<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧





e0206902_1733268.jpg






仔猫のしつけ
いけないことをした時もなるべく穏やかに言い聞かせてゆきたいと思っています
が、昨夜は声を張り上げてしまいました。

絹ちゃん食事中のぽてりさんのお皿の鯛かっさらってゆくー

イワシでもサバでもない、尾頭付きの鯛ですからねっ
(↑なんて小ぶりの鯛でフランスでは時々お手頃な値段でお目見えします)
しかもそのうちの片面半分はココちゃんと、絹ちゃんのお食い初め(二ヶ月のお誕生祝い)を兼ね
前日からあげてるのにっ!
母さんはその残りをいただいていたのですよ。


お尻ペンペン、ポイッ と放り投げ、ちょっとやり過ぎたかな?と反省
でも本人全くめげてる様子なし。







e0206902_1742046.jpg






いつでもどこでも私にくっついてる
ミシンかけてる時も膝の上(ちょっと邪魔)
マチ針刺さらないようにねー






e0206902_1761924.jpg




庭の春菊、スローに成長中
日照時間の短くなった今日この頃、本当に大きくなるのでしょうか?




e0206902_1773461.jpg




今年お正月のマルシェで見つけた小さなクリスマスローズの苗
秘かに根付いてくれた様です
ノエルには花が見れるかな?





e0206902_1782231.jpg




今日の絹ちゃんの写真はなんだか寂しげ
ほんとはもっと生き生き元気ですよー

春になったら一緒に庭で遊ぼうね。

[PR]
by pot-eri | 2016-11-27 17:08 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)




e0206902_1723317.jpg



大きなトラックがやって来て、つづく... にした日→★
待ち侘びていた薪ストーブが無事に配達されました。
週が明けてからクヴルー(屋根職人)のダレン君が暖炉の煙突掃除、チュバージュ(煙突の中にメタルのチューブを通す)
そして薪ストーブの設置にやって来て完成!の予定でしたので

つづく...の後にはストーブにめでたく火の入ったところをお披露目出来ると思っていました。
上の写真を見て、あら?と思われた方もいらっしゃると思います。

そう、薪ストーブから伸びて暖炉の煙突の中につながる部分のチューブの長さが足りなかったんだって ガクッ。
ダレンくーーーん
ダレン君は誠実で人情味のあるやさしい人なのでここは気長に待つことにします
というか、待つしかない。

チューブが届くのに一週間程掛かるそうです。。 ここはフランス~♪






e0206902_173671.jpg





白ちゃんと黒ちゃんのごはんタイム
ごはんタイムの間私は審判のように監視していなくてはなりません。
ガッガッガッとあっという間にたいらげた絹ちゃんは
物思いにふけりながらのんびり食べるココちゃんのお皿に突進してゆくので...
イエローカードだらけの絹ちゃん*


絹ちゃんのおかげで、食欲がいまひとつでいつもごはんを残すココちゃんも
以前より沢山食べてくれるようになっています。


今月は獣医さんからの指示で『ココちゃん太ろう月間』なので丁度良かった。
体重が3キロ切ってしまうココちゃん、
来月、体重計って獣医さんに報告しなくてはいけないので。






e0206902_1733896.jpg





二匹寄り添う光景を目にするまで、まだ時間が必要そうですが
大分距離が接近してきています。

[PR]
by pot-eri | 2016-11-25 17:03 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(2)







e0206902_20215433.jpg







絹ちゃんがやって来て4日め
仔猫の居る暮らし、キラキラの光と台風が同時にやって来たよう







e0206902_20232058.jpg





ココお婆さん姉さんも、少ーしずつこのイノセントな豆台風を
理解してくれていっている様です
というか、受け入れざるおえない。



私の希望は、二匹寄り添う姿を見ること
まだもう少し先かなぁ...




e0206902_20241126.jpg





小ちゃい時期は短いのだから写真を、と思っても
起きてる時はなかなかじっとしていてくれませんので
こんなシュールな写真






e0206902_20245937.jpg





このくらいが精一杯





e0206902_20264469.jpg






ルノアールさん、モデルはいりませんか?

[PR]
by pot-eri | 2016-11-23 20:28 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)






e0206902_22172854.jpg




ボンジュール*
ワタシノナマエハ 絹 キヌ kinou  (写真左 ガ ワタシ)





e0206902_22234898.jpg




絹ちゃんのママはまだ一歳半
9月24日、朝5時半 4匹のべべを無事出産(白♀、白♀、白♂、キジトラ♂)


「ポテリ、真っ白な仔猫が生まれたよ、どうかな?」 
とブルトンさんの友人フィリップに言われたのがひと月前。

ズキン☆ とするワタシのココロ

「ココが居るし、今はまだ無理」 と私が答える前にブルトンさんがシャットアウト。


それからひと月、

そうよね、無理よね、現実を見なくちゃね、と言う私と
ずーっと白い仔猫ちゃんのことが気になって、
フィリップに仔猫ちゃんその後どうしてるかだけ聞いてみよう、と携帯でメッセージを送る私。


そうして、あれよ、あれよと
仔猫ちゃんを見に行く段取りが進んでゆきました。






e0206902_22274075.jpg






4匹のうち、白の♀猫ちゃんは、近所のマダムのお家へもらわれていったそうで
私もやはり女の子が良かったので最初から絹ちゃんを抱っこさせてもらいました。
かわゆいー


キジトラ君がとても美男子で、彼の魅力に吸い込まれる私たち。
ブルトンさんは


「トラにしたら?」 と。

フィリップは 「両方どう?」 と  言います


でも、ワタシノキモチカワラズ








e0206902_22282254.jpg






e0206902_22285353.jpg




こんな風に兄妹じゃれ合う姿を見ていると
一匹だけ連れて帰ってしまうのに心が痛みました。






e0206902_22292230.jpg




最後にママとツーショット。






e0206902_22295431.jpg




絹ちゃんの生まれ故郷の海



e0206902_22303128.jpg





帰り道、カンカルにあるパティスリーへ

大好きなジンジャー&シナモンケーキは残念ながら売り切れ
キャラメル&ヘーゼルナッツにしてみました。

とれ ぼん☆


素敵な一日。

[PR]
by pot-eri | 2016-11-21 22:31 | ブルターニュ.日々 | Comments(10)

コツコツ kotukotu



e0206902_21373948.jpg





このところは毎日陶の作業をしています。
作っている時がしあわせ*

来月この小さな田舎町でもクリスマスマーケットがあるそうなので
せっかくならそれに合わせてアトリエオープンしたいと思っています
こんなことしているのですよ、と見てもらえたら...

しかしながら、ご覧の通りまだ素焼きすらしていない状態
間に合うのでしょうか?





*          *          *




ピエローがママ手作りのガトーオショコラを差し入れしてくれました。




e0206902_22105195.jpg





皆で一緒におやつ*


「ハラショ (オイシイ露語)」 と私が言うと

レナがこそっと
「ピエローがね、なぜぽてりがハラショって言うの? ハラショはママンの言葉だ!って言ったの」
と言うのでこの日は

「オイシー」 と言うと、オウムの様に繰り返すピエロー


アリガト、オイシー、サヨナラ どんどん記憶されてゆくよう。

この分だとあっという間にブルトンさんの日本語ボキャブラリーを追い越しそうです。






e0206902_22264776.jpg






今朝は大きな配達もありました    つづく...

[PR]
by pot-eri | 2016-11-18 21:33 | 陶.作業 | Comments(4)




e0206902_15153421.jpg




お昼ごはんに緑の野菜が何も無かったので庭へ

落ち葉で覆われ、カラカラと色褪せた晩秋の庭

こぼれ種からかろうじて生えているロケット(ルッコラ)、パセリ、コリアンダー、
ニラのようなネギ科の草...
食べられそうなものをむしる


産地直送(笑)ハーブのパスタ*


これは、私が夢見ていた暮し。







[PR]
by pot-eri | 2016-11-15 15:15 | 植物.ハーブ | Comments(4)






e0206902_21412998.jpg



屋根に断熱材の入っていない石の家は寒いです。
設置は手付かず、先月購入したままのの大きなロールの断熱材が屋根裏部屋でゴロゴロ
寝室にしている部屋の天井=屋根裏の床部分はとりあえずそのロールで覆われているので
かろうじて寒さを断つことができているようです。

キッチンはプロパンガスの暖房機、地上階のアトリエは石油ストーブ
これらのおかげで、豆を煮たり、スープを温めたり、
寒いながらも温もりのある暮し*



さてと、 夕べ作ったお料理、

鯖の赤ワインビネガー煮

ローズマリー、タイム、ローリエ、ニンニク、鷹の爪、コリアンダー、胡椒
で作ったビネガー液へ
あらかじめ塩で〆た鯖を入れコチコチにならない程度に火を通します。

一週間ほど日持ちするので作り置きしておくと便利
もともとはサーディンで作るレシピの応用です。




レナからサプライズのプレゼント!




e0206902_21423730.jpg





なになに?

包みを開けてしまってからの写真ですみません
本当はとっても素敵にパッケージされてたの。






e0206902_21434022.jpg




きゃー    


レナのお友達のフエルト作家さんの作品。
オックスフォードで暮らす彼女のセンスと、
ウクライナから彼女のお母様が拾って送ってくれるというどんぐりのお帽子の融合。

海を渡ってブルターニュへ





e0206902_21442814.jpg





どんなお母さまなのかなぁ? と
゛森でどんぐりを拾うウクライナのお婆さん゛ をイメージしてみています... 。


[PR]
by pot-eri | 2016-11-11 21:46 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)



e0206902_1414532.jpg





春のために、
今年はチューリップを追加して植えることにしました。
アシスタントは天使のように可愛いピエロー3歳。
レナがお買い物に行ってる間私と一緒にお留守番。


私が穴を掘り、ピエローが横でポトッと球根を一つずつ穴の中へ入れてゆく
二人でシャベルで土をかぶせながら
「オ.ルヴォワール、ドルメヴビアン、オ.プランタンプロシャン」  
サヨナラ、ゆっくり眠ってね、また春にねと私が言うと
ピエローもオウムの様に繰り返す。

土の中からミミズが出てきて
これはね、ヴェールドテール 土の中で働いてくれてるのよ と説明すると
「ヴェル ド テ ル」  と何でも私の言ったことを繰り返すので
間違ったフランス語話すわけにはいかない、責任重大っ!



トマト園も、もう終わり
裏小路のムッシューから苺の苗を沢山頂いたので植え付けをしました。
苺の列の隣にはニンニク、虫除け効果と収穫両方を期待しています。 さてどうなりますか?


「トマトはどこ?」
トマトはね夏の野菜だからもう終わりなの

「プ コワ?」 =なぜ?
トマトは夏のお日様が大好きでね、お日様の光りで赤く甘くなるの
もう夏が終わって今は秋、もうすぐ冬、 寒い冬の後には春が来るでしょ、
チューリップが咲いて、イチゴが出来て...
その次は夏が来て、きっとまたトマトが食べれるの。 分かるかな?

「ウイ」  かわゆい☆





e0206902_15382918.jpg





おやつに皆で食べるように林檎のクランブルを焼きました。
マクロビオティックのレシピなので、林檎には一切甘みをつけておらず
クランブルはオートミールと粉、庭のヘーゼルナッツを砕いたもの、オイルとアガベシロップを少し。

子供達食べてくれるかな...? と少し心配したのですが大好評
「アンコー、アンコー!」 もっと、もっと! とあっという間に完食
オーブン皿の半分くらいはピエローのお腹に入った模様。

喜んでくれて良かった☆




今日のバルブイユ




e0206902_15492845.jpg




作業台の上
あの、、、ちょっと邪魔なのですけれど。。。







[PR]
by pot-eri | 2016-11-01 14:35 | 庭しごと | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30