焼き味噌ねぎ les poireaux au miso grille







e0206902_2213214.jpg



ついにダウン
風邪に負ける。



ユーカリプチュスを焚いても鼻のつまりが治らなくなり頭が重苦しくなり
日曜は昼間から寝ることに。

夕方、不調な時の私のバイブル『からだの自然治癒力を引き出す食事と手当て』(大森一慧著)を読み返し、
゛焼き味噌ネギ゛これでお粥にしました。

ホイルに平たく延ばした味噌をオーブンで焼き、ネギたっぷり生姜も利かせたお粥
これを食べて寝ると、明け方喉の異物(タ●)が沢山出て今朝は大分すっきりしています。

葱と一緒に ゛あれは良いはず゛ と先日庭でむしって食べてみたら(食べてごらん~という様にピカピカ☆伸びていたので)
口から喉までボーっと火のついたニンニクの葉をがんばって摘みに行き
加えたのも良かったのかもしれません。


早く本調子に戻りたいです。
あ、でもこれは春の排出のはじまりなのかもしれませんね。
今年も植物の力を借りて排出。









e0206902_22124692.jpg



写真は元旦の朝、ノルマンディーの海。
え? ブルターニュと変わらない? いえ、何かが違うのです。。


[PR]
Commented by tomomato at 2018-01-23 03:43
わ〜 本格的に病気になってしまったのね。 どうぞどうぞお大事に! ネギ味噌が効くのね。 私も今日はなんだか喉が痛いから、夜は真似してお雑炊にする〜  熱が出ませんように! 暖かくしてね! 
Commented by pot-eri at 2018-01-23 06:39
tomoさん、味噌は薄っすら焦げ目が付くくらいに焼いてね、ってもう食べちゃったね、きっと。
私は今日のお昼もこれ食べて、夕方はもうほぼ普通に戻りました ってすぐ調子に乗って作業とかしちゃうからいけないのかも。 以前に何かで読んだのだけど冬に風邪をひくというのはからだが正常に機能してる証拠らしい。咳や鼻水、熱などはからだが悪いものに反応して排出しようとしている証拠だからなのだそう。からだが鈍感になると悪いものが入ってきてもそのまま、だとか。。賛否両論ありそうだけど、ね。tomoさんもお大事にねー 一人の時に具合悪くなるととっても寂しいから~
Commented by francana at 2018-01-26 02:47
風邪、つらいですね~ はやく良くなりますように。
たしかに咳や鼻水は悪いものを出そうとする働きだから、それはそれでいいのだけれど・・・(苦笑)
薬に頼らずに治せるならそれに越したことはないけれど、私は年末に咳が止まらなくなり、けっきょく医者へ行きました。
↓poteriさんの作品が東京のお店にも置かれるのですね。
オーナーさんのサイトも見ました。素敵・・・ ごつごつしているのかな、手触りを想像しました。
ところでそうそう、ブリニのレシピを載せました。
では、お大事に~!
Commented by pot-eri at 2018-02-05 18:36
francanaさん、返事がこんなにも遅くなってしまってごめんなさい。
実はPCが故障して(と思っていたら直ったのですが、、)ずっとネットレスの暮しをしていました。
風邪はおかげさまで今回は焼きみそ医者要らずで完治しました! 
海を渡っていった花器オブジェたちはそうですね、手触りは少しごつごつかもしれません、ekocaさんのサイトも覗いてくださってどうもありがとう* ブリニのレシピも嬉しい、milletの粉で早く試してみたいです!
by pot-eri | 2018-01-22 22:47 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30