カテゴリ:陶( 32 )

嫁入り仕度 la preparation






e0206902_735577.jpg





10時間掛けて温度を上げ、一昼夜ゆっくりゆっくり冷ましたもの達と
ご対面、

最後の仕上げのサンドペーパーかけをしたら
お嫁入りの準備をします。

手放すのはあっという間...。

[PR]
by pot-eri | 2018-05-12 07:46 | | Comments(0)







e0206902_342520.jpg





やっと終わったー 
今日一日で40ピースの施釉。 最近の私は釉薬を吹き掛けしているので、これはなかなか辛い作業なのです。
勢いよく口で吹いて釉薬を噴射させるので、続けていると酸欠になりそうになります。。
釉薬の入ったバケツにポチャンとくぐらせたり、柄杓で掛けたりすれば早いのに何でそんなことしてるの? と言われてしまいそうですが、
なるべく薄く釉薬を掛けたいのでそうしています。
エアーコンプレッサー欲しい。。

祭日の今日はご近所さん達もお友達とピクニックへ出掛けたり、家族でバーベキューしたり...
皆さん楽しそうにしてるけれど、ぽてりさんは一人篭もって作業。
ブルトンさんもパリで仕事。今週末からしばらく休暇になるのでお互いあと少し、鼻先に人参ぶら下げてがんばっています。

私の方は後は本焼き、これは天の神さま、火の神さまに委ねるしかないので、
ここでひとまず幕が下りる感じです。

大失敗だったら、、、とかそういうことはもう考えない。

このところ犠牲にしていたやりたいことがたーくさんあるので
まずは明日、アトリエの大掃除します。


[PR]
by pot-eri | 2018-05-09 03:31 | | Comments(8)

HP







e0206902_16175840.jpg





HPを新しく作り直しました


http://aonoto.strikingly.com/



もう狂うのはやめました。 でも地道にコツコツやっています。

このところ手短ブログですみません。
ゆっくり、ぐふふ という様なことを書きたいものです。

良い日曜を!

[PR]
by pot-eri | 2018-04-29 16:24 | | Comments(2)






e0206902_16575755.jpg







青天に恵まれた週末はブルターニュの中世の田舎町ヴィトレで marches de createurs クラフト市に参加していました。
ブルターニュのお友達いつもギャラリーでお世話になっているabeilleさんと、
彼女の陶芸仲間で盆栽も学んでいるポールと三人の作品を出品。


フランス人は花や植物好き、そして子供から大人まで日本文化好きの人も多いので
まずはポールの盆栽が人目を引き? 笑 
なかなか手ごたえのある二日間でした。

カメラ持って行くの忘れた私です...すみません。





e0206902_1773740.jpg





e0206902_1775890.jpg







普段は一人篭もって修道女のような暮し、作ったもの達もギャラリー、お店にお届けし
後はお任せしているので、こうして直接コミュニケーションが取れ、反応を直に感じられる
マルシェはとても嬉しく、勉強になります。


私のつたない作品に目を留め、じっくりと一つつひとつ見てくださったり、
感じたことをそれぞれの言葉で話してくださったり、はたまた大切な人へご自分への贈り物として選んでくださったり... 
このためにまた作ろうと思います
これを糧に前へススム!






e0206902_17225785.jpg






庭のマグノリア、今年は花を4つ付けてくれています。
とても良いかほりでしあわせになります。
スロウな成長リズム、 誰かと似てる...


えっ  ワタシ ?

[PR]
by pot-eri | 2018-04-24 17:26 | | Comments(8)

魔除け  l'amulette







e0206902_2394562.jpg




作るだけではなく

「これは何するものですか?」 と聞かれた時に


きちんと答えられなくては。








e0206902_23133534.jpg








e0206902_23141365.jpg







ウラ、オモテ、
表、裏、


お塩をのせたり、 ピアスを外して置いても、 紅茶のティーバッグでも、
ひょっとすると魔除けとしても...?


苦肉の答え 笑







[PR]
by pot-eri | 2018-04-07 23:26 | | Comments(6)

ろくろ le tour








e0206902_633636.jpg





少しずつ春めいて来てアトリエにもお天気の良い日は午後の一時
日差しが入り込んでくれます。
今年に入り、ろくろを再開しています。
2016年春に坐骨神経痛になってから、ろくろの作業など怖くて出来なかったのと、
手で作る楽しさにはまっていました。

久しぶりのろくろ、それはまた新鮮で
あーこれこれ、゛無になり土と向き合う゛ 水中で一人ぼっちになるような感じ。
忘れていた心地良さ。。
ルーシーリーのようにろくろオンリーには慣れませんが
何か新しいろくろとの付き合い方に気付け、楽しくなっています。

゛自由で良い゛ ということ。 (←意味わかりませんね、すみません)



坐骨神経痛の方は昨秋で一年半通い続けたキネの治療が終わり
完治とまではゆきませんが、今はふつうに暮らせています。
後は自主トレで筋肉をつけるべし、なのですが殆どやっていません。。

なるべく身体を動かしたほうが良いので、日中お天気が良いと作業の手を止め
庭へ逃避しています。
コンポスト捨てに~ とか、薪を取りに~、タンポポと葉にんにくを摘みに~ etc...
ちょこちょこ行ってます。
葉にんにく、オムレツに入れたら美味しかったです◎












[PR]
by pot-eri | 2018-03-29 06:36 | | Comments(4)

merci







e0206902_7392221.jpg






恵比寿ekocaさんで私の陶のものたちを見てくださった方、手に取ってくださった方、ありがとうございます。

海を越えた場所で浮いているのでは?と心配したりしていましたが
オーナーの福地さんが素敵に草花を活けてくださって
アトリエにあった時より生き生きして見えます。

この子達最後の二つ(写真は福地さんより)、
寂しくならない様に新しい兄妹をこれから作ります。
ボウルも香立にと連れて帰ってくださった方がいらしたりしたそうで
そういう使い方もあるのだなぁ、と知らせを受けてとても嬉しく思っています。
(ボウルはまだ少しあります!)

これからもっともっと良いものを作ってゆきたいと思います

どうぞよろしくお願い致します。



上原絵里

[PR]
by pot-eri | 2018-02-09 07:54 | | Comments(2)

Paris photos II







e0206902_7151935.jpg





いってらっしゃい



どうぞよろしく

[PR]
by pot-eri | 2018-01-18 07:20 | | Comments(2)




数年前に里帰りした時に大騒ぎして(私の中でだけ)福井県の漆製造者さんから
お取り寄せした゛初心者用金継ぎセット゛ 
いつかやりたい、やらなくてはと思いつつ月日は過ぎ...

半年以上前にアトリエへいらして下さったフランス人のマダムが気に入ってくださった
片口風の花器は「つまようじの先ほどの小さな欠陥があるので」と説明しても
欲しいといってくださり、
「それでしたら日本の漆と金を使った昔ながらの修繕をしてからにしましょうか?」
などとやったことも無いことを提案してしまい、
提案したものの、着手する時間を取れずもうきっと気が変わられたか忘れてしまっているだろうな、
と私も金継ぎのことなど忘れてしまっていました。 すると、
今週の初め、この田舎町の「お友達ところへ遊びに来たから」とアトリエへ訪ねて来てくださりました。
そして「急ぎませんけれどこの次にはぜひ受け取りたい」 と片口の花器のこともお忘れではありませんでした。
ありがたいことです。

今日の午後やっと玉手箱の蓋を開け、説明書とネットで以前予習しておいたノートを開き
まずは他のもので練習 
工程1の麦漆で固める作業。
小麦粉を水で練り、生漆と混ぜます。生漆のチューブの蓋を開けると
3メートルくらい先でお昼寝していた絹ちゃんが
すくっと起き上がり鼻先クンクン... 作業台の上へ飛び乗り私の手元をクンクン、
あっという間に漆を練ったヘラの先をペロペロっ!

「カブレるからだめー」 と追い払うのですが
その後また麦漆が足りなくなり、漆のチューブを開けるとすぐに反応してやって来るのです。

うるしは猫が好きなものなの? と
ググってみましたが、そのような記事は一つも見当たりませんでした。

漆好きな絹、
先ほど鼻先がカブレていないか確認しましたが、大丈夫な様です。




e0206902_6404813.jpg



変な絹ちゃん
今度どこか怪我したら金継ぎしてあげようかな?






[PR]
by pot-eri | 2018-01-13 06:41 | | Comments(2)







今夜は初焼きします。

年末に素焼きを終わらせたので,釉薬をかけた後の本焼きです。
今週はもう一度本焼き予定。

電気窯で焼成時間約10時間、フランス電力会社EDFのオプションで深夜割引システムというのがあり
それを利用して23時30分からスタートします。
電気窯はプログラムをセットするので機械任せなのですが、最初の1~2時間は蒸気を出すために
窯の蓋を少し開けておく必要があり、それが終わるまで眠れません。
田舎暮らしで一人の時は早寝が習慣になっているのでちょっとだけ厳しい。
なんて、一昼夜薪をくべつづける陶芸家さん達に叱られそうですが。。

ふぁー 眠い。。




e0206902_7273773.jpg





一年とひと月前の絹ちゃん、耳大きかったねぇ。。

カメラが無いのでしばらく過去の写真を小出しにします..



ぼんぬ にゅい  みなさま。


[PR]
by pot-eri | 2018-01-07 07:10 | | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30