カテゴリ:食( 71 )









e0206902_6241211.jpg







なんとなく忙しく、
なんとなくコンピューター離れしていて、
パック(イースター)の週末を終えると全身筋肉痛、
瓦礫捨てや、庭仕事 カラダ使ってますー。

パックの月曜、お店が閉まるのを計算に入れていなくて、
この週末、なけなしの食材で知恵をしぼった
ナケナシシシリア風パスタ


これがね、とっても美味しかったのです。

松の実は無いけどクルミはまだ沢山あるので
殻むきしたら軽くオーブンでローストして刻みます。






e0206902_6245818.jpg





ニンニクと、
パセリは無かったけどabeilleさんにいただいたお庭のハーブ、
見かけはパセリみたいだけれど香りはセロリなアッシュドモンターニュがあったので
これらも包丁でたたいて細かく刻みます





e0206902_6253598.jpg






冷蔵庫に少し残ってたアンチョビ、それと干しぶどう
全部刻んだらたっぷりオリーブオイルとパルメザンを加え
ナケナシシシリア風ペストの出来上がり
パスタにからめていただきます。






e0206902_626830.jpg





ブルトンさんも目を丸くして食べてました◎


更新してない間も覗いてくださっていた方々、どうもありがとうございます。

今夜久しぶりに巴里へ戻って来ました。

[PR]
by pot-eri | 2014-04-23 06:31 | | Comments(10)







e0206902_17563117.jpg






夢の八角形のホットサンド、なかなか叶わず。。

フランスには日本の食パンほど大きくないのですが
パンドゥミという四角いパンはあります。
スーパーではスライスしたものも売ってるみたいだけれど
それは好きでない…
でもホットサンド機、試してみたい!

なので、夕べ焼きあがった毎度お馴染みくるみパンで
焼いてみたよ。






e0206902_1823580.jpg






tomoさんに「美味しいけどくっつく」と聞いていたので
薄くオリーヴオイルを塗って焼いたら、ちょっとだけくっついたけど
カリカリおいしいー! 一個ずつ焼くから忙しい。
中身はチーズと玉ねぎとツナ



でもやっぱり八角形がいいなぁ。



P.S:  今日から夏時間になってどんどん日が長くなってゆく、気持ちいい季節の到来!

[PR]
by pot-eri | 2014-03-30 18:03 | | Comments(6)







e0206902_8495712.jpg






自家製天然酵母のパンつくり、
注意しなくてはいけないことが、ほんのちょっとだけ
わかってきたような気がします。

それはね、
水分保持、かなぁと。
パン生地を手で捏ねる時、どうしても捏ねやすい方にと
粉を足してしまいたくなりがちだけれど、
昨日は捏ねながら時々水分を補給するようにしてみました。
べちゃべちゃにならない程度に少しずつ、少しずつ水分補給。



一次発酵時間もたーっぷり取ってみました
二次発酵は.. これが難しいところで、 今回たっぷり取りすぎたかな?

焼き時間は今まで温度調節しながら一時間も焼いていたのですが、
長すぎるというアドバイスをいただき1/3位に短縮してみたり…
(これもまだ改良が必要)

いつもよりやわらかい生地に焼きあがりました。
焼きたての酸味が、しばらく置くと味に丸みが出て
おっ、いい感じ。

きょうのクルミパン、
電車ランチ用に山羊のチーズのサンドウィッチに、






e0206902_851320.jpg



粉と水と酵母と火、
手探りで色々やってみています、
パンは奥が深いなー。






e0206902_6371177.jpg





週末の出合い、
古い吹き硝子のゆらゆらした輝き、
ワイングラスは10脚セットだったから、
ブルトンさんとわたしと、あと8人飲みにおいでー♪


[PR]
by pot-eri | 2014-02-18 08:57 | | Comments(4)







e0206902_22113198.jpg









バターや卵、白砂糖を使わないお菓子づくり、
4~5年前、これにはまって3日に一度くらいこのキャロットケーキを
焼いていたことがありました。
毎朝ニンジンケーキ! ブルトンさんも喜んで食べてくれていました。

abeilleさんのところへ遊びに行くのに、
久しぶりにキャロットケーキを焼こう! と
走り書きの分量だけのレシピメモを出してきて、
慣れたもの、カンタン、カンタン、と作り出したら大失敗!

こういうマクロビ系のお菓子作りは、
液体のものと、粉ものをそれぞれ別々に混ぜておくこと、
基本中の基本なのに、この日は何も考えず、
おろしたニンジンの中にいきなり粉をざざっといれてしまいました…

そして、、
このレシピはカップで計るので計りもいらなくてすごく楽なのですが、ね、
レンヌのお義理母さんのキッチンには計量カップが見当たらず、
テキトーにあったコップを使ったら、このコップ小さすぎたみたい。。
焼いても焼いても焼きしまらず、プディングの様になってしまいました。

恥ずかしながら、abeilleさんのお家にはそれを小さめに切って持っていったのですが、
(おいしいよー と言って食べてくれた優しいabeilleファミリー、ありがと。)
夕べ、もう一度作ってみました。
コップをひとまわり大きいデュラレックスのにして。
(パリで作るときはお米のカップを使っていました。)

あー、この感じ、しっとりとしたキャロットケーキが焼けた♪




e0206902_2238475.jpg





*** キャロットケーキ ***

〈粉もの〉
地粉(中力粉くらい、仏式でT80) 2cup
塩   小さじ1/2
ベーキングパウダー(アルミニウムの入っていないもの)小さじ2
シナモンパウダー    大さじ1


〈液体のもの〉
菜種油   ½ cup
メープルシロップ又はアガベシロップ  1/2cup
豆乳 1cup


にんじん(荒いおろし金でおろす)中1本
くるみ、レーズン  適量


粉ものをよく混ぜたところへよく混ぜた液体のものをいれ、
にんじん、くるみ、レーズンも入れてざっくり混ぜる。
180℃に予熱したオーブンで30分、さらにアルミホイルをかぶせ
200℃で約10分焼く。


基本のレシピは色々応用をきかせて、レモンやオレンジの皮を
入れてみたり、スパイスをアレンジしたり、バナナケーキ、抹茶、
ココア、どれもカンタンに出来ます。





e0206902_2213655.jpg




プチジャングルの胡桃も順調に消費中~


[PR]
by pot-eri | 2014-02-16 22:13 | | Comments(8)

鏡開き kagamibiraki









e0206902_816475.jpg





今年はお正月用にミニチュアの鏡餅を姉が持って来てくれていたこと、
お正月の後、そそくさとブルターニュへ戻って来てしまったので忘れていました。


それで今朝パリからレンヌへ戻る鞄の中に、しっかり鏡餅を納めて
二月最初の日曜日のおやつは、鏡開きとなりました。(すみませーん、ここは外国だから~)
小豆を茹でるほど、お餅の量も無かったので
abeilleさんにいただいたきなこ、
両親からのお土産のカナダのメープルシロップ、
そしてもちろん、姉の愛の鏡餅、

うるうる、皆ありがとう☆

メープルシロップにはお醤油をたらり、
日本人にはこの゛甘じょっぱさ゛ はたまらない~ と思ったら
近頃は仏蘭西の方も、シュクレサレと言ってこういうのお好みの様です。







e0206902_8171181.jpg




作り置きしている色々ナッツのローストをトッピングして
ぐふふ、いただきま~す 至福のひとときと思った瞬間、ブルトンさん登場
(えっ? お仕事中じゃなかったの?)

「なんだか良い香りだねー」
(えっ?餅は嫌いなはずでは... もったいないけど...)「ひとくち食べる?」
「はい、喜んでー」 
(なるべく小さく切る、もったいない喉に詰まったら困るからね)

「トレボン♪ これトウフ?」
(がっくり...)


お餅はお好みでないはずなのに、きなこの香ばしさと、
メープルシロップとお醤油のシュクレサレがお口にあったみたいです。

急きょ、明日のおやつ用にと残しておいた、残り半分の鏡餅も追加して二人分のおやつになりました。。







e0206902_8192735.jpg




私のカメラではキレイに写せませんが、
三日月キレイでしたねー
最近すこぶる視力低下中(乱視も入ってる)の私には
細い三日月が花王のマークみたいに、真ん中に鼻があって微笑んでいる様に見えました

花王のマークのデザイナーさんも乱視だったのでしょうかー??


空気が澄んでいて気持ちいいです。

[PR]
by pot-eri | 2014-02-03 08:32 | | Comments(6)








e0206902_746738.jpg






ニンジンとパネのガーリックパン粉焼き


tomoさんのところで美味しそうだったので、
早速、アイデアいただきました。(でも作り方全然ちがってたの…)
パン粉はガーリックとオリーヴオイル、そしてアンチョビがとろけるまで
炒めるということ。
アンチョビがなかったので、フルールドセルとニンニク、オリーヴオイル、
エルブドプロヴァンスだけでしたが、
いつもの野菜のグリルがカリカリのガーリックパン粉のトッピングで
ボリュームアップ、ワインがすすむー


野菜は先に少し蒸し焼きにして、パン粉をのせてオーブンに入れたのですが、
後から知ったtomoさんのレシピだと、
茹でた野菜(ブロッコリー、カリフラワー)にカリカリのパン粉をかけるだけ、
クセになるおいしさー だそうです。


この次はぜひアンチョビでやってみます!


P.S: パネは甘みのあるほっくりした根菜(↓ 写真右です(左はパセリの根っこ))



e0206902_7501058.jpg


[PR]
by pot-eri | 2014-01-20 07:51 | | Comments(6)

christmas cake








e0206902_813471.jpg






三日間寝かせたドライフルーツで、
英国式クリスマスケーキを焼くことにしました。

最後までシュトレンにするか悩みましたが
パン焼きも超未熟な私にはハードルが高すぎる、無謀、、という結論。


手持ちのローズベーカリーのレシピ本にクリスマスケーキがあったので、
ドライフルーツを少し応用しましたが、後はレシピに忠実に。。

レーズン、イチヂク、アプリコット、オレンジピール、レモンピール、
レモンとオレンジの絞り汁、皮はスライスして、
プチジャングルの林檎、くるみ、ヘーゼルナッツ
ラム酒をどぼどぼ… シナモン、クローブ、ミックススパイス...

ラム酒以外全てオーガニック、
これで美味しくないはずが無い! はず?

夕べ、実験に1本焼いてみて、
今夜残りのドライフルーツでホールと長方形の二つの型で焼きました。

バターや卵を使うお菓子を作るのはかなり久しぶり、
でもやっぱり来年はそれ無しのスタイルに戻したいです。

このケーキの大切な隠し味は、これ ↓





e0206902_8164423.jpg





la melasse ダークな色と味わい《廃糖みつ》、
ほろ苦くておいしい、初めて知りました。
これは和菓子に使えそう!

低温でじっくり焼くこと一時間半、
焼きあがったらぷすぷす竹串を刺して、刷毛でラム酒を塗ります
全ての面に、たっぷりと◎ (これはローズベーカリーのレシピには
書いてありませんが、色々レシピをチェックしてみて、
こうすることにしました。)

あとは、アルミホイルに包んで熟成を待ちます。
おいしくなぁれ◎

中身がどんなかは、ノエルの後のお楽しみ☆


明日の夜はプチジャングルから取って来た緑で
リース作りをする予定です。

土曜日に巴里へ戻るので、このところ夜は毎晩忙しいです
楽しい忙しさなのですけど。。


自家製天然酵母パンは、ぞうりパンの迷宮をさまよっています(涙、涙…)




e0206902_8182775.jpg




e0206902_819046.jpg




へるぷ みー!!

[PR]
by pot-eri | 2013-12-12 08:20 | | Comments(8)







e0206902_18412676.jpg






ファラフェル団子はひよこ豆を茹でずに作る
というの、初めて知ったのです。

今までずっと、一晩浸水し茹でてから作っていたので
「何か違うなー」と思いつつ、カレコレ10年くらい。

水に浸すだけで、それをフードプロセッサーでガーッと混ぜると
うん、マレのファラフェルみたい、いや、もっとおいしい◎
(マレ地区はパリのユダヤ人街、ここにはファラフェルサンドウィッチを食べれるお店が何軒もあります。)

ヨーグルトソースでいただくファラフェル団子、
ブルトンさんも 「お肉みたいだね」 と、
揚げ物敬遠がちなのにフムフムとお気に入りのご様子。

これは一生もののレシピっ!

そら豆を入れるともっと美味しいらしい、
ドライそら豆、探しに行こう!



e0206902_18423353.jpg




写真は揚げたてでなくて、翌朝…
前の晩の残りものの写真です(汗)  そーりー


* * *

ブルターニュのアトリエ-家は工事が始まっているようです…
あんなにずーっと待っていたのに、
始まるときは私たちが留守にしている時、早く戻りたいー。。。


[PR]
by pot-eri | 2013-11-15 18:46 | | Comments(4)







e0206902_19463199.jpg



レンヌのお義母さんの物置で見つけたル.クルーゼ、ヴィンテージ??


* * *


柑皮症 カンピショウ というのご存知ですか?
緑黄色野菜に多く含まれるカテロイドの濃度が血中で増し肌に出てきて黄色くなる、
カテロイドは脂溶性ビタミンなのでタンパク質、脂肪、油類の不足、
緑黄色野菜の摂取過多によって起こる症状だそうです。
子供がミカンの食べ過ぎで手などが黄色くなる、あれがそう、
最近はヴェジタリアンの人にも多いそうです。
肌が黄色くなるだけで特にに健康に障害はないそうですが..

黄疸との区別は白目が黄色いかどうか、黄色かったら黄疸、
白目に問題なかったらカンピショウだそうです。


それで、わたくしなのですけれどもね、白目は白いのですが肌がキイロ…?!?

先日、母の来仏時に撮った写真を見てショックを受けました。
母と母のお友達と私、色白のお二人の隣にいる黄土色のアジア人(←私、、、)
まるで別の人種のよう。
そして、三人でランチに行ったコリアンレストラン、サービスの女性達の
お肌のうつくしいこと、白くてピカピカのポースレーヌの様なお肌に
うっとり見とれてしまいました。

海外暮らしが長くなって、日本の美白ブームなどにはまるで無頓着な私でしたが、
このままではいけない!(←遅すぎ...) これは危機ですっ! 


ちなみにカテロイドが主に含まれる食べ物はというと、


βカロテン : モロヘイヤ、人参、マンゴ、ほうれん草、ブロッコリー、
      パパイヤ、パセリ

αカロテン : 人参、カボチャ、アプリコット

リコピン : トマト、柿、すいか

フコキサンチン : わかめ、昆布、ひじき、海苔

アスタキサンチン : 海老、カニ、いくら


私がせっせと食べてたものばかりー
せっせと採り過ぎだったのかも… (汗)
(確かに、この日の食事→☆なんてスゴイ...)

柑皮症の症状はカテロイドの摂取量を控えれば自然に治るそうです。
なので今週から、白い野菜 沢山食べてます! (極端?)
白菜、大根、ポロねぎ、フェンネルetc…
果物も毎朝食べてたグレープフルーツからリンゴに代えて、
白いアーモンドミルクも何となく良さそうなので(←いい加減)ゴクゴク飲んだり。。

さぁ、どうなるでしょう??
何ごともバランスが大切ですね。

アユルヴェーダやマクロビオティックに興味を持ちはじめてから、
一時は乳製品も断ってほぼビーガンの食生活を楽しんでいましたが 
(からだとこころに気持ち良かったので)
最近はお魚はもとより卵も良質なものを家でも食べる様にしています。
乳製品は山羊や羊の方が好きですが、牛のお乳のチーズやヨーグルトも少し
いただきます。

夕べは鶏ガラでスープを取って、それもいただきました。
魚はさばけるけれど、鶏をしめるのはやっぱり自分で出来ないなぁ、
などと考えつつ。自分でいのちを絶つことの出来ないものを口にすること、
それはある程度仕方無いのかもしれないけれど、
人間の都合だけを考えた不適切な飼育飼いはやめて欲しいので、
そういうものはどうしても食べられません。
それは魚介類でも、怪しい養殖ものはやめて欲しい…

これからは良い環境で育ったコッコさんは、《いのちをいただく》ということを
思いながら少しいただこうかな、と思い直しているところです。


2013年 11月


[PR]
by pot-eri | 2013-11-14 19:47 | | Comments(6)

手まり寿司 temarisushi







e0206902_1875923.jpg





母がはるばる日本の白米を運んで来てくれました。
普段の我が家は玄米か五分つき米なので、
小粒で宝石のようにうつくしい日本の白米に感動。
せっかくの日本のお米なので手まり寿司にしてみました。

スモークサーモンは手軽に手に入るので
ラップでくるっと包んで作るこれなら、私にも出来る。
(大きさバラバラだけど…プロは一つずつごはんを量るそうです。)

わさび忍ばせバージョンと柚子胡椒バージョン
どちらもおいしかった◎

寿司はやっぱり日本の白米がいいなぁ。


PS: 「にぎり寿司は手で食べていいのよ」 と言うのに
    「僕はトレーニングする!」 とひたすら箸で食べるブルトンさん
    (↑ブルターニュ人は頑固で有名)
    ごはんにお醤油つけてバラバラになっちゃったり、 あーぁ...

[PR]
by pot-eri | 2013-11-13 18:10 | | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30