2017年 06月 02日 ( 1 )

庭の戸 le portaille de jardin






e0206902_2042971.jpg




庭の扉が付きました。
...と言っても、この悦びは私にしかわからないかもしれません。


かれこれ3年以上、うちの庭の入り口には扉が設置されておらず、
ある時ブルトンさんがパリの道端で拾ってきたすのこのようなシロモノを
庭の戸にしよう、と設置する金具を購入、私がペンキ塗りを済ませたものの
「とりあえず」 とそのスノコを横向きに立てかけてかろうじて扉風になったまま
月日が過ぎておりました。



先月、このブログに鍵コメでメッセージをくださった○オリさん、イギリス在住で
ブルターニュにセカンドハウスがありうちの田舎町にもよく買い物にいらしている
という事で、ご家族で遊びに来てくださりました。

初対面で小一時間お話して、私の小さな庭をご案内しただけだったのですが、
「次回来る時、庭の扉取り付けましょうか?」 と仰ってくださったご好意に甘え、
今回、ご主人にお願いすることになったのです。








e0206902_205131.jpg






すのこは幅が足りなかったので板を一枚付け足したり、
足りない部品を買いに行ってくださったり、
炎天下の中、作業して下さりました。

Jさん、つなぎ暑いでしょー






e0206902_2054328.jpg




 

これぞ男の背中ですね。



Jさんが作業して下さっている間
観客達(○オリさん、かわいいEちゃんとT君、私)は日陰で座ってお喋り。。
まだお会いするのは2度目とは思えないです。


貴重なブルターニュ滞在なのに私のために時間を割いてくださり
本当にありがとうございました。



出来上がった扉 ↑ 
意味も無く、何度も開けたり閉めたり、入ったり出たり 嬉しくてたまりません。

昨日アンダーコートを塗り直し、今朝ペンキの一度塗り目、
今夜二度塗りをしたら完成です。
お天気良いのでペンキもすぐ乾きます。

ご近所の人達にも 「おー 良い扉が付いたねー」 と冷やかされています。











e0206902_2061578.jpg





 ハーブ、カモミールもよく乾いてくれます☆






e0206902_2065162.jpg








苺につづいて、フランボワーズも赤い実を付けはじめてくれています。
これも3年越しくらいでやっと夢が叶いました。
「本当に食べれるのかな?」 と恐る恐る一粒口に入れてみると 美味しい。

アベイユさんにいただいたフランボワーズよー ありがとう。



いろんな人に手を差し伸べていただいて、
今のブルターニュの暮しが少しずつ形になってきてくれています。

M*E*R*C*I

[PR]
by pot-eri | 2017-06-02 20:07 | 庭しごと | Comments(11)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30