カテゴリ:庭しごと( 47 )










e0206902_535973.jpg






ここ数日寒くて寒くて... ウールのセーター引っ張り出して着ています。
今朝の庭しごとは、大きなグレーの雲一つ分雨がパーッと降った後だったので
土が良い感じに湿ってくれていました。

ふ と見るとカーディナルリシュリューが一つ、花開いてくれていて
あーやっと咲いてくれたのね、
紫色の最古の薔薇です。






e0206902_536551.jpg






たわわに蕾をつけてくれているので、これからとても楽しみ☆







e0206902_5365226.jpg






ピンクのキャベツみたいな花のマダムエルネストカルヴァさんは
昨年、お病気気味で、花開きかけて枯れてしまうという哀しいご様子でした。

今年は春先に黄色の粒々が葉や茎の一部に現れる錆び病の症状が出ていたので
そういう葉は全て除去したり、

根元の土をガリガリほぐして、新しい土を足してみたり、






e0206902_5372317.jpg






虫を寄せ付けないという
ミントや、






e0206902_538154.jpg






ラベンダーを近くに植えてみたり







e0206902_5392191.jpg






キャプシーヌの種も近くに蒔いて、
どうか元気なピンクキャベツちゃんを見れますように。






e0206902_5395541.jpg







かわいいねー キャプシーヌの丸い葉っぱ
キャプシーヌはアブラムシが大好きなので薔薇の身代わり役と、
黄色やオレンジの可愛い花はサラダやお料理に添えたいので
あまりアブラムシだらけになられても困ります。。。








e0206902_5403084.jpg








種まきも段々調子に乗ってきています。
今日はルッコラとフェンネル、どちらも直播きっ!
アバウト過ぎ...?






e0206902_541327.jpg





これは、沢山芽を出してくれたけれど、何なのかわからなくなってしまっている間引きした
多分コリアンダーだと思います。
間引きした子も、処分してしまうのは可哀想でこうして植え替えています。
その内側にはバジリコの種も蒔いてみました。
直播きではシーンとしたままなので、鉢で再チャレンジ
バジルペーストを作れるように、沢山芽を出してお*く*れ*






e0206902_5413835.jpg





紫陽花も沢山咲き始めてくれて





e0206902_542647.jpg






去年よりも庭にやって来る蜂(写真の真ん中にいるよ)の数が増えている様で嬉しいです◎

[PR]
by pot-eri | 2015-05-21 05:44 | 庭しごと | Comments(4)








e0206902_20403073.jpg







 五月の庭は、 

晩秋に球根を植えたものの、どこに何を植えたのかきちんと記録を取らないpoteriさん
アイリスの葉は伸びていても一体何色の、どんな子が花開くのかしら? と、待ちわびていました。

光り輝く白いアイリス









e0206902_20413717.jpg







チューリップが終わってしまったら、続いて背高のっぽのネギ坊主さん達が庭に色をつけてくれています。








e0206902_20422260.jpg








奥の青(くなるはず)紫陽花の前には、そうそう、青いアイリスを植えたのでした。


だけど、このアイリスちょっと怖い...
そう言えば、゛虎の目゛と書いてあったの、
本当に黄色い鋭い虎の目に睨まれてるみたいで、、
来年はもう少し優しいアイリスを仲間入りさせたいです。

ちなみに、アヤメ、ショウブ、カキツバタ、アイリス... の違いは??
私と同じように知りたい方へ、
ここで→★ カンタンにお勉強出来ます

虎の目も蜂に蜜の在りかを教える という大切なお役目を持っていたのですね。









e0206902_20465742.jpg






種まき後の発芽もはじまる!!
(これも何の芽だったのか、わからなくなっています。。 多分バジル?)

間引きはもう一日待ってねー
この季節の庭はやることだらけです。







e0206902_20473223.jpg






雑草と間違えて抜きそうになってしまったキャプシーヌ (ナスタチウムの仲間)
丸い葉っぱがキュート☆







e0206902_20482329.jpg







abeilleさんのお庭から里子にいただいた、フランボワーズ
新しい葉も出てきてちゃんと根付いてくれたみたいよー、アリガトウ☆







e0206902_20435873.jpg







種まきは四月迄、となっていたカモミール、
少し出遅れてしまったけれど、とりあえず蒔いてみる!
カモミール沢山のハーブ園、これは夢だったことのひとつ。






e0206902_2045546.jpg





猫の額のハーブ畑は
セージ、ローズマリー、ヴェルヴェーヌ、タイム、シブレット...
少しずつ、冬も越えて根付いてくれて嬉しいです。



そうそう、忘れていました、





e0206902_2226344.jpg







すずらんのこと、

うちの庭には二年連続で根付いてくれない、、と嘆いていたら
5月1日に、裏小路の角のブロカントのおじさんが届けてくれました。

良いかほりのこの子、庭に植えてみます
根付いてくれるかな...


[PR]
by pot-eri | 2015-05-08 20:49 | 庭しごと | Comments(4)

つぼみ  le bouton











e0206902_5244281.jpg








ぷくぷくと、つぼみだらけの嬉しい季節








e0206902_12311564.jpg







!!!






e0206902_5262122.jpg






昨夏、ショートストーリーの末→★ うちにやって来た
カーディナル.ドゥ.リシュリュー  この子はもっと可愛く、美しくなってゆくので
これからも、追って登場すると思います。
その他の古薔薇さん達も皆すくすくと育ち、去年よりも更に沢山蕾を付けてくれていて嬉しいです◎








e0206902_527063.jpg







芸術的なソフトクリームはアイリス







e0206902_5274055.jpg








日本から持ち帰ってきたノコギリはさすがな切れ味!
(植木に使ったら切れ味が早く悪くなってもったいないね、とブルトンさんと話してたのに、
どうしても切りたい株があったのでこっそり使ってしまいました。
さすがのmade in japan☆ 切れなくなったら替刃を買いに帰ろうー!)







e0206902_5294716.jpg






新しくお嫁入りして来たこの子の故郷も日本
食べれる実はならないけれど、りんごのファミリーだって
盆栽風の日本っぽさにひとめぼれ☆

[PR]
by pot-eri | 2015-04-30 05:48 | 庭しごと | Comments(0)








e0206902_5522355.jpg







ポテリサンノ、オニワ ノゾイテミル?   






e0206902_555653.jpg








このところは、早起きして午前中に庭仕事するようにしています。
うす桃さんの仲間達も皆、満開!
チューリップの愛らしさは花開く前、朝限定です







e0206902_5554170.jpg








ここにも、朝限定のキラキラ☆☆






e0206902_5561211.jpg








太陽はあっという間に上に昇ってしまい、
いつも通り、とても邪魔なコッコさん達 
(ちなみにコッコさん達はうちで飼っているわけではありません、
隣の柵を越えていつも当たり前のようにやって来るのです...。)







e0206902_5564797.jpg







種まきしたところを荒らされるのはもうコリゴリ、、、 なので
コッコ対策研究中







e0206902_5572279.jpg








実はこのように薔薇のトゲつきだったりします (秘かに意地悪なぽてり ふ、ふ、ふ、...)







e0206902_5581040.jpg







ランチはベジタブルベントー
カブの葉の生姜炒め、 ポロ葱の照り焼き、新豆のグリンピース、
その下は赤米と玄米
超テキトー  だけど野良しごとの後だとおいしい◎





e0206902_5595219.jpg






愛おしい古薔薇達

今年もトップバッターはソンブルイユ嬢でした
すでに沢山の蕾をつけてくれています。
今年も私をシアワセにしてくれる、アリガトウ。


[PR]
by pot-eri | 2015-04-24 06:00 | 庭しごと | Comments(6)







e0206902_6381594.jpg






ブルターニュへ戻ってきても、とてもお天気が良く
未来の家-アトリエの裏庭へ行ってみると
相変わらず三頭身のうす桃さんが花開いてお迎えしてくれました◎








e0206902_6411923.jpg





うす桃さんの奥の方から視線を感じます...






e0206902_6441178.jpg







このお方 ↑
ちょっと怖い。

一昨年に植えてそのままのむらさきのチューリップもすくすくと伸びてくれています。
ぷっくりまだ蕾なのはきっと白い子達かな

一度球根を植えたきり、
水もやらねば(ブルターニュは放っておいても雨が地面を湿らしてくれるのです)
エサもやらず、
こうして花開いてくれてドウモアリガトウ。


春の到来と共に、庭が凄い状態になりつつあり
ゆっくり庭仕事したいです
週末頃にはできるかな...?






e0206902_654162.jpg






レンヌのお義母さんの庭の桃の木、
花を終わらせ、小さな実がひっそりと準備中です。



この桃の木はビョーキ持ちであまり実りには期待出来ないのですが
がんばれー!!




[PR]
by pot-eri | 2015-04-17 07:21 | 庭しごと | Comments(4)








e0206902_4575591.jpg







10月3週目の土曜日、 「夏の再来」という予報通りのお天気になりました。
日中、ノースリーブ姿のご婦人を幾人も見かけましたが、
もう秋にスイッチオンした私、そういう気分にはなれないなぁ..
《衣替え》というのが存在しないこのお国、
夕方はダッフルコートの青年も見かけました、、


保障付きの晴天の本日、庭仕事日和
ずーっと私にくっついているバルブイユ、(動物には好かれる私みたい..)
おかげでミミズハンターのコッコさん達は私に近づくことが出来ず
草むしりも邪魔者がいなくていいなー、
と思っていたらっ!
バルブイユ君、私の目の前で地面をゴソゴソ掘り出しました、
えっ、そのしぐさは、まさか、、、
シアワセそう~ な顔のバルブイユ、ホットな落し物(汗)
これで土が肥えてくれるのかしら、、 今日だけは目を瞑ります。








e0206902_4584428.jpg







バルブイユ VS コッコ

お互い本気で向き合うと、後ずさりしてしまう、
まだ人生経験未熟なバルブイユです。







e0206902_459588.jpg






春のための球根植え 始めました。





* * *



先日の「superbe bon !」のバターカップ、






e0206902_503567.jpg





予想通り包丁を入れてみたところ良い感じです。

素材の味を知るには、限りなくシンプルに
小鍋の底にほんの少し水をはり蒸かすだけ、
味付けも無しです。





e0206902_514890.jpg





ホクホク、なかなか日本の南瓜に近い感じ、
甘味は昨年レンヌのマルシェで出合った《hokkaido》ほどではないですがコクがあっておいしい◎

美味しい南瓜はこうして食べるのが一番好きです。
小豆があったら尚良し♪








[PR]
by pot-eri | 2014-10-19 05:11 | 庭しごと | Comments(0)

日本の歩  un pas japonais









e0206902_7501293.jpg







工事中の未来の家と裏庭はつながっておず、
うちの前の小道から2~30mほどぐるりと回らなくてはいけません。
昨日はバケツを両手に、
今日はカートをガラガラ、
家と裏庭間を何往復したことでしょう…

poteriさんが運んでいたのはこれ↓






e0206902_7522539.jpg






e0206902_7531273.jpg







昨年、石壁に新しい窓を3つ開けてもらった時に、もの凄い量の石の山が出来たのですが、
それが地上階の部屋の真ん中にどーんと積まれているのです。
石工職人の山さんチームに
「この石はどうしますか?」と聞かれた時、
私は、「一部は裏庭で使いたいけれど全部はいらない」 と言ったのに、
ブルトンさんは
「(プチジャングルで必要だから)全部取っておく」と言い張りました。

中には大きすぎて、一体どうやって動かすの?という様なのもあるのに。。(涙)

そろそろ本腰を入れて、地上階の未来のアトリエの工事を進めたいと思うので、
このままでは先へ進められない!
とりあえず裏庭で必要な分は「私が運ぼう!」と、
覚悟を決めたマッチョなpoteriです。

えっちらほっちら…
まずはやりかけだった、花壇のまわりの石、






e0206902_7592384.jpg





当たり前のようにそこにいらっしゃる隣のコッコさん達。

歩くところは西洋風の石畳風にしようか、日本の庭園風にしようか?
あまり複雑なことはしたくなかったので素朴で簡単な後者にしました(庭園は大袈裟っ!)
子供の頃、父方の祖父母の家の玄関へ辿りつくまでの小路に石臼が敷かれていて
それが好きでした。何故だか、とても好きだったのです。

昨日、今日は石を運んで置いただけ。(一番上の写真↑)
これから少しずつ雑草を抜いて、石を埋めて.. 地味に進めてゆきます。

仮に置いただけだけど、ぽんぽんっと石の上を歩くと心が弾む♪
子供の頃に戻ったみたい
そうそう、これ、フランスではpas japonais (日本の歩) というのです。


前世はメソポタミアかギリシア、ローマの奴隷だったのでは? と疑いたくなる様な日々、
田舎でのクリエイティヴな毎日に満たされるpoteriです☆






e0206902_841820.jpg





*オマケ* レンヌのお庭で日向ぼっこ中のココちゃん




[PR]
by pot-eri | 2014-05-17 08:06 | 庭しごと | Comments(4)









e0206902_6373346.jpg








昨秋チューリップの球根と一緒に植えた
ネギ坊主の大きくなったみたいなむらさきの花、
もうだめなのね、と思っていたら…
チューリップの花びらが散った頃にぷっくり坊主頭が出て来ました。

allium atropurpureum というとっても覚え辛いお名前があるようです。
丈は60cm、今はまだ30cmほどなので、あと30cmも伸びるのー
がんばれー
私の構想では、チューリップと隣り合わせて花咲くネギ坊主だったのに…
それぞれの花の開花時期なんて全く頭に無かった、
春になったらみんな一斉に咲くものだと思っていました、春って長いのねー
未熟者~


2014年、うちの薔薇たち、最初に咲いてくれたのはソンブルイユ嬢でした!






e0206902_6383129.jpg






e0206902_6394290.jpg





きれいでしょう、
オールドローズらしいクチュクチュと幾重にも重なる花びら、
甘くてやさしい紅茶の様な香りが辺りに漂います。
あー しあわせ☆
この子の隣に香り高いマダムエルンストカルヴァさんを植えたので
お二方同時に花開く時期は、どんなに素敵なことでしょう、
薔薇の苗は3年目から、というそうなので、カルヴァさんは今年植えたばかり、
二年先を夢見て今からわくわくしています。







e0206902_6431319.jpg






夕べの美しい満月、植物達がたっぷりと月のエネルギーを受け、
一夜明けた今日ぼうぼうだったセージを少し摘みました。





e0206902_6441325.jpg





花はミツバチに残して、花のついていない元気そうな葉を選んで。
風通しの良いところで影干しに、その後はお茶にしていただきます。

ほんとうは月の光りの下で摘めたら良かったのですが
今はまだ工事現場で寝泊り出来ないので。
いつの日かここで暮らし始めたら、バイオダイナミック農法、
月の満ち欠けを指針に植物と向き合えたらいいなぁ、と思っています。


もうひとつのネギ坊主





e0206902_64808.jpg





昔から自分の影を見るたびに、ネギ坊主みたいだな、と思うのです。
左手に持っているのはバケツ、あー今日もよく働いた。
さて、何をしたのか つづきは明日にします。

いつもブログを覗いてくださってありがとうございます。






[PR]
by pot-eri | 2014-05-16 06:52 | 庭しごと | Comments(10)








e0206902_5361868.jpg







薔薇のアブラムシ対策のコンパニオンプランツ
と、調べてみると ニンニク、ねぎ、ラベンダーとありました。
愛しの薔薇さん達の足元にニンニク、ねぎを植えるのは、
やはり抵抗があるので、ラベンダーに白羽の矢が立ちました。

ラベンダーの鉢植えはパリに居るころからずっと憧れていたのですが、
気候のことを考えると、やはり南フランスならではのものかな、と
いつも遠い目で見ていて、
ブルターニュへ来てからもそれは同じ、諦めつつあったのですが...

少し前のこと、
ノルマンディーに田舎の家を持つ友達に庭しごとのことを尋ねた時、
放っておいても良く育ってくれている植物の一つに
ラベンダー と言われて、びっくり
日当たりが良くて、土がお気に召せば育ってくれるということなのかな、
とうちの裏庭にも希望の光が!

土曜日のレンヌのマルシェ、いつも薔薇のことでお世話になっている
化学肥料を使わない苗木屋さんにラベンダーがあればいいな、
と思って行ってみると一つだけありました!
他にも薔薇の足元用に、と相談して、野生のゼラニウムと
地に這う様に伸びてゆくタイプのローズマリーをお持ち帰りしました。

野生のゼラニウムは可憐でとってもかわいいのですが、
うちに帰ってから調べてみると、虫除け用には
Scented Geranium という香りのあるタイプでないと効果はないみたい。

ま、またそれは少しずつ。

日曜の午後は庭の日と決めたので、丸5時間集中して庭をいじっていました。

蜂や蝶、鳥たちがこの小さな庭にやってきているのを見ると嬉しくなります。
雀くらいの大きさの青い柄の鳥は、
薔薇の蕾の先につくアブラムシを食べに来ていました。
そうかぁ、あまり神経質にならなくても自然の法則で回るように
なっているのだなぁ、と、今日の観察で学んだところです。

そうそう、ソンブルイユの枝を食い荒らしにきていた
犯人らしきイモムシと遭遇しました!(多分…)
今日もずっと遊びに来ていたお隣のコッコさん達にあげると
一気食いでしたよ、 どうかこれで一件落着でありますように。


* * *



行きの電車の時刻が予告無しに変更になっていて、
小一時間レンヌの駅で待たなければいけなくなったのですが..
前から、あるのは知ってたこれ↓





e0206902_537057.jpg





誰でも自由に弾いていいピアノ (巴里でも街角に期間限定であったりしました。)
時間つぶしに勇気を出して触りに行きました。
久―しぶりのピアノ、
ピアニッシモシモシモ… くらいで子供の頃に習った曲を
ポロポロポロ…
鍵盤が傷んでズレていたり(←ピアノのせいにしてみる!)
チェロのポジション用に固まりつつある私の手(すごい言い訳っ!)

要するに指が思う様に動かなかったのですが
自分だけの世界に入ったら、時間つぶしにはなかなか。
ふ、と気づくと近くで聴いてくれている人が!
急に恥ずかしくなって席を離れようとすると、
幾人かの人に「メルシー」なんて言われてしまいました。
はずかしー
公衆の面前で弾くなんて、日本だったら絶対出来ないこと!
フランスでも、もうしないと思う。。


[PR]
by pot-eri | 2014-05-05 05:38 | 庭しごと | Comments(4)



プチジャングルの春、



e0206902_18543726.jpg




野生の水仙も元気よく。





e0206902_18554385.jpg




二月の終り、ようやく冬の片付け、




e0206902_18562399.jpg




もみの木さん、細長いプチジャングルのどこへ植えましょう...
枯れてほしくはないけれど、
南向きであまりぐんぐん育ってもらっても困る。
10ヶ月後に動かせるくらいの大きさでいてね、





e0206902_18593489.jpg



スコップと背丈くらべ。






e0206902_1903169.jpg





e0206902_19193353.jpg




巴里にも春が来ていました。

こちらにも春、あちらにも春



[PR]
by pot-eri | 2014-03-01 19:12 | 庭しごと | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31