カテゴリ:おでかけ( 56 )

e0206902_18523741.jpg



 十月の半ばから半月ちょっと日本で過ごしていました。
 特に遠出もせず、欲張らず、のんびりと。
 実家から小一時間で行ける鎌倉には三度足を運び、家族には笑われました。
 鎌倉山の自然と一体となったお寺巡り、
 円覚寺の静寂など今思い出しても心が安まります。
 イライラしがちなパリジャンに見せてあげたい。
 
 
e0206902_19111452.jpg


 守ってくださいね、よろしくお願いします。
 と欲張っていないようで、一番欲張りなお願いごと、 
 あちらでもこちらでもお願いして来ました。

 守っていただく代わりに、わたしたちが守らなければいけないもの
 本気で考えないと、危ないな というのが率直な今の思い です。




 
e0206902_19324569.jpg


 うつくしい 日本。




e0206902_22184117.jpg


 

[PR]
by pot-eri | 2011-11-10 00:00 | おでかけ | Comments(2)
 
e0206902_2014381.jpg




  ○ちゃんにお誘いいただき、ユネスコでのエクスポ《GO WEST》の
  オープニングパーティーへ出掛ける。

  テキサスのアーチスト32人とフランス組32人のアートコンテンポラリー。
  ものすごいチャンポン、厳しい世界だなあ... と、、、
  そんな中数人のアーチストと言葉を交わす。

  ウディアレンフレンチバージョン風、画家の御主人と美術学校当時に
  知り合ったという画家の奥様。お二人とも栗色の長方形の眼鏡、
  奥様は白髪をさりげなく桃色のバレッタでシニヨンにして、ビー玉の様に
  キレイな空色の瞳、丸襟にちょうちん袖、サラリとした素材の黒のワンピースに、
  瞳と同じ空色のバッグを斜めがけ、とてもキュート、そして知的。

  会話の中から、ベーシックのベーシック、アーチストの筋の様なお言葉に
  強い印象を受ける。

  一夜明けても、心がいっぱいに満たされている。
  

[PR]
by pot-eri | 2011-09-21 00:00 | おでかけ | Comments(0)





  
 
e0206902_1421342.jpg



   六月、長い時間をかけて母がやって来てくれた。
  二週間はあっという間。
  パリを抜け出し
  ブルターニュ、ポンレアンという小さな村のはずれで二晩過ごす。
  16世紀のマノワール(館)
  私たちが案内された部屋はデュプレックス(二階建て)の昔の鳩の小屋。
  その昔、伝書鳩が行き来していたという。

  夜は静寂に包まれぐっすりと深い眠りにつき、
  朝は鳥の声がシャワーの様に降り注ぐ。

  朝食前の朝の散歩、母とこんな風に自然の中を歩くのは
  一体いつ以来なのだろう?
  貴重な時、と思っても口には出せず
  からだ中で深呼吸する。

  朝食後は、プライベートのジャグジーとハマムを満喫。

  またいつか大好きな人達と戻りたい。

  

  

[PR]
by pot-eri | 2011-07-10 00:00 | おでかけ | Comments(0)
e0206902_71454.jpg














教会がある、



e0206902_714287.jpg














トラムが走る、



e0206902_74662.jpg














黄昏、


e0206902_7211977.jpg














オペラ、


e0206902_746680.jpg















何かが違う



e0206902_781868.jpg















???


e0206902_7101291.jpg
















初めて感じた、
東の空気

またいつか戻りたいブダペスト

[PR]
by pot-eri | 2011-01-19 00:00 | おでかけ | Comments(0)

cafe moderne

モダンカフェという名のレトロなカフェへクスクスを食べに行く。
内装は1900年初頭の古き良き巴里のかふぇ、
適度に手入れされた、
大げさでない小ざっぱりとした感じがとても落ち着く。

ブルトンさんは地鶏とレモンの塩漬けのタジン、私は野菜のクスクス。
お料理も飛びきりとまでは言わなくても、適度に美味しい。
望んでいたものが、ほど良いタイミングで運ばれてくる。
控えめに頼んだハーフボトルのボルドーの赤は美味しかった。

客層も落ち着いていて、
常連の人達なのだろうな、という感じが漂う。
品良くグレーなトーンで身をまとめた白髪の老夫婦とおそらく息子カップル、
二組の三十代半ばくらいの幸せそうなカップル達は
たぶん女子同士が学生時代の友人なのかしら?
その奥の丸テーブルにはよく食べよく飲む四人の大人達、

テーブルが連なる広い奥のフロア、それぞれ的確な間隔が保たれ
静かな店内で話し声が心地良いざわめきとなる。

今宵はミントティーとガトーオリエンタルで〆

「アッカチャ、ハッカチャ」  ? ?
カタコトの日本語を話す給仕のモロッコ出身のムッシューは
「二十年も同じ仕事してると、色んな言葉覚えるよ」 と嬉しそうに
常連客(だった?)らしいヨージヤマモトの写真を見せてくれたのでした。


(ハッカチャ = ハッカのお茶)



cafe moderne 19, rue Keller 75011 Paris tel 0147 00 53 62
( 日曜昼、月曜  定休 )


[PR]
by pot-eri | 2010-11-11 00:00 | おでかけ | Comments(0)

森へ   à la forêt

e0206902_4592162.jpg




サンラザール駅から郊外線に乗って森へ出掛ける。
電車にゴトゴト揺られ、
鞄にはサンドウィッチとおやつの林檎とチョコレート。





気持ちいいー


e0206902_4511166.jpg











栗もいっぱい拾ってきました。



渋皮煮上達しますように。
まずは オニカワムキ オニカワムキ...


[PR]
by pot-eri | 2010-10-28 00:00 | おでかけ | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30