年の瀬 la fin d'annee






e0206902_8123553.jpg






見た目は素っ気なくてあまりクリスマスらしくないクリスマスケーキ
ローズベーカリーのレシピで焼く様になって今年で5年目でした。
中身のドライフルーツは毎年微妙に変わるので、味も毎年微妙に違うはずです。
今年は焼くのが遅くて寝かせる期間が短かったり、
la melasse =廃糖みつが少し足りなかったので黒さに欠けていますが、
二年ものの手作りオレンジピール、いつ漬けたかも忘れてしまったレーズンの洋酒漬け、
庭のヘーゼルナッツ、お隣の庭の林檎、ドライクランベリー etc...
色々ぎっしり詰まったケーキ
これが無いと何だか寂しい年の瀬になりそうな、そんな我が家の定番になりつつあります。









e0206902_8322679.jpg






フランスに来てから好きになった生牡蠣
多分、私が日本の生牡蠣が苦手だったのは殻から外されているビジュアルのせいもしれません。。
カンカル産の生牡蠣、美味しい季節になりました。








e0206902_8315116.jpg






そして昨年は大晦日の寒空の中行った薪の調達。
今年は晴天に恵まれましたが、出来ることなら来年は早めに多めに調達して
年末はゆっくり過ごしたいものです。

皆さま温かく穏やかな年の瀬をお過ごし下さいませ。


ぽてり

[PR]
Commented by tomomato at 2017-12-30 01:36
わ〜 年末に薪がこんなに来られるとパニクる〜〜〜!!
頑張って〜
このクリスマスケーキ、本当にkumatoさんのお気に入りになり、 うちもいこのまま死ぬまで(笑)定番になりそうです。これ、毎日食べても飽きないよね。 本当にありがとうね!
今日、お友達が、昔これによく似たものを私が焼いていて大好きだったと言っていて、 全く覚えていなくて一昼夜考えてやっとどこからのレシピか思い出したのです。 全くこれとは違うけれどやはりドライフルーツやナッツがぎっしり詰まっているの。 それをまた作ってみようかな?  
もうすぐ新年、 良いお年を迎えてくださいね。   
Commented by pot-eri at 2017-12-30 07:53
tomoさん、 うちは家の前に敷地が無いから薪をまとめて配達してもらうことが出来なくて、毎回この貨車を引いて買いに行くの。約1m3だけどこれで4度目で慣れてきたせいか昨日は意外と楽でした。
クリスマスケーキ死ぬまで 笑! うちもそうなるのかなぁ?
今年は近所のお友達にイギリスのスーパー、マー××&ス×××サーのクリスマスプディングを頂いたのだけれど何だか怖くて未だ食べてないの。。早く味見してお礼言わなくては...
tomoさんも良いお年を。今年は色々ありがとうございました。
Commented by haramak at 2017-12-30 19:17 x
え~っ!??
日本でも生牡蠣は殻に入って出て来るものだけれどな…
きっと大人になったんじゃないかしら?
Commented by oliverlocca at 2017-12-30 20:20
pot-eriさん
何もかも素敵(お皿も❤) ← コレばっかりな私。
あー、でも本当に素敵だわ。心に暖かいクリスマスの空気を頂戴しました♪ どうもありがとう。
2018年も沢山の素敵がありますように。
どうぞ良いお正月を:)
Commented by pot-eri at 2017-12-30 20:30
haramakiさん、えーっ スーパーでプラスチックの入れ物に殻からはずされた牡蠣がうにょうにょ入ってたりしなかった?昔の話なのかしら??
Commented by pot-eri at 2017-12-30 20:34
loccaさん、何もかも現実は厳しいこともあるのですよ。
今年の年の瀬は穏やかな天気で、きっとウェールズもそうなのでは? 今年一年色々どうもありがとう。
新しい年も、時々遊びに来てね。
loccaさんも良いお年を♪
Commented by papricagigi at 2017-12-31 15:02
わぁ♡ ブルターニュではこんなに新鮮な生牡蠣や立派な蟹が手に入るの?? 羨ましいなぁ〜。poteriさんの蟹さんたちには毛が生えているの?丸いお皿にきちんとおさまる形がおもしろいなー。ナイフの横に普通にならんでいる工具(笑)笑っちゃった〜。

今年もpoteriさんところでは、随分ほっこりさせてもらっちゃいました。また新しい一年もよろしくお願いしますネ。
心あたたかな素敵な新年をお迎えください。
Commented by pot-eri at 2017-12-31 18:03
papricaさんのところも海に囲まれているから新鮮な魚介類が沢山なのでは?
丸いお皿に無理やり収め、鍋もうちでは一番大きいココットに無理やり... 工具は沢山あるので楽勝でした 笑

こちらこそいつもコメント残してくれてありがとう。
papricaさんも良いお年をお迎え下さいね。
来年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by haramaki at 2018-01-01 11:10 x
剥いたパック詰めの牡蠣は、フライや鍋物の過熱用ですよん
Commented by abeille at 2018-01-05 05:46 x
あー、このケーキ!
以前おすそ分けで頂いてすごく美味しかった!S氏も「あれすごく美味しかったよねー」って。
今度是非レシピ教えてー。今度のクリスマスに作りたい!

うちもね、大晦日に蟹を食べたい!と思ってマルシェに行ったら、すごく活きのいいのがガチャガチャ動いてて、S氏から「無理、、、」と却下されました。。。
結局エイのヒレを買って美味しかったから良しなんだけど、poteriさんの美味しそうな蟹の写真を見たらやっぱり、、、

昨年もいろいろありがとう。
今年もどうぞ宜しくね!
Commented by pot-eri at 2018-01-05 19:05
abeilleさん、明けましておめでとう* あっ、もうご挨拶してたね。

ケーキは今年も二本焼いたのでお届けしたかったのだけどご近所にお裾分けしたりしてなくなっちゃった、ごめんなさい。この次レシピ渡しますね。
朝買った蟹は夕方までアトリエの奥の涼しいところに置いておいたのだけど、お手洗いへ行くたびにゴソゴソブクブク音がして「やっぱりあれは食べずに海へ戻さない?」とブルトンさんに提案したけど、彼が五右衛門風呂担当になって聖夜を迎えました。S氏が蟹の前で引いてる姿が目に浮かびます。
こちらこそ旧年中はたーくさんお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。感謝を込めて*
by pot-eri | 2017-12-29 08:32 | | Comments(11)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31