<   2018年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ろくろ le tour








e0206902_633636.jpg





少しずつ春めいて来てアトリエにもお天気の良い日は午後の一時
日差しが入り込んでくれます。
今年に入り、ろくろを再開しています。
2016年春に坐骨神経痛になってから、ろくろの作業など怖くて出来なかったのと、
手で作る楽しさにはまっていました。

久しぶりのろくろ、それはまた新鮮で
あーこれこれ、゛無になり土と向き合う゛ 水中で一人ぼっちになるような感じ。
忘れていた心地良さ。。
ルーシーリーのようにろくろオンリーには慣れませんが
何か新しいろくろとの付き合い方に気付け、楽しくなっています。

゛自由で良い゛ ということ。 (←意味わかりませんね、すみません)



坐骨神経痛の方は昨秋で一年半通い続けたキネの治療が終わり
完治とまではゆきませんが、今はふつうに暮らせています。
後は自主トレで筋肉をつけるべし、なのですが殆どやっていません。。

なるべく身体を動かしたほうが良いので、日中お天気が良いと作業の手を止め
庭へ逃避しています。
コンポスト捨てに~ とか、薪を取りに~、タンポポと葉にんにくを摘みに~ etc...
ちょこちょこ行ってます。
葉にんにく、オムレツに入れたら美味しかったです◎












[PR]
by pot-eri | 2018-03-29 06:36 | | Comments(4)

芽  le germe







e0206902_1856982.jpg






週明けの月曜は予報どおり目覚めた時から雪が降っていた。
ちらちらとくうを舞う虫の様で、 うつくしい と、心から思った。

翌日は晴天。
前日の雪にもかかわらず、
月初め気温が上がった時に調子にのって撒いた種が律儀に芽を出してくれていた。

ロケットとラディッシュ。
ラディッシュは芽も紅くてかわいい。
芽が出ても株は大きくならないのかな...


又種蒔きの楽しい季節がやって来た。

[PR]
by pot-eri | 2018-03-21 19:16 | | Comments(4)

待つ attendre







e0206902_2041566.jpg






とても欲しかった写真集があり、検討の末
新書は今の私の身分には高価過ぎるので大手web通販会社Aの中古のものに的を絞る。

出店者は英国を本拠地としヨーロッパ各国に支社があり、参考までにAのユーザー評価をチェックしても殆どが5つ星でクリアな会社の様なので信頼し、配達目安9日~15日後という事も了承し注文する。

注文から2日後に商品発送の知らせと配達予定日がその12日後というメールが来たので
二週間後を楽しみに待ちわびていた。
配達予定日の朝は5時に目覚めてしまい、朝からわくわく、いそいそと
《配達の方、在宅していますのでドアをノックしてください S.V.P シルヴプレ》
張り紙を郵便受けに貼り準備を整える。

結果から言うと届かなかった。

夜8時にAのサイトから出店者にメッセージを送る。
翌朝短い返答メールが届いていた。簡単な謝罪と代償として即刻返金もしくは代替品の無料再配送の
二者択一を求める定型文のみ。

私の注文したものは゛状態良し゛とある古本であって、代替品として同じものとはどういうことなのだろう?というのが最初の疑問であったが、
二週間待ったあげく「すみません、即刻返金」ではあまりにも簡単すぎるのではないか?
事情説明が一切無かったことを問い落胆した気持ちを添え、結局代替品(同じ本)の再配送を希望した。
その日のうちにまた返事が届き、事情説明としては配送追跡が出来ないので対処法が無い、
敏速に再配送の手続きをする、そして結びの挨拶 〆

それから3日、何の連絡も無い。
Aからは今回の買い物についての評価を求めるメールが届き、評価を付けるのは経過を見てからと思ったが、ここまでの状況と星二つの評価を残した。
するとそのすぐ後に5つ星の評価が2件追加されている。
星の数は操れる...? そういう話は耳にしたことがあったので、こういうことなのか...と思った。

 
「そのうちテレビのボタンを押すと物が出てくるようになるよ」と小さい時お祖父ちゃんが言っていた。 

便利なのだけれど、やっぱりこれだけではいけないね おじいちゃん。


[PR]
by pot-eri | 2018-03-18 20:54 | Comments(8)






e0206902_627515.jpg




毎日少しずつ庭に手を入れる、30分でも
そうすると心が満たされます。 からだのためにも日の光りを浴びるのは大切、
自然と交わりたいがゆえに選んだ今の暮しなのだから
その分陶の作業が夜遅くになっても良い。






e0206902_634129.jpg





今ポタジェにあるのは秋に植えたニンニクくらいです。
種ニンニクは園芸屋で買ったものではなく自然食のお店の食用のもの
何か違いがあるものなのか...? 





e0206902_639336.jpg





おやつに焼いたグルテンフリーの紅茶サブレ、直系8cmくらいあります。
米粉200gとヘーゼルナッツパウダーを100g、
つなぎには卵とヘンプシードをすり潰して水にしばらく浸してとろみをつけたもの、
ブラウンシュガーと菜種油と混ぜて焼きました。
サクッ、ホロッ この食感、ヘーゼルナッツの香ばしい味、昔どこかで食べたことがある...
記憶を辿ってみると、
中華のアーモンドの焼き菓子。 横浜中華街のこれ →★
わたくし神奈川県民でしたので... 中華と言えばここなのです。

ヘーゼルナッツの味が強いので紅茶は不要だったようです。
先月末に摘んで乾燥させておいたイラクサでお茶を入れ、一人ほっこりいただきました。




[PR]
by pot-eri | 2018-03-17 07:18 | ブルターニュ.日々 | Comments(8)

たんぽぽ les pissenlits







e0206902_6355212.jpg




お昼休憩に庭へコンポスト捨てに行くとすぐに戻って来れなくなる自分のことは
とてもよくわかっている
この時期の雑草の勢いはまだ人の手の動きに勝らない序曲という程度
柔らかい新芽はむしり捨てるものと、むしり食べるものと..
むしりながらお昼ごはんはタンポポミモザサラダ! と閃いたので食べる分だけむしったら
いつもほど長居せずに家へ戻る






e0206902_6501690.jpg





摘みたてタンポポの葉と、マッシュマスタードポテト
ミモザサラダに白みは使わないことに気付いたのは卵丸ごと切り始めてしまってからでした あしからず。
この時期のタンポポの葉は本当に美味しいです。
パリに居た頃はマルシェでお金を出して買っていました。

お皿の下は...
パリのお友達T姉さんから日本のお土産に有機ポン酢と一緒に頂いた
お世話になっているekocaさんオリジナル、ハンドメイドのリネンのトルション。
洗いをかけてくたっとさせた感じ、質の良い天然素材は思わず頬で触れてその心地良さを確かめたくなります。
フック掛け部分がギンガムチェックの布で小さな紐になっていたり細部に渡りにくい、
作る人のやさしさ、楽しんでいる感じが伝わってきて洗い物を拭くのにはもったいなく、
今は部屋の中で妙に白くて気になるプリンターの目隠しに使わせて頂いています。






e0206902_7164098.jpg




今年も一番乗りのチューリップは二頭身のうす桃さんです。

[PR]
by pot-eri | 2018-03-16 06:36 | | Comments(4)



e0206902_6525251.jpg




五月にお友達と来仏を決めたという知らせを母から受け、
丁度一週間前から旅のコーデュネイト
気付くと時間が過ぎ、昨晩ようやく一区切りつきました。

パリメインの滞在から数日間出掛ける小旅行先は私も未訪の地で
毎日下調べ、滞在スタイルをパズルの様に何度も組み替えイメージしながらの宿探し、
ずっと空想の世界で過ごしていたので、一通り準備が終わってしまうと空っぽな感じに...

自然がうつくしそうなその島へ行くのは未だふた月も先なのでした。


はよ行きたい~




[PR]
by pot-eri | 2018-03-14 07:14 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

二猿  les deux singes







e0206902_4321674.jpg



一猿! ミャウ~





e0206902_4331210.jpg





二猿めはどこ...?






e0206902_4342660.jpg





えっ?!






e0206902_7393095.jpg





落っこちないでねー。

[PR]
by pot-eri | 2018-03-06 04:38 | | Comments(3)





e0206902_623549.jpg





三月初めの朝は目覚めると雪が積もっていました。





e0206902_635739.jpg





うちの裏小路、ベルギーみたい   と思ったのは私だけ?

こんな風に辺り一面白くなったのはこの冬初めて
夜中か明け方に降ったらしく、目覚めた時にはもう止んでいて
しばらくするとしとしと雨になりあっという間に雪は消えてしまいました。

ブルターニュは本当に雪が少ないのです。






e0206902_69093.jpg




初めて雪の上を歩く絹

おずおず...

初めてのことがまだまだ沢山ある絹ちゃん、いいね。





e0206902_6112823.jpg





凛!

[PR]
by pot-eri | 2018-03-03 06:11 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)






e0206902_1105395.jpg



フランスにgrand froidが上陸しています。
grand froidを直訳すると大寒となるのですが、日本の暦の上のそれとはひと月ずれていることになりますね
今日二月最終日です。


寒いけれど雲ひとつ無い青空がとても気持ちよく
日中は庭へ出て薪割り、そして薔薇の剪定を始めだすと時を忘れ、
いつの間にか随分冷え込んできたので、慌てて家の中へ。

薪ストーブの上には朝仕込んだボルシチ、今夜が楽しみ。。
チャイを入れてからだを温め直します。


先週パリの近代美術館で観た展覧会は
Jean FAUTRIERという今まで知らなかった20世紀の抽象画家の回顧展
色使いやテクスチャーなど後半の作品は今の私が感じたいー というツボをくすぐられる様で
何度も館内をうろうろ..
自分の記録のためにカメラに収めてみましたが
写真で見るとなんだか。。 残念な感じになってしまいますね。






e0206902_1321714.jpg





e0206902_1341036.jpg





e0206902_1344550.jpg





e0206902_135951.jpg




実物をぜひ、3月20日まで開催されています。

[PR]
by pot-eri | 2018-03-01 01:32 | アート | Comments(2)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31