ありがとう merci




e0206902_236111.jpg





12月24日午後3時過ぎcocoちゃんは旅立ちました。

今年のノエルは穏やかなお天気で
庭に居ると
鳥のさえずりが澄んだ空気の中響いています。

ココちゃん、今は空で鳥達と遊んでいるのね
弟のブルーも一緒に。


パリ20区の友達の家で生まれて間もない黒チビちゃん達を見せてもらった時から
里子にいただける日を待ちわびてうちにやって来た生後二ヶ月のココちゃん、
見分けの付かない黒チビちゃん達の中で一番元気いっぱいでやんちゃな子でした。

19年と7ヶ月、沢山の思い出をありがとう。


翌日、
絹の姿が見えず家中探し、普段行かない屋根裏部屋で
もう動かないココの上でじっとしているのを見た時は
心が震えました。







e0206902_2353291.jpg






まだ3ヶ月になったばかりの仔猫の絹は
死 ということを学んだのでしょうか?

もう、一緒に遊べないということは分かったのね。

命がある間は、もっともっと精一杯生きなくちゃね、
がんばる、と最後私の腕の中のココちゃんと約束したので

約束は守らなくちゃ。



ココちゃんのこと心配してくださり
優しい温かい言葉をいただき、とても励みになりました
どうもありがとうございました。


昨日、庭のクリスマスローズとボリジの星の花に包まれたココは
火葬のため出発しました。



[PR]
Commented by tomomato at 2016-12-28 00:27
逝ってしまったのね。 年齢から言うと寿命を全うしたということになると思うけれど、 感情はそれとはぜんぜん違う次元のものよね。 この20年間のフランスでの生活を、誰よりも近くにいて見守ってくれていた存在なのでしょう? 悲しいクリスマス でも、 素敵な日をココちゃんは選んで逝ったんだなって思った。 絹ちゃんの姿が胸にズンとくるね。 きっとあっためてあっためて、 そしたら戻ってきてくれると思ったのか。 でも、動物は人間よりはるかに命についての理解は深いと思うから、 ただ寄り添っていたかったのか。 
Commented by la_mia_coccolina at 2016-12-28 06:43
cocoちゃん、お空に逝ってしまったのね...
cocoちゃんと過ごしたpoteriさん、poteriさんに寄り添ったcocoちゃん...その長い長い日々はお互いにとても幸せだったのだと思う。
絹ちゃんの様子に思わず目頭が熱くなりました。
短い間だったけれど、絹ちゃんにとってもまた大きな存在だったのでしょうね。
お空で元気に遊びまわり、poteriさんたちのことをいつも見守っていてくれるね。
Commented by helebore at 2016-12-28 23:28
ぽてりさん、大変なクリスマスだったのね。。。19年以上も一緒に居てくれたなんてココちゃん本当にいい子だねー。わたしは娘が15才の時別々に住みはじめたのだけど、1年間泣き暮らしたもの。ごはんも食べれなくて。(ダイエットになったけど、笑)だから19年はほんとに辛いと思う。
でもココちゃんはぽてりさんと居れてしあわせで、そんなに長生きしたんだと思うよ。
つらいけどぽてりさん、ちゃんとごはん食べて暖かくして冬を乗り切ってね。
Commented by pot-eri at 2016-12-29 03:16
tomoさん、
どうぶつは人間よりはるかに命への理解が深いのね、そう、絹ちゃんの乗ってたココちゃんのからだは温かくなってた。
動物から学ばせてもらったり、時を共有出来ることに感謝しなくちゃね。いつもメッセージありがとう、とても励みになってるのですよ***
Commented by pot-eri at 2016-12-29 03:26
coccolinaさん、空はどんなに楽しいところなのかな、と空飛ぶココを思いながらイメージしています。
優しいcoccolinaさんのお気持ち、ココにもそして絹ちゃんにも伝えます。あ*り*が*と*う
Commented by pot-eri at 2016-12-29 03:39
heleboreさん、19年、まだまだ。24年くらい目指してたのだけど、19年って長いよね。
あちこち連れてまわって(南仏もね*)ほんといつも良い子でした。感謝の気持ちでいっぱい。

今日はお昼に友達が来るのでアルザスランチにしました。タルトフランべ作ったの(私の部分だけベーコン抜き)クレマンダルザス飲んで、しっかり食べた☆
お互いにしっかり食べて燃やせるエネルギー作って温かい冬を過ごしましょうね。merci*
Commented by papricagigi at 2016-12-29 10:26
ココちゃん、イブの日に逝ってしまったんだね。20年間、poteriさんのそばに居て、色んなpoteriさんを見てきたベストフレンドだったよね。ココちゃんだけが知っている内緒話とか、あったでしょ、きっと。絹ちゃんがやってきて、バトンタッチしてももう大丈夫って思ったのかな。ココちゃんの上にのっかってじっとしている絹ちゃんの姿が、なんだか命のサイクルを私たちに伝えてくれているようではっとした。
rest in peace and happiness.
Commented by oliverlocca at 2016-12-31 16:07
pot-eriさん
ココちゃん、空の上からいつもpot-eriさん達を見守ってくれてますね。どうぞ新しい世界でも素敵に毎日を過ごせますように。
20年近くもいつも一緒にいてくれた、きっとpot-eriさん自身の一部のようだったココちゃん。ちょっと言葉には出来ないね。ココちゃんが体調が悪くなってから、一緒にいてあげる事で、pot-eriさんはすごく強くなったと思います。だから、頑張るねの約束も守れると思います。
私にも、思い出をありがとう。なぜか、Skypeのココちゃんがとても印象的なのです。
Commented by pot-eri at 2017-01-02 19:30
papricaさん、ココちゃんだけが知ってる内緒話、あるある。。 
ココはちゃんとバトンタッチしていってくれたのよね、本当にそう思う。最後の最後はブルトンさんがパリから辿り着くまでって頑張ってくれているように思えた。到着したブルトンさんが私の腕の中のココを見て「死んでる」って教えてくれたのだけど(まだ温もりがあったので私にはわからなかったの)私独り哀しみのどん底へ落さない様に、ちゃんとブルトンさんにバトンタッチしていってくれたんだなって思う。
命のサイクル、回っている間は十分に生きないとね。
やさしいメッセージありがとう***
Commented by pot-eri at 2017-01-02 19:41
loccaさん、せっかくいただいたloccaさんからのアドバイスも試みれずココは旅立ってゆきました。
死ということ、以前よりポジティブに捉えられるようになっている自分を確認しています。
一週間が過ぎて思うのは、゛手放す゛ ということ学びなさいとココが私に残していってくれたようです。
新しい年は 《手放す》 ことを意識してみようかなと思ってます。約束もちゃんと守るように!
スカイプのココちゃん、そんな風にloccaさんの中にもココの思い出が残っていてくれて嬉しいです、ありがとう。
by pot-eri | 2016-12-27 23:06 | ごあいさつ | Comments(10)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30