カテゴリ:陶.作業( 21 )

新作! nouveau!



e0206902_21535856.jpg





引越して来た先は仮住まいで陶芸が思うように出来ません。

ろくろはブルターニュへ運んでしまったので
手びねり動物シリーズ。

トナカイ? 牛? キリン?

しゃらっぷ、


"眠る山羊"


分かってくれたヒト、どうもありがとう◎


まだ焼いてないのですけど…

[PR]
by pot-eri | 2013-03-14 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)






e0206902_20563555.jpg





             このヒト達を引っ越し前に仕上げたいので、
              ダンボール詰めと平行して、
              黙々と、
              こちらも進行中です。
              (↑ 写真は先週の素焼きにご出発前、 いってらっしゃーい!)











                         
e0206902_2104243.jpg




                街はもう当たり前にノエルムード☆
                夜遅く帰る時も、楽しい。
              

[PR]
by pot-eri | 2012-12-02 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)



            美味しそうなクッキー



e0206902_823522.jpg





               みたいでしょ?


               でも、


               土で出来てるのです。

[PR]
by pot-eri | 2012-11-19 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)

お守り  porte-bonheur




e0206902_4115819.jpg




    昨日はお騒がせしました。
   心の動揺をストレートにブログに載せてしまい、
   心配して、励ましてくれたおともだち、どうもありがとう。
   ガッツポーズで頑張ります!


   そんな日は、心を静めよう、とロクロに向かってみました。
   でも私には、もっとチマチマした作業の方が合ってるみたい、で
   チマチマしていると...




     
e0206902_417838.jpg




   coucou!
   巴里のあなぐらに、テントウムシ☆

   癒しムシー。

   ねえ、どこからやって来たの?

   きっとプチジャングルから持ってきた紫陽花の花の中で眠っていたのね。

   アリガトウ☆





     
e0206902_42553.jpg


     

[PR]
by pot-eri | 2012-09-27 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)

ヒトデ  etoile de mer




e0206902_1739564.jpg





     石膏型のテクニックは教わったことがなくて、
     本などで見ただけの自己流です。
     何度も失敗して、創意工夫、また失敗... の積み重ね、足りない知識がいっぱいあります。

     石膏は陶の土に少しでも混ざると、土が台無しになってしまうので
     絶対に混ざらない様に。
     作業場が広ければ良いですが、14平米のネコの額アトリエだと大変。
     ま、こんな風にちょこちょこしたものを作っているうちは良いですが...

     でもこの作業、かなり好きなのです。
     遺跡発掘の作業員になった気分。
     遺跡発掘の求人募集って、若かりし頃気になっていたのですよねー、
     やっておけば良かった。

     そう言えば、プチジャングルの隣村ではケルトの古代遺跡の発掘がされてる様で、
     ボランティアで参加出来るみたいです。
     時間が今の10倍くらいあったら、ぜひやってみたいなあ...。





     
e0206902_17514246.jpg

     

     

[PR]
by pot-eri | 2012-09-12 00:00 | 陶.作業 | Comments(2)
e0206902_5401410.jpg



  今週前半は何をしていたかといいますと、
 釉薬のテストピース作りです。(あっ、私は陶芸をしています。)
 ミリグラム単位での調合(その前にレシピをあみ出す計算)、
 土との相性も確認したいので、同じレシピで3種類違う土のテストピースで、
 レシピ20x3種の土=60ピース作りました。
 細かくて、根気のいる地味な作業です。

 しかも、これ、全部 "透明釉" なのです(汗)
 市販の釉薬では今ひとつ納得がいかず、
 微妙な光沢、質感の違い...
 良い情報が得られますように。

 でもね、同じレシピでも、窯の燃焼温度のカーブによっても
 結果は変わってくるのです...
 陶芸は、奥が深い... というか、
 こだわりだしたらきりがないのかも。


 * * *


 週の初め、チェロ友ジャックが巴里へ来ていたので、
 ブルトンさんと三人、SOYAでランチしました。
 (二人はベジタリアンでもないのに...)
 すごく賑わっていて、びっくり。
 いつもと雰囲気もサービスも違って(忙しいと仕方無いのかも、ですが)ちょっと残念でした。
 デザートの林檎と洋梨のクランブルはボリュームもたっぷり美味しかったです
 豆腐クリーム付き☆



 
e0206902_627217.jpg



 ランチの後は、久しぶりにジャックとデュオ。
 音楽はやっぱり人と合わせると楽しいなあ。

[PR]
by pot-eri | 2012-06-21 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)

呪文 jumon

  
e0206902_17445932.jpg
  


  「 淡々と 」

 こころの中で、唱えてみると色んなことがすんなりと運ぶ。
 からだがスムーズに動く。

 まとわりついたものをはらい落とせる感じ。


 作業場では少し大きいものを作りたくなっている。
 久しぶりに、ろくろでなく紐づくりで作ってみると、楽しい。


 今日も呪文を唱える。
 

[PR]
by pot-eri | 2011-08-28 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)
e0206902_1834479.jpg


ロワールの古城、ショーモンシュールロワール(chaumont sur loire)で毎年開催される国際庭園フェスティバル、《festival international des jardins》は、1992年より始まって今年で20シーズンめだそうです。

お城の敷地内では、その年ごとのテーマに基づき、コンペティションで選ばれた世界各国の30組のアーチスト(プロから学生までさまざま)+招待アーチストがそれぞれのコンセプト&アートで自分達の庭を表現しています。

この度ご縁あって、その中の一つのプロジェクトのオブジェ(小道具)作りをお手伝いさせていただきました。

三人の女性舞台美術ア−チスト、田中未央子さん、mlle.Soline Portmann, mlle.Aurélie Zita のお庭、未来のモデルルームの様な家の入り口から足を踏み入れていくと、徐々に野草たちの茂る《自然との共存》な暮らし、寝室、サロン、キッチン、バスルーム... フェミニンでとても美しい空間です。



e0206902_1854052.jpge0206902_19472277.jpge0206902_18575054.jpge0206902_18595958.jpg


e0206902_1903969.jpg

e0206902_1931626.jpge0206902_1934366.jpge0206902_1955728.jpge0206902_21484723.jpg






















(ティーカップ&ソーサー、スプーン、角砂糖、ボール、プレート、洗剤ボトル、スポンジ、シャンプーボトル 全て陶器 by: pot-eri )





これから夏へ向けて植物たちは更にすくすくと成長し、花開き、益々うつくしい未来の庭(家)となるはず。
パリから車で1時間半〜2時間(列車はオーステルリッツよりonzain駅下車)機会がありましたらぜひ足を運ばれてみてくださいませ。(2011年10月16日まで開催中)
[PR]
by pot-eri | 2011-05-09 18:31 | 陶.作業 | Comments(0)
e0206902_7473718.jpg















初雪の巴里。

空気が澄んでいて気持ち良い寒さです、今のところ...

やっぱり巴里は美しい街ですね。


ねこの額アトリエでは来週の本焼きを目指して、

只今、苦手な施釉の作業中。

釉薬はくぐらせたり、流し掛け、テクニックは色々ありますが、

今日は吹きかけ。

まだ電動吹射機を持っていない私は吹射用のパイプでします。

これが何とも原始的。 

肺いっぱいに空気を貯めて、一気に吹く 〜 この連続、

あまり続けてやると脳に酸素がまわらないみたいでクラクラしてきます。

危ない、あぶない... やれやれ。

一つ、ひとつ、手を抜かずに向き合っていれば、いつかいいことあるはず、

と 自分に言い聞かせる今日この頃〜。

[PR]
by pot-eri | 2010-11-26 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)
 青空の午後、
 陶芸家、岩田圭介さんと、アーチストで奥様の美智子さん
(古い素材、紙、ガラスなどでオブジェを作られています)のパリ20区のアトリエへお邪魔してきました。
 岩田さんご夫婦は、現在フランス人の陶芸家&フォトグラファーカップルと、パリー福岡でアトリエ交換をされていてパリ滞在中です。

 言葉数少ない圭介さんのまわりはとても不思議で素敵な空気に包まれています。
 
 土、ものづくりへの一途さが、その空気から伝わってくる..
 表現は言葉でなく作品へ、なのですね、 すごい。 
 ココロの琴線にふれる素敵な作品づくりをされていらっしゃいます。 
 「何でも質問してくださいね」 と優しい奥様のお言葉、 
 恐れ多くて、そういうテクニック的な質問は口に出せませんでした... 小心者。

 あまり長居しないようにして、陽性のパワーをいっぱいいただいた後は、
 自転車で風をきりモンプチタトリエへGO!  

 こんな日は、いつも以上に作業に身が入ります。

 出会いとはなんて素敵なことなの☆ と思えた一日。
 
[PR]
by pot-eri | 2010-10-12 00:00 | 陶.作業 | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30