秘密の収穫  la recolte en secret








e0206902_16302426.jpg





たわわなヘーゼルナッツの収穫


庭で陶の作業をしているとブロカントゥーのアランがやって来た
ティディベアみたいなじいさんが小さな籠を手にさげて、赤ずきんちゃんみたい。
一通り世間話といつもの冗談を色々言って去っていったと思うと

「ねえ、ヘーゼルナッツいる?袋持ってついておいで」とうちの庭の裏をとことこ、

別のご近所さんの家庭菜園の柵の隙間をするりと滑り込み
その先にある町役場に買い取られてしまった土地にある廃墟の様な物置、
その錆たトタンの壁をべろりとめくりイラクサや野生のブラックベリーが生い茂るのを
脚で掻き分けながら暗い四角い闇の中へ嬉しそうに入ってゆく。

えっ!? と驚きながらも後につづき
子供の頃家の近所の石壁の裏の藪の中に秘密基地を作ったことを思い出した。


そこには大きな木があリ、足元にはコロコロヘーゼルナッツがころがっていた。
無言で拾い集める私たち
時々アランが木を揺するとぼとぼと落ちてくる
小動物も侵入して来ない秘密基地らしい。

「僕はもう3度拾いに来たから」と
赤ずきんちゃんの籠いっぱいになったものもドサッと私の木箱の中に入れてくれ

「もう道順わかったでしょ、いつでも採り放題だからね」

「でも私、よそのお宅の菜園を通り抜けてここへ一人で来る勇気は無い...」 

「何言ってるんだ、人生は一度きりだよ」 トタンの壁をまたがりながらウインク*


人生は一度きり、こういう思想もあるのね。





e0206902_17125590.jpg





木箱の中身は袋の中へ
再び作業へ




e0206902_1711515.jpg





庭のヘーゼルナッツの木は小屋作りのためかなりの枝を切り落としてしまい
今年は実りにはあやかれなかったので良かった。

来年も、アランと一緒に拾いに行こう。。





[PR]
Commented by helebore at 2018-10-02 19:01
あははは!人生は一度きり、木の実を収穫できるのも一年で一度きりだものね!!わたしもこの間またクルミ拾いに行ったのだけど、隣のおうちの人が出てきて、ここは私有地だぜ、って言われたの。。。だんなさんが仲良く話してくれて、その時は拾ってこれたのだけど、あー、もう拾いに行けないなーと思っていたけど。。。勇気が出てきた!笑 でもさ、落ちっぱなしでだれも拾っていない様子の木があると,わたしが拾ってあげなくちゃって。だって木は一年かけて私たちに用意してくれてるのよさ。
Commented by tomomato at 2018-10-03 15:39
たくさんヘーゼルナッツ、羨ましいな〜 最近ヘーゼルナッツにはあやかれていないので、(前とったところはあきらかに私有地 笑) 欲しいわ欲しいわ。  果物類は、もうありすぎるので、持ってこられると本当に困るのだけれど。 リンゴがまた一箱きてしまったし。 涙    でもアランさん、素敵。 そういう考え方もあるのですか。 そこがフランス人と日本人の違い?  っていうか、とってもポエティックなシーン!  お庭での作陶も素敵。
Commented by pot-eri at 2018-10-03 16:47
heleboreさん、
あはは、、クルミ拾い叱られちゃったのね。。勇気出してー!
ブルターニュでも林檎拾わない人多いみたい、私は拾うっ!
アーモンドとか、こちらには無いからいいな、羨ましい。
Commented by pot-eri at 2018-10-03 16:56
tomoさん、
何でもありそうなtomoさんの楽園なのに。。敵がおおすぎるのかしら?木の実は長持ちするから惜しみなく拾える 笑
アランは゛変わり者゛とされてるのだけど、私とは妙に気が合うの。変わり者同士だから? 彼が生きてる間はここに住んでようかな、と思ったり(最近恋に落ちた村のことで頭いっぱいだから...)。
by pot-eri | 2018-10-02 17:18 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31