ザコツシンケイツウとパリ  La sciatique et Paris







e0206902_2262011.jpg



先週はまた巴里に居ました。
目的の一つは、昨年12月でレジデンスカードの有効期限が切れ、
3度目のレセピセ(3ヶ月間有効の仮の滞在許可証)の更新のため、
パリの移民局の現状はひどいです。
手続きの行われる指定の警視庁へ開館前から並び、私の前に居た赤ちゃん連れのアフリカ人の女性と
少しお話をしたら、 「移民は辛いわよねーお互いに!」 と言われてしまった
そっか私も立派な移民なのね。。
待ち時間は2時間以上、窓口では10分足らずで用が済みました。
次にレセピセが切れるのは8月中旬、えーっ、ヴァカンス時期ではないの...
それまでに本物のカードが出来ることを祈ります。



パリに行ったもう一つの目的は
昨年から始めたチェロ仲間とのトリオのプチコンサートのため。
(コンサートと言ってもチェロ仲間の一人ジャックおじさんのアパルトマンで彼の友人、隣人達との親睦パーティーの前座として20人くらいの人が集まりました。)
金曜の夜が本番なので、前日の午後はリハーサルにあてていたのですが
その日の明け方トイレットに行きたくなり起き上がろうとしても左半分の腰からかかとまで激痛が走り、動けない...
何とかベットから抜け出たものの床でなめくじの様になっている私に、ブルトンさんもびっくり。
リハーサルはキャンセルせざるおえなくなってしまいました。

いくつか教えてもらった有能なオステオパット、整体医に連絡しても、急患を受け入れる枠はなく、
唯一、キャンセルが出た場合には連絡しますと言ってくれたオステオパットからも連絡は無いまま...
夕方ブルトンさんが前回と同じ抗炎症剤を求めファーマシーへ、
薬の効果で何とか痛みは和らぎました。


抗炎症剤を飲めば普通に生活出来るので、翌日のコンサートには参加しました。
移動の時はお抱え運び屋さん(笑) 笑っている場合ではありませんね、
ブルトンさんありがとうの図 ↑ 

こうしてみると、随分重そうだし、かさばるものなのね、チェロって。
カラダに良いわけありませんね。




e0206902_22433778.jpg




e0206902_234521.jpg





ブルターニュへ戻って来ると、裏庭の古薔薇さん達がお出迎えしてくれました。
あー 良い季節の到来!


今日、今からオステオパット医に診てもらってきます。
結果は、また報告しますねー

みんな心配してくれてどうもありがとうー

[PR]
Commented by papricagigi at 2016-06-01 00:56
poteriさん、どうか無理はしないでね~。庭やお家の修復作業もほどほどに。。。私の知り合いの妹さんが、実はpoteriさんのととても良く似た症状なのです。生まれつき背骨の形が少し変わっていて(カーブが大きくて縦にもねじれている?らしい)、今になって長年の負担が痛みとなって現れてきているって。彼女の場合は抗炎症の薬を飲んでも生活が厳しくなってきたから、この夏に手術するって。ずっと痛かったけれど無理して放ってきたんだって~。poteriさんは早くに気付いてきちんと診てもらっているから大丈夫!

チェロがひけるなんて素敵だな~。私、音楽なーーーんにもできないから、楽器がひける人をみると「セクシー!」って(?)崇拝しちゃうのです。いつかpoteriさんの演奏を生で聞いてみたいです。
バラさんたち、とーーーっても美しいね♪ 花びらが重なる様子もしっくりとした色も。つぼみがいっぱい!!
Commented by pot-eri at 2016-06-01 20:35
papricaさーん、ありがとう☆
お友達の妹さん、一日も早く良くなりますように。
抗炎症剤ってそのうち効かなくなるのだろうな って何となく私も感じていました。昨日オステオパシーに診てもらって↑大分楽に、一安心しています。

私ってセクシーと無縁の人だから、嬉しいわぁ☆
いつの日かブルターニュに遊びに来てね、工事は終わっていないかもしれないけれど~
Commented by mamiosaki at 2016-06-05 21:54
eri-さん、大丈夫ですか?大変でしたね。でもそれでもコンサートで弾けたのも凄いです。重たい物は持たない方が良いですよねー。針に行ったらどうですか?
修復作業中に知らないうちに毎日無理してたんですよ。
eri-さんのお庭のバラ素敵ですね。ビンクのは牡丹に似ています。見ているだけでもほっとしますね。
Commented by pot-eri at 2016-06-06 04:47
mamiちゃん、身体はまだ完治していなくて、もう無理はきかないお年頃なのね。。
鍼も良いよね。パリでは良い先生を知っているのだけれど、コンブールにも居ると良いなぁ。。コンサートは薬が効いてたし、一人でなかったのでなんとかなった。
うちの薔薇さん達、6月が一番美しい季節だと思う。いつか6月に来てねー

by pot-eri | 2016-05-31 22:52 | 巴里.日々 | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31