カテゴリ:植物.ハーブ( 37 )







e0206902_545258.jpg






寒くなってくると肌がカイカイになってしまうので
全身にくまなく何か塗らなくてはいけません。

最近はこれ、Beurre de Kariteシアバター
色んなブランドがシアバターを出していますが、
この《CATTIER》というビオコスメのメゾンは
派手さがなく真面目な感じがとても気に入っています。





e0206902_555197.jpg





シアバターはそのままだと固いですが、36℃くらいから溶けだすそうで、
お風呂上りカラダが温かいうちだと延びがいいです。

顔、カラダ、ハンドクリームとして、髪をまとめたい時には
ヘアワックス代わりにも、掌でゆっくりあたためてから使ってね。

無香料だから何も邪魔しなくて、おすすめ◎






e0206902_582323.jpg





すっかりドライになったセージを瓶にまとめて。






e0206902_59177.jpg





e0206902_595142.jpg





セージの色、大好き◎

ミルペルチュイ(セントジョーンズワート)と混ぜて飲んでいます。


[PR]
by pot-eri | 2013-11-28 05:11 | 植物.ハーブ | Comments(2)







e0206902_23153740.jpg







バターナッツスクワッシュのリゾット
バターナッツスクワッシュ、在仏19年めにして初めて買いました。
この方のところで美味しそうだったので。






e0206902_2315553.jpg






この存在感、可愛くてすぐには食べられない。

初めての野菜はどんなお味か知りたくて、
玉ねぎとバターナッツスクワッシュだけの極々シンプルなスープに。
これ、おいしい。
南瓜とは違う、もっとまろやかでデリケート くせになる美味しさ◎

それで翌日は残り物の五分つきご飯と合わせてリゾット。
ドライセージの葉をほんの少しだけ一緒に煮込んで、
緑のちらちらしているのはセージでなくてパセリです。
セージをこんなに沢山入れたら苦くて食べられなくなってしまいます。
オランダのブルーチーズは無かったのでサヴォワ地方の山のチーズを
忍ばせてみました(←業務連絡)
あたたかいうちにいただくバターナッツスクワッシュのやさしい味のリゾットは
最後に喉の奥の方でほのかに感じるセージの苦味が心地良いです。




* * *



e0206902_23165336.jpg





種の収穫。
青紫蘇とアジアンバジル

私は勝手にアジアンバジルと呼んでいましたが、
トゥルシー(tulsiサンスクリット語)、またはホーリーバジル(holy basil 英語)
というのですね、仏ではbasilic thailandais タイバジル と呼んだりします。
アーユルヴェーダでは《聖なる植物》の一つとして、優れた薬効がある様です。

この春、レンヌのマルシェで無農薬の苗を売るおじさんのところで
あれでもないこれでもない、と私が悩んでいると
「これ香りに特徴があるけれどどう?」と勧めてくれたので
未来の家の裏庭に植えました。




e0206902_23174157.jpg





たった一本のひょろっとした苗が元気に根ざしてくれた様で、
愛らしい紫色の花を咲かせ、こぼれ種だけでは不安なのでこうして種を取り、
どうか、来年につながりますように。

でも今年は一度もお料理にも何も使いませんでした(笑)





e0206902_23184833.jpg



今年最後であろうふつうの(!?)バジル、凝縮したジェノバペーストに。

[PR]
by pot-eri | 2013-11-01 02:43 | 植物.ハーブ | Comments(4)




今朝は曇りだけれど、
頑張ってこの子を自転車で運んで植え付けします。





e0206902_1913395.jpg





新入りのお名前は、
《sourire d'orchidee  胡蝶蘭の微笑み》 といいます。

オールドローズでない(1985年)のがちょっと残念ですが、、
ベルギー生まれの可憐なこの子にひとめぼれしました。
甘い香りもシアワセにしてくれます。
つる薔薇ですが幅や奥行きも広がってくれる丈夫な子だそうです。





e0206902_19135037.jpg





明日の夜は巴里へ戻らなくてはいけないので今日と明日でやること沢山
さぁ、がんばろう。

[PR]
by pot-eri | 2013-10-31 19:15 | 植物.ハーブ | Comments(0)

セージ la sauge







e0206902_15454492.jpg





夏の太陽をたっぷり浴びたセージ
この間の中秋の名月の頃にすれば良かったかなぁ、と
ちょっと出遅れた気持ちでドライハーブ用に収穫しました。


ビオディナミー、不確かな私の記憶、
今読んでいるヒルデガルドの本(中世ドイツの女子修道院長、薬草学の祖)に
丁度月との関係が出てきたら
《 薬草の収穫は欠けてゆく月の時 》とあって、ほっ。

セージの香りは苦手な人も多いと思われますが
私はこの香りを嗅ぐと、お腹の底から力が湧いてくる感じがして好きです。
うっすら白く粉がふいた様な緑の葉もうつくしい。




e0206902_1547079.jpg




逆境に強いセージは、この強い香りのせいなのか
虫や雑草も寄せ付けないみたい(←これ、まだ観察中)

苦味の強いセージ茶は他のハーブとブレンドし、飲みやすくしていただきます。
婦人科系のサポート、記憶や感覚を向上する働きがある、私向きのハーブ◎


[PR]
by pot-eri | 2013-08-30 15:52 | 植物.ハーブ | Comments(4)


ある日ブルトンさんが、

「キミの作った
薔薇の花びら
車に欲しいんだけど。。」

「あっ、pot-pourri ね」

「POPOURRI? なにそれ?」

「えっ、pot-pourri は pot-pourri でしょ、知らないの?」

と、我が家のフランス人はこんな感じです。。 (ちなみに義理姉さんはちゃんと知っていました。)


なんて本当は私も最近知ったのですが、
ポプリって pot-pourri って書く立派なフランス語だったのですね。
直訳すると pot 壺  pourri 腐った クサッタツボ??
言葉の由来は勉強熱心なみなさん、各自ググってみてくださいね。


それで、南仏に行く前にチクチク...

出来上がりー! 





e0206902_16464952.jpg



お腹にいっぱい花びらが詰まっているの。
車に乗るのが楽しくなリました◎







e0206902_16455192.jpg



新入りにチョッカイだす番長↑

[PR]
by pot-eri | 2013-07-24 16:53 | 植物.ハーブ | Comments(2)





e0206902_19242331.jpg




         イソガナクチャッ その2。

    急にキリリッとする寒さがやって来た10月最後の週、
    もう時間切れに近いバジリコを全て収穫しました。
    ブルターニュへ出掛ける当日の朝です(汗)
    (今朝は冬時間に変わって一時間得してるから何とか出来ました。)

    この春蒔いたバジリコの種は、
    植木鉢2つ、プランターにわさわさ育ってくれていましたが、
    全盛期も超してしまった今、
    色あせてクロロフィルが抜けてしまってそうなものを除けて、
    最後のバジルペーストを作りました。

    うちのバジルペーストはベジ使用でして、
    パルミジャーノも入れないのですがなかなか美味しいのです。

    松の実の代わりにカシューナッツを使うのは、以前
    安曇野のシャロムヒュッテさんのシェフの方から教わりました。
    「この方がコストが安くて、充分美味しいのですよ」と。
    確かに,その時いただいたバジルペーストは抜群に美味しかったです。

    カシューナッツと、ニンニクと、自然塩(フルールドセル)、
    たっぷりのバジルと、仕上げはこの夏プロヴァンスからお持ち帰りした
    ボードプロヴァンスの美味しいオリーヴオイルです。

    この夏が、ぎゅっと詰まったひと瓶、
    きっと、あっという間に底をついてしまうことと思います。





    
e0206902_19441357.jpg
    

[PR]
by pot-eri | 2012-10-28 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)



e0206902_2241539.jpg



    雨の多いブルターニュもさすがに八月は水不足だった様で、
   プチジャングルの紫陽花、しゅーん...

   一日三度、水やりして、話し掛けて(笑)、復活!
   株本の土が乾燥しない様に、干し草を拾い集めてフカフカのベットにしてみました。

   居心地いかが?

   来年はもうひとまわり大きくなれますように。
   そろそろ花を切らないとね。
   



e0206902_22424038.jpg




   
e0206902_23145792.jpg


      こんな情熱的な色の紫陽花もあるんですよ、
     (比べられて、貧相なうちの子たち...)



e0206902_23181310.jpg


       一歩一歩、 pas a pas ...
   

[PR]
by pot-eri | 2012-09-10 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)
e0206902_4571953.jpg





    うちで一番日当たりの良い、ネコの額ほどのキッチン。
  そこですくすく育っているアボカド二代目(先代は昨年夏、留守中の強風で、
  窓から落下しご臨終...。)
  


  
e0206902_5125019.jpg



  昨日の朝、ふと鉢に目をやると、こんなものが...




  
e0206902_5165725.jpg



   ボンジュール☆
   角度を変えて...



  
e0206902_5182418.jpg



   coucou! 
   そして、たった一晩で目を見張る成長、立派な傘となっていましたが、
   今夜はもうひからびて倒れていました...。

   果敢ないねえ、
   楽しかったかい?


   イノチミジカシ〜 コイセヨキノコ...

   

   
   
   




  
  
  
  

[PR]
by pot-eri | 2012-07-22 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)
e0206902_1519426.jpg



 シソ君がどんどん葉を大きくしてこのままでは固くなってしまいそうなので
 消費しましょう。
 おむすびには刻んだ葉をたっぷり混ぜて、
 開いた鰯と一緒にくるくるっと巻いてオーブンで焼いたり...

 実はこれは初代シソ君(シソクン)ではなくて、
 この春お嫁入りしてきたシソ君(シソギミ)です。
 しなびたチビの苗が3本だけで5ユーロって高くないですか?
 と、さすがの私(金銭感覚が宇宙人と呼ばれています)も思いましたら、
 お店のムッシューも哀れみを帯びた視線で苗を見つめながら
 「コレ買うの? 二週間位待ったら?」
 「二週間後に出直すなら、うちで育てても一緒です!」 ともう愛着の湧いてしまったシソギミ、
 セーヌ沿いから11区へ嫁いできました。

 初代のシソクンは? 今年はシーンとしたままでもうだめなのかな、
 と思っていましたら、
 このところようやく変化が...


 
e0206902_15541564.jpg


 忍 は大切ですね。


 


 
e0206902_1612146.jpg


バジリコちゃんもようやくつやつやの本葉が出てきています!

[PR]
by pot-eri | 2012-05-28 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)
e0206902_19233514.jpg



満ちてゆく月のちから。

窓辺の種まきのゆくえは、パセリとコリアンダーを除いて
他は シーン ... 
土のなかでむぐむぐしていてくれれば良いのですが...
お力添えのほど、お願いしますね、
どうぞぐいぐい引き寄せてください。

小さな命の観測、
土だけの鉢をじーっと見つめる今日この頃。


まだ薄明るい5月3日夜9時半頃の空でした。

[PR]
by pot-eri | 2012-05-04 00:00 | 植物.ハーブ | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31