2017年 01月 18日 ( 1 )








e0206902_5331669.jpg





土曜の朝、以前から行ってみたかったプチジャングルの隣村の
ビオマルシェへ行って来ました。うちからは車で20分ほどです。

道端や広場に立つマルシェをイメージして辿り着いたら
ちょっと違う雰囲気、




e0206902_53549100.jpg




なにここ ? 気になるー








e0206902_535523.jpg






とてもポエティックな空間
ノエルの飾りがそのままなのかな?

中央のテーブルにはコーヒーが自由にサービス出来る様に置いてあります。

早速パンを物色しているブルトンさん ↑






e0206902_537690.jpg






素朴なおじさんの焼いた素朴なパン
穀物たっぷりの田舎パンと古代小麦スペルトのブリオッシュそれにオレンジケーキを買いました。





e0206902_5375162.jpg



 
あとはお野菜。



とても小規模なマルシェは、パン屋さんと野菜、ビオコスメ、植物や自然農に関する本を売る人
それだけ。
小屋の隣には常設店(もちろんビオ)があり、肉やチーズも量り売りで買えます。
ワイン、蕎麦粉のガレット、お肉のパテ、はちみつ
どれも地元の小さな生産者さんのもの、美味しかったです。
(ワインはロワール地方、パテは私は食べてないですがブルトンさんが絶賛していました。)





e0206902_5341675.jpg






おっと、忘れてはいけない、マルシェの入り口には魚屋さん。
魚はビオではないと思いますが、友人フィリップの選んだ新鮮な魚達
例えば牡蠣はレズウィットルナチュレル(les huitres naturelles)と言って
遺伝子組み換えでないもの。
残念ながら近年ここブルターニュでも遺伝子組み換えの牡蠣の養殖が増えているそうで
消費者はどうやって見分けられるの? と尋ねてみると
「売ってる人に聞いてごらん、嘘はつけないよ」 とフィリップ。

うーん、皆本当のこと言ってくれるのかな...


[PR]
by pot-eri | 2017-01-18 05:39 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31