イラクサの水肥 Purin d'ortie





e0206902_21232448.jpg






イラクサ(ネトル)には植物の成長を旺盛にするために
土壌に欠かせない窒素が沢山含まれているそうで
フランスでは昔からお爺ちゃん、お婆ちゃんの知恵として、農作業には欠かせないイラクサの水肥
ご近所のムッシューぺシャン(96歳)に教えてもらって、ひと月ほど前に作ってみました。

作り方は簡単。
蓋付き容器にイラクサとひたひたになるくらいの水を入れ、一日一回かき混ぜるだけです。
初めのうちはイラクサが発酵してブクブクと泡が確認出来ますが、それが消えたら
使い時だそうです。気温によりますが2週間~ひと月ほどで出来上がり。キョーレツな匂いがします。

イラクサの水肥は水で薄めて
肥料として使うときは10倍に薄めて、
アブラムシや害虫駆除として植物に直接スプレーする場合は20倍に薄めて使うそうです。


フランス内陸は大雨洪水で大変だったというのに、このところ雨の降らないブルターニュ、
古薔薇さん達が沢山花を付けてくれているので
一つひとつの苗に、感謝と激励の気持ちを込めてたっぷり水肥をやりました。



特に、せっかくついた蕾がポキポキ折れてしまっている子がいて心配...↓




e0206902_2218100.jpg





昨年まではせっかく咲いた花を切花にしてしまうのはもったいないような、可愛そうな気がしていましたが
4年めの庭では花の数も増え、大きく開いた花は次の蕾のためにも切花にして
家の中で楽しむようにしています。





e0206902_22105968.jpg






水肥も何も無くてもぐんぐん育ち、広がるカモミール
ハナマル印の生命力   大好きよ☆





e0206902_22154595.jpg



[PR]
Commented by tomomato at 2016-06-07 15:47
オステオパシーの記事を読み落としてた! そんなにすごい人が近所にいるなんて運命ね!!! ^ー^  体には癖があるから、 その癖を直さないと直してもらった骨もまた元に戻ることがあるので、あれ?って思ったらすぐに行って矯正してもらうといいよ〜〜〜  安心だね〜〜〜〜  よかった〜〜。
手術とかはなるべくしないほうがいいよね。  私も庭仕事は四つん這いだよ。それが一番楽。   それでも腰にくるけれどね。  作業はほどほどに、ゆっくり休んで回復してね。
バラがとっても綺麗で上品ね!  天窓も明るくなって嬉しいね! お大事に。
Commented by pot-eri at 2016-06-08 04:53
tomoさんのアドバイスのおかげでオステオパシーに心が決まっていたから、呼ぶことが出来たのかも。足先までしびれていた痛みはすぐに消えたのだけど、坐骨の大元の部分の痛みはまだ残っていて、今週もう一度診てもらうの。
tomoさんも根をつめちゃだめよー(庭仕事はついつい夢中になっちゃうけどね。)
by pot-eri | 2016-06-06 22:18 | 庭しごと | Comments(2)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30