<   2015年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

つぼみ  le bouton











e0206902_5244281.jpg








ぷくぷくと、つぼみだらけの嬉しい季節








e0206902_12311564.jpg







!!!






e0206902_5262122.jpg






昨夏、ショートストーリーの末→★ うちにやって来た
カーディナル.ドゥ.リシュリュー  この子はもっと可愛く、美しくなってゆくので
これからも、追って登場すると思います。
その他の古薔薇さん達も皆すくすくと育ち、去年よりも更に沢山蕾を付けてくれていて嬉しいです◎








e0206902_527063.jpg







芸術的なソフトクリームはアイリス







e0206902_5274055.jpg








日本から持ち帰ってきたノコギリはさすがな切れ味!
(植木に使ったら切れ味が早く悪くなってもったいないね、とブルトンさんと話してたのに、
どうしても切りたい株があったのでこっそり使ってしまいました。
さすがのmade in japan☆ 切れなくなったら替刃を買いに帰ろうー!)







e0206902_5294716.jpg






新しくお嫁入りして来たこの子の故郷も日本
食べれる実はならないけれど、りんごのファミリーだって
盆栽風の日本っぽさにひとめぼれ☆

[PR]
by pot-eri | 2015-04-30 05:48 | 庭しごと | Comments(0)







e0206902_65353100.jpg







野菜たーっぷりのタルト、研究中
まだまだ、25点くらい。。

夜更かししてしまう...



[PR]
by pot-eri | 2015-04-26 07:12 | | Comments(6)








e0206902_5522355.jpg







ポテリサンノ、オニワ ノゾイテミル?   






e0206902_555653.jpg








このところは、早起きして午前中に庭仕事するようにしています。
うす桃さんの仲間達も皆、満開!
チューリップの愛らしさは花開く前、朝限定です







e0206902_5554170.jpg








ここにも、朝限定のキラキラ☆☆






e0206902_5561211.jpg








太陽はあっという間に上に昇ってしまい、
いつも通り、とても邪魔なコッコさん達 
(ちなみにコッコさん達はうちで飼っているわけではありません、
隣の柵を越えていつも当たり前のようにやって来るのです...。)







e0206902_5564797.jpg







種まきしたところを荒らされるのはもうコリゴリ、、、 なので
コッコ対策研究中







e0206902_5572279.jpg








実はこのように薔薇のトゲつきだったりします (秘かに意地悪なぽてり ふ、ふ、ふ、...)







e0206902_5581040.jpg







ランチはベジタブルベントー
カブの葉の生姜炒め、 ポロ葱の照り焼き、新豆のグリンピース、
その下は赤米と玄米
超テキトー  だけど野良しごとの後だとおいしい◎





e0206902_5595219.jpg






愛おしい古薔薇達

今年もトップバッターはソンブルイユ嬢でした
すでに沢山の蕾をつけてくれています。
今年も私をシアワセにしてくれる、アリガトウ。


[PR]
by pot-eri | 2015-04-24 06:00 | 庭しごと | Comments(6)








e0206902_4281065.jpg







先月、レンヌの古道具屋さんで出合ってしまった1930年代の書斎机
一週間ほど頭の中は書斎机がぐるぐる...
アトリエ用に作業台は探していたのですが、
書斎机は必要ない、 はて使い道は? と悩み抜いた結果、

先週工事現場へお嫁入り、 ようこそ☆

30年代、この時代のものたちはpoteriのツボにくくっ とくることしばしば。
オーク材の書斎机はニスでピカピカしていたので
それは早速、家の作業を中断して剥がしはじめました。
すると、想像していた通りの趣に、
彫刻は両面に施されており、引き出しのある側も素敵です。

サンドペーパーでゴシゴシしていたら、
同じ通りに住む建具職人JF氏の奥さんで建築家アリーヌがやって来て
「ワーオ!素敵じゃない、poteriの作品展示用のテーブルね!?」

そのアイデアいただきます
一瞬にして私の中の゛使い道゛についての悩みが消え去りました
(展示する作品を作らなければ、、、汗)

そういうわけで物を減らさなければいけないはずの工事現場にやって来た書斎机、
やさしいオーラを送ってくれる。
なかなか進まない工事に疲れた時、
視線を書斎机に移して、癒されています。







* * *




イングリッシュマンさんを覚えていらっしゃいますか?
かれこれ一年と少し前、屋根の工事中に発覚した崩れかけた煙突を
直しに来てくれた→☆ 英国人の石工レンガ職人さん

この度は地上階の真っ直ぐでない床についてSOS
金曜の午後に一度見に来てくださったのですが
「明日の朝、測定器を持って出直します」 と、
相変わらず土曜もお仕事するイングリッシュマンさん



測定器ってフランス語を直訳すると regle de macon = 石工レンガ職人(左官屋)の定規
どんな定規なのかなー?
長ーくてメタルか何かで出来てるのかなーと、イメージしていたのですが、
全く別モノでした。(知らなかったのは私だけ?)






e0206902_517506.jpg





レーザーの赤いラインが見えますか?




e0206902_5223574.jpg




このロボットのような測定器がレーザーを放ち、360℃部屋の周りをまわるのです。

そして、





e0206902_524275.jpg




こんな風に (壁まだボロボロ、、、)





e0206902_5252161.jpg





こんな風にして高さ(水平度)を測るのです。



古い家というものは、どこか傾いていたりするのも味の一つ、と私は思うのですが、

やっと修復された青い大きい扉と、
入り口用の小さい扉(今は売主が間に合わせにつけた白いアルミの扉)、
二つの扉の床の高さに今は10cmも差があって
これらが揃わなければ美しくなく、
床を何とかしなくては、いつまでたっても小さい扉がアルミのままなのです。。


結論は、見積もりを見てから... 
↑ いつも見積もりが届くまでが怖い、、、

 




e0206902_5492981.jpg





髪型カッコイイから写真撮らせて と言うと
こんなチョハッカイみたいな顔しかしてくれない少年
でもかわいい☆ 癒されるー



[PR]
by pot-eri | 2015-04-21 05:02 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(6)







e0206902_6381594.jpg






ブルターニュへ戻ってきても、とてもお天気が良く
未来の家-アトリエの裏庭へ行ってみると
相変わらず三頭身のうす桃さんが花開いてお迎えしてくれました◎








e0206902_6411923.jpg





うす桃さんの奥の方から視線を感じます...






e0206902_6441178.jpg







このお方 ↑
ちょっと怖い。

一昨年に植えてそのままのむらさきのチューリップもすくすくと伸びてくれています。
ぷっくりまだ蕾なのはきっと白い子達かな

一度球根を植えたきり、
水もやらねば(ブルターニュは放っておいても雨が地面を湿らしてくれるのです)
エサもやらず、
こうして花開いてくれてドウモアリガトウ。


春の到来と共に、庭が凄い状態になりつつあり
ゆっくり庭仕事したいです
週末頃にはできるかな...?






e0206902_654162.jpg






レンヌのお義母さんの庭の桃の木、
花を終わらせ、小さな実がひっそりと準備中です。



この桃の木はビョーキ持ちであまり実りには期待出来ないのですが
がんばれー!!




[PR]
by pot-eri | 2015-04-17 07:21 | 庭しごと | Comments(4)








e0206902_5141254.jpg







巴里は毎日とってもお天気が良く


何故だかとてもビーフンが食べたくなり









e0206902_23543721.jpg






タイ産の玄米ビーフン、
無農薬でなく精米していないものを丸ごと食べるって、、、 
お店でじーっと悩みましたが(精米してあるものは無かったの。。)

えいっ!

時に食欲にまかせてみる。






e0206902_064454.jpg








e0206902_05252.jpg





グルテンフリーのビーフンはサラリとしていてお腹にもたれなくて、オイシー

ブルトンさんも気に入っておられました 
(タイ産玄米ビーフンについての詳細は話題から避けるようにしました)


また食べたい◎

[PR]
by pot-eri | 2015-04-13 00:14 | | Comments(0)







e0206902_0261857.jpg









噂のフィルハーモニー. ド. パリ で無料のコンサートがあったので行ってきました。







e0206902_6532392.jpg




e0206902_6535651.jpg






e0206902_6543714.jpg





カッコいい、とてもエレガントな内装
ヨーロッパで一番立派なコンサートホールとなるそうです。
こういう所で、無料のイベントを惜しみなく企画するパリの文化の器の大きさが好き♪


この日はヴァイオリンとピアノのデュオ
次はこの抜群な音響のホールでオーケストラによる交響曲が聞きたいなぁ (ちゃんとお金を払ってでもっ!)


外装はまだ細かい仕上げが終わっていないようで、えっ?いう感じのところがしばしば、、、
建築家さんと随分もめたようですからね (←最初の建築家さんJN氏の名前は出してはいけないらしいです。。)









e0206902_0222920.jpg




ゴッホン、 
先日のレモンケーキを教訓にレシピを変えてトライしてみたオレンジケーキ
これは豆乳も使って、ビオのオレンジとシナモンを入れてみました
が、失敗× (意識してオイルを少なめにしたらパサパサ... 涙)

やはり、今までのお気に入り→★キャロットケーキのレシピが一番良いみたい
次はそれをベースに作ってみます。






* オ * マ * ケ *



シックな7区の教会で






e0206902_19503466.jpg






土曜の夜はフルート吹きブルトンさんのアマオケのコンサートがありました。






e0206902_19522957.jpg





e0206902_1953149.jpg




私も昔のお仲間に沢山会えて嬉しかったです。

[PR]
by pot-eri | 2015-04-12 00:27 | 巴里.日々 | Comments(0)







e0206902_0564541.jpg






レモンケーキを焼いてみました。
ビーガン使用なので、卵もバターも白砂糖も使わないレシピ
マクロビ系のレシピ本は結構色々持っているのですが、未だそれらは
ブルターニュのあちこちに分散されたダンボールの中なので
ネットでレシピを探して..

今まで良く作っていたマクロビ系のケーキレシピは豆乳を使うものが多かったのに
このレシピは豆乳が入らなく、甘みにもハチミツを使ったりするので
へぇ~っと思って作ってみました。




e0206902_17871.jpg




e0206902_17318.jpg




ねぇ、初めての時くらいレシピに忠実に作ってみようよ、poteriさん。。


分かっているのにどうしてもその通りでなくなってしまうのです。
でも材料は100パーセントBIOですー☆
レモンと一緒にミカンかオレンジを使うのですが、
この季節、大好きで買い置きしてあった血の色のオレンジがあったので、それを使って
焼く前の生地は濃いピンク色になって、とてもキレイでした。


このレシピの分量はかなり少なめで、うちのケーキ型では1/4にも満たなく
薄い小さなケーキに焼きあがりました。




e0206902_1161335.jpg




以前に蚤の市で買ったケーキ型は
両端の留め金を下げると、カタン、と開いてケーキを取り出せる優れもの




e0206902_1184923.jpg





試食をしていただきに、隣の部屋でお仕事中のブルトンさんへ差し出すと、
ヒトコト、

「ca va pas...」   サヴァパ... = ダメだね


うー、厳しい、、 
オイルが多すぎるって

小さいけどふわふわして酸っぱくて、
ポピーシードのプチプチ感とか、私好みなのになぁ。。
実はココナッツオイルとあったものを見つからなかったので
白ゴマ油(炒っていない香りがマイルドなもの)に代えてしまったの、
マイルドと言え、やはりクセが残ってしまう様です。

これ、本当は明日チェロのトリオの合わせをするのに持って行こうと思っていたのに
仏人の口には無理そうだ。。。

うーん、作戦練ってまた作ろう。

明日は手ぶらかな。。


[PR]
by pot-eri | 2015-04-09 01:32 | | Comments(2)








e0206902_452216.jpg






今週末はパック(復活祭)で三連休
久しぶりの巴里はパリジャン達の多くがどこかへ消えてしまった感じ

日曜はお天気が良かったのでお昼の後散歩に出掛けました。
ただただ歩く... フランス人は散歩が好きです。
夕べ見ていたネットの個人売買の広告でパリ4区運河沿いにある船が売りに出ていたので
冷やかし半分、探しあててみたり。。
ここの船の中で実際に暮らしている人もいるのですよ。

「人生一度きりだからねー、好きな風に暮らしたほうがいいよねー」
と男のロマンを揺さぶってみた (くくく...)






e0206902_534757.jpg





ほんの一瞬だけぐらっときたみたいだけれど、
すぐに軌道修正して、散歩をつづけました(笑)





運河からセーヌに出て、




e0206902_573574.jpg





e0206902_58284.jpg






サンルイ島のアイスクリーム屋さんまで行ってUターン
アイスは一人二玉ずつ、
ブルトンさんは、ラムレーズン&ヌガーとハチミツ
私は、ヨーグルト柚子風味&黒胡麻

仏人そのもの、日本人そのもの、のチョイスでした。
黒胡麻が一番美味しかったー






e0206902_582994.jpg





巴里は美しいなぁ。。

[PR]
by pot-eri | 2015-04-06 05:27 | 巴里.日々 | Comments(2)








e0206902_329789.jpg






うちの裏庭にもやっと春かな、
晩秋に土の中へ忍ばせておいた球根のうち、
沢山植えたうす桃色のチューリップがぷっくりしてきています。







e0206902_3293760.jpg





あの、、もしもし、うす桃さん、
余計なお世話かもしれませんけれどね、 
花を膨らますのはまだ少し早すぎではありませんか?


だってね
チューリップは首がひょろりとして少し頭重そうに傾げているところがうつくしいなぁ、と思うのですけれど
うちのうす桃さん達ったら三頭身
おかしなバランス... 何故?

この分では私の留守中に花を咲かせてしまいそう(金曜の夜からパリへ行きます)
自然はねじ伏せられない、 こんなものかな。




* * *





e0206902_3301247.jpg




梁のペンキ塗りは
お気に入りのクライデツァイトのエコプロダクト→☆で悪戦苦闘しています。





e0206902_3304783.jpg





乾きはじめは良い感じなのですけれどね、
時間が経つにつれ、白からグレーに変わってしまいます... 。






e0206902_3312288.jpg





手前のまだ塗ってない梁から、一番最初に塗った奥へゆくにつれねずみ色のグラデーション(汗)





e0206902_332162.jpg




濃度を調整したり、乾く前に布でこすってみたり
最初に梁をよーく拭き掃除したり(←最初の2~3本はこれを怠けた)、
色々やってみているのですが、、

ふぇーん!!





e0206902_3323877.jpg





つづきは巴里から戻ったらね、
蝶々さん、ねぇ、どう思う?






e0206902_3333666.jpg




今日はトンカチのロイック君♪




e0206902_1937040.jpg




キミのパパの塗ってくれた扉の内側のグレーはとっても気に入っているよ。

[PR]
by pot-eri | 2015-04-04 03:33 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30