どうぞよろしく enchante(e)







e0206902_0123239.jpg





先日パリで撮影したものたちは→★ →☆
空を飛び、海を越え、
東京のお店へ

応援してくださる人に恵まれ
ご縁がつながり、恵比寿のekocaさんに置いていただけることになりました。

オーナーの福地さんが花を活けて素敵に撮影して下さいました →*
ありがとうございます。
どうぞよろしくお願い致します。


橋渡しをしてくれたT姉さん、感謝の気持ちでいっぱいよ、また飲もうね :-)




*       *       *



浄化のおかげで喉の痛みが治ったと思っていたら
今朝はもっと悪化して声もろくに出ず、鼻も詰まっていました。
今日は雨が降っているので窓は全開にせず、セージも焚きませんでしたが 笑
ユーカリプチュスのアロマを焚いたら
鼻が通るようになって、朝の喉の痛みも治まっています。
ユーカリプチュスはとても良い様です。






[PR]
Commented by la_mia_coccolina at 2018-01-21 08:01
poteriさん、お風邪は大丈夫?
暖かくして過ごしてね。早く良くなりますように...
お家でセージを焚いた記事を読んでいて、おとぎの国に迷い込んだようで胸がきゅんとなりました。
poteriさんの醸し出す雰囲気やお家、暮らしの空気感がとても好きだな...
そしてそしてpoteriさんの作品に会えるのね?!
うわぁ~、今度行ってみよう♪
Commented by pot-eri at 2018-01-21 08:25
coccolinaさん、こんにちは*
おとぎの国? うふふ、ここは魔女の館の工事現場♪ 今度はちゃんとホワイトセージを焚いてみたいです。
coccolinaさんのお住まいは東京?でしたね。ecokaさん私は未だ行ったことないのですが素敵なお店の様です。恵比寿方面へお出掛けのことが会ったらぜひ覗いてみてね。merci*
Commented by tomomato at 2018-01-21 16:44
素晴らし〜 良かった〜 おめでとう!!
素敵な子達は日本へ旅立ったのね。 行くべき人の手元に届きますように。^ー^   
Commented by pot-eri at 2018-01-21 20:47
tomoさん、ありがとう。日本には素晴らしい陶作家さんが沢山いらっしゃるので今さらブルターニュの田舎の私のものなど...と思っていたのだけれど、人の縁でこのような素敵な機会を頂けました。これからもっと良いもの作らないとー 励みになります えいえいおー :-)
Commented by papricagigi at 2018-01-22 14:46
おめでとう、poteriさんっ!
嬉しいねっ♡ はるばる海をわたって母国へ。
パリの街のなかでは、poteriさんの「和」の雰囲気を醸し出しているようにみえるけれど、日本の和の雰囲気の中に置かれると、異国の不思議な存在感がある〜!「あなたたち、どこからきたの?」ってたずねたくなるような(笑)。
poteriさんの作品の、この「ごりごり」として憎めない感じ、好き〜。
Commented by pot-eri at 2018-01-22 20:00
papricaさん、ありがとう。
papricaさんの感想文はいつもオリジナルな表現があって大好き*
ゴリゴリちゃん達、日本で浮かないかなーって心配だったのだけど。心配はずっとつづく~ でももう行っちゃったから仕方無い 笑 次へっ 進もう!
by pot-eri | 2018-01-21 00:01 | ごあいさつ | Comments(6)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方 小さな古い石の家の修復  陶のアトリエ http://aonoto.strikingly.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31