カテゴリ:ブルターニュ.日々( 105 )






e0206902_190739.jpg




朝、ふ、と外に目をやると
郵便配達人さんの車がうちの前で止まり、窓から手を伸ばし郵便受けに白い封筒を差し込んで行った!

こんな極当たり前のような光景が、私にとっては記念すべき瞬間
そう、初めてこのブルターニュの工事中の家に手紙が届きました。

半年ほど前から郵便受けは取り付けてあったものの、住所変更は未だ。
ここにちゃんと手紙が届くかどうか不安だったので
郵便物は全てパリに届く様にしてあったのです。


記念すべき初めて受け取るお手紙は
職人さんからの見積もり (苦笑)
待ってはいたものの、全然ロマンチックでないー






e0206902_19195930.jpg






一月に日本で買ってきたブルターニュの家用の包丁。
globalのペティナイフ、
お魚を三枚に開くのもOK、これ一本でとりあえずは何にでも使え気に入っています。
最初にすぐ指切りましたけれど、、、





e0206902_19271384.jpg





本日のランチ

鰯のマリネ、レシピは落合シェフ、もう15年くらい変わらぬ味で作るぽてりさんの18番。
ブルターニュの魚は新鮮でパリと比べるとずっとお安いので、ついつい買いたくなってしまいます。
ラディッシュと、生ビーツのサラダ、五分付き米と赤米にゆかりをぱらり


キャンプ用のガスコンロでは玄米炊くのに火が小さすぎるので
今は昔使っていた電気炊飯器を出してきて、五分付き米を食べています。
なるべく電化製品を使わない暮しにしたいと常々思っていますが
久しぶりに使う電気炊飯器は、午前中の作業前にタイマーをセットしておくと
お昼頃になると、ほわ~んと空腹をくすぐるようなごはんの炊ける香りが漂ってくる
誰かがお料理してくれてるみたいで嬉しい◎

でも圧力鍋で炊くモチモチの玄米、久しぶりに食べたいなぁ。。


[PR]
by pot-eri | 2016-04-27 19:56 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)

ヨガ.スペース espace yoga








e0206902_44349.jpg






屋根裏部屋にヨガスペースを作りました。
作ったと言っても掃除してマット敷いただけなのですけれど...

ブルターニュへの移住計画が始まってから、ヨガから離れてしまっていたのですが
カラダがどんどん硬くなってきているのと、
どうやら坐骨神経痛らしく、時々激しい痛みが走るようになってしまい
このままではいけないっ!


今は無理なポーズは出来ないし、危険なので、
太陽礼拝の一つ一つのポーズをゆーっくりと、
ポーズからポーズへ移動する際のカラダの流れと呼吸に集中したウルトラ.スロウ.ヨーガ(笑)
カラダが気持ちいいー と感じるシンプルなポーズだけをオートマッサージの様にしています。


廃墟状態であったこの家を初めて見学に来た時から
ここでヨガをしたら気持ちいいはず と思っていたのですが、
実際やってみると、自然光、空、風、鳥のさえずり... 心地良い空間です


実はヨガスペースから少し目線を移すと、物置状態。。 ↓







e0206902_444582.jpg





e0206902_4516100.jpg






e0206902_454244.jpg






予定、、というか私の希望的には夏前にここの床板の張替え作業を、と思っているので
また、ここにあるものを全て運び出さなければいけません。

その時のためにも今のうちに身体を整えなくちゃ。
朝目覚めてから、朝食前の日課にしたいと思います。

[PR]
by pot-eri | 2016-03-28 04:48 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)






e0206902_21333014.jpg





ブルターニュへ戻って来ています。

今日の工事は午後からにして、
午前中はミシンかけ。

アトリエのカーテンがあまりにも汚すぎるので
たとえ工事中でまだまだ埃が出るとはいえ、何とかしなくては、、 とずっと思っていました。

白のリネン、極々シンプルな直線縫いなのに
縫い始めると、ものすごい音が... 
不調を感じつつも、そのまま続けていると
急に前にも後ろにも進まない、固まってしまった。。

このミシンは巴里在住の長かったマダムから譲り受けたもので、
彼女が結婚される時にお母様からプレゼントされた、というストーリーをもつ
スイスメイドのコンパクトな優れもの、とても気に入っていました。

私が譲り受けて10年、当時彼女の息子さんが大学に進学する時だったのだから
少なくとも30年は使われ続けていることになります。

「あー遂に、お疲れなの、、」 作業を中断し、黄ばみかけた説明書の故障のページを開く。
症状に該当する対策通り、ボビンケースの指定の箇所に目薬程度のオイルを挿してみる。

「この程度で直れば良いけれど」 と半信半疑で試し縫いしてみると。。 直った!

音も消えスムーズに、縫い目も美しい 元通りの優秀なスイス君に戻ってくれました。
思えば私がこのミシンを引き継いでから油を挿すのは初めてのこと

何ごとも、メンテナンスを怠けたらいけませんね。


ミシンかけは家庭科の授業でも習ったけれど、
私は母から教わったことの方が沢山だなぁ、と思う。
姉と私が子供の時には洋服も色々作ってくれた。

最初は足踏みミシン、そのうち電動のものに変わってしまったけれど。。

陽だまりの中のミシンかけ、シアワセだなぁ としみじみ思う。




[PR]
by pot-eri | 2016-03-25 21:33 | ブルターニュ.日々 | Comments(6)







e0206902_7142626.jpg






もうすぐ暦の上でも冬、
美味しいオレンジの季節






e0206902_7163844.jpg






スルメではないのよ、オランジュコンフィ = オレンジピール作ってみました。

いつもビオのオレンジやレモンを食べていたのに、皮はコンポストゆきだったから...
これからは捨てるとこなし、自然の恵みを丸ごといただきましょう
一物全体  わっはっは♪

[PR]
by pot-eri | 2015-12-16 07:12 | ブルターニュ.日々 | Comments(6)







e0206902_1745381.jpg







工事中の未来のアトリエ-家のある小さな田舎町までは
駅から車道を真っ直ぐ行くと、お城の角に着きます。 (お城からうちはすぐです)
思えばこの2年半ほど、ずーっといつも同じコースを行き来していたのですが、
先日、ふ、と
「ここで曲がったらどうかしら?」 といつもと違う道を行ってみると







e0206902_17454797.jpg






急にわくわくするような自然への入り口☆

馬が居たり、
薄紫の花の咲いた畑が延々と広がっていたり(何の花?)

わー 田舎だー

すごく気持ちいい。


人間の造ったと思われる林へ自転車で入ってみる







e0206902_17464091.jpg





土曜の朝8時頃はまだ誰もいなくて
カシャ、グシュ、シュワッ と 枯葉を踏みしめるのが気持ちいい。




するとっ !!








e0206902_17472264.jpg





栗~!

あちらも、こちらも 


***クリ*クリ*クリ*クリ*クリ*クリ*クリ*クリ***


もっともっと拾いたかったけれど
「剥くのはワタシ」 と自分に言い聞かせ

このくらいにしておきました↓








e0206902_17475972.jpg







先週マルシェで栗を1キロ3.8ユーロで買ったところだったから

早起きは10ユーロの得 くらいかな?


きっとまた行ってしまうと思います。


[PR]
by pot-eri | 2015-11-01 18:15 | ブルターニュ.日々 | Comments(11)









e0206902_1793032.jpg








プチジャングルでクルミ拾いを終わらせたら、日が沈む前に海へいこう!


「いつもサンマロだからどこか違うところ、どこがいい?」 とブルトンさんに聞かれ



最初に浮かんだのは
美味しいジンジャーケーキの食べれるカンカル 
...でも辿り着く頃にはお店は閉まってる、もしくはジンジャーケーキはきっと売り切れ。。

その次に浮かんだのは、St-Suliac サンシュリアック
ランス川が海へ流れ込む少し手前、
小さな漁港のある静かな村の光景を、以前母とサンマロ~ディナンへ船で上った時に
船から見ていて、いつか行ってみたかった。


「カンカルの港は東側だから、夕陽を見るならサンシュリアックがいい」








e0206902_1718772.jpg





と、いうことで

サンシュリアック


あのね、辿り着く前からうつくしくて興奮しました。







e0206902_17101787.jpg






サンシュリアックの小さな村は《フランスの最も美しい村々》のひとつに選ばれていました







e0206902_17104696.jpg







アペリティフしながら夕陽を眺めて
村を散歩に行った頃には薄暗くなってしまったから、可愛いお家の村の写真は一枚もないの

この次行ったら村をご紹介します。


この日の夕方、ブルトンさんは幾度

「ラ ブルターニュ エ ベル」 (=ブルターニュは美しい) と言ったことか。。

いつもなら同じこと何度も言われると、うんざりしてしまうけれど
「ラ ブルターニュ エ ベル」 は、私もその都度、うんうん、と深く首を縦に振りました。









e0206902_17123422.jpg






クルミ拾いは、収穫時が遅すぎて、殆ど謎の小動物に持って行かれてしまった後。。
(カゴの中の上半分は市で買った栗)







e0206902_17134865.jpg






こういう状態で見つかると、新鮮でとても良いです







e0206902_17142415.jpg







クルミの木さん、来年は遅れずに来ますから、どうぞよろしくね。

[PR]
by pot-eri | 2015-10-19 17:15 | ブルターニュ.日々 | Comments(8)

chai






e0206902_54034100.jpg







一日の作業を終えてレンヌへ戻ったら、毎日チェロの練習をする
このところ週に一度くらいサボってしまうのだけれど... そうすると
後で後悔する。


今日は練習前に何故かとてもチャイが飲みたくなった。
「あれ?今までチャイってどういう風に作っていたっけ?」 といくら考えても思い出せない
小鍋に茶葉、生姜、シナモン、クローブ を入れてくつくつ煮出す
豆乳は一番最後に沸かしすぎないように。

おいしい


今日はアールグレーで作ったけど、
いつもはどうしてたっけ?

いくら考えても思い出せない

危険...




昼間、地上階で作業をしていたら何やら屋根裏で物音がする







e0206902_5411117.jpg





やだ、遊びに来てたのね、バルブイユ






[PR]
by pot-eri | 2015-10-14 05:41 | ブルターニュ.日々 | Comments(0)

桃の木 le pechier









e0206902_6254350.jpg





二週間留守にして戻ってみると、
レンヌのお義母さんのお庭の桃の木は紅く色づいた実をどさどさつけていました。

この桃の木はずーっと病気がちで、昨年などは実をつけるどころか
葉という葉がボコボコ、クチュクチュしてしまい、伝染しないように
それらを気長にむしり取ってみていましたが、内心
「これはもうだめだな」 と思っていたのです。

それがどうした事か、今春は花をいっぱい咲かせて、つづいて実も沢山。



施設暮しのお義母さんは4~5年前にアルツハイマーと診断され
このところは殆どお話をしなくなってしまっています。
お話は殆どしませんが、ブルトンさんと私が会いに行くと
それはそれは嬉しそうにしてくれ、二人の手をぎゅうーっと握ってくれます
痛いくらい、握ったまま
だから私たちもしっかりと握り続けて、お話します。
男の人は話題を次から次へと見つけるのには慣れていないのか
話題が途切れるのも気にならないのか
空気がシーンとなりそうになるので、私はそれを避ける様に頭をぐるぐる..話題を探してしまいます
あまり難しい内容でなく、わかりやすくて楽しい明るい話題、
お義母さんが答えられそうなこと、母国語でないのですからこれを続けるのも
なかなか難しいのですが。。

先日、シーンとなりそうになった時は、桃の木の話をしました。
その日は最初からどこか遠くへ行ってしまっている風なお義母さんでしたが、
お義母さんの家のこと、台所から続く小さな庭、桃の木の話をしたら
こちらへ戻って来てくれた感じで
「桃の木覚えていますか?」と尋ねると
「ウィ」 と嬉しそうに声にしてくれました。

車椅子で、家に来る事も難しくなってしまい
こんなに立派な今夏の桃の木を見てもらえないのがとても残念です。

コレステロール値を注意しなくてはいけないお義母さん
元看護婦さんのブルトンさんのお姉さんは差し入れなどにもチェックが厳しいのですが
一番甘い香りの桃をお義母さんのところへ届けようか、
一つくらいなら大丈夫 とブルトンさんと私はこっそり話しています。

[PR]
by pot-eri | 2015-08-28 07:29 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)








e0206902_573117.jpg








フランス革命の夜の花火の日も凄い人でしたが、
昨日は平日であるのにもかかわらず、おそらく未来の家、アトリエのある田舎町では
一年を通して一番人出の多い一日、
毎年夏の一大イベント、フリマがありました。
前の日の夕方から、既にテーブルやテントを設置する人、キャンピングカーで
寝泊りしてる人、陣取りが始まっていてびっくりです。

裏小路の角のブロカントのムッシューも前日からソワソワ気味で
「キミも出店しなくちゃ! 予約は不要なんだよ」
「うーん、私はお買い物する方で参加します」 
「何が売れるかわからないんだから、もーっ何か無いの? そうだこの山ほどある瓦礫袋!」

... 売れるものなら中身入りでお譲りしたいものです、タダでいいから!持って行ってー!!



と言うわけで
今年も私はお買い物するヒト、
ブロカントのムッシューは「懐中電灯持って、朝4時からだよ!」 と相変わらず興奮気味、
前夜から泊り込みにしようかな? とも考えましたが
当日レンヌからの始発電車で出陣することに、
6時半の電車に乗ると7時に田舎町に着きます。

昨年同様アベイユさんファミリーも遊びに来てくれました。
ランチは池のほとりでピクニックしたり、楽しい一日☆



このところ私が惹きつけられるもの、

道端にしゃがんで箱の中をごそごそしていると
「そこは電機の部品や工具しかないわよー」 と忠告を受けたりします
ええ、ええ、承知しております、そこが今の私のツボなのですよ、、、



そんな感じで戦利品は








e0206902_582392.jpg





オヤジ系?
(左上から時計回りに、ランプシェードを吊るす天井部の支え(に使えそうな部品)、
ランプシェードの金具二つ、
壁照明の土台、ドアノブ)




少しだけガーリーなものも







e0206902_59132.jpg






自転車用籐のかご、お買い物する時は外して腕に掛けていかれるの

ステンシルにハンドペイントされたお皿
レンガ色とスカイブルーの柄が新鮮で、くくっときました。
何を盛りましょう...?


今回は控えめでした、
多分朝早起きしたので、早めに疲れてしまったようです。。

[PR]
by pot-eri | 2015-08-01 05:10 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)








e0206902_3251796.jpg







先週の夏日の日、
ブルターニュのお友達、いつもお世話にいっぱいなっているabeilleさんとご主人のS氏の
現在修復工事中(こちらは、うちと違ってほぼ完成間近)のアトリエ-ギャラリーの一大イベント
大きな扉の設置のため、
猫の手としてお手伝いに行ってきました。


オークでしっかり仕上がった二重硝子の扉は、天井が高いせいもあり
サイズが大きく、もの凄く重たいです。


結局、三人では無理で、
前半(扉上部の7つ硝子のあるピース)はabeiileさんのギャラリーのお隣で
女手一つでエステサロンの準備中、工事をされているヴェトナム人のタオさんにS.O.S.
(彼女は頼もしかったです)


後半(扉三枚)はabeilleさん達の元ご近所の仲良さん、モロッコ人の男性が
タイミング良く現れ、おかげであっという間に設置出来ました。


あー 良かったねー
(猫の手はお役にたてたのだかどうだか...)






e0206902_3263592.jpg






「こんなスペースのティーサロンはどう? オーガニックのパン屋さんもいね。。」

とっても素敵な空間なので、これからが楽しみです。
あ、でもここはabeilleさん(彫刻)とS氏(絵画)の作品をベースにしたアートギャラリーです。
夏の間にオープン予定の様ですので、これからラストスパートで
忙しいabeilleさんとS氏 (なのにうちの工事にも来てくれます。)







e0206902_327898.jpg






内装はもちろんS氏がコツコツ仕上げた空間、
それに私たちは好きなものがとても近いので
abeilleさんのアトリエ-ギャラリーと、私の工事中のアトリエは姉妹店の様です(笑)






e0206902_3274323.jpg






扉が設置されて、
偶然通りがかった仲良しのお友達が覗きに来てくれたり、
二人の強力なスケット、
人と人がつながる、abeilleさんとS氏のお人柄ならでは。
素敵だなぁ、と心から思える一日の終わりでした。


応援してるからねー
これからもがんばってね☆



[PR]
by pot-eri | 2015-07-14 03:34 | ブルターニュ.日々 | Comments(2)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31