<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ニムニム nimnim

e0206902_1842747.jpg




きょうは少し小さな声でガールズトークです。

皆さんニムニムの布ナプキンをご存知ですか?
タイのオーガニックコットンで手作りされているエコナプキン、
私は何年か前に、当時タイとパリを行き来されていたNgさんから
お土産に、といただきました。
自然素材の布ナプキンは手にするだけで気持ち良いです。
敏感肌でカブレをおこしやすい私にも安心。
外出しない日、アトリエで作業のみの日はニムニム、
そして従来のものとを使い分けていますが、心地よいのは断然ニムニム!

そんなニムニム使用感についての報告とお礼も忘れたまま、
Ngさんは愛するタイへと海を渡って行かれました。

今頃もご主人と二人チェンマイの青空の下、タイビールでも飲んでいるのかなあ...?
美味しいですかあ タイビール??

ニムニムの詳細はこちらのサイトからどうぞ →


[PR]
by pot-eri | 2012-03-29 00:00 | もの | Comments(0)

種まき   semer

e0206902_2162534.jpg


春の気配ではなく、もう春ですから
窓辺の箱庭解禁!
昨年収穫したロワールのバジリコの種と、


e0206902_2113850.jpg


ちょっと自信のない何年も前にどなたかに頂いた三つ葉と、


e0206902_2114464.jpg



毎年収穫のシソ君、


e0206902_21155849.jpg



そして新メンバー、イタリアンパセリBIO
「ビオの種って何それ?」  とブルトンさんに鼻で笑われましたが、
「それは、もちろん有機農法で栽培、収穫された種ですわよ」 と胸をはって答えました。

「ふーん」  ですって...

あとはシブレットとコリアンダー準備中     るるる...



[PR]
by pot-eri | 2012-03-22 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)
e0206902_17452977.jpg


先週に引き続き陶芸家Yさんのアトリエでランチ、今回はトマも出席。
おくら、シーフード、レンズ豆 三種のスリランカカリーをいただきながら、
エコロな家づくりについて、トマに聞けばいつでも的確な答えが返ってくる。

トマはまだ30そこそこなのに、ブルターニュの田舎に日本の数寄屋風家屋を自分で建てた。
土木作業から全部です。日本へ行った時持って帰ってきた和紙で障子を作ったり、
上野公園で失敬してきたという桜の小枝を見事挿し木にして、家のまわりには桜並木が
出来るらしい。岩風呂もあるし、水は地下45m掘り起こした地下水があるから、
水道局のお世話にはなっていない。

そんなトマの知恵と力を借りて、Yさんのアトリエ横の空き地に手を入れる。


e0206902_1755710.jpg



いらない木の根っこを掘り起こしたり、ガレキ拾いからのスタート。
小さなことから少しずつ、やがては大きく変わってゆくのだな、
などと思いながら手を動かす。
Yさんがスーツケースに忍ばせて(密輸??)日本から大切に運んで来た柚子の苗木の植樹、
トマからお裾分けの桜、栗、葡萄も植えて、これからの変貌が楽しみ。



e0206902_17461915.jpg




パリ20区に食べ物がいっぱいなる庭、
夢の暮らしは少しずつ...

[PR]
by pot-eri | 2012-03-21 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
わたしのもとお師匠さま、陶芸家Yさんの新しいアトリエに遊びに行く。
天井が高ーく、自然光の燦々と入る広々理想の空間、ス.テ.キ。
本当はこの日、ブルターニュから出て来るエコロジー建築の専門家トマと
三人でのランチのはずだったのが、日にちを勘違いしていて
Yさんと日本語たっぷり二人ランチに。



e0206902_2275033.jpg



昼間っから、ワインをいただいて、
きゅうりの柚子味噌和え、まぐろの漬け、大根の千切り、
お味噌汁、鰯の天日干しア.ラ.メゾン塩焼き
Yさん作の土鍋で炊いたごはん...

はーっ、しあわせの和食◎

[PR]
by pot-eri | 2012-03-12 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

3.11.2012

e0206902_4554967.jpg





集団行動が苦手な私、最初は、どうしようかな? とも思ったりしましたが、
祈る気持ちに変わりはないのだから、とトロカデロ広場での祈りに参加することにしました。

5h20起床、
薄暗い空、鳥達は人々の寝静まる巴里を独り占めするように声高く鳴いている。
パリの東に位置する我が家から西のトロカデロ迄はメトロでおよそ40分、
日曜の早朝のメトロには、徹夜で遊び明かした酒臭い若者達... 
そんな中 一駅、二駅と進むごとにホームで静かに電車を待つ日本人が乗ってくる。
黙々と自由意志で、でも何かこうせずにはいられない、内に固いものを秘めている様な
...日本人ってスゴイ。 じわっと涙がこみあげてきてしまう。

早朝のトロカデロ広場、澄んだ空気、無言で少しずつ集まってくる日本人...

発起人、高田賢三さんの挨拶、 


6h46 黙祷



e0206902_555190.jpg



空は少しずつ明るくなって、
人々は普通の一日へ戻ってゆく。




e0206902_532231.jpg




ふつうに過ごす今に感謝します。


















[PR]
by pot-eri | 2012-03-11 00:00 | 地球.環境 | Comments(0)
e0206902_45950.jpg


わたしが巴里で一番好きな庭は、もうずっと変わることなくパレロワイヤルのお庭です。
ボージュ広場、チュイルリー、リュクサンブール...他にも素敵なところは沢山ありますが、
パレロワイヤルは、その規模といい、つつましやかな品格、たたずむ空気が一番落ち着きます。
きっと、わたしと同じ意見の方、他にも沢山いらっしゃるはずです。



e0206902_4225416.jpg


さらりと絵になるマダムの読書...


今日は一日だけのお仕事で、ここから目と鼻の先の国立図書館にいました。
なのでお昼休みは迷わずここへ... 
まだちょっと寒いですがベンチでおにぎりとか、高野豆腐とか、一人パクパクいただきました。
景観崩してたらごめんなさい。

その側では雀がちゅんちゅん...
チュンチュンチュチュチュチュチュチュンチュンチュチュチュチュ チュンチュンチュン...


e0206902_4285260.jpg



この垣根の中に100羽くらい居そうな勢いでした。
まだ寒いからおこもりなのね。 時々宿から顔出してかわいい◎



e0206902_440463.jpg



パレロワイヤル周辺には、まだどこよりもかろうじて、
古き良きパリらしさがあるなあ、とわたしは思います。
普通に働く人もいながら品の良い巴里があります。
どうぞこれ以上、汚染されませんように。

ねずみ色の空、お昼休みの一時間、「わたしが好きだった巴里」 再確認◎



e0206902_572613.jpg



パリ♡ジュテーム   (久しぶりに思う...)










[PR]
by pot-eri | 2012-03-07 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
e0206902_19501132.jpg


懐かしい未来 という言葉をご存知の方もいらっしゃると思いますが、
スウェーデン人の環境活動家、ヘレナ.ノバーグ=ホッジさんの著書に
『懐かしい未来 ラダックから学ぶ』 という本があります。

ラダックはインド最北部、標高3000mを超える高地にある村で「リトルチベット」とも呼ばれています。
著者は1975年に初めてラダックを訪れ、そこで遭遇した心豊かな人々のうつくしい社会に
深く魂を揺さぶられます。
それから幾度にもわたりこのラダックを訪れた著者の回想録をもとに、
世に言う《途上国》と《先進国》、何が豊かさで、何が幸せなのかを、考え、見つめ直させられる
素晴らしい本です。

ヘレナさんのもう一冊の本に『いよいよローカルの時代 〜ヘレナさんの幸せの経済学』があります。


e0206902_2044840.jpg


日本の環境運動家、ナマケモノ倶楽部世話人、辻信一さんとの対談形式であるこの本では、
グローバリゼーションの盲点、ローカルに人とつながり、土地に根ざして生きることにより得られる
シアワセについて分かりやすく語られています。

 私がブログのタイトルにそのまま拝借した ancien future 懐かしい未来 は、
ただ新しいものを拒む懐古主義という捉え方ではなく、
ここ100年ほどの間に加速を続け、スピード重視、物質主義の先進国の社会システムで
消えざる負えないもの、見失おうとしているもの、尊い人々の知恵、自然、人と人とのつながり、
そういうものを見つめ直し、大切に生きてゆくシンプルな暮らしのすすめと受け止めています。

同じ様な思いの方とつながってゆくことが出来れば、何よりです。

[PR]
by pot-eri | 2012-03-05 00:00 | | Comments(0)

一年... un an ...

  3.11より一年、日本人にとって重みのある日付が近づき
世界中で集まりや祈り、さまざまな準備が進められている様です。

ここパリでも

 -ノートルダム寺院《日本へのお祈り》 09/03 17h45〜18h15
  ミニコンサート 19h〜19h30

 -東日本大震災追悼パリ集会 〜犠牲者の方々への追悼と復興への祈りと連帯の思いを伝える集い
  (代表: 高田賢三) 11/03 6h30〜7h30 トロカデロ シャイヨー宮広場

 など予定されている様です。

 日本人だけでなく世界中の多くの人々が
集いに参加出来なくても、祈りを捧げてくれればと思います。

 私的にはノートルダムでのお祈りに参加したかったのですが、
どうしても都合がつかず、早朝のトロカデロへ参加するか、
同じ時刻にどこか別の静かな場所で、自分の内と向き合い祈るべきか考え中です。
どちらにせよ、空気の澄んだ早朝の祈祷、瞑想は大切な時となるでしょう。


*       *       *


 お気づきになられた方は少ないのでは、と思いますが、
 ブログのタイトルを変更しました。
 retro futurisme から ancien future へ、
 懐かしい未来という言葉の響きにあるやさしさに、仏語では
ancien future の方がより近い風にふと思いました。
 
 ちなみにこの《懐かしい未来》の言葉の由来については
 次回、お伝えしたいと思います。あまり間を開けずに...ですね。

 

[PR]
by pot-eri | 2012-03-04 00:00 | 地球.環境 | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31