カテゴリ:おでかけ( 71 )






e0206902_17322555.jpg




 
修道院の屋根裏部屋

深い緑の丘の麓、穏やかにランス川が流れる
小さな真珠のような中世の村 Lehon レオン


うつくしい修道院とその庭
村にはカフェが一軒あるのみ


ぽてりさんは恋に落ちてしまいました。




e0206902_1733211.jpg





レオンは中世の美しい町ディナンの隣に位置します。

[PR]
by pot-eri | 2018-09-30 17:51 | おでかけ | Comments(2)

ごーるいん arriver a la fin







e0206902_20232838.jpg




赤い岩の島を後に向かった先はErquy エルキ。
ここはブルトンさんと私にとって思いで深い?地、

その昔私達の新婚旅行の様な記念すべき旅、ブルターニュ周遊(車で)の初日、
肌寒い五月の初めにキャンプ場に連れて行かれそうになり
半泣きになった私をなだめるようになんとか見つけてくれた宿がここエルキの港の先っちょ、
クレープ屋さんの上でした。
新婚旅行風なものがクレープ屋の上って... 滝汗
でも屋根のある温かい場所で眠れることにしあわせを感じたこと、今でも覚えてます。








e0206902_2032472.jpg





さて、時は過ぎ2018年 夏。
゛話しかけてはいけない緊張の時゛ ↑見よこの真剣すぎて口の開いてるヒト
係留のため舟を固定するのに縄で浮きをキャッチする 







e0206902_20325878.jpg






プカプカ浮いてる丸い浮きを捕らえる、
傍で見ているとゲームセンターにもありそうな感じですが
モーターの速度を極限に落としても風や波に邪魔されなかなか難しい様です。
舟を操縦する者と、舟の先端で構え縄で浮きをキャッチする者の連携プレー
一度目失敗、二度目でブラボー!浮きを捕らえ、イカリを下ろし係留成功。






e0206902_2034870.jpg




確認するキャプテン





e0206902_2029348.jpg






エルキの町






e0206902_20345739.jpg






夜はそのまま舟で過ごし
翌朝ゴムボートで陸へ、超特急でマルシェへ行き残り一日分の食料調達
そして出航
ゴール、サンマロを目指します。






e0206902_20354749.jpg






快晴、
Cap Frehel フレエル岬 ←陸からの美しいフレエル岬は゛ふらんすさんぽ゛francanaさんのところで紹介されています。







e0206902_6194957.jpg






e0206902_20392783.jpg





遠くにサンマローっ!







e0206902_2040050.jpg






嬉しそうなキャプテン*








e0206902_20403362.jpg






8月中旬のサンマロ城壁のビーチは人でいっぱい。。







e0206902_43455100.jpg






無事到着、見覚えのある風景
サンマロ、サンセルヴァン地区のヨットハーバーからの眺め

到着後ぽてりはこっそりシャンパン買いに走りました。。




夏のスパルタ航海日記、長いことお付き合いいただきありがとうございました。
こんなに長い船旅は私にとっても初めてのことでした。
五感をくすぐられるうつくしい体験、連れてきてくれたブルトンさんに感謝すると同時に
ヨットを愛する方々には大変失礼ですが
体育会系とは縁遠いこのわたくしの目から見たクルージングをひとことでまとめさせていただきますと...


マゾヒストのスポーツ




マゾなブルトンさん ひと夏の貴重な思い出をありがとう。

 

[PR]
by pot-eri | 2018-09-18 20:41 | おでかけ | Comments(3)





e0206902_15271483.jpg






紅い花崗岩の島、ile de Brehat ブレア島
心を揺らす実物の色は何度試してみてもカメラには収められませんでした。

一日中真っ赤な夕日に照らされている様な、
ひと夏太陽を浴びた輝かしい肌の様な
自然の創造物








e0206902_1536189.jpg





e0206902_15352415.jpg





e0206902_1534349.jpg





e0206902_15451287.jpg




ゴムボートで舟に戻ろう



e0206902_15373613.jpg





旅も終盤

[PR]
by pot-eri | 2018-09-12 15:38 | おでかけ | Comments(2)






e0206902_412385.jpg







潮の満ち引きの著しいブルターニュの海では
航海もそれらを踏まえて予定を組みます。

その日予定していた Perros-Guirecペロスギレック には早めに到着、
潮の関係で港は一時的に閉鎖されており小一時間待ち時間が出来ました。
すると
「アペロタイム*」と仏人当然の流れに。。







e0206902_519657.jpg








四角いダンボール二つはキュビと言って5リットル入りのワイン赤と白、
航海始めの買出しで購入。
4人で2週間で10ℓ...





e0206902_401517.jpg







空と海、
静寂

「こんなに心地良い場所、今晩はこのままここに居よう」 全員一致で係留決定。





e0206902_5195212.jpg






夕食のメインはロスコフのマルシェで買った白み魚だったと思います。
南フランス内陸田舎暮らしのミッシェルとアニーは航海中新鮮な魚が食べれることを
とても喜んでいました。彼らの住む辺りでは新鮮な魚は手に入り辛いしお高いそう。






e0206902_4441918.jpg






夜明け前目が覚め一人舟の上へ出てみると





e0206902_4454653.jpg





e0206902_4462743.jpg




一日のはじまり
偉大なる自然よ、地球よ ...


北海道の地震、台風で大きな被害を受けた大阪、
少しでも早く復旧されることを願っています。
被災された方、ご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

これ以上日本列島を襲わないで。。


[PR]
by pot-eri | 2018-09-08 16:00 | おでかけ | Comments(0)






e0206902_245652.jpg





まだ続くのです、航海日記。

神秘的なウエッサン島を離れるのは名残惜しかったのですが、天候の都合上
進むしかなかったようです。
ロスコフのヨットハーバーに辿り着く前夜はAber Wra'chという港で一泊したのですが
おそらくこの時も私は船酔いで寝込んでいたので
写真は一枚もありません。あしからずです。


ロスコフと言えば玉ねぎ、ローズオニオンが有名でそれ以外何も知識の無かった私ですが
サンマロを小じんまりさせたような北ブルターニュらしい趣のある港町でした。





e0206902_2582244.jpg




e0206902_2585418.jpg






航海のクライマックスを越え、ゴールのサンマロ到着まで少し日程に余裕があることが
見えてきたようなので、ロスコフの港では二泊しました。

二日目はヨットを離れ、渡し船でお向かいのバ島へ遠足。
ロスコフの町で美味しそうなビオのパン屋さんを見つけたので
サンドウィッチを買い、いつもだとバゲットのサンドウィッチは
パンが多すぎるので残してしまうのですが、ここのは美味しくて完食。
写真ありません、すみません。







e0206902_3223059.jpg




沢山歩いたバ島





e0206902_3241219.jpg




e0206902_3244916.jpg




e0206902_3251399.jpg



e0206902_3253850.jpg



e0206902_3265642.jpg






雨合羽着たり、半袖になったりの繰り返し。

自然と戯れる島。






e0206902_3282118.jpg




[PR]
by pot-eri | 2018-09-07 03:02 | おでかけ | Comments(2)

ウエッサン島 ile d'Ouessant







e0206902_6253868.jpg



今回の航海のクライマックス

ブルターニュの先端折り返し地点、小雨降り、海は荒れ、
ひ弱なわたくしは、またしてもキャビンで震えうずくまっていました。

ウエッサン島に辿り着く時の絶景を見れなかったのがとても残念です。

この日の夜も舟は係留、一晩中うねりつづける海
激しい揺れと、物音、
さすがに海男のブルトンさんも「まるで洗濯機の中にいるみたいだ」と...
これはスパルタヴァカンスではなくて悪夢なのではないかと思いました。

眠れぬ夜...

翌朝、靄の掛かった島は幻想的でそれそれははうつくしかったです。

ゴムボートで島へ






e0206902_617486.jpg



e0206902_6203772.jpg



e0206902_6192968.jpg





余分なものの無い島

朝ごはんに小さな屋台のクレープ、素朴でしみじみ美味しかった。


澄んだ空気、
ケルトの神の力の様なものを感じるこの島
またいつか来たい。



写真があまり無くてすみません。





e0206902_7193087.jpg











[PR]
by pot-eri | 2018-09-05 07:03 | おでかけ | Comments(0)

港町Audierne







e0206902_11689.jpg





小さな漁港の翌日辿り着いたのは
わりと大きな港町Audierne オディエルヌ
もう大分ブルターニュの先っちょに近づいて来ました。

港に舟を着ける時は船乗りさんたちのテンションが高まるので(舟をぶつけたりしないよう操作が微妙らしい)
参加者全員気を締めなければいけません。







e0206902_1272367.jpg






↑ こういう時は話しかけるべからず、
皆がキャプテンの指示に従います。
写真の左隅、赤いズボンのアニーがやっているのはpare-battageという大きなソーセージの様な
舟を衝撃から保護する浮き? をロープでくくり付けて下げているといころ。
舟にはいろいろな種類の紐の結び方があって、
その手のことは結構ぽてりさんも好きなので、この時だけは得意げに参加します 
たまには ね :-)





e0206902_1361515.jpg






船着場ではこうして見知らぬ別の舟の人が大抵手を貸してくださります。
そして二言三言話しただけで、お互いの舟にご招待してアペロ、
この国のヴァカンスはアペロ無しには一日が終わらないようです。






e0206902_1401539.jpg






アペロ前の散歩途中に嗅ぎつけた屋内マルシェの美味しそうなパティスリー
クンニャマン 買い食い。
ナチュラルと林檎入りがありましたがナチュラルにしました。ぺろり、美味しかったです。
他にも素朴で美味しそうな焼き菓子が色々ありました。





e0206902_1442216.jpg






教会にも船のマーク、
港は守られているのですね。

[PR]
by pot-eri | 2018-09-04 01:58 | おでかけ | Comments(0)







e0206902_22564731.jpg





ヨットには帆が3つあって、それを風力、風向きなどによって使い分けるようです。






e0206902_2374866.jpg





あっちの帆をたたんで、こっちの帆を広げて
ロープを引っ張ったり、緩めたり、
敏速さを要求されたり、力仕事だったり...
アニーは舟に興味があるのと動き回ることが好きな様で積極的に
これらの作業に参加し向上心まんまん




e0206902_23132635.jpg



 
がんばれー

一方、ぽてりさんは。。





e0206902_23143467.jpg






テルテル坊主つくってみた~ 明日も晴れて海が荒れませんように

はい、わたし舟の操縦などまーったく興味無いのです(ごめんね、ブルトンさん)






e0206902_23224532.jpg






航海中、何度もイルカと遭遇しました。





e0206902_23254721.jpg



e0206902_23264742.jpg



e0206902_23271780.jpg



e0206902_23274596.jpg





舟と一緒に泳いだり、飛び跳ねたりしてくれます。
かわいい、賢い海の住人達。

[PR]
by pot-eri | 2018-09-02 23:32 | おでかけ | Comments(6)




e0206902_027094.jpg





翌朝ロリオンを出航し夕方辿り着いたのはLesconil レスコニル

「ポテリ~ とってもチャーミングな小さな漁港に辿り着いたのよ、起きれそうだったら出ていらっしゃい」

と私の頬を優しく撫でてくれるアニー。

そうなのです、快晴のロリアンの後、海が荒れはじめ
ぽてりさんは船酔いでぶるぶる、ガクガク、ゲロゲロ zzz...
舟の中のキャビンで毛布に包まって半死状態でした。

そしてこの苦しい思いはこの後も何度もやって来るのです。。
でも、舟が止まれば大丈夫。






e0206902_043258.jpg






夜ごはんは漁港の先端にあるビストロをアニーが目ざとくチェックし
予約を入れてくれていたので、散歩がてら食べに行きました。
これがヴァカンス中最初で最後の外食 笑

予約の時間に行っても満席で待たされましたが
土地の食材、ビオの食材も多く使われ良心的なプライスなので
込むのは仕方無いのでしょう、
半死後、あまり食欲の無かった私は前菜メニューの海のプレートのみ。
アルドワーズのプレートに天然のサーモンのグラブラクス(サーモンを塩と砂糖、ハーブで漬けた北欧のレシピ)、鰹のタタキ、サーディン、サラダ etc... ちょこちょこのっていて
どれも美味しかったです。 
Cantine de mer 海の食堂という名のお店はここ →★





e0206902_0404915.jpg




4日めの日中は殆ど横になっていたのに夜もぐっすり眠れました。

[PR]
by pot-eri | 2018-08-31 01:00 | おでかけ | Comments(2)






e0206902_3471426.jpg





グロワ島を後に向かった先はロリオンの港
地図で見るとお向かいに位置するロリオンですが、風力のみで進む舟では4時間ほどかかります。


ロリオンの町では毎夏 《festival interceltiqueケルト民族フェスティバル》という大きな
イベントがあり兼ねてから行ってみたかったのですが、
今回幸運にもそれが叶いました。

と言っても私達の滞在は一晩だけなので、見れたのはほーんの一部だけ。
港について、シャワーを浴びて着替えたら
舟の移動中に予約しておいた競技場でのケルトの スペクタクルへ →★


競技場は大きすぎてアーチストの息吹きを肌で感じるには遠すぎましたが
こういったメガコンサートには普段行かないのでもの珍しかったのと、
ソバージュな海での日々から文化に触れ、ケルト音楽が心地良かったです。







e0206902_4442850.jpg






この度の航海チーム。 
右よりブルトンさんの古くからの舟の友リヨンから来てくれたミッシェルと彼より14も年下の愛妻アニーそしてブルトンさん。
「ブルターニュと言えばbonnet rouge赤帽!」 とリヨンからこの船旅のため準備してくれていました。


スペクタクルのスタートは22時から、
終わって散歩して舟に戻ると皆爆睡。 スパルタヴァカンス3日目終了。






[PR]
by pot-eri | 2018-08-30 04:25 | おでかけ | Comments(2)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31