口休め  le repos de l'estomac






土曜の午後二週間の冬休みを終えたブルトンさんはパリへ戻って行きました。
ノエルから新年と色々普段口にしないものも食べていたので
今夜は野菜くずのスープ。

ポロ葱の頭の緑、ブロッコリーの芯、カリフラワーの葉、食べ残していたレタスの真ん中ら辺etc...
ニンニク、生姜やタイムで香り付けして、白ワイン、トマトピュレ...
昔よく参考にしたイタリアンのシェフ落合さんのミネストローネのレシピ風です。


私はグルテンアレルギーではないようですが、
小麦に関しての許容量というものがあるようで、年明けは肌のあちこちがカイカイ、プツプツ。。
自家製カレンデュラワックスで早めに対処したので大事には至らずに済みましたが、
また小麦はなるべく口にしないように気をつけます。






e0206902_2385518.jpg








鼻炎で悩まされていたという日本人のお友達は昨年 ゛ものは試し゛にグルテンフリーにしてみたら
辛いぐずぐずが消えたそうで、その後ふつう食にもどしたらぐずぐずが戻って来たそうです。

彼女も年末はグルフリ忘れて食べ楽しんだら、またぐずぐずが戻って来たそうで
新しい年の話題は「許容量よね」ということで〆ました。

お呼ばれされたお宅で、あれは食べれないこれもだめ ということは
言いたくないし、自分でコントロール出来る程度なのでひっそり臨機応変にぐるふりでいたいと思います。




P.S: 写真の緑は、昨夏に食べたサリコルヌという海沿いに群生する植物。
さっと茹でてビネグレットソースでいただきましたが、天然の塩味とプチプチした歯ごたえが美味しい、海草と野菜の間のような植物です。

[PR]
Commented by tomomato at 2018-01-08 03:54
この間記事で書いていたけれど、調べてみたら日本人でグルテン不耐症の人は多いみたい。 乳製品もだけれど、 やはりDNAに組み込まれていないのかしら。 私はアレルギーではないと思うし、 食べても大丈夫? と思っているけれど、随分前にスイスのスーパーで買ったフォカッチャを食べたら、2回とも全身に蕁麻疹が出たことがあったの。 それ以来それはもう買わないことにしているのだけれど、 どういう小麦を使っているかはすごい影響あるのかなあって思った。 今、大丈夫でも、のちにアレルギーあるいは不耐症にならないとは限らないものね。 うちでパン焼くときには小麦だけには偏らないように気をつけているのだけれど、それでもやはり小麦の消費量は多くなってしまう。 ライやスペルトや古代小麦だって、ハイグルテンの小麦よりはましだけれどやはりグルテン入ってるものね。  たまにはぷっくり焼けた白いパンも食べたいし。普通のパスタだって食べたいし。  フランスならバゲット!!! 
また体調が戻りますように! 
Commented by pot-eri at 2018-01-08 05:06
tomoさん、
スーパーのフォッカッチャ怖いね、何が入っていたのかしら? 日本人はグルテンには大丈夫って思ってる人も多いみたい。私もからだで感じてここに行き着いたけど、きちんと検査したわけでないので、これが間違っていて美味しいもの食べ損ねてたら人生損してるなぁって思う。。笑
ビオのマルシェに出るスペルトのパンはとっても美味しいし食べても大丈夫みたいなのだけれど高い~ 今はパン自分で焼く時間が無いー 涙。 パスタも家ではグルテンフリーの食べてるのだけれど、種類がスパゲティとペンネしかなくて、あーリングイネが食べたいって思う。 そういうのは特別な時にとっておくようにします。
Commented by tomomato at 2018-01-08 09:13
近くだったら焼いてあげるのに〜 小麦の不耐症のひとでもサワードウだと大丈夫っていう人も結構いるのよ( 小麦使っていても) うちはスペルとやかミュート、アインコーン、ライで焼くことが多いから、 本当に近くだったらよかったのに。一つ焼くのも二つ焼くのもあまり手間はかからないから。 それにイタリアでは、アレルギーの人が多いらしくて(さすがパスタの国?)スペルとやカムートのパスタも色々とあるし、もちろんグルテンフリーもリングイネあるよ〜〜〜。 もうちょっと近かったらいいのにね。
Commented by pot-eri at 2018-01-08 13:59
tomoさん、
本当ねぇ、もっと近かったら《未亡人サークル》作って「お醤油貸して~ パン焼いて~」って行けるのに 笑
以前パン焼きの練習していた時は、私も小麦粉から酵母おこしていたのだけど、あれ、常にかわいがってあげないといけないからね。でもそういう時間が欲しいな。最近陶芸ばかりだから゛人生の意義゛について土捏ねながら考える時があります 笑
Commented by papricagigi at 2018-01-08 14:54
poteriさん、新年あけましておめでとうございます(こちらでの挨拶がまだでしたっ)。

お休み中にお腹がびっくりするのって、どこも一緒だね〜。この海藻みたいなの、この辺りでもみかけるんだけど同じかなー?!海岸沿いの石の陰などに生えてるヨ。このサリコルヌは湯がいたあとの色?私が見かけるのはもう少し薄い色だから。湯がいたらこんな色になって食べれるかも?!

私はグルテン大丈夫だけど、続けて沢山食べると体がだるくなぁ。あと、以前は朝ごはんにシリアルを果物とヨーグルトに混ぜて食べてたのね。その時は毎朝、鼻水がすごかったよー。ムズムズして壊れた蛇口みたいに鼻水が出てた。で、試しにシリアルやめたらね、ピタリと止まったよ。市販のシリアルの中に入っている何かが合わなかったのかな。パンは好きだしやめられないけど、↑↑でtomさんがおっしゃるように、サワードゥなら大丈夫かな☆ 今日も焼いたけど、失敗したー。
Commented by pot-eri at 2018-01-08 16:03
papricaさん、
そうこのサリコルヌは湯がいた後、鉄分とかあってカラダに良いみたい、塩分も結構ありそうだけど。美味しいから試してみてね。
市販のシリアルで壊れた蛇口! 原因がわかってよかったね。私もどの小麦製品でだめなのか分かったらいいのに。。カラダでその都度実験? うーん。。
Commented by oliverlocca at 2018-01-08 18:14
pot-eriさん

鼻炎で悩んでいる友達がいるから、グルフリを提案してみます。

旦那様がドイツ人で、とっても食べ物にはこだわりを持っている人だから、上手に食生活もコントロール出来るような気がします。いつもドイツの義理のお母様が石臼で挽いたスペルトを使って、自家製天然酵母のパンを焼いてます。ラズベリーを使うと言っていたような?

イギリスでは空前のサワードウブームで、自分たちで焼かない我々はこの週末も寒い中、わざわざファーマーズマーケットに出向いて、買ってきた所。私はスペルト粉のもの。クリスはサンフランシスコスタイルというのを選んでます。

海藻の緑がめちゃくちゃ美味しそう!! きっと私はオリーブオイルで炒めて美味しいお塩で食べるかな?

素敵な一週間を♪
Commented by pot-eri at 2018-01-08 21:01
loccaさん、ぜひ鼻炎のお友達に提案してみて差し上げてください。私のお腹の万年下り症も゛こういう体質゛と思っていたのだけれどそれは消えています。肌も同じ。
サンフランシスコスタイルのパン? 行ったこと無いからイメージが湧かないけど何かスタイリッシュなのかしら?
サリコルヌのオリーブオイル炒めよい感じね、今度試してみます。 コメント沢山ありがとう*
by pot-eri | 2018-01-08 02:48 | | Comments(8)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31