カテゴリ:庭しごと( 51 )

日本の歩  un pas japonais









e0206902_7501293.jpg







工事中の未来の家と裏庭はつながっておず、
うちの前の小道から2~30mほどぐるりと回らなくてはいけません。
昨日はバケツを両手に、
今日はカートをガラガラ、
家と裏庭間を何往復したことでしょう…

poteriさんが運んでいたのはこれ↓






e0206902_7522539.jpg






e0206902_7531273.jpg







昨年、石壁に新しい窓を3つ開けてもらった時に、もの凄い量の石の山が出来たのですが、
それが地上階の部屋の真ん中にどーんと積まれているのです。
石工職人の山さんチームに
「この石はどうしますか?」と聞かれた時、
私は、「一部は裏庭で使いたいけれど全部はいらない」 と言ったのに、
ブルトンさんは
「(プチジャングルで必要だから)全部取っておく」と言い張りました。

中には大きすぎて、一体どうやって動かすの?という様なのもあるのに。。(涙)

そろそろ本腰を入れて、地上階の未来のアトリエの工事を進めたいと思うので、
このままでは先へ進められない!
とりあえず裏庭で必要な分は「私が運ぼう!」と、
覚悟を決めたマッチョなpoteriです。

えっちらほっちら…
まずはやりかけだった、花壇のまわりの石、






e0206902_7592384.jpg





当たり前のようにそこにいらっしゃる隣のコッコさん達。

歩くところは西洋風の石畳風にしようか、日本の庭園風にしようか?
あまり複雑なことはしたくなかったので素朴で簡単な後者にしました(庭園は大袈裟っ!)
子供の頃、父方の祖父母の家の玄関へ辿りつくまでの小路に石臼が敷かれていて
それが好きでした。何故だか、とても好きだったのです。

昨日、今日は石を運んで置いただけ。(一番上の写真↑)
これから少しずつ雑草を抜いて、石を埋めて.. 地味に進めてゆきます。

仮に置いただけだけど、ぽんぽんっと石の上を歩くと心が弾む♪
子供の頃に戻ったみたい
そうそう、これ、フランスではpas japonais (日本の歩) というのです。


前世はメソポタミアかギリシア、ローマの奴隷だったのでは? と疑いたくなる様な日々、
田舎でのクリエイティヴな毎日に満たされるpoteriです☆






e0206902_841820.jpg





*オマケ* レンヌのお庭で日向ぼっこ中のココちゃん




[PR]
by pot-eri | 2014-05-17 08:06 | 庭しごと | Comments(4)









e0206902_6373346.jpg








昨秋チューリップの球根と一緒に植えた
ネギ坊主の大きくなったみたいなむらさきの花、
もうだめなのね、と思っていたら…
チューリップの花びらが散った頃にぷっくり坊主頭が出て来ました。

allium atropurpureum というとっても覚え辛いお名前があるようです。
丈は60cm、今はまだ30cmほどなので、あと30cmも伸びるのー
がんばれー
私の構想では、チューリップと隣り合わせて花咲くネギ坊主だったのに…
それぞれの花の開花時期なんて全く頭に無かった、
春になったらみんな一斉に咲くものだと思っていました、春って長いのねー
未熟者~


2014年、うちの薔薇たち、最初に咲いてくれたのはソンブルイユ嬢でした!






e0206902_6383129.jpg






e0206902_6394290.jpg





きれいでしょう、
オールドローズらしいクチュクチュと幾重にも重なる花びら、
甘くてやさしい紅茶の様な香りが辺りに漂います。
あー しあわせ☆
この子の隣に香り高いマダムエルンストカルヴァさんを植えたので
お二方同時に花開く時期は、どんなに素敵なことでしょう、
薔薇の苗は3年目から、というそうなので、カルヴァさんは今年植えたばかり、
二年先を夢見て今からわくわくしています。







e0206902_6431319.jpg






夕べの美しい満月、植物達がたっぷりと月のエネルギーを受け、
一夜明けた今日ぼうぼうだったセージを少し摘みました。





e0206902_6441325.jpg





花はミツバチに残して、花のついていない元気そうな葉を選んで。
風通しの良いところで影干しに、その後はお茶にしていただきます。

ほんとうは月の光りの下で摘めたら良かったのですが
今はまだ工事現場で寝泊り出来ないので。
いつの日かここで暮らし始めたら、バイオダイナミック農法、
月の満ち欠けを指針に植物と向き合えたらいいなぁ、と思っています。


もうひとつのネギ坊主





e0206902_64808.jpg





昔から自分の影を見るたびに、ネギ坊主みたいだな、と思うのです。
左手に持っているのはバケツ、あー今日もよく働いた。
さて、何をしたのか つづきは明日にします。

いつもブログを覗いてくださってありがとうございます。






[PR]
by pot-eri | 2014-05-16 06:52 | 庭しごと | Comments(10)








e0206902_5361868.jpg







薔薇のアブラムシ対策のコンパニオンプランツ
と、調べてみると ニンニク、ねぎ、ラベンダーとありました。
愛しの薔薇さん達の足元にニンニク、ねぎを植えるのは、
やはり抵抗があるので、ラベンダーに白羽の矢が立ちました。

ラベンダーの鉢植えはパリに居るころからずっと憧れていたのですが、
気候のことを考えると、やはり南フランスならではのものかな、と
いつも遠い目で見ていて、
ブルターニュへ来てからもそれは同じ、諦めつつあったのですが...

少し前のこと、
ノルマンディーに田舎の家を持つ友達に庭しごとのことを尋ねた時、
放っておいても良く育ってくれている植物の一つに
ラベンダー と言われて、びっくり
日当たりが良くて、土がお気に召せば育ってくれるということなのかな、
とうちの裏庭にも希望の光が!

土曜日のレンヌのマルシェ、いつも薔薇のことでお世話になっている
化学肥料を使わない苗木屋さんにラベンダーがあればいいな、
と思って行ってみると一つだけありました!
他にも薔薇の足元用に、と相談して、野生のゼラニウムと
地に這う様に伸びてゆくタイプのローズマリーをお持ち帰りしました。

野生のゼラニウムは可憐でとってもかわいいのですが、
うちに帰ってから調べてみると、虫除け用には
Scented Geranium という香りのあるタイプでないと効果はないみたい。

ま、またそれは少しずつ。

日曜の午後は庭の日と決めたので、丸5時間集中して庭をいじっていました。

蜂や蝶、鳥たちがこの小さな庭にやってきているのを見ると嬉しくなります。
雀くらいの大きさの青い柄の鳥は、
薔薇の蕾の先につくアブラムシを食べに来ていました。
そうかぁ、あまり神経質にならなくても自然の法則で回るように
なっているのだなぁ、と、今日の観察で学んだところです。

そうそう、ソンブルイユの枝を食い荒らしにきていた
犯人らしきイモムシと遭遇しました!(多分…)
今日もずっと遊びに来ていたお隣のコッコさん達にあげると
一気食いでしたよ、 どうかこれで一件落着でありますように。


* * *



行きの電車の時刻が予告無しに変更になっていて、
小一時間レンヌの駅で待たなければいけなくなったのですが..
前から、あるのは知ってたこれ↓





e0206902_537057.jpg





誰でも自由に弾いていいピアノ (巴里でも街角に期間限定であったりしました。)
時間つぶしに勇気を出して触りに行きました。
久―しぶりのピアノ、
ピアニッシモシモシモ… くらいで子供の頃に習った曲を
ポロポロポロ…
鍵盤が傷んでズレていたり(←ピアノのせいにしてみる!)
チェロのポジション用に固まりつつある私の手(すごい言い訳っ!)

要するに指が思う様に動かなかったのですが
自分だけの世界に入ったら、時間つぶしにはなかなか。
ふ、と気づくと近くで聴いてくれている人が!
急に恥ずかしくなって席を離れようとすると、
幾人かの人に「メルシー」なんて言われてしまいました。
はずかしー
公衆の面前で弾くなんて、日本だったら絶対出来ないこと!
フランスでも、もうしないと思う。。


[PR]
by pot-eri | 2014-05-05 05:38 | 庭しごと | Comments(4)



プチジャングルの春、



e0206902_18543726.jpg




野生の水仙も元気よく。





e0206902_18554385.jpg




二月の終り、ようやく冬の片付け、




e0206902_18562399.jpg




もみの木さん、細長いプチジャングルのどこへ植えましょう...
枯れてほしくはないけれど、
南向きであまりぐんぐん育ってもらっても困る。
10ヶ月後に動かせるくらいの大きさでいてね、





e0206902_18593489.jpg



スコップと背丈くらべ。






e0206902_1903169.jpg





e0206902_19193353.jpg




巴里にも春が来ていました。

こちらにも春、あちらにも春



[PR]
by pot-eri | 2014-03-01 19:12 | 庭しごと | Comments(4)







e0206902_20573325.jpg





すっかり春のような週末、
日曜は薔薇の剪定をしました。

生かすも殺すもこの私の腕にかかっていると思うと緊張 (大袈裟!)
すごーく時間をかけて、
一枝ずつよーく見つめて、
(苗木やさんの説明によると、枝が外側に広がってゆくために、枝分かれした外側に向けて
元気の良さそうな新芽の蕾の少し上を切る)
一歩離れて全体を見つめなおし、
(薔薇の木全体の大きさの半分から1/3に切るということ)

オールドローズのソンブルイユはつるがグングン伸びてくれていたので、
剪定してしまうのは少し哀しい気持ち、
でもボリュームアップしてもらうため、この子のためですからね。





e0206902_2058582.jpg




晩秋に植えたチューリップもこんにちは。
さてpoteriさんちのチューリップは何色でしょう?






e0206902_20594793.jpg




大好きないとこ煮、こういうのはブルトンさんが居ない時に食べます。
レンヌのマルシェはビオのスタンドが迷うほどあります。
見事な栗かぼちゃがあったので、母が持って来てくれた北海道の新豆小豆と一緒に炊いてみたら
甘くてほくほくー  しみじみ美味しい◎





e0206902_2113440.jpg





今朝のパン、koboco3 は元気いっぱい、
まだ焼いてるの? 時々人に言われますが、
4日に一度くらい焼いてます。




e0206902_2122454.jpg



下のほうからも爆発、どら焼きみたい。

二次発酵のことがいまひとつ分からないー
一応1時間半~2時間くらいしているけれど、これって本当に必要なの???




[PR]
by pot-eri | 2014-02-24 21:04 | 庭しごと | Comments(4)








e0206902_4234840.jpg







未来の家のある大きな村には
《静かな湖》という名の池があります。





e0206902_4242044.jpg




e0206902_4245117.jpg




ほんとうに静かで誰もいない。






e0206902_4254344.jpg




近所の考古学センター

ではなくて、うちですっ。
キッチンになる予定の窓。

でね、窓の穴の枠用の大きな石のカットが来週の半ばに
ならないと出来上がらないのですって。
だからそれまでずっと、このまま みたい。

ふーん。






e0206902_4275557.jpg



庭仕事一年生、手探りで冬の準備。




e0206902_429266.jpg




情熱をかたむけていたコンポスト→☆ 順調に出来てくれています。
薔薇の足元に栄養補給、その後はワラや枯葉でふかふかのベットに。





e0206902_429421.jpg




青い紫陽花に良いという、アルドワーズ
カナヅチで砕いて土に混ぜたり





e0206902_4302236.jpg





つる薔薇の゛道しるべ゛つくり。
壁に釘を打ち付けて、針金を張りめぐらしました。
ソンブルイユはぐんぐん伸び続けてくれていますが、
二月になったら剪定するそうです。
時期が来たらレンヌのマルシェのボーイッシュな苗木やさんが
教えてくれることになっています (アフターサービス度★★★★★ 五つ星)

今週はずっとお天気良くて、助かっています。



[PR]
by pot-eri | 2013-11-29 04:31 | 庭しごと | Comments(2)






e0206902_20244291.jpg





未来の裏庭に球根を植えました。

チューリップと、
名前を忘れてしまった、背丈が60cmくらいになる
ネギ坊主の生まれ変わりみたいな紫色の花と、

木陰にはスズランを。

夢の庭は自然農で植物がボウボウ共存している
庭と野原のぎりぎりくらいなところなのですが、
パーマカルチャーのように丸きり雑草を抜かないわけにもおれず、
なるべく浅い範囲で抜くようにしています。
だから、またすぐ生えてくる (笑)





e0206902_202619.jpg




キオスクでパラパラ立ち読みしていたら、
パーマカルチャーについて書かれていたので
なるべく雑誌は買わないようにしているのに、50秒くらい考えて購入しました。
フランスではまだあまりパーマカルチャーについて聞かないので
世の中がそういう流れになってきているのなら、うれしい。





e0206902_20264596.jpg



l’art des JARDINS という雑誌です。


先月マルシェでひとめぼれした鉢植え、
食用にはならないセージのファミリーだそうです。




e0206902_20274258.jpg



こういう可憐で素朴な植物を増やしたいなぁ。。




e0206902_20282710.jpg




もうすっかり枯葉も散ってしまい、色あせた裏庭、
チラチラ輝くベルベットのようなムラサキがひときわうつくしいです。



[PR]
by pot-eri | 2013-11-19 20:35 | 庭しごと | Comments(4)





e0206902_628812.jpg




二週間留守にして戻ってみると、
すっかり花は終わってしまったオールドローズのソンブルイユ嬢が
ものすごい勢いで伸びていました。
私の背丈よりとっくに高く、石の壁に釘を打ちつるを導くようにラフィアで固定。
梯子に乗って作業していると…(分かり辛いですが、右下の白い木の板のあるところから左斜めにぐんぐん上昇中)

蔓のゆく手には…





e0206902_6285781.jpg




e0206902_6292878.jpg




アンタナニシトルノ?

ご近所のグリちゃん(グレーだからグリ)


これからよろしくねー。

[PR]
by pot-eri | 2013-10-11 06:37 | 庭しごと | Comments(2)







e0206902_6212273.jpg





週末、他の用事のついでにプチジャングルへ寄ってみると、



e0206902_6401191.jpg




おおぉっ !

ほ、ほうさくの兆し ! 

胡桃は順調にたわわ☆



e0206902_6221454.jpg





レンヌクロードはあと一週間か十日くらいで食べ頃になりそうです。


e0206902_6225936.jpg



e0206902_6233431.jpg




林檎は秋までまだもう少し。 



e0206902_6244919.jpg




小粒の林檎がすでに地面に落ちていました。



e0206902_6281427.jpg




少し痛んでいても、きれいなところを使ってコンポートにするので
林檎拾い



e0206902_6285232.jpg




いつも殆ど実のつかなかった洋梨も今年はどうしたことか、
小粒ながらいくつも実をつけてくれてるっ !


e0206902_6294722.jpg




e0206902_6304669.jpg


これはスュローと言ってシロップとか作れるそうですが
プチジャングルのはいまひとつ甘みに欠けるので、いつもこのまま…鳥たちへ。。

そしてこの週末の収穫は



e0206902_6312742.jpg



プラム☆
もう今が食べ時、甘い香りが漂っています。
梯子でも届かないところに赤い実がたくさん。。。



e0206902_6383566.jpg



なのでシートを敷いて
「アタンシィオ~ン ア ラ テット !(頭上注意~ !)」
と言ってブルトンさんが木をゆすると



e0206902_633752.jpg



e0206902_6335623.jpg



ボトボトボト… と天からプラムが降ってきました
(ブルトンさんの頭にも直撃 っ!)

イースターのタマゴ探しみたいに楽しかったです(やったことないけど)



e0206902_6343819.jpg



プラム ガ フル カラ ボク カエル

帰りの車はプラムと林檎の香りでいっぱい。
自然よ、アリガトウ◎



e0206902_6393450.jpg


[PR]
by pot-eri | 2013-08-21 06:25 | 庭しごと | Comments(4)






e0206902_1275366.jpg





すっかり足の遠のいていたプチジャングルへ行ってみると、

サクランボウがたわわ☆

この桜の木に赤い実のなるのを私が見るのは初めてです、
いつもタイミングを逃していました。
鳥達が食べつくしてしまうにはまだまだ充分なほど沢山のサクランボウ



e0206902_1283066.jpg



それにしても七月初めのサクランボウって、
随分季節がずれているように思いますが…
予期せぬ収穫に心弾ませ、せっせとサクランボウ摘みっ!

マルシェではブラックチェリーの方が見慣れていますが、
プチジャングルのは日本のに近い感じのやさしい色のサクランボウ。

あと4~5日するともっと赤くなって収穫日和のはず、
高いところの赤く熟した実は鳥達に残して、
自然界から私達へおすそ分けしていただいた感じです、メルシ。



e0206902_1285472.jpg





e0206902_130136.jpg




まだ青い実の胡桃もたわわっ!
昨年は、秋の収穫の時期に行ってみるとゼロクルミ。。。
全部リスに持っていかれてしまいました(涙)


e0206902_132341.jpg



「今年はそうはさせぬ!」 と今から鼻息の荒いブルトンさん


林檎もじわじわ成長中、梨はとほほ、一人一つくらいかなー?

プチジャングルの果樹達、もう少し手をかけてあげたいなぁ、と
思いつつも毎年そのまま…収穫だけして、とってもずうずうしい私達、
未来の家からは近くなるのでここは果樹園として、もっと可愛がってあげないと。。


[PR]
by pot-eri | 2013-07-06 01:33 | 庭しごと | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31