懐かしい未来へ...     フランス.ブルターニュより。古い石の家の修復*陶のアトリエ  http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ロスコフとバ島 Roscoff et l'ile de Batz







e0206902_245652.jpg





まだ続くのです、航海日記。

神秘的なウエッサン島を離れるのは名残惜しかったのですが、天候の都合上
進むしかなかったようです。
ロスコフのヨットハーバーに辿り着く前夜はAber Wra'chという港で一泊したのですが
おそらくこの時も私は船酔いで寝込んでいたので
写真は一枚もありません。あしからずです。


ロスコフと言えば玉ねぎ、ローズオニオンが有名でそれ以外何も知識の無かった私ですが
サンマロを小じんまりさせたような北ブルターニュらしい趣のある港町でした。





e0206902_2582244.jpg




e0206902_2585418.jpg






航海のクライマックスを越え、ゴールのサンマロ到着まで少し日程に余裕があることが
見えてきたようなので、ロスコフの港では二泊しました。

二日目はヨットを離れ、渡し船でお向かいのバ島へ遠足。
ロスコフの町で美味しそうなビオのパン屋さんを見つけたので
サンドウィッチを買い、いつもだとバゲットのサンドウィッチは
パンが多すぎるので残してしまうのですが、ここのは美味しくて完食。
写真ありません、すみません。







e0206902_3223059.jpg




沢山歩いたバ島





e0206902_3241219.jpg




e0206902_3244916.jpg




e0206902_3251399.jpg



e0206902_3253850.jpg



e0206902_3265642.jpg






雨合羽着たり、半袖になったりの繰り返し。

自然と戯れる島。






e0206902_3282118.jpg




[PR]
Commented by francana at 2018-09-07 16:47
地図と照らし合わせながら拝読しました~
私は水の上というのが苦手なので・・・こんな旅はできないだろうな・・・と思いながら。
イルカと共に海を進んだり、洗濯機の中にいるような揺れを感じたり、辿り着いた陸地で食べたもののおいしさ、忘れがたい経験をされましたね。
それにしても船に乗る人というのは、陸地の暮らしでは見られない景色の中にいて、普通とは違う視点から地球を見ているようなものですよね、大げさかな(笑)。
Commented by pot-eri at 2018-09-07 20:27
francanaさん、
そうなんです、本当ははじめに航路の地図を載せたかったのですがアナログな私には無理でした... わざわざ照らし合わせてくださってありがとうございます。
私も、こんな旅はもう二度と出来ない、、と思います。洗濯機の中なんてNon merci です笑。 イルカちゃん達はよかったです、そして壮大な景色も◎ はい、忘れがたい経験です。。
by pot-eri | 2018-09-07 03:02 | おでかけ | Comments(2)