カテゴリ:巴里.日々( 70 )








e0206902_20304873.jpg





3、4日で帰る予定だった巴里滞在がもう少し長引くことになりました。

早くブルターニュに戻りたい、家の作業を進めたい、
という気持ちが強いのですが、

ブルトンさんと一緒に過ごせる時間も大切だし、
友達とも久しぶりに会って話が出来る、

そして、
毎朝蚤の市を覗きに行ける!

と、巴里での時を大切にすることにしました。



* * *



チェロの新しい課題曲は、
KHATCHATURIAN  ハチャトゥリアン、20世紀初頭のロシアの作曲家です。
ロシアの曲を練習するのはこれで2回目なのですが、

ロシアっぽい音色、音と音の独特のつなぎ方って
シンプル嗜好の私とはすごくかけ離れていて戸惑う場面もちらほら、
でも自分に無いものに取り組むというのも楽しい、
新しい発見があります。

ウクライナは大変なことになってしまっているし、
オリンピックには全く興味の無かった私、
何かロシア文化に触れよう、と
昔読みかけてお蔵入りしていたドストエフスキーの『白痴』
引越しのダンボールの中からごそごそ出してみました。


読書はそれなりに進んでいますが、
やっぱりロシアと私って接点見当たらないなぁ、と思う今日この頃です。。

[PR]
by pot-eri | 2014-03-03 20:37 | 巴里.日々 | Comments(5)








e0206902_21411687.jpg






巴里に居る間、
朝のおつかいにいそいそと出掛けるのはここを覗くため





e0206902_21425495.jpg



徒歩3分の蚤の市、月曜以外毎日やっています

古物好きの友達と久しぶりに遭遇
私と同じで食料調達に来ていたみたいだけど
買い物袋は空っぽで、ガラクタの並ぶ広場をうろうろ、
「病気よね」
「そうそう」 と納得。





e0206902_21443053.jpg




時代を経たもの、丁寧に作られた昔のもの、
手仕事の素晴らしさ、



e0206902_5234462.jpg



e0206902_522516.jpg



出会い、ストーリー、





e0206902_21495247.jpg




消費システムの枠から離れ、満たされるココロ。




e0206902_21452030.jpg




素敵なマダム、
背中の籠の中には戦利品が色々入っていましたよ。


病気だからね、やめられません。


[PR]
by pot-eri | 2014-02-02 21:50 | 巴里.日々 | Comments(2)








e0206902_22335956.jpg







「朝食がとってもお粗末だったのよ、毎朝」

先月来仏した母達が前半のツアー旅行を終えた後の感想。

よく聞いてみると、ハムやソーセージどころか、卵もサラダもなくて
パンとコーヒー、ジャムだけだった…  そう。


そうなのですよ、
それがフランスの朝食なのですー、
クロワッサンだって普段の朝食に食べるフランス人は極わずかなはず。


今朝のテーブル、ブルトンさん作のりんごのコンポート、
MさんとJC氏作のノルマンディーの田舎のプラムのジャム、
南仏の副村長さんの栗の木のはちみつ、

それぞれの甘さが、それぞれ作り手を思わせて
味覚と記憶、想像力がつながる

楽しい、しあわせな朝


ありがとう




[PR]
by pot-eri | 2013-12-18 22:37 | 巴里.日々 | Comments(7)







e0206902_3224376.jpg




巴里というのはオモシロイ街だなぁ とあらためて感じています。
お金持ち層には限りなくリッチに満たされるパリがあり、
お金の無い人には無いなりに… 求めれば楽しめる裏のシステムがある、
それが巴里の魅力だと私は思います。





e0206902_3234151.jpg






先週は友達のススメでシャンゼリゼ劇場へ、
バロックの歌曲、ソプラノと古楽器オーケストラのコンサートへ行きました。
指揮はウィリアム クリスティ大先生、ソプラノは仏人のサンドリーヌ ピオーさん、
サンドリーヌ ピオーさんのやさしくうつくしい歌声、
オペラのソプラノって実は苦手だったのですが、この方は別です。
CD買ってサインまでしていただきました、朝から晩まで聴いています。
10ユーロのチケットでこんなにも心が満たされ。。。 でも
私にもう少し根性があったら当日券の5ユーロというのもありまして、
満席でないと移動可能です◎


ヘンデルのオペラ《Jules Cesar》 の クレオパトラのアリア《Che sento ? oh Dio ! 》
ぜひ聴いてみてください、トリコになりますよ きっと♪





e0206902_3245423.jpg




蚤の市のカトリーヌおばちゃんのところでは、
トワル.ド.ジュイ風の気球のモチーフが可愛い古布、
値段を聞いて私がしぶっていると
「ねぇ、ちょっと私困ってるんだけどお手伝いしてくれない?」と
カトリーヌおばちゃん、

なんでも、市の隅でいつも怪しい品々を広げているおっちゃんのスタンドにある
布が欲しいのだけど、彼女には売ってくれないそう。

「値段聞いて買って、こっそり私の所へ持ってきて欲しいの」

おつかいのご褒美がトワル.ド.ジュイ風の古布というしくみ、
最後はカトリーヌおばちゃんも私もそれぞれ布を手にしてハッピー


実に楽しい巴里☆



業務連絡 :  粉ひき職人さんのスモッグありましたよー、持って帰ります!







[PR]
by pot-eri | 2013-10-04 03:26 | 巴里.日々 | Comments(6)






e0206902_18374025.jpg





日曜の午後、マレでお友達とお茶していたら
ザーッと雨が降り出した、と思ったら
バラバラバラ…と霧氷。。





e0206902_18382251.jpg





e0206902_18422453.jpg





週の初めにキノコ狩りに行く予定でいるので
この雨でニョキニョキキノコさん達出てきてくれるかなー
次に思ったのは未来の裏庭のクレマチット、





e0206902_3264797.jpg






白万重ちゃん元気にしてるかなぁ、ブルターニュには霧氷は降らないのかな。
と傘を持たずに出てきたことよりもそんなことが頭をよぎる。




e0206902_3254840.jpg





久しぶりに会った友達にはいつも以上にマイペースになってる、と。
褒め言葉? 警報??

巴里に来ても暮らしぶりはあまり変わりません、
本人、変わらないのですからね、
手首はゆっくり休めています。


[PR]
by pot-eri | 2013-09-30 03:27 | 巴里.日々 | Comments(2)





わたしの病気は治らない様です。

ここへ越してきてからというもの (今また巴里です ややこしくてすみません)、
野菜やパン、ちょっとのおつかいのはずがどうしても覗きたくなってしまう、
ピュス病(ピュス=蚤の市)

冷やし中華用のキュウリだけ買いに行ったら、出合ってしまった


この子と




e0206902_23265189.jpg




この子




e0206902_23273550.jpg




飴色の釉薬のむらのある掛かり方、高台のスクエア模様、
やや小ぶりなサイズは手の中から離せなくなりました。

ホーローの手燭台は以前からずっと気になりつつ、なかなか良いものに
めぐり合えず、出合いのある日というのは重なるものですね。
二つ合わせたら商談も成立◎




e0206902_23282524.jpg



以前にピュスからやって来たこの子たちともすぐ仲良し◎



*       *       *       *        *



e0206902_23302355.jpg



プチジャングルのサクランボウは一粒ずつ種を取って、ジャム作り。
根気のいる手仕事のお供は心地良い音楽と



e0206902_233168.jpg



キッチンドリンカーpoteri☆ (いつもじゃないですよー。。。)

ジャムと言っても砂糖の量が少なめで、白砂糖は使わないので
とろみも弱く、色もくすみがち、コンポートと呼ぶほうが正しいのかも、です。







e0206902_23322763.jpg



あっ、すでに食べられてる…

[PR]
by pot-eri | 2013-07-10 23:33 | 巴里.日々 | Comments(6)





e0206902_64030100.jpg





コンニチハ ココチャン


尊敬する大好きな友達デザイナーカップル、今回は彼だけ来仏中。
いつも ドキドキさせてくれる彼らのものづくりは健在でした!

10年ぶりの巴里の感想は?

「velib(パリ市の貸し自転車)と navigo(メトロのパス)には驚いたけれど
後はあまり変わってない、トーキョーの変化の方が目まぐるしい…」

そうです。

巴里での再会、ブルトンさんと三人でカフェめし。
嬉しくて嬉しくて1時過ぎまで語り合いました。

* * * * *


e0206902_6412573.jpg




夏っぽくなった日曜は
サンシュルピス広場での ジュルネ.ド.ラ.セラミック(陶芸市)の最終日、
滑り込みで見学 、何でもアリで面白いです。
もう作りたくてつくりたくてたまらない私。



オマケ


e0206902_642080.jpg



ココ玉 、
暑くなると沢山できるっ!






[PR]
by pot-eri | 2013-07-02 06:44 | 巴里.日々 | Comments(2)

巴里です je suis a Paris







e0206902_241503.jpg




今朝のTGVでパリへ戻って来ています。

パリに゛戻る゛のか、ブルターニュに゛戻る゛のか、
自分の中でも分からなくなってきています。。

モンパルナス駅から車での移動中、
青空の巴里は人と車でいっぱい、
オモチャ箱をひっくり返した様な街が新鮮で田舎のカエルの様な私がいました。

しばらくすると、ここはまだまだ馴染みのある私の街だー という
気持ちに。。

しばらくは、こうしてパリ、ブルターニュをどう感じるのかな?
と、自分のことなのに、興味深いです。

そう言えば昔、フランスへ留学する時、
「日本とフランスの間で根無し草の様にならないでね」 という
姉のお言葉、肝に命じなければ… パリーブルターニュの狭間で。


明日あさってと最後の仕事を控えて、今日はのんびり。
ブルトンさんに頼まれたおつかいに歩いてまわるのも楽し◎
近所のマルシェアリーグルにある大好きなお店
《graineterie》 種屋さん にはハチミツを買いに。
「しばらくぶりだねー」 なんて会話が出来るのも嬉しい。
ここのブルゴーニュ産の《miel de foret 森のハチミツ》、とっても美味しいのですよ。



e0206902_2424937.jpg




今夜はブルトンさんに野菜いーっぱいのメニューを作りますっ!
(レンヌのマルシェの野菜、運んで来ました)

一週間の滞在はあっという間に過ぎてしまいそうです。。。


[PR]
by pot-eri | 2013-06-28 02:43 | 巴里.日々 | Comments(2)

繕う  recoudre






e0206902_5243648.jpg






巴里に夏がやって来ました。
素足にサンダル、女子はプルプル露出度全開
もう勝手にしてくれー。

ブルターニュで修復工事中から決めていたこと、今日はひとつこなしました。

それは…
蚤の市のカトリーヌおばちゃんのところで
粉引き職人さんのスモック
を探す!
もちろん工事現場用にです。
工事現場用なので、そんなに良い状態でなくてもいいけれど
袖が長めのもの(←なるべく肌が露出しない様に、埃や乾燥に過敏な私です)

ありました一着だけ、それも理想的なものが。
裾の切り替えあたりが少し破けているけど、袖は長め、
私を待っていてくれたかの様にぶらさがっていました。

「花柄とか綺麗な布で繕ったらいいわよぉ」
とカトリーヌおばちゃん、すごくオマケしてくれて、アリガト◎

それで午後はお天気が良いのに外出もせずにチクチク…



e0206902_5252410.jpg



裏布をあてて
チクチク、チクチク…



e0206902_526745.jpg



レースのアンティークリボンはきっと時代が近いのか
とてもしっくり馴染んでくれました。

粉引き職人さんのスモックはとても丈夫、暑い季節でも適度に風を通してくれるので作業にはぴったりなのです。
工事に戻る日が楽しみー♪

おっとその前に、 月の光とマルセイユ石鹸でお洗濯しなくては。。

[PR]
by pot-eri | 2013-06-09 05:27 | 巴里.日々 | Comments(2)

良い知らせ Bonne nouvelle!





e0206902_3252810.jpg



今日はココちゃんのピピ(尿)検査をしました。

家でピピを採って獣医さんへ持って行きます。
どうやって採るのかといいますと、便利なピピ検査キットがあります。
猫砂代わりになるプラスチックのビーズを大きくした様な珠を
清潔なケースに敷き詰めるだけ。プラスチックの珠は水分を吸収しないので
付属のスポイトで容器へピピが簡単に採れるのです。


午後検査結果を聞きにいくと、
「優秀、優秀、クリスタルもなーんにもみられません」

やったー!

食事も様子を見ながら鶏のささみや白身魚を少し混ぜても良い、
とのこと。
この二ヶ月以上ずっと同じ缶詰とカリカリに飽きあきしてたはずなのに
頑張ったココちゃん (一時期ボイコット気味でしたが) 少しバリエーションがつけられそう。
良かったね、ココちゃん。

ブルトンさんも喜んでいます。
ココちゃんのカラダのこと と、
おこぼれで鶏肉が食べれるから ね。

みんな おめでとう◎

[PR]
by pot-eri | 2013-05-01 03:23 | 巴里.日々 | Comments(2)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31