お裁縫 la couture





e0206902_14251624.jpg




七月に里帰りしていた時に見つけたソーイングの本、
リネンで作るちょっと大人なお洋服
これにすっかりはまってしまいまして
日暮里の繊維街で天日干しのリネンの生地を調達し
毎日チクチクチクチク.....

お察しの通りフランスはどこでも゛待たされる゛ことが多く、
滞在許可証の更新では警察署の待合室で、
マンモグラフィのレントゲンの待ち時間、
南仏のヴァカンスへ向かう車の中
パリ-レンヌ間のTGVの中、

どこでもチクチク...
そのおかげで苦になるはずの時間も貴重な時へと化します。


もちろんミシンで縫えばもっと簡単に早く出来上がるのですが
ミシンは持って歩けませんし
一針、ひと針、そんなスロウな作業が気に入っています。
気付くと、ワイドパンツ、ワンピース、チュニック... 少しずつ
世界で唯一つのワードローブが増えつつあります。

あいにくブルターニュの家に居る時は他にやることが山のようにあり
お裁縫どころではないのですが... 。








e0206902_14574975.jpg





庭にはこの夏に植えた新入りの子がいます。




e0206902_14585753.jpg





遠い国から来たこのお方の正体
お分かりですか?

[PR]
Commented by tomomato at 2016-09-11 16:11
私が手縫いをしたら、着ているうちにどんどんボロボロほつれてきそうだ〜〜〜〜 笑
とってもステキなリネンの服。 昨日ちょうど、もっとリネンの服を増やしたいな〜 って思ってたところなの。 
いいないいな、 さんしょかな?
Commented by oliverlocca at 2016-09-12 05:22
↑成る程、山椒!!
pot-eriさんちくちく楽しそうね。私も実はこの夏、◎◎年ぶりでミシンを使ってブラウスとスカートを一体化させて長めのトップスを作った所。でもイマイチだったな。手縫いって良いな。そしてこだわりの生地も。是非お披露目してね♬
Commented by pot-eri at 2016-09-12 13:38
tomoさん、ふふふ、大丈夫だいじょうぶ。
家庭科の授業で習った゛半返し縫い゛でしっかり縫っていくの。
最もこの本のどこにも『手縫いで』とは書いておらず私が勝手に好き好んでやっていること。どれもシンプルなデザインだからミシンで縫えばきっとあっという間にできるはず。
tomoさん、当たり。景品として沢山実がなったあかつきにはお届けします!? いつになるのかなぁ...?
Commented by pot-eri at 2016-09-12 13:46
loccaさん、そうなの、こっそり連れてきたサンショです(あまり大きな声では言えないけれど。。)
私もミシンも好きよ。
loccaさんがイマイチって言っても、きっと素敵なのだろうなー いつの日か夏にloccaさんと会える時にはこのワンピースを着ますね♪
Commented by helebore at 2016-09-12 17:14
もうみんなに言われちゃったけど山椒〜。葉っぱもいいけど山椒の実の佃煮とか大好き。韓国にいた時裏山に野生で生えてたけどあまり香りがなかった。中国の麻婆豆腐とかに入っているやつはすごいしびれる辛さだよねー。土地によって変わるのかもね。
手縫いいいよねー。娘がちびの頃、簡単なものを作ったことあるけど、ちくちくやってると音もうるさくないし、セラピー的なのよね。自分用には面倒くさくて作れないけど。笑。でもたくさん作ったのねー!ぽてりさん似合いそうだなー。しかし写真、すんごい昭和なんだけど。ざるに裁縫道具!
Commented by papricagigi at 2016-09-12 22:53
待合室なんかで編み物をしている人はよく見かけるけど、裁縫しているひとを見たことはないよ〜。おもむろに布を引っ張りだして、ちくちくし始めるptoeriさんを想像すると可愛くてわらっちゃった〜。リネンの色も素敵だな〜♪

さんしょかな? って思ったよ。そしたら流石tomさんの答えが上にあり〜☆ 子供の頃のことだけど、きれいなアゲハチョウはさんしょにしか卵を産み付けなかったの。小さな葉っぱに卵ひとつ、っていうふうに。だからこの葉っぱ、よく覚えてるの〜。実ができるといいね〜。 スーツケースにいれて持って帰ってきたの??? うひゃぁ。。。スマグラー poteriさんっ!
Commented by pot-eri at 2016-09-13 16:29
heleboreさん、当たり~!
私も佃煮大好き*夢は佃煮作りなのよー、ブルターニュの山椒の実はどんな味になるのかなぁ? 順調に育ったらの話だけれどね。本場の麻婆豆腐って山椒の実が入ってるのね、食べたことないわ..
heleboreさんも手縫い派! heleboreさんには娘さんがいるのよね、永遠の少女の様なheleboreさんだから何だか不思議。
やさしいお母さんなのね。
昭和でしょー、日本滞在中はベッドでなく、畳にお布団敷いて寝るのが好き。もっと昭和な写真があるから機会があったらアップするね、
Commented by pot-eri at 2016-09-13 16:41
papricaさん、
あはは、そうね見かけないね。警察署で縫い物はじめた時は隣にいたエジプト人とその隣のアフリカ人のおっさんが目を丸くして「洋服縫ってる?今時そんなことしないぞー、みんな買っては捨て新しいのを買うんだよ」と説かれてしまいました。

子供の頃の思い出って時に鮮明に残っているよね、小さな葉にひとつずつなのね。そう言えばサンショのこと調べたらアゲハチョウの幼虫のこと書いてあったわ。

スマグラーって何だかわからなくてググッちゃった。なるほど、しーーーーっ!
Commented by francana at 2016-09-14 16:38
山椒かなぁと自信なく思っていたら、やっぱりそうなんですね、よかった(笑)。
どうやって持って帰ったのかな、スーツケースに入れてでしょうか。私も真似して何か持って帰ろうかしら・・・
↓プチトマト、たくさん赤くなっていますね!
こちらも8月のおわりからようやく熟れてきました。ちょうど載せたところです~ おいしいですよねぇ。
もっと昭和な写真も見たいです(笑)。
Commented by pot-eri at 2016-09-15 13:06
francanaさん、そうですサンショでした。
今回はドイツ経由だったのですが、帰りのパスポートコントロールで止められ、別室に連れて行かれた時にはちょっとひやっとしましたが、スーツケースの中はチェックされるはずないし、それは
滞在許可証が切れていてレセピセが3枚もホチキスでとめられていたからでした。(そうそう、やっと新しい10年カードがもらえました。書類提出してから丸一年。。これ今のパリでは普通らしいです。)
francanaさんのトマト、覗きにいきますねー
昭和な写真待っててね◎
by pot-eri | 2016-09-11 14:59 | ブルターニュ.日々 | Comments(10)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30