近づくノエル Noel s'approche






e0206902_17304355.jpg





昨日クリスマスケーキを焼きました。
ブルターニュに来てから焼くようになった英国スタイルのクリスマスケーキ
ドライフルーツたっぷり、
仕上げにコニャックを浸み込ませる酒飲みの大人のケーキ、

今年は
庭のヘーゼルナッツ、プチジャングルの胡桃、
お隣のJFファミリーの庭の林檎
(正確には彼らの隣の家の林檎の木が伸びて侵入し、たわわに実をつけてくれている)
昨冬に作っておいたオレンジの皮のコンフィ
ホームメイドのものが沢山入っています

そもそもクリスマスや、日本で言うなら正月のおせち料理などは
その土地、季節にある自然の恵みを工夫して出来た先人の知恵であり
何でもお金を出し買って済ませる、商業ペースに巻き込まれるだけでは寂しいな...と思います。


そうは言っても私も何でも身近にあるような楽園暮しなわけではなく
干しブドウとクランベリー、ジュースと皮を使うレモンとオレンジなどは購入しました。





e0206902_17313832.jpg





焼きあがったケーキに刷毛でコニャックを浸み込ませ
ラップの上からホイルで包み、寝かせます。
味が満遍なく染み入るように毎日ひっくり返して、
この、わずかな手間と寝かせる時間が、食べるだけの悦びでなく待つ悦びとなり、
じわじわとノエルへ近づいてゆく感じが好きです。






e0206902_17324476.jpg





クリスマスローズもひっそり咲き始めてくれています




おととい、ココちゃんは予定通り退院しました。
すこーしだけですが、パテを食べてくれています。
未だ自分では食べれませんが、もどすことなく消化してくれている様でほんの少し安心材料。
水を飲むしぐさはしていても舌が出ておらずまるで飲めていなかったのですが
これも、数回に一度くらい口が水面につくようになっています。

昨日の午後は獣医さんのところで鼻づまりの治療をしていただきました。
どんな風にするのかな? 痛いのかな?ストレスになるのかな?と心配していましたら
終わってから先生が診察室へ通して下さり
そこはハーブの心地良い香りで満たされていました。
ユーカリプチュスとクローブのエッセンシャルオイル+抗生物質の蒸気をチューブから
吸引させるそうです。

ユーカリプチュスは抗菌作用に優れているので、
私はいつも家の拭き掃除の時サボンノワールの水溶液にユーカリプチュスのエッセンシャルオイルを
数滴垂らして使っています。
今回ココちゃんがウイルス風邪にかかってしまってからも
ウイルス対策にとユーカリプチュスを少し多めに入れてゴシゴシ床掃除をしていました。

先日ビオのお店で100%エッセンシャルオイルで出来ているお香が目に止まり
ユーカリプチュスのパルファンのものをココちゃんの寝る部屋で焚いていました。
動物へのエッセンシャルオイル使用については注意が必要なのですが
少しでもココちゃんが心地良く過ごしてくれれば、と思いやってみていたこと、
間違っていなかったようで良かったです。





e0206902_17402895.jpg




こんな光景はもう見れないのかな、と思っていたのですが
薪ストーブの前の黒と白 嬉しい*
炎の力で元気になろうね。





e0206902_174267.jpg





庭のボリジ
ボリジの花は 『勇気をもたらしてくれる』  そうです。

[PR]
Commented by tomomato at 2016-12-17 19:01
二人とも(じゃなかった二匹) まきストーブが好きなのね。本当に温かい一角があってよかった。 ココちゃん、元気に回復しますように。 
実は、私、このクリスマスケーキ嫌いなんだけれど、 美味しそう 笑  kumatoさんはこういうタイプのケーキ大好きだから一度作ってあげなくちゃと思うのだけれど、どうも自分が好きでないものを作る気がしなくって。 笑   今から材料合わせて作っても大丈夫? イギリスにいた共同体では、 アドベントの時に翌年のクリスマスケーキの材料(ドライフルーツなど)が人の背丈より大きな釜の中に入っているのを通りがかった人がかき混ぜるようになっていて、それを1年寝かせて翌年のケーキになっていたのよ。 どれだけ漬け込むかは好みなのかしら?   
まきストーブでだいぶ寒さはしのげる? 今年の冬はパリに行かずに過ごせそうなくらい?  (ココちゃんのことがあるから移動も難しいのでは・・・・ ) 
Commented by pot-eri at 2016-12-18 04:41
tomoさん、実は私、本物のクリスマスケーキって一度も食べたことないのー。
クリスマスプディングとクリスマスケーキが同じものなのかどうかもわからないのだけれど、昔イギリス人の級友がため息つきながらクリスマスプディングのこと語ってた(おばあちゃんのつくる重たーいお菓子だって)
私が参考にしてるレシピ(ローズベーカリーというお店の本)だとフルーツ漬けるのも前夜からの一晩で良いみたいで(私はスケジュール上3日ほど置いたけど)、材料もきっとtomoさんのところなら殆どお家にありそうだから今からでも大丈夫よきっと。ケーキが焼きあがってからは最低一週間は置いた方が良いみたい。
通りがかりの人がかき混ぜられるって面白いね。
薪ストーブで地上階は十分暖まるけれど、屋根の断熱がまだだから二階はまあまあ、前よりはずっとマシだけど(昨年は息が白かったから 笑)
一月、二月、パリに行こうかどうしようか考え中。。
ココちゃんのこと応援してくれてありがとう*がんばってくれてるよー
Commented by mamiosaki at 2016-12-26 10:51
素敵な薪ストーブ!シンプルで火がクリアに見えるのが凄く良いです。プラス鍋を置けるスペースがあるのが良いのです。家のはちょっと小さいので鍋は置けなさそうです。小さいのだったら良いかも。でも空気乾燥するので、スティーマー様にベイキングディシュに水を入れています。猫ちゃんも薪ストーブ大好きですね。私と一緒です。絵里さんの家族増えましたね。
Commented by pot-eri at 2016-12-29 03:50
mamiちゃん、コネチカットとブルターニュ、この冬はお互いに薪ストーブの前で温かい時を過ごせてるね。
猫ちゃん薪ストーブ大好きよー
うちのも置けるのは24cmのお鍋くらいまで。スペース的にはオーバル鍋の方がしっくりしそうなので、欲しくなってるのだけど。。。
Commented by mamiosaki at 2017-01-04 02:32
Pot-eriさん、24cmの鍋がおけるのは良いですね。家は20cmはもう無理。18cmくらいかな?オーバルの鍋私も欲しいと思っていますが。。どうかなー?サイズもなかなかないので今ある物で我慢です。去年お家の為に費やした金額を考えると今じゃなくても良いかーって感じです。
Commented by pot-eri at 2017-01-04 06:11
mamiちゃん、
お家に費やした分、ちゃんと結果が出てるものね。今年も工事はつづくの? うちはもちろん、まだまだエンドレスなのだけど。。
ストーブのお鍋は結構ソルドになることがあるので、私もいますぐでなくその日をじーっと待ってるの 笑
Commented by mamiosaki at 2017-01-13 10:21
pot-eriさん、家の残っている工事はフローリングです。プラスシャワードア。それが終わったら、車庫の横にくっ付いている小屋が私のアトリエに使用と言う事になっていて、そこの改装が待っています。寒いので春迄待たないといけませんが。。 pot-eriさんはあと何が残っていますか?
Commented by pot-eri at 2017-01-13 18:21
mamiちゃん、うちはまだどこもかしこもやることだらけ。
終わってるとこの方が少ないです。
今年は屋根裏にフォーカスするつもり、石壁の漆喰、床はフローリングの前の床板の張替え(=二階の天井板)、電気の回線もしなくちゃね、それどころか屋根の断熱がいつ終わるのだか。。あはは☆
mamiちゃんはアトリエでまた絵を描くの?それともmaison the のアトリエ??
Commented by mamiosaki at 2017-01-18 23:55
英語でプラスターというのは日本語で漆喰というんですね。知らなかった。フローリングの前の床板の張り替え私達もやりましたよー。大変でした。屋根の断熱貼りは終わっていないのですね。せっかくストーブで暖めたお家を暖めてくれないのでかなしいですね。2月にパリに行くのは寒いからですか?それとも? アトリエは絵とか、アンティークの物を直したり、私のワークショップみたいな感じかな?でも内装を全部裸にすることから始まるので、春迄待ちます。プラス、山の下にあるので、水が入ってくるんです。去年はそれを防ぐのにパイプを綺麗にしたりしたんですが、まだ少し水が入ってくるので、小石を沢山買う前に色々防止対策をしないといけません。中の木が虫(パウダーポストビートルというのに)食べられてしまっていて、全部新しい木に変えます。 pot-eriさんも頑張って下さい。
Commented by pot-eri at 2017-01-19 05:03
プラスターという言葉知らなかったけど多分それ。
水対策は難関だね、、自分達でやるのでしょ?腰をくれぐれも大切にね。私は壊しちゃったから。。ようやく回復しつつあります。だからわたしはもうあまり頑張れないの...。このところ気温が穏やかだったので屋根裏の壁つくり(プラスター)ちょっとずつやってます。
屋根の断熱はブルトンさんに任せてあるので彼が来た時だけだからなかなか進まないの。。断熱入れる前に特殊な風除けシートを貼っていて、それがようやく屋根半分終わりそうな模様。。そうなの二階は上からの冷気に負けて全然暖かくならない。。涙
Commented by mamiosaki at 2017-01-19 07:10
プラスター壁つくり楽しそうです。家は石の家ではないので、壁はもう出来上がっている物をシートで売っていてそれを貼っていくので簡単です。ヤンは石の家で育っているので、木のお家を結構馬鹿にします。私達もいつかpot-eriさんのような石のお家が欲しいです。まだまだお互いにやることありますねー。早く春になって欲しいです。でも今は寒いので、猫ちゃんのように薪ストーブの前にいます。薪ストーブ用の温度計をストーブの上に貼ってあるので、どれぐらい暖かくなっているかわかるので、凄く良いです。凄く暑すぎるのも良くないし。。おすすめしますよー。
Commented by pot-eri at 2017-01-20 05:31
ナチュラルな木の家も良いと思うけどー
まだお家欲しいの?
私はもういいわ。。 壁つくりは楽しいけど、石灰モルタルの入ったバケツ運ぶのは大変、たくさん必要だし今は一階から屋根裏の3階まで上らなくちゃいけない。。
うちもこの間ブルトンさんが温度計買って来てた! 笑
Commented by mamiosaki at 2017-01-24 06:50
3階は大変ですね。プラス一階の天井も高い分階段の数も増えるし。家は前おばぁちゃんが住んでいたので、色々楽に出来ています。2階に小さい部屋とバスルームがあるだけで他は全部一階にあって、右と左に付け足した羽がコの字に出来ているので、右と左のウイングに行くのにちょっと遠い感じしますが、階段を上がらなくっても良いんです。後TOTOのウォッシュレットも付いていたのと、スティームシャワーも付いていました。ラッキーでした。新しくしたバスルームにも新しくTOTOのウォッシュレット付けました。やっぱり冬には最高です。まだまだお家は又他の国で買いたいと思っています。日本かフランスかな?良かったですね、ブルトンさん買って来てくれて。温度計良いでしょー。
Commented by pot-eri at 2017-01-24 18:19
mamiさま、おばあちゃんになっても3階まで階段上り下り出来るように筋トレしなくちゃ 笑
ウォッシュレット良いね、うちの便座は氷のように冷たいよー
右と左のウイング、凄いね空港みたいね、素敵*
by pot-eri | 2016-12-17 04:01 | ブルターニュ.日々 | Comments(14)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30