懐かしい未来へ...     フランス.ブルターニュより。古い石の家の修復*陶のアトリエ  http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

古いアルドワーズ les ardoises anciennes







e0206902_17145296.jpg




スパルタヴァカンス日記は一回お休み

陸に戻って来てから、毎日やることが順番待ちで並んでいます。

サクサクからぷっつり途絶えていた庭の小屋作りプロジェクト、
屋根に使う古いアルドワーズがなかなかみつからず
ようやく見つけて、先週貨車に積んで運んで来ました。

取りに行く前はまたどんな肉体労働が待ちうけていることか...? と覚悟を決めていたのですが
小屋の屋根ですので、その数500枚程度、
以前の素焼きタイルに比べれば→★ 
ちょっと下品な仏語の表現になりますが《鼻の穴に指》という感じでした 笑


ただ ね...




e0206902_1732752.jpg





昔の家で使われていた汚れたアルドワーズは
一枚一枚、洗わなければいけません...
ずうっとやっていると手首も痛くなり嫌気がさしてくるので、一日100枚くらいずつ、
ピチャピチャ、ゴシゴシゴシ... 忍






e0206902_17373031.jpg





そして、じゃーん!
昨日、S氏が来てくださり、貼り始めるとサクサクサクサク☆





e0206902_17391568.jpg






つづきは来週

秋明菊が満開な今日この頃、 雑草もすごいです。


[PR]
Commented by T姉さん at 2018-08-30 21:29 x
わあ〜素敵なバラックじゃない!!!
いつか行ってみたい!!
Commented by pot-eri at 2018-08-31 01:14
T姉さん、おいでー お手伝いよろしく :-)
Commented by papricagigi at 2018-09-05 23:00
素敵素敵!もうしっかり小屋になってる☆ 一枚ずつ瓦屋根(?)を洗うなんて… しゃがんで小さくなってごしごしやっているpoteriさんの姿を写真におさめたい〜(笑)
この屋根と向こうの壁の間はどうなっているの?この隙間から水が流れてきたりしないのかな。
手前の秋明菊も元気いっぱいで素敵〜。(うちのはちっちゃいの…)
Commented by pot-eri at 2018-09-06 02:08
papricaさん、そうなのしゃがんでゴシゴシしながらこれってアジアの路地裏とかで洗い物してるお婆さんみたいかも、と思った!
屋根と石壁の間は少しだけ隙間があるから多分、石灰モルタル(漆喰みたいなもの)で埋めるのだと思う。今は未だ小屋の内部は石壁がそのままだからここにも内側から木のパネルを張らなくては。床も未だ土なのでなんとかしなくては。。。やることいっぱい~

秋明菊は増えすぎて困ってる。。
by pot-eri | 2018-08-30 17:25 | | Comments(4)