よる と ひる    la nuit et le jour





e0206902_21415633.jpg






まだ3ヶ月にならない絹ちゃんには
ココちゃんがお病気ということを理解するには難しすぎるのかもしれません。

なので、ココちゃんが風邪をひいてから夜は絹ちゃんには別の部屋でひとりで寝てもらっています。
月明かりの下、二人(ココとわたし)で布団の中で温もるしあわせ
今も毎晩布団に入る時間が一番平和でしあわせな時です
ココにとっても、私にとっても。
(薬を飲まなくていい、飲ませなくていい、ごはんを食べなくていい、嫌がるのに食べさせなくていい...から。)



日中のココちゃんと絹ちゃんはこんな風に白黒くっついている光景も多々見かけるようになりました。
絹ちゃんがココちゃんの顔をペロペロ舐めてあげていたり
子猫は体温が高めなのか、絹ちゃんがくっついてくると温かくて気持ち良く
ココちゃんもそう感じてくれていれば良いけれど。。






e0206902_22305435.jpg



ブルターニュのお友達、アベイユさんとレンヌでデートした時
「少し早めのクリスマスプレゼント☆」 といただいた絵本。

昼が好きで夜が怖い白猫ちゃんと
夜の好きな黒猫ちゃんの話。
黒猫ちゃんが白猫ちゃんに夜の魅力を教えてあげる
仲良しの猫のお話。

前のようにココちゃんが元気になって
絹とココ、
夜も一緒に過ごせる日が来るといいね。



e0206902_22394412.jpg







e0206902_2143134.jpg





週末に焼いたジンジャークッキー
クッキー型がパリに置いたままなので、ただの○
黒っぽいのはこげているのではなくメラスという黒糖の色です。
あまり寂しげなのでローズマリーの葉を一つずつのせてみました。

レナのところのチビちゃんピエロー達にも喜んでもらえるかな?
と思ったら

「ca pique サ ピック...」  辛いって、、、


そうねー、レシピより更に多めにジンジャー入れちゃったし。。

「この次は林檎のお菓子を作るね」 と約束しました。
私的には美味しくて、バクバク... 
また作ろう! ジンジャーマンの型も買おうかしら? と思ったりしたのですけれど。。

ほ*りゅ*う ...

[PR]
Commented by oliverlocca at 2016-12-23 07:26
Pot-eriさん
大変ご無沙汰しております。ココちゃんの具合はいかがでしょうか?
実は、毛むくじゃら3名が餅くんが連れて来たらしいウィルス?にやられて、秋に暫く大変でした。 今は全員元気に過ごしています。ゴーちゃんの症状がココちゃんに似ているので、私がアドバイス受けた事をちょっとお話させて下さい。
ゴーちゃんは乙女なんですが、8キロ近い巨体だったんです。それが全然ご飯を食べられなくなってしまって、私たちがトライしたのは、スープでした。普通の缶詰なども、暖めて匂いを強くして匂いが分かるようにしてあげると良いとの事でした。スープすら匂いが嗅げないのもあって、クリスが床にうつぶせになった状態で、なだめすかして、1時間後にやっとスープをぺろりとなめ始めてくれるといった感じでしたが、暖かい食べ物が良いようです。きっとPot-eriさんももう試されていますよね?鼻や喉には蒸気が良いようですね。バスルームを熱いお湯で蒸気にいっぱいにしてあげると、良いようです。と、こんなくらいで申し訳ないのですが。。。
ゴーちゃんの場合、もしこの治療がきかなければ、酸素マスクを付ける必要があるかもしれないと言われ、食欲増進の薬を処方してもらったら、怖いくらいに効いたんです。他の薬がどうしても食べ物を何か胃に入れておく必要があったので、とにかくご飯が最優先だったんですが、あの薬の威力にはびっくりでした。フランスにも同じような薬があるのかな?でもこれでは、Pot-eriさんが選ばれる治療とはあまりにもかけ離れてますよね? ココちゃんが退院できて、くしゃみも鼻も止まったとの事なので、だいぶ楽になったのでは?と思います。良かった良かった:)どうぞ食欲が少しでも出ますように、祈っています。絹ちゃんも可愛いー♬話す事が沢山ですが、今日の所はこのへんで。うちの餅くんは仔猫とは呼べない、行動だけは思いっきり仔猫な猫と化しています。魔法でもかけられたかのように、もう5キロ超えてます。メインクーンはもともとジャイアントではあるのですが。。。
Commented by pot-eri at 2016-12-23 18:45
loccaさん、メッセージ嬉しいです、ありがとう。
どうされてるかなあ?と思っていました。餅くんの様な由緒ある系統の猫ちゃんでもウイルス持ってきちゃうの。。。
ゴーちゃん回復されて良かった。
ココは自力で食事を食べなくなって2週間になります。流動食を温めても、食をそそる補助剤を混ぜても首を横にそむけてしまいます。なので口を無理やり開けて薬指の先程度、少しずつ食べてもらってる、あまり強制すると
ストレスになってしまうし、もどして脱水症状になるのが怖いので一日の摂取量はほんのわずか。。あとは栄養補助食をシリンダーで一時間ごとにあげています。
食欲増進の薬があるのは知らなかった、アドバイスどうもありがとう、先生に尋ねてみます。
19歳半のココちゃんにはウイルスの打撃は風邪の症状だけでなく、もともと弱まっていた腎臓に負担をかけてしまったみたいで、腎臓が弱まると口回り(下あご)の皮膚細胞が弾力を失ってしまい、そのせいで食べれないのもある様。歩く力がどんどん弱まってる...目が離せない状態です。
心の準備をするようにと先生には言われて二週間が過ぎます。。 覚悟は出来てきてはいるものの希望は捨てられないし、少しでもココが楽になれるように出来る限りのことをしてあげたいと思っています。
しんみりした話題ばかりですみません。
猫ちゃん達と素敵なクリスマスを*

Commented by francana at 2016-12-24 17:33
白猫と黒猫、よるとひる、素敵なプレゼントですねぇ。
猫ちゃん退院したのですね。体力がすこしずつでも戻って、元気になっていきますように。

ジンジャークッキー、生姜にローズマリーはすこし大人の味だったかな(笑)。
年末年始に私も作りたいです。クリスマスには間に合わないけれど。
↓フルーツ入りのケーキもとてもおいしそうです。
日持ちするどっしりとしたケーキ、自分では焼いたことはないのですが、いただいた思い出があって懐かしいです。
身近なおいしいものがたっぷり詰まっているなら、なおさら良い味になることでしょう。
食べるのがたのしみですね。クリスマスローズもきれい・・・
poteriさんたちご一家へ、bonnes fêtes !
Commented by pot-eri at 2016-12-27 17:07
francanaさん、猫ちゃんのことどうもありがとう。

ジンジャークッキー、スベルト小麦で作ったのでグルテンフリーでないのですが大人味で美味しかった☆francanaさんは上手にアレンジして息子くんのお口に合うような素敵なクッキー焼かれるのでしょうね**

クリスマスケーキもジンジャークッキーもローズベーカリーのレシピなのですが、どれも美味しく出来ます。
でも来年は違うケーキにしようかなあ。。
francanaさんファミリーも温かい年末年始をお過ごし下さいね。
by pot-eri | 2016-12-22 21:44 | ブルターニュ.日々 | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30