懐かしい未来へ...  仏蘭西ブルターニュ地方、古い家の修復、庭しごと、土でもの作っています。 


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019年 01月 06日 ( 1 )







e0206902_057261.jpg





クリスマスイヴのミサへ出掛ける時、
家の前でごはんと人肌に飢えていた猫をブルトンさんがみつけました →★
「可哀想にお腹空かせて、戻って来たらごはんあげようね」 という私に
「だめ、今すぐあげて」 とブルトンさん。

翌日もごはんを食べにやって来て夜は少し冷えて来たので
車のトランクに毛布とごはんと猫のトイレをセッティングするブルトンさん
とても月並みに私が名づけた゛のえる゛ その後から姿が見えなくなりました。

「きっと飼い主がノエルの休暇から戻って来たんだね」と私たち。安堵するような寂しいような...

年が明け、ブルトンさんがパリへ戻ると再びのえる登場
薄いグレーと薄茶のトラ猫のえるは多分麻より少し年上、まだ成猫に満たない。
美しくて性格も優しくて、喉から手が出そうなのですけれど
うちの麻ちゃんは免疫の弱い持病があるので、どこからやって来たのか分からないのえるを
家へ入れることは出来ません。


もりもりごはんを食べるのえる

ねぇ、一枚くらいまともに写真撮らせてよ、とやっと写せた一枚





e0206902_1175446.jpg





ボナネ*

by pot-eri | 2019-01-06 01:19 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)