カテゴリ:巴里.日々( 70 )

スロウ  slow


マルシェに行くと、
ふさふさのハーブの鉢植えがよりどりみどり並んでいた。
うちの種まきした子達は、ようやくちょんちょん、と土から顔を出したところ...


いいのいいの、スロウにいきましょう




e0206902_18405329.jpg















ね、ココちゃん☆
(ココちゃんもうじき15歳でーす!)





[PR]
by pot-eri | 2012-04-06 00:00 | 巴里.日々 | Comments(2)
e0206902_17452977.jpg


先週に引き続き陶芸家Yさんのアトリエでランチ、今回はトマも出席。
おくら、シーフード、レンズ豆 三種のスリランカカリーをいただきながら、
エコロな家づくりについて、トマに聞けばいつでも的確な答えが返ってくる。

トマはまだ30そこそこなのに、ブルターニュの田舎に日本の数寄屋風家屋を自分で建てた。
土木作業から全部です。日本へ行った時持って帰ってきた和紙で障子を作ったり、
上野公園で失敬してきたという桜の小枝を見事挿し木にして、家のまわりには桜並木が
出来るらしい。岩風呂もあるし、水は地下45m掘り起こした地下水があるから、
水道局のお世話にはなっていない。

そんなトマの知恵と力を借りて、Yさんのアトリエ横の空き地に手を入れる。


e0206902_1755710.jpg



いらない木の根っこを掘り起こしたり、ガレキ拾いからのスタート。
小さなことから少しずつ、やがては大きく変わってゆくのだな、
などと思いながら手を動かす。
Yさんがスーツケースに忍ばせて(密輸??)日本から大切に運んで来た柚子の苗木の植樹、
トマからお裾分けの桜、栗、葡萄も植えて、これからの変貌が楽しみ。



e0206902_17461915.jpg




パリ20区に食べ物がいっぱいなる庭、
夢の暮らしは少しずつ...

[PR]
by pot-eri | 2012-03-21 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
わたしのもとお師匠さま、陶芸家Yさんの新しいアトリエに遊びに行く。
天井が高ーく、自然光の燦々と入る広々理想の空間、ス.テ.キ。
本当はこの日、ブルターニュから出て来るエコロジー建築の専門家トマと
三人でのランチのはずだったのが、日にちを勘違いしていて
Yさんと日本語たっぷり二人ランチに。



e0206902_2275033.jpg



昼間っから、ワインをいただいて、
きゅうりの柚子味噌和え、まぐろの漬け、大根の千切り、
お味噌汁、鰯の天日干しア.ラ.メゾン塩焼き
Yさん作の土鍋で炊いたごはん...

はーっ、しあわせの和食◎

[PR]
by pot-eri | 2012-03-12 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
e0206902_45950.jpg


わたしが巴里で一番好きな庭は、もうずっと変わることなくパレロワイヤルのお庭です。
ボージュ広場、チュイルリー、リュクサンブール...他にも素敵なところは沢山ありますが、
パレロワイヤルは、その規模といい、つつましやかな品格、たたずむ空気が一番落ち着きます。
きっと、わたしと同じ意見の方、他にも沢山いらっしゃるはずです。



e0206902_4225416.jpg


さらりと絵になるマダムの読書...


今日は一日だけのお仕事で、ここから目と鼻の先の国立図書館にいました。
なのでお昼休みは迷わずここへ... 
まだちょっと寒いですがベンチでおにぎりとか、高野豆腐とか、一人パクパクいただきました。
景観崩してたらごめんなさい。

その側では雀がちゅんちゅん...
チュンチュンチュチュチュチュチュチュンチュンチュチュチュチュ チュンチュンチュン...


e0206902_4285260.jpg



この垣根の中に100羽くらい居そうな勢いでした。
まだ寒いからおこもりなのね。 時々宿から顔出してかわいい◎



e0206902_440463.jpg



パレロワイヤル周辺には、まだどこよりもかろうじて、
古き良きパリらしさがあるなあ、とわたしは思います。
普通に働く人もいながら品の良い巴里があります。
どうぞこれ以上、汚染されませんように。

ねずみ色の空、お昼休みの一時間、「わたしが好きだった巴里」 再確認◎



e0206902_572613.jpg



パリ♡ジュテーム   (久しぶりに思う...)










[PR]
by pot-eri | 2012-03-07 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

さむい ca caille!

今朝、アパートの外へ一歩出てから慌てて家へ引き戻る。

もの凄く、寒ーい! 冷凍庫状態でございます。

探し物は、耳当て+ポンポン付きネパールの毛糸の帽子、
薄グレーとこげ茶の二色アイスみたいなこの子の出番がやっとやって来た。

これをかぶるとかなりスペース(←怪しい人)みたい、と自分でも薄々感じていますが、
何よりも防寒、そして実はお気に入りであったりします。

堂々とこんな姿で歩いても大丈夫なのは、
巴里の道行く人々、みんなすごいことになっています。

今夜は本焼きの窯詰めを澄ませ、スイッチを入れて帰る時はもう0時、
自宅迄の道のり、
半月の暗闇で時々すれ違う人は皆、獣系忍者さん。
一瞬おののくものの
おそらくそれは相互に感じていることでしょう。

この寒さ、金曜日にピークがやって来る様です。

明日の作業場は窯出し、トロピカルです☆ ルルル...



e0206902_1015268.jpg



暖かい家の中では、
神話とハーブティーでぬくぬく。

フィンランドの国民叙事詩『カレワラ』
ポエティックであり、血なまぐさい場面もあったりします。

[PR]
by pot-eri | 2012-02-02 00:49 | 巴里.日々 | Comments(0)
  
  
e0206902_715012.jpg



  元旦に巴里でいただいたお節。
  mさんのお母様手作りの田作りや黒豆、
  やさしい薄味で はーっ シアワセなお正月。
  外国での年明け、これはとても贅沢なことなのです。

  子供の頃は全然好きでなかったのに、
  今は、ずっとちびちび食べ続けていたい...

  ちなみにブルトンさんに「どれが一番好き?」と尋ねると
  「プチポワソン!」 田作りでした。
  勿体無いから全部たべなくてもいいですよー(わたしが食べるから〜)

  mさん、mママさん、どうもありがとう。



  
e0206902_7455394.jpg

  

[PR]
by pot-eri | 2012-01-05 07:50 | 巴里.日々 | Comments(0)
e0206902_701010.jpg


  ぐるぐる、ごそごそ...

 100%ナチュラル、森の贈り物... 拾い物

 ルルル... ノエルはもうすぐ

 
 家の中に温かさが増す、不思議な森のチカラ
 






e0206902_6584178.jpg

[PR]
by pot-eri | 2011-12-19 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)
果物の美味しい季節、
先日レンヌクロード(という品種のプラム)を食べながらふとひらめく。
昔パリ在住の長い日本人マダムが完熟前のアプリコットを使って梅干しを
代用するものを作っていると聞いたことがある。試そうとは思わなかったけど
へえーっと思った。
でも、この青いレンヌクロードこそ梅の仲間では! と。

フランスにはprune(プラム、すもも、梅)に色々な種類がある、
そしてレンヌクロードの中でも何種類かある。
もう少し研究してぜひとも田舎の庭で育てたい、そして憧れの梅干しア.ラ.メゾン☆
問題は梅干しになる前の理想の梅の風味を知らないこと... 
でも何だか希望の光が射してきた感じがする。
何故もっと早くに気付かなかったのでしょう?


e0206902_1954304.jpg






このところ私の中で流行っていること。
ハーブティー、蒸しケーキ作り、針仕事。
ハーブティーは乾燥させた葉の状態のものを何種類か
朝昼晩、その時々で色々ブレンドを変えて楽しんでいる。
例えば、朝元気を出したい時はカモミールとサフラン、
昼間の滋養にセージとヴェルヴェーヌ、夜はティヨル(リンデン)などなど...

蒸しケーキはオーブンで焼いたものより、しっとりと
からだにやさしい感じがするし、とてもカンタンに作れる。
もちろん砂糖、バター、たまごを使わない植物性です。
ただ、まだまだ研究中で地粉と玄米粉の割合などバランスを変えて試作中。
理想のふんわりにはまだ遠い。

ちくちくと無心になってする針仕事(針遊び)は陶芸と違って
すぐに結果が出て、気晴らしには最高◎



e0206902_20283439.jpg




いつも持ち歩く鞄の中で こんなものがあればいいなあ と思っていた
コーム入れ と 読みかけの本入れ へなちょこ刺繍入り うふふ。


[PR]
by pot-eri | 2011-08-14 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

ある休日 un jour de conge


木曜日がキリスト昇天祭の祝日で今週はすっかりヴァカンスモードの巴里。
からりと青空で気持ちいい。

午前中、しばらく会ってなかった○ちゃんと近所のカフェで待ち合わせ。
約束の時間に少し早く着いた私は
テラス席から一列内に入った、たおやかな木洩れ日の差し込む丸テーブルの
席につき、手さげ籠から読みかけの本を取り出す、 
こういう穏やかな朝が良いなあ。

開いた頁の一行目も読み終わらぬうちに、突然、斜め前のテラスにいた男子が
全身ものすごい勢いで咳き込む、痙攣??
気が狂ってしまったかのようにもがく、次の瞬間、
口を押さえていた彼の掌から親指大くらいの黒い昆虫のようなものが飛び出す。
何かに刺された? くまんばち?
蜂ではなさそう、黒々とした昆虫は飛び跳ねてこちらへ向かって来そうだ。
ゴキブリ? 違う、それも一匹ではない... 席を立ち、二、三歩引き下がる私... 
更に苦しそうにあえぐ青年。
通行人が歩み寄り、彼の意識を確認している、
別の男性は飛び跳ねる得体の知れない猛毒かもしれない昆虫を取り押さえようと
布切れを持って必死に追いかける。
行き場を失う私...

すると、

何か空気が変わった。



「ドッキリカメラです」


えっ? 

...
言葉を失う。

黒い昆虫はバッタ、
彼ね、プロの役者、上手いでしょ。

隠しカメラは二台、テラスの向かいの乳母車の中と
私の隣の席にいたカップルのスーツケースの中。

そんなものまだあったのですか?
TF1という全国ネットの放送局。
他にやることないのかなあ?

ADみたいなお兄さんが契約書の様な紙切れを二部持ってやって来る。
手渡されたのは中腰でバッタを追いかけたムッシュー、
そしてわたし。

放映は秋、よろしかったらスタジオへいらして
コメントしてくださいね!

誰が行くものか。

 
あんまり疲れたので、
○ちゃんとお茶した後、一人でランチに行く。
こういうことは、至ってめずらしい。
自分にご褒美。

最近教えてもらったビオ、ヴェジタリアンカフェ《SOYA》


あー 美味しい、大分癒された。

e0206902_641083.jpg

















SOYA 20, rue de la Pierre levee 75011 Paris tel: 01.48.06.33.02
(月〜金 12h-15h30 / 19h-23h 、土,日 11h30-16h / 19h-23h(日曜夜は休み))


[PR]
by pot-eri | 2011-06-04 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

ご近所 les voisins

最近のココちゃん、妙にソワソワして窓辺に張り付いているな、と思ったら! 
e0206902_4521319.jpg



「雪ちゃん」 と勝手に名付けています。(二匹とも雪ちゃんです) 斜め向かい下の新しい隣猫ちゃん達☆

[PR]
by pot-eri | 2010-10-11 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31