-08-31 01:00 | おでかけ | Comments(2)






e0206902_17145296.jpg




スパルタヴァカンス日記は一回お休み

陸に戻って来てから、毎日やることが順番待ちで並んでいます。

サクサクからぷっつり途絶えていた庭の小屋作りプロジェクト、
屋根に使う古いアルドワーズがなかなかみつからず
ようやく見つけて、先週貨車に積んで運んで来ました。

取りに行く前はまたどんな肉体労働が待ちうけていることか...? と覚悟を決めていたのですが
小屋の屋根ですので、その数500枚程度、
以前の素焼きタイルに比べれば→★ 
ちょっと下品な仏語の表現になりますが《鼻の穴に指》という感じでした 笑


ただ ね...




e0206902_1732752.jpg





昔の家で使われていた汚れたアルドワーズは
一枚一枚、洗わなければいけません...
ずうっとやっていると手首も痛くなり嫌気がさしてくるので、一日100枚くらいずつ、
ピチャピチャ、ゴシゴシゴシ... 忍






e0206902_17373031.jpg





そして、じゃーん!
昨日、S氏が来てくださり、貼り始めるとサクサクサクサク☆





e0206902_17391568.jpg






つづきは来週

秋明菊が満開な今日この頃、 雑草もすごいです。


[PR]
by pot-eri | 2018-08-30 17:25 | | Comments(4)






e0206902_3471426.jpg





グロワ島を後に向かった先はロリオンの港
地図で見るとお向かいに位置するロリオンですが、風力のみで進む舟では4時間ほどかかります。


ロリオンの町では毎夏 《festival interceltiqueケルト民族フェスティバル》という大きな
イベントがあり兼ねてから行ってみたかったのですが、
今回幸運にもそれが叶いました。

と言っても私達の滞在は一晩だけなので、見れたのはほーんの一部だけ。
港について、シャワーを浴びて着替えたら
舟の移動中に予約しておいた競技場でのケルトの スペクタクルへ →★


競技場は大きすぎてアーチストの息吹きを肌で感じるには遠すぎましたが
こういったメガコンサートには普段行かないのでもの珍しかったのと、
ソバージュな海での日々から文化に触れ、ケルト音楽が心地良かったです。







e0206902_4442850.jpg






この度の航海チーム。 
右よりブルトンさんの古くからの舟の友リヨンから来てくれたミッシェルと彼より14も年下の愛妻アニーそしてブルトンさん。
「ブルターニュと言えばbonnet rouge赤帽!」 とリヨンからこの船旅のため準備してくれていました。


スペクタクルのスタートは22時から、
終わって散歩して舟に戻ると皆爆睡。 スパルタヴァカンス3日目終了。






[PR]
by pot-eri | 2018-08-30 04:25 | おでかけ | Comments(2)

グロワ島 L'ile de Groix






e0206902_155619100.jpg



南ブルターニュ、キブロン半島の港で一泊した翌朝二日目は
belle ile ベリル を目指して出航したのですが
風が殆ど無く、ヨットが思うように進まなかったため(多分) グロワ島へ停泊しました。


ここでは港でなく、野生の係留 (写真上↑ 真ん中が私達の舟)




e0206902_16462783.jpg








朝ひと泳ぎした後、島へ行くには、ゴムボートを漕いで渡ります。


島は小さく、買出しが目的で行ったので駆け足で、、涙
港へつづく色とりどりの家の連なる道、皆どんどん歩き進んでゆく中
超特急でカメラに収めました。






e0206902_1641345.jpg




e0206902_1642071.jpg




e0206902_16423918.jpg




e0206902_16431995.jpg




e0206902_16442732.jpg



e0206902_1644536.jpg



e0206902_16451770.jpg






ビーチの赤い砂



e0206902_16474371.jpg





帰りはヨットまで私は泳いで戻りました。透き通る水の海は気持ち良いです。
急いで身支度をし、次の目的地へGo! スパルタヴァカンス*

[PR]
by pot-eri | 2018-08-28 16:25 | おでかけ | Comments(6)

この夏 2018  cet ete 2018







e0206902_440860.jpg






この夏は二週間ヨットで過ごしていました。
南ブルターニュ、キブロンから出航し、ゴールのサンマロ、北ブルターニュまで
フランスの西端ブルターニュをぐるり


写真には収めきれない体験、

うつくしい自然の色、匂い、空気

厳しい天候、


地上を離れて感じたこと


記録に残してゆきたいと思います。
写真の整理をしながらすこーしずつ...







e0206902_15484054.jpg





e0206902_1549042.jpg





e0206902_452919.jpg



l'ile de Groix ~グロワ島の夕空





e0206902_535952.jpg



Quiberon   ~キブロン港の日没

[PR]
by pot-eri | 2018-08-27 05:10 | おでかけ | Comments(8)

夏本番 Veritable ete






e0206902_773615.jpg






日本の皆様、酷暑お見舞い申し上げます。
フランスも今日、金曜日は各地に猛暑警報が出ていました。
ブルターニュも日中、外は暑かったですが
石の家の中はひんやり過ごしやすく、冷房どころか扇風機も必要ないです。


地球温暖化が加速したらブルターニュの石の家の価値があがるかも?
などと休み前最後の陶の作業をしながら思っていました。

あさって日曜日から約二週間、夏休みに入ります。
おそらく明日はやらねばならぬことがありすぎて、
ブログに手がまわらないと思われますので、一晩早めにごあいさつを。

みなさま、短い夏を満喫なされますよう。
夏の終わりに戻ってきましたら、又どうぞよろしくお願い致します。


P.S: 絹ちゃん,麻ちゃんはお留守番です。。

[PR]
by pot-eri | 2018-08-04 07:28 | ごあいさつ | Comments(4)

みつき  trois mois






e0206902_645476.jpg






麻は今日で丁度三ヶ月。この世に出てきてまだそれっぽっちしか経っていないのね。

そして前回の診察の時は未だ高熱があるため見送りになってしまったワクチン、
予防接種も今日無事に出来ました。
体重も10日前に比べ150g増えていました。
今日計った体重が1,2キロでしたので、一割以上増えていることになります、
すくすく育ってね。



獣医さんから戻った麻とお留守番の絹ねえさんは鼻をくっつけてちゅー したり
見ていて微笑ましい、
絹はすっかり麻を受け入れてくれた様で嬉しいです。





e0206902_6542745.jpg





↑この写真は一週間程前なので未だ本調子でない麻
でも白黒大接近の図。

このところは秋の運動会に向けてなのか、
毎晩練習に精を出されている白組さんと黒組さん
徒競走、レスリング、甲乙つけ難い良い勝負です。


[PR]
by pot-eri | 2018-08-03 07:05 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)