カテゴリ:巴里.日々( 70 )



先週、一本釣りの生きのいい鯖が手に入ったので
もちろんしめ鯖っ!

peche a la ligne ペシェアラリニュ、
一本釣りの鯖くん達はちょっとだけお高めですが(鯖にしては)
三枚に開きながら彼らの最期を思ふ、
勢いよくエサに食らいついたエネルギーの様なものは
大量に網でザップリすくわれた子達のそれとは何かが違う様に感じます。

大切ないのちをいただくということ。
丁寧に塩でしめ、酢に浸し、皮を剥ぎ、骨を抜き…


e0206902_20114426.jpg



うつくしいフォルムの骨抜きは京は錦小路の有次さんのものです。
さすがの抜き味!(←こんな言葉あるの? 包丁の切れ味も試してみたいですね、
いつの日か…)

しめ鯖御膳、あーしあわせ◎

そんな美味しいしめ鯖の季節ももうおしまい、
卵を宿しはじめていましたので。
寒い季節よ、サヨウナラ。

* * * * *

e0206902_2216333.jpg



週末朝のパンの買出しの後、花屋の前でノックアウト
純白のイングリッシュローズ。


e0206902_22145137.jpg


うつくしすぎ…


e0206902_2214117.jpg


良いかほり…

「北ブルターニュの土地に植えたいのですけど、風土と合いますか?」
「もちろん、だってこれ英吉利ものだからね、ダヴィッドオスタンだよ。」

「デヴィッドオースティン ?」

よく知りませんでしたが偉大なる薔薇の育種家さんだそうで、(無知なワタシ)
自分にご褒美 (何の?? 心の裁判官の許可下りる)


南ブルターニュ出身の花屋のお兄ちゃん、
おまけに薄いピンクの薔薇を二輪くださいました。 メルシ☆


e0206902_20123125.jpg



今月は毎週末オーケストラに追われ、
この子達を植えられるのは来月までおあずけです。






[PR]
by pot-eri | 2013-04-08 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

e0206902_173911100.jpg





今日は青空、昨日は一日雪でした。

フランス人に日本の゛三寒四温゛のことを説明しても無反応、
寒いさむいと、そんなことどうでもいい様子、

… 仕方無い。


昨日の朝は雪のしんしん降る中、
ココちゃんを連れて病院へ。
鞄の中にブランケットをつめて、がんばれココちゃん!

病院へ行ったのは、お腹のゆるいのがずっと続いていて
前回処方された薬を飲み続けても効果があらわれなかったためです。
それ以外は至って元気いっぱいなので
やはりこれは甲状腺なのか … と不安いっぱいだったのですが
そちらの方は四月の再検査待ち、
お腹のゆるい原因はおそらく尿結石対策の処方食の缶詰のせいでしょう、と
注射を二本、別の缶詰への切り替えと錠剤二種の服用をこれから十日間も続けます。

原因が甲状腺でなくてほっとしましたが、
一点重視の西洋医学の治療法に疑問も感じます。
こっちを塞いだら、今度はこっち、、という感じがして。。
この子のからだの中で本当は何が起こっているの??


猫専門の今の獣医さんは今までかかった獣医さんの中では一番
万全な対処をしてくれ、信頼するようにしています。
猫顔の先生もアシスタントの方々ももちろん猫好き、
ココちゃんもリラックスしてくれてるのも何より。

それでもたまに思うのは 、中医学の獣医さんっていないのかな…?
猫の鍼灸とか… イメージするだけで素敵な光景と思うのですけど。。。




[PR]
by pot-eri | 2013-03-13 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)




e0206902_61521.jpg




猫の居るカフェ。

あの子に会いにまた行きたい

お客さんの膝に乗ったり、
テーブルからテーブルへ、ぴょんぴょん。

可愛いすぎっ!

[PR]
by pot-eri | 2013-03-01 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

週末 le week-end




e0206902_229168.jpg







週末、巴里は雪がちらちら…

日曜はなんちゃってオーケストラの合わせの日でした。
そろそろコンサートが近づいて来ているので
管楽器さん、打楽器さん、ハープさん、オルガンさんetc…
続々メンバーが増えてきました。
ボリュームアップしてくると嬉しいです◎

(なんちゃってオーケストラは本番まで半年かけて練習しますので、
最初は弦楽器とフルート、オーボエ、クラリネットの少グループで
合わせが始まります。)



e0206902_2210310.jpg



今シーズンのプログラムはシャルル.グノー、
十九世紀のフランスの作曲家です。


練習の後の夜ごはんは、
気温の下がった週末だというのに‘ほうれん草のカレー’
すごく陰性でからだを冷やしてしまうと思うけど
欲望を優先しました。
ま、お向かいで食べてるブルトンさんにとっては
陰も陽も全く関係なさそうですね…。



e0206902_22104218.jpg


隠し味にフレッシュ山羊のチーズを忍ばせてみました...




このところのフランスの話題は
《冷凍食品のラザニア、ルーマニア産馬肉事件》 で持ちきりです。
加工食品やお肉は、我が家の食卓からは縁遠いとはいえ、
消費者をだます という行為、これは本当に情けない。
どうしようもなく墜落した消費社会の一面を
浮き彫りにするきっかけになってくれればいいな、と
ラジオに耳を傾けている今日この頃です。

何を信じればいいのでしょう?

自分の感覚を鍛えるべし、ですね。


[PR]
by pot-eri | 2013-02-25 00:00 | 巴里.日々 | Comments(2)

e0206902_7404850.jpg







冬になると…なのですが、このところの寒さのせいか、
ココちゃんがまたトイレに何度も通うようになり、
じーっとトイレに入ったまま動かずだったり。。。
ドキドキしながらしばらく観察していたのですが
ついに薄っすら血尿が出てしまったので、
先週あわてて獣医さんへ連れて行きました。

尿検査の結果、
尿には沢山のクリスタルが..
(私も顕微鏡で見せてもらいましたが、長方形の色んな大きさの結晶でいっぱいでした(涙))
即刻、食事は処方食へ切り替えです。
泌尿器機能を緩和するお薬も一日二錠、
幸い、ココちゃんは顔をそっとおさえて口をぱかっと開けると
抵抗せずに目を丸くしたまま、ゴクリとお薬を飲み込んでくれます。
処方食もぜーんぜん嫌がらずにいつも完食、

獣医さんでもとっても大人しく、されるがままのココちゃん、
おりこう、おりこう、ありがとう◎


さて、問題は血液検査の結果なのですが…
ココちゃんの甲状腺ホルモン値が異常に高いことが見つかりました。
《甲状腺機能亢進症》という、比較的高齢猫にある恐ろしい病気の
可能性が高いということ、

甲状腺機能亢進症とは、人間でいうとバセドウ氏病のことのようです。
甲状腺ホルモンがどんどん作られてしまうので
初期の段階では元気いっぱい、歳のわりに活発で
飼い主にも気づきづらい初期症状(だって゛元気いっぱい゛というのが症状なのですから…)
放っておくとどんどん、どんどんホルモンが出てきて、
からだはそれに応じようと目いっぱい働くので
どんどん内臓に負担がかかってゆく…

もちろん、治療法もあります。
外科手術、放射線治療、投薬治療 の3つだそうです。
まだそれを決める段階ではないですが、もしもの時は
ココちゃんのこころとからだに一番負担のかからない方法を
信頼出来る先生と相談して選びたいです。


病気のことを調べれば、調べるほど悲しくなってきますが、 
悲しんでいる場合ではない ! 私がしっかりしなければ !

ココちゃんの一度目の数値は90nmo/L 、
64nmo/L以上が高値とみなされるのでかなり高いです。
ただ甲状腺ホルモンは常に変動するそうで、
数日後、再検査をすることになりました。

そして再検査の結果は…45nmo/L えっ? 前回の半分?
この検査結果は今日の夕方助手の人から電話で伝えられました。
先生と話すのは木曜日、
今後、 3度目の検査をするのかどうかはまだ分かりません。
90と45 ですからね… これで判断されては困るな、
というのが素人の気持ち。

ココちゃんの甲状腺数値が正常に戻りますように。。


今は食欲もあるし、ピピ(オチッコ)も普通に戻り
毛並みも良いかわゆいココちゃん、
私たちを和ませてくれています。

元気に、一緒にがんばろうね、ココちゃん。







e0206902_7414329.jpg



ウイッ♪ 

[PR]
by pot-eri | 2013-02-12 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

和む    je me detends






e0206902_0221166.jpg





        さて、本棚の硝子のプロテクションしましょ、と思ったら、
        あれっ、先客一名様。


        アタチ、ココハ ハジメテ、
        ダンボール モ イイケド、ココ モ イイワネー.


        和ましてくれてありがと、ココちゃん。


       (本当はこんなことしてる場合ではないっ !)


        ココちゃんから皆さまへ  ハッピークリスマス☆
        

[PR]
by pot-eri | 2012-12-22 00:01 | 巴里.日々 | Comments(0)

日々 les jours






e0206902_17224144.jpg





       週末、ブルターニュへ行ってきます、

       用事を済ませて月曜の最終列車で巴里へ戻ります。

       こんなにあくせくと、私にしてはとても珍しく動いているけれど、
       地球は21日で終わってしまうって ?

       今私のしている事は、身辺整理ということなのでしょうか??


       もう、何でもいいーっ!

[PR]
by pot-eri | 2012-12-15 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)



        本のダンボール詰めがひととおり終わったら、
      昔の写真、それとたくさん手紙の詰まった袋が出てきました。
      
      筆まめな母からの手紙はきっと300通以上あるはず、
      (最近はスカイプになっちゃったからね、手紙書かなくなりましたね、お互いに。)
      いつかゆっくり読み返す楽しみを残して、
      今は箱に詰めようと決めても、見てしまうどうしても。

      一通、
      母の筆跡とは違うな、と思ったらおばあちゃんが書いてくれたものでした。


      かわいいEちゃん、遠く離れていてもお月様は一つ、
      Eちゃんを照らしてくれてるよう。
      エッセル塔のように大きくないけれど、
      人さまに踏みつぶされるほども小さくないおばあちゃんは
      Eちゃんが戻ってくる時まで元気でいますね。。






      
e0206902_8582250.jpg






      うちは家族全員A型なのですが、B型のおばあちゃんと私は何だか気が合い、
      色々笑わしてくれるマイペースなおばあちゃんでした。

      エッセル塔より高いところで見ててくれるのね、おばあちゃん。
      ありがと。



       
      


      

[PR]
by pot-eri | 2012-12-11 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)






e0206902_2119518.jpg





        懲りないお方、一名。

      どうして、そんなに小さいところなのかなー?
      可愛いからいいけど。


      出来ればですね、
      ネコの手お借りしたいのですけど ...。

[PR]
by pot-eri | 2012-12-10 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

長靴  les bottes







e0206902_719137.jpg






       この春、野良仕事用に買ったチョコレート色の長靴。
       プチジャングルでは大活躍しています。
       先月、海に行く時にもとっても重宝して、
       そのまま忘れて車に積んだままパリへ戻ってきてしまいました。

       今朝は雨模様だったので、
       「そうだ、長靴を履いて行こう!」(今日の予定は家と猫の額アトリエの往復だけだったので)と、
       
       田舎用の長靴で巴里の街を歩くわたし(←すごい度胸)

       結果は...
       2kmあるかないかの道程なのに、歩きづらいー。
       プチジャングルでは気にならなかったけれど、
       分厚い靴下でもいいように少し大きめのサイズにしたせいなのか、
       田舎使用に作られているのか?? 
       石畳を歩くのには向かないみたいです、温かいけれど。

       いつもの道程が、すごく長く感じて、疲れました... 

       残念。


       ナガグツモ キット イナカニ モドリタガッテル...
       
       

       

[PR]
by pot-eri | 2012-12-03 00:00 | 巴里.日々 | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31