PANTIN







e0206902_19111034.jpg





パリに居る間、しておこうと思っていたことをなるべくサクサクこなす様にしています。
土を買いに行くのもその一つ。
ブルターニュにも陶芸材料店はあるので、土も新しいものを少しずつ試してみているのですが
今のところ使い慣れて一番気に入っているのはパリ郊外の土製造業者さんのところのものなのです。





e0206902_19131031.jpg





1921年から続いているこの土製造業者さんは、土が良いだけでなく、大きな木のそびえる中庭、
ひいお祖父さんの代に住居だったという朽ちかけた建物、昔のままの機械(今はきっと使われていない)etc…
時が止まっている様なそこの空気も好きなのです  




e0206902_1914439.jpg





e0206902_19154496.jpg





e0206902_1919526.jpg





e0206902_1920255.jpg





が、買いに行くのには気合がいります…。



パリ郊外北東、セーヌ.サンドニ県は、別名郵便番号をとって゛93ヌフトロワ゛と呼ばれ、
さまざまな人種の共存する
場所によってはちょっと(かなり)危ないゾーンもあります。白人の割合がぐっと少なくなります。
この゛93゛の町のひとつPANTINパンタンにある土製造業者さんまでは、
ブルトンさんに頼んで車で行くこともあるのですが、
このところ仕事でアプアプしていらっしゃる様子を見ていると、躊躇してしまい
昨日は午前中に一人公共交通手段を使って行くことにしました。
行きはメトロで、帰りはガラガラに20kgの土を乗せて引っ張ってくるので、
(もっと買いたいのですがそれ以上は運べない)バスを乗り継いでになります。

過去のイメージを頭にメトロを降りてみると何だか少―しだけ空気が違うみたい。
私が慣れたの?とも思ったのですが、今まで不衛生で翳を感じた裏通りになどにも
゛緑のコーナー゛と称しポタジエが作られていたり、歩いているとちょっと味のある装いの
小奇麗な西洋人の若者とすれ違ったりしました。

そんな話を土製造業者のパトロンにしてみると
「そうだよ、このところ変わって来てるんだよ、時間ある?」とその辺りを案内してくれることになりました。

いざPANTIN観光!


最初に連れて行ってくれたのはここ



e0206902_19223916.jpg



mur mur という名のアスレチック?これ、なんていうのでしたっけ、山、崖のぼりの訓練するところ?
カラフルで可愛い。工場跡地の広いスペースに色々なタイプの部屋がある様です。


お次は同じ通りにあるLa Reserve des arts →★ は写真が無くてすみません。
(興奮してて写真撮り忘れたのかも)
大きな倉庫はクリエーターのためのリサイクルショップ。
紙、木材、皮、布、硝子、鏡、プラスチック、メタル、タイル…
あらゆる素材を破格で手に入れることが出来るようです。
大きいものやキロ単位のものが多い様ですが目的に合ったものが見つかれば素敵☆

パリの中にもブティックがある様なので今度行ってみようと思います。


■ rue Prevost-Paradol 75014 Paris Metro 13番:Pte de Vanves


そして最後に連れて行ってくださったのが
マレ地区にもあるコンテンポラリーアートギャラリーの大御所 
Galerie THADDAEUS ROPAC が4年前にオープンしたそうです。





e0206902_19253523.jpg





土製造業パトロンさんによると、世界各地から大金持ちのコレクターが飛行機で買いに来るので、
空港に近いこのPANTINの立地は好都合なのだそう。
中へ入ると、うつくしいフレンドリーな責任者さん(男性)が顔なじみらしく案内してくださいました。





e0206902_19265135.jpg




e0206902_1927578.jpg





NOT VITAL スイスのアーティストの個展開催中でした。
巨大な作品ばかりです。




e0206902_19293171.jpg





e0206902_19301952.jpg





e0206902_1931724.jpg






巨大すぎてカメラに上手く収まらなかったのでご興味のある方はこちらへどうぞ→★


この後ギャラリーの敷地内中庭にある cafe bleu というカフェでランチしました。
ここにも今まで土を買いにくるだけではまず見かけることのなかった、
センスの良い方達がいらっしゃいました。



今回のPANTIN観光は土製造業者さんのある通りだけでしたが、パリの中より面白かったです。
PANTINはエコロジーな街づくりプロジェクト進行中で、これからどんどん生まれ変わってゆく様ですよ。






[PR]
Commented by tomomato at 2017-02-10 06:23
ラベンダーの石鹸のこと、どうもありがとう。 bioのお店が作っているものなのね。 この色が本当に綺麗で気になりました。 
今日の記事も面白いわ〜〜  パリも面白いところが本当にいっぱいあるのね!   もっともhotな場所なのかもね!
いいなあ、面白そうだなあ、 でも一人で行くのは怖いわ〜 
Commented by papricagigi at 2017-02-10 23:52
poteriさんっ、20kgの土をひとりで買いに行っちゃうのー?!たっ、たくましいっ!poteriさん、すっごく華奢だよね〜。ぽきっとおれちゃいそうな東洋人が、ちょっと危ない地域をがらがらと土をひっぱって歩いているのを想像すると、それだけで物語になっちゃうね(笑)。でも、こんな素敵なエリアに変わってきているんだ〜。一緒に歩いて回ってくるひとがいると安心だけど。。。やっぱり一人じゃ心細いなぁ。

この展示の数々、素敵〜。インスピレーションにあふれているね!
Commented by pot-eri at 2017-02-11 00:08
tomoさん、石鹸ほんと、色が綺麗よねー、簡単に手に入らないところが尚更ただものでないのかも、笑 南仏に行った時に買えたら良かったのにね。 
巴里の中はもちろん美しいし文化的に素晴らしいイベントも沢山あるけれど、こういうまだ未完成で誰にでも可能性のある様な場所って面白いよね。以前にtomoさんのブログで見たベルリンのこと思い出しちゃった。
Commented by pot-eri at 2017-02-11 00:26
papricaさん、華奢というと、か弱くって何だか手助けしたくなっちゃうイメージだけど、私はただの肉の無い謎の東洋人、あまり物語にはならないかも 笑。滞在中にもう一度くらい買いに行くことになると思うけど、一人で散策するのはいくら私でもやめておこうと思いまーす。

このアーティストの同じ作品が大自然の中に置かれている写真を見たのだけど、真っ白なギャラリーよりもっと訴えてくるものがあって、格好良かったです☆
by pot-eri | 2017-02-09 19:09 | おでかけ | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31