肌で感じる冬の到来 l'entree de l'hiver que je sens de la peau







e0206902_2324385.jpg




向うずねや手の甲がカサカサしてきて
冬の到来を実感する今日この頃、
夏に摘んだ庭のカランデュラの花で作っておいた浸出油とミツロウでワックスを作りました。

作ると言っても分量のオイルとミツロウををメタルの缶に入れ湯煎でミツロウを溶かすだけです。


ここからは、愚痴りますので飛ばして下さって結構です。

先日家の前に車を止める時にお向かいのファーマシーの建物の雨水管にかすってしまったのですが
今朝ファーマシーの田舎のプチブルジョワ風の店主さんにI-phoneでシャシャッと証拠写真を
見せつけられ、以前はこんなではなかった直してくださいと言われました。
もともとボロな雨水管がほんのちょっとぐらつくようになってしまって機能には全く問題
ないのに、本当は私がそこに車を駐車することが気に入らないのです。
直すのは問題ないのですがその応対の仕方に何だか寂しくなりました。
ま、かすった私がいけないのですけれど。
パリのブルトンさんにも「君は次から次へと問題を起こす」と指摘され
今日は一日音楽もかけずにもくもくと作業していました。

冬にこういうことがあるといつも以上に堪えます...。








e0206902_3495535.jpg







どんどん増えてゆく失敗作
このカップは釉薬が失敗と思ったのですが、使っていくうちにこの古ぼけた感じが
とても好きになってきました。
癒し系どんぐりカップにスパイスをきかせたお茶で和む夜。








e0206902_2544696.jpg





ウ バ チュ?  Ou vas-tu?  ドコヘイクノ...?





[PR]
Commented by papricagigi at 2017-12-01 05:47
こんにちわー。お昼休みです♪
一枚目の写真、かぼちゃスープだと思った。いつものハンドクリームだったのですね。とてもリッチな色合いなのは、きっとpoteriさんのカレンデュラオイルの豊かな色合いのせいね~。私もpoteriさんにすすめてもらってから、このクリームかかせませんっ。

美しい秋の終わって冬を感じ始めるこの時期、心もかさつく人が増えるのかも。かくいう私も10日ほど前は特にこれといった理由もなく気持ちがざわついて、相方に噛みつきたくなってたからー(angry cat 状態)。 味のあるどんぐりカップで一息ついて、上手くバランスをとれるpoteriさんはえらいな。
こちらはクリスマスが近づくに連れて、皆さん殺気立ってくるので、私も深呼吸を忘れずに過ごしたいと思います。
Commented by helebore at 2017-12-01 05:51
あらーやーねー、そういう遠回しなやり方。。。っていうか車、運転してるのね!でもそうゆうことがあるとへこむよね。。。poteriさんならフランス語で丁々発止?と応対できるんじゃない?
正直に話して解決策を探るとか出来る相手ならいいのにねえ、、、
そして、だんなさまに怒られるのがまたつらいよね。。。絹ちゃんといっぱい遊んで心を癒してね!
Commented by はらまき at 2017-12-01 06:51 x
私もカボチャのスープだと思った。

ご近所でそういうトラブル面倒くさいね~
雨水管どうせ修繕させられるのならば、腹いせにもっとぶつけてやったら?(冗談です)
Commented by pot-eri at 2017-12-01 16:43
papricaさん、
こちらの夜はそちらのお昼なのね。
私もカボチャみたいって思ったの 笑 多分カランデュラを浸出させて2ヶ月くらい放置したままだったからかも。それと今年は黄色でなくオレンジの花だけ選んで摘んだせいもあるのかも。これ、本当に良いよね。
ファーマシーのプチブルジョワの心臓に塗りたくって上げようかしら? 世の中殺気立つ季節なのね、あー怖いコワイ。。 やさしいはげましの言葉ありがとう*
Commented by pot-eri at 2017-12-01 16:59
heleboreさん、
そうなのよ、最初は車に『呼び鈴鳴らしてください』って張り紙がしてあったの。私の車ってわかってるのだし、私がアトリエで作業してれば日に何度も顔を合わすのだから直接話してくれればいいのに、すごく陰湿。人の心がわからない、分かろうとしない人っているのよね。
ブルトンさんともいつもは日に何度も電話するのに、昨日はあれから一度も電話せずにいたら夜心配してメッセージが何度も来た。フランス男だからね、フォローも出来る人。
絹ちゃんは夜ずーっと私にくっついてくれて癒されたわ ミャウ* コメントありがとう。
Commented by pot-eri at 2017-12-01 17:03
はらまきさん、
はらまきさんには「貴女が悪い」のひとことで〆られると思っていました。
うん、雨水管蹴飛ばしたいけどそうすると修繕費もっと高くついちゃうからね 笑
もうご近所が一切居ない自然の中で暮らしたいって思った。
Commented at 2017-12-01 21:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pot-eri at 2017-12-02 02:04
鍵コメさん、
ありがとう。鍵コメさんのメッセージって自分に正直でクスッと笑えるところがいくつもあって元気になれた◎
あのね、今朝この話は完結して興味ないかもしれないけれどまたブログに書こうと思う。ふふふ...
戦うのって疲れるしもともと好きでないけれど、相手の幸せは悪いけれど祈れないわー。
何でも組み合わせね、同じことが置かれる場所や組み合わせによって、すごくまずくなったり、天にも昇るようなものになったり ね*
Commented by oliverlocca at 2017-12-13 00:21
pot-eriさん

ボンジュール。今どちらにいらっしゃるのかしらん?パリかな?ブルターニュかな?もっと早くにメッセージしたかったのですが、こんなに遅くなっちゃった!ごめんなさいね。

このファーマシーの店主の、そうそうpot-eriさんへのアプローチの仕方がね、そうよね?こういうのって寂しいよね? 全く同じ事が起きた時の対応って人それぞれで、それから個人差があるとは言え、やっぱり一般論としての文化の違いなども絶対的に存在すると思うのだけど、いつも思うの、何がその対応の違いを作っていくのかな?って何がその人間性の違いをその人の人生の中で形成していくのかな?って。

恐ろしく、前向きに物事を考えたい私は、そのプチブルジョワファーマシーがいつの日か、"pot-eriちゃんあの時はごめんね"って、言葉にして謝らなくても、心の中で謝っているのがpot-eriさんに何らかの形で伝わる様な時が訪れると良いなと願っています。だってご近所さんだからね。それともやっぱりこういうタイプの人がいた方が人生色々でプチドラマな毎日で刺激があるのかしらん?

それにしても、それがもくもくとした作業に繫がっているという所に、pot-eriさんのものづくりへの深い愛情と関係を感じさせてくれました。どうもありがとう♬
Commented by pot-eri at 2017-12-13 07:18
loccaさん、
今はブルターニュでーす。
人間性の形成に影響を与えるもの... うーんやっぱり環境? 食べ物もあるね、きっと。
ファーマシーの人とはもともと接点が少なくボンジュール、ボンソワールと笑顔で挨拶する程度だったので、このことがあった後もそれは今まで通りお互いにスマートにしてるの。
もくもくと作業、ブルターニュに居る時はそれのみ! 最近は庭にもあまり行ってないなぁ。。
こちらこそ、私の愚痴におつきあいどうもありがとう*
by pot-eri | 2017-12-01 03:02 | 空.つぶやき | Comments(10)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31