<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

セージ la sauge







e0206902_15454492.jpg





夏の太陽をたっぷり浴びたセージ
この間の中秋の名月の頃にすれば良かったかなぁ、と
ちょっと出遅れた気持ちでドライハーブ用に収穫しました。


ビオディナミー、不確かな私の記憶、
今読んでいるヒルデガルドの本(中世ドイツの女子修道院長、薬草学の祖)に
丁度月との関係が出てきたら
《 薬草の収穫は欠けてゆく月の時 》とあって、ほっ。

セージの香りは苦手な人も多いと思われますが
私はこの香りを嗅ぐと、お腹の底から力が湧いてくる感じがして好きです。
うっすら白く粉がふいた様な緑の葉もうつくしい。




e0206902_1547079.jpg




逆境に強いセージは、この強い香りのせいなのか
虫や雑草も寄せ付けないみたい(←これ、まだ観察中)

苦味の強いセージ茶は他のハーブとブレンドし、飲みやすくしていただきます。
婦人科系のサポート、記憶や感覚を向上する働きがある、私向きのハーブ◎


[PR]
by pot-eri | 2013-08-30 15:52 | 植物.ハーブ | Comments(4)

コンフィポット CONFIPOTE






e0206902_446489.jpg






地面に落ちている林檎もプラムも拾って





e0206902_4491829.jpg




状態別に仕分けして、
傷の無いものはそのまま生でいただき、
傷のあるものはそれらを取り除いてコンフィポットにします。





e0206902_4533437.jpg




いつも目分量で作る、砂糖の分量がコンフィチュール(ジャム)より少なめ、
コンポートより多め、なのでコンフィポット。
シナモンたっぷりの林檎、 シンプルなプラム、
そして試作品の林檎とプラムのミックス。

[PR]
by pot-eri | 2013-08-29 04:58 | | Comments(0)

古い梁 les poutres anciens







e0206902_18495617.jpg




工事現場の未来のアトリエ&家のある
大きな村
でも
夏のヴァカンスシーズンはイギリス人やオランダ人の観光客を結構見かけます。
お城しかないこの村で退屈してないかしら?可哀想に..と心配になってしまう。

実はまだお城を訪ねたことのない私、
いつか時間のある時に.. と自転車で通る度に覗く広い敷地の静寂なお庭。





e0206902_1851936.jpg





週末にabeilleさんご夫婦が家の様子を見に来てくださり、
修復工事のアドバイスをしていただきました。
防音、断熱を重視するブルトンさんは天井剥がしに反対だったのですが
それらは上の階から処置した方が良い、ということが分かり
ようやく天井剥がし禁止令が解けました。

梁、出すぞー!!


少しずつ、少しずつ。。
石膏板と細かい釘で打ち付けられた細い木の板を゛クレ.ド.ビッシュ 小鹿の脚゛
という名の金属の棒(重~い)で剥がしてゆきます。
黒い綿菓子みたいな蜘蛛の巣がいっぱい。
石膏板を取り付ける高さ調整に大小、色んな厚みの板が古い釘で頑丈に梁に打ち付けられているので、それをはずすのが一苦労です。
小鹿ちゃんの様な私が(えっ!??)一人で作業しているのですから。。



e0206902_18521485.jpg


少しずつお掃除して、梁が見えてくると嬉しい。



e0206902_18525530.jpg


奥の白い部分が石膏板、これから剥がします
(縦にぶら下がってるのは古い蛍光灯、これ外すのも一苦労。)



こういうことを書くと日本の年老いた両親をまたまた心配させてしまいますが、
一度は小鹿の脚が軽くゴ~ンと指に当ったら青く腫れ上がってきてしまったり、
重い板を剥がすのに梯子から危うく落っこちそうになったり、、、

大丈夫― 十分気をつけますからねー お父さん、お母さん。

気をつけなくてはいけないのは、手首。
夢中になって作業していると手首にかなり負担がかかっているようで、
このところ軽い痛みを感じてきたので、毎晩マッサージしています。
ラベンダーの精油をスイートアーモンドオイルで薄めたものでやさしく
マッサージします。
ラベンダーの消炎効果鎮痛効果が皮膚から浸透してゆき、翌朝には痛みも消えています。
からだはひとつしかないから、大切にしないとね。


* * *


未来の家の近所にブロカントがあるのですが、
店先に並んでいてずっと気になっていた水差し、
ついに我が家へお嫁入りしました。



e0206902_18571851.jpg



ようこそ◎
土地が変わっても、私の病気は変わらない様です。。。



e0206902_18575981.jpg



壁紙を剥がしただけのこの壁、このまま残すかどうかは ? ですが
結構気に入っています。
古い時代を経たものに心の琴線が響く。。。



[PR]
by pot-eri | 2013-08-26 19:02 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(4)







e0206902_6212273.jpg





週末、他の用事のついでにプチジャングルへ寄ってみると、



e0206902_6401191.jpg




おおぉっ !

ほ、ほうさくの兆し ! 

胡桃は順調にたわわ☆



e0206902_6221454.jpg





レンヌクロードはあと一週間か十日くらいで食べ頃になりそうです。


e0206902_6225936.jpg



e0206902_6233431.jpg




林檎は秋までまだもう少し。 



e0206902_6244919.jpg




小粒の林檎がすでに地面に落ちていました。



e0206902_6281427.jpg




少し痛んでいても、きれいなところを使ってコンポートにするので
林檎拾い



e0206902_6285232.jpg




いつも殆ど実のつかなかった洋梨も今年はどうしたことか、
小粒ながらいくつも実をつけてくれてるっ !


e0206902_6294722.jpg




e0206902_6304669.jpg


これはスュローと言ってシロップとか作れるそうですが
プチジャングルのはいまひとつ甘みに欠けるので、いつもこのまま…鳥たちへ。。

そしてこの週末の収穫は



e0206902_6312742.jpg



プラム☆
もう今が食べ時、甘い香りが漂っています。
梯子でも届かないところに赤い実がたくさん。。。



e0206902_6383566.jpg



なのでシートを敷いて
「アタンシィオ~ン ア ラ テット !(頭上注意~ !)」
と言ってブルトンさんが木をゆすると



e0206902_633752.jpg



e0206902_6335623.jpg



ボトボトボト… と天からプラムが降ってきました
(ブルトンさんの頭にも直撃 っ!)

イースターのタマゴ探しみたいに楽しかったです(やったことないけど)



e0206902_6343819.jpg



プラム ガ フル カラ ボク カエル

帰りの車はプラムと林檎の香りでいっぱい。
自然よ、アリガトウ◎



e0206902_6393450.jpg


[PR]
by pot-eri | 2013-08-21 06:25 | 庭しごと | Comments(4)







e0206902_612694.jpg







夏休みでブルトンさんがブルターニュに居る間は、
週に一、二度、老人ホームからブルトンさんのママを連れ出して一緒にお昼を食べています。
肉を食べない料理人(わたくし)に合わせてばかりのメニューにそろそろ変化を ! 
と、キリスト教の祭日の8月15日のランチには肉料理 ! を作ることにしました。

… と言っても、血のしたたる様な肉魂ではなくて、
野菜ファルシ = 野菜の肉詰め。
これだと、私用にお米バージョンのファルシを作れば
一見みんなで同じものを食べているように見える !!

丁度その前々日、サンセルヴァンのマルシェへ行っていたので
私のお気に入りの無農薬野菜のスタンドで野菜達を仕入れました。

いつもだったらズッキーニは縦半分、舟型に切るか、丸いズッキーニを使うところ、
今回は丸太のように切るアイデアをSさんが教えてくださり 
→☆

黄色と緑のズッキーニ、小粒のトマト、ピーマン、楽しい食卓になりました。







e0206902_602048.jpg




「黄色いのはね、バナナファルシですよ~」と言ったら
「へぇ~」と信じてしまうお義母さん、年寄りをからっかっちゃだめー。






e0206902_5593152.jpg




ただね、ズッキーニはもっと短く切るべきでした、この半分くらい。
(Sさんのレシピをちゃんと読んでいれば3~4cmと書いてあるっ !)
ブルトンさんとお義母さんのズッキーニの中身はお米とお肉の二層になっています。
トマトとピーマンはお肉、私のは全部、お米。
どれも野菜の味がぎゅーっと濃厚でとってもおいしい◎
お米はトマトの中身を濾したものとガーリック、タイムと一緒に炊いて、
ズッキーニ、赤ピーマン、オニオン、黒オリーヴ、ハーブ沢山と混ぜてあります。


庭で過ごす夏のランチは快適そのもの☆






[PR]
by pot-eri | 2013-08-19 06:04 | | Comments(4)





e0206902_1945661.jpg






「パリからサンマロへヴァカンスにいきますー!」
とSさんが連絡をくださったので合流、
サンマロのサンセルヴァン地区を自転車で一緒に回りました。
(ヴィンテージちゃり(!?)を車に積んで行きました)

まずはマルシェへ




e0206902_1946091.jpg




ピチピチ、キラキラ☆朝釣れたての鯖!



e0206902_19515368.jpg


これはブーケ bouquetという小海老、まだ生きてるっ!



Sさんはお料理がお仕事なので、
サンマロへ着いたその日の朝からマルシェ通いが日課、
Sさんの審美眼で一緒に見て回るととても勉強になります。

港にブロカントの並ぶ日だったので覗きに行ったり

お昼は地元の美味しいガレット屋さんへ行ったり


夜はね、Sさんがキッチンに立ってささっとアペロの準備
さっきまで生きてた小海老ちゃんは素揚げに。
「さっと揚げてぎゅっと旨みを抑える」
素材の鮮度を生かす大切なポイントだそうです、ふむふむなるほど。
かりっと揚がったあつあつのブーケとよく冷えた白ワイン、最高ー◎

キラキラの鯖はフィレにしてから(Sさんの包丁さばき、うつくしいです)
オリーブオイルを回しかけて(←? 見てなかった)オーブン焼き、
ゲランドのフルールドセルとバジルの葉はお好みでちぎって。


素材を生かしてシンプルにいただく、極上の味わい方ですね。


(写真が全然なくてすみません。。 画像の悪い携帯電話のカメラで撮影意欲停滞気味...)


アペロの後、沈む夕日を拝めに海へ、
楽しい夏の一日、

Sさんどうもありがとう。

[PR]
by pot-eri | 2013-08-16 19:49 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)






e0206902_1925325.jpg









さっぱりしたマテ茶が夏に合うなぁ と思う今日この頃。
全粒粉のスペルトパン第四号と南フランスの副村長さんのはちみつ、
フレッシュ山羊のチーズ、そしてマテ茶、いつもの朝食。

副村長さんのはちみつは本当に美味しい、
スーッとからだに染みとおる◎



e0206902_194857.jpg




* * *


きょうはちょっとつぶやいてみたいと思います。


養蜂家の南仏の副村長さんのところでも昨年、48箱の巣箱がだめになったそうです。
蜂が戻ってこなかった。。。 

ホーグンホーガイショーコーグン 蜂群崩壊症候群

その原因は?
農薬問題、OGM、電磁波、色々な説がある様ですが、
農薬散布はどうして今も続くのだろう? と思ってしまうイノセントな私です。

消費者がいるから、スピードを上げて作り続ける …
そろそろスロウにいきませんか?


「生きてゆくためには仕方ないでしょ、こっちの方が安いのだから」


仕方無くないっ!! 環境の問題は人ごとでない、ということ

『ミツバチが地球から全滅したら、人類もその後4年しか生きられない』
( ~アインシュタイン)

ちょっとの工夫と考え方を変えてみれば、ビオは決して高くないです
消費 = 意思表現
うちのブルトンさんも「ビオは高い」と言うタイプでしたが
最近大分変わってきてくれています(身近なところから教育っ!)

半世紀前に発表されたこの本はご存知の方も多いはず …




e0206902_194569.jpg





レンヌのお義母さんの庭にはコロコロしたミツバチが毎日やって来ます、
鳥たちも自由にやって来ます。

このしあわせを大切にしたい、 マテ茶をすすりながら思う2013夏。

(本当は海のこと(汚染水問題)も書きたかったけれど、重くなりすぎそうなのでやめておきます)









[PR]
by pot-eri | 2013-08-08 19:05 | 地球.環境 | Comments(4)

凹む passage a vide









e0206902_0101365.jpg






poteriチャン、チョット凹ンデルミタイヨ。

アノネ、カメラ ナクシチャッタンデスッテ…

コマルワネ~


デモ ズット チクチクヌッテタ バックハデキタミタイヨ。

ジューキューセイキ ノ コナイレブクロ ノ ヌノ ナンデスッテ

ジョウブ デ オキニイリ ミタイヨ~





e0206902_011954.jpg





カメラ ナクテモ ブログ ガンバッテネ~ !




(ココ)

[PR]
by pot-eri | 2013-08-08 00:12 | 空.つぶやき | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30