<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧







e0206902_178398.jpg





冬の間マルシェにゴロゴロ並んでいるカリフラワーでグラタン。
私はグラタンをするのに豆乳を使うのですが、使い切らずに残った豆乳は
早めに使わないとすぐ腐ってしまいます。


なのでそういう時は大抵、翌日おやつを焼きます。
マクロビレシピのケーク.オ.シトロン
ケシの実のぷつぷつが美味しいの。
焼きあがったあつあつのケーキにレモンシロップをたっぷりかけて出来上がり

ブルターニュのお友達abeilleさんが教えてくれたレシピをベースに
粉は、スペルト古代麦粉と米粉に代えて作りました。


私のHPは今のところ無料のサービスでお試ししているので
マメに更新しないとある日突然ページが消されてしまうらしくちょっと怖い。。
なので同じ写真をHPにもアップしました。
これでしばらく大丈夫なのかな?  命をつなげてる感じです、、、







e0206902_17361338.jpg





 
昨日から気温が上がりこの週末は過ごしやすそうです。

みなさま良い週末を Bon week-end♪





[PR]
by pot-eri | 2017-01-28 17:08 | | Comments(4)

making of




e0206902_2213863.jpg






HPには不採用となった写真

モデルさんがんばってくれたのでこちらで公開しまーす。
(メークさんつけなかったので目やにが、、、)




e0206902_22133885.jpg







e0206902_22142652.jpg






HPもまた少しいじってみました
覗いてみてね    →★

[PR]
by pot-eri | 2017-01-24 22:14 | 陶.作業 | Comments(9)

お知らせ  mon site




e0206902_2051664.jpg






まだ未完成なのですがHPを作っています。
よろしかったら覗いてみてください↓



http://atelieraonoto.web.fc2.com/




今後写真を増やしたり、インスタグラムと繋げたりしたいと思っているのですが
わたくしスマフォ持っておらず、 ガクッ
コンピューターも古すぎるみたいです  ガクガクッ


少しずつ開拓していきたいと思います、
どうぞよろしくお願い致します。





e0206902_2041688.jpg





寒いけれど空気が澄んでいて気持ちの良いブルターニュより。

[PR]
by pot-eri | 2017-01-22 20:05 | ごあいさつ | Comments(10)







e0206902_5331669.jpg





土曜の朝、以前から行ってみたかったプチジャングルの隣村の
ビオマルシェへ行って来ました。うちからは車で20分ほどです。

道端や広場に立つマルシェをイメージして辿り着いたら
ちょっと違う雰囲気、




e0206902_53549100.jpg




なにここ ? 気になるー








e0206902_535523.jpg






とてもポエティックな空間
ノエルの飾りがそのままなのかな?

中央のテーブルにはコーヒーが自由にサービス出来る様に置いてあります。

早速パンを物色しているブルトンさん ↑






e0206902_537690.jpg






素朴なおじさんの焼いた素朴なパン
穀物たっぷりの田舎パンと古代小麦スペルトのブリオッシュそれにオレンジケーキを買いました。





e0206902_5375162.jpg



 
あとはお野菜。



とても小規模なマルシェは、パン屋さんと野菜、ビオコスメ、植物や自然農に関する本を売る人
それだけ。
小屋の隣には常設店(もちろんビオ)があり、肉やチーズも量り売りで買えます。
ワイン、蕎麦粉のガレット、お肉のパテ、はちみつ
どれも地元の小さな生産者さんのもの、美味しかったです。
(ワインはロワール地方、パテは私は食べてないですがブルトンさんが絶賛していました。)





e0206902_5341675.jpg






おっと、忘れてはいけない、マルシェの入り口には魚屋さん。
魚はビオではないと思いますが、友人フィリップの選んだ新鮮な魚達
例えば牡蠣はレズウィットルナチュレル(les huitres naturelles)と言って
遺伝子組み換えでないもの。
残念ながら近年ここブルターニュでも遺伝子組み換えの牡蠣の養殖が増えているそうで
消費者はどうやって見分けられるの? と尋ねてみると
「売ってる人に聞いてごらん、嘘はつけないよ」 とフィリップ。

うーん、皆本当のこと言ってくれるのかな...


[PR]
by pot-eri | 2017-01-18 05:39 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)






e0206902_8301617.jpg




タイトルそのままです。

朝、薪ストーブの掃除をするぽてりさんの脇で
興味津々の絹ちゃん、

願いかなってご満悦☆


冷蔵庫、薪ストーブ、 次は洗濯機かな?


灰ってなかなか落ちないのです
別の猫ちゃんがいるみたい zzz...

[PR]
by pot-eri | 2017-01-14 08:32 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)





e0206902_4153790.jpg





少し前にお友達を呼んで食事をした時に
スープを飲むのにスーピエールが二つしかなく、私の分はお椀という場面がありました。
後からブルトンさんに「スーピエール買い足さないとね」と言うと、

「作れば?」

と、あまりにさらっと答えが返ってきて
目からウロコ、妙に納得したのでした。
スーピエールは白いポースレヌでライオンの頭が二つ付いているのですが
うちは猫ちゃんバージョンで。

猫が好きでも、今まで猫グッズには全く興味が無かったのですが
これって、ココが私に作らせてるのかなぁ。。

本物の猫、絹ちゃんの横顔と比べるといまひとつです...。






e0206902_4175667.jpg




このところ気温が上がっていて毎日8℃くらいあります。
ありがたや、ありがたや。。

庭へ薪を取りにいったついでに、
お昼に食べれそうな草を探してみました。



ネギ科の不思議な草、パセリ、ボリジの葉、セージ、春菊、フェンネル、シブレット(あさつき)







e0206902_4184946.jpg





七草パスタ☆


うーん、ちょっと強引。。

ちなみに、ボリジの葉は食べれるというので入れてみましたが
火を通さない方が良い感じがしました、あまり美味しくなかったです。。
庭でむしって生を食べてみた時は、ちょっと生牡蠣のような味に感じたのは私だけ?
ブルトンさんにも生の葉っぱ食べさせたら ペッ と口から出していました。
このヒトと野草摘みには行けないかも。。


[PR]
by pot-eri | 2017-01-11 04:21 | 陶.作業 | Comments(6)

キオク la memoire



冷蔵庫に入っているプラスチックの二つのボトルは
処分するべきものなのに、それが出来ずにいた。

中身を流し捨てる時に
臭覚が記憶を呼び覚ますのが嫌だった

二種のエイヨウホジョザイ

ココがごはんを食べれなくなってから
一時間ごとに、最後は夜中も二時間ごとにこの香りを嗅いでいた。

息を止めて流し捨てると、恐れていた気持ちの揺れはやってこなかった



絹が時々クシャミをするので
ユーカリプチュスのアロマオイルを焚く

庭から戻るとアトリエ中が清々しい香りで包まれていた


記憶が蘇る


ココのために焚いたお香
獣医さんで施していただいたイナラシオン


今は心の中でいつでもココとつながれているから
寂しくはなかった。




e0206902_19494162.jpg

[PR]
by pot-eri | 2017-01-08 19:37 | 空.つぶやき | Comments(10)



e0206902_1734365.jpg





ココちゃんの脚が点滴の時に毛をそられてしまって
寒々しそうだったので、バンドを編みました。

仕上がったバンドは結構似合っていてかわいかったのに、
あっという間にポイッと外されていました  やっぱりね...。




しばらくすると、気が狂ったようにぴょんぴょん走り回っている絹。
よく見ると口になにか獲物をくわえています。







e0206902_1742093.jpg






その日からバンドは
絹ちゃん一番のお気に入りのネズミちゃんとなりました。


遊んで欲しい時はくわえて私の元へ持ってきます。
寝る時も一緒、もうボロボロ


編んだ甲斐があった ということでしょうか... ?

[PR]
by pot-eri | 2017-01-06 17:04 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)




e0206902_1695131.jpg







人の優しさに支えられ、またこうして新しい年を迎えることが出来ました。


皆さまにとって実り多き年となりますようお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


2017年        ぽてり






e0206902_16104577.jpg






大晦日の前日からブルターニュも零下になり
雪ではなく霜で真っ白になっていました。

知らない国へトリップしたみたい、
白の下に薄っすら幹や枝、枯れた芝生の色が垣間見れるところがとても美しいなぁと見とれていました。







e0206902_16114539.jpg



車で私たちが向かった先は…






e0206902_16131192.jpg





薪ストーブが届いてから今までは家の修復で出た古い梁や廃材
切り倒した庭の楓などを燃やしていたのですが、
いまひとつ暖まりが悪く、やはりちゃんとした薪を燃やさないと、と
薪を求めに出掛けました。

貨車に乗せる時は、薪売りのお父さんと息子男性二人が
手伝ってくださったので想像していたより楽だったのですが
家に辿り着いてからはブルトンさんと私二人きり(くすん)
大晦日の夜-4℃の中、せっせせっせと夜の10時過ぎまで薪運びをしました。

0時にはかろうじて起きていましたが、ぐったり、半分眠りかかっていた私たちです。







e0206902_1614654.jpg





ぬくぬく zzz...  (ここは薪ストーブの下)


こういう姿を見ると、また頑張って薪運ぼー という気持ちと、
私も来世は猫に生まれたい、という気持ち。。





e0206902_16143597.jpg





コトシモヨロシクネ☆

[PR]
by pot-eri | 2017-01-03 16:15 | ごあいさつ | Comments(19)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31