五月のブルターニュ 2  La Bretagne au mois de mai 2






e0206902_15122779.jpg




少し遅れていますが、五月晴れ続きだった五月はじめの週のつづきです。

冬の間にブルトンさんが切り倒してくれたものの、そのままのカエデの木
一体いつになったら片付くのかなーと思いつつ、
今ではココちゃんお気に入りの綱渡りコーナーとなっています。


ブルターニュにやってくると朝から晩まで働きまくってくださるブルトンさん
「この木なんとかしてっ!」 などとはとても口に出せません。。






e0206902_1513268.jpg




ブルトンさーん、何を始めるのー?





e0206902_15153685.jpg




いよいよ素焼きタイル貼りも終盤。
はい、まだ終わっていないのですよ。

部屋の四方の隅の調整。一つずつサイズを測って準備するのは私の仕事 ↑
状態の良いものを切ってしまうのはもったいないので
なるべく欠けたり割れたりしてしまったものを再利用。





e0206902_15135687.jpg





e0206902_15143445.jpg





それらをグラインダーでカットするのですが、もの凄い煙でモクモクになります。
当初この作業も私がするつもりでいて
修復工事の先輩abeilleさんに話すと
「あれはねぇ、すごーく辛い作業よ...」 といままで大抵の作業において
「大丈夫、出来る出来るー!」とポジティブだったabeilleさんですら
「ブルトンさんにやってもらった方が良いかも。。」 とかなり引き気味。

それで実際にお手本にと、ブルトンさんがやって見せてくれたのですが
(ここまでまだやる気でいたぽてり)
わたくし、すぐに、完全に引きました (笑)


丸二日かけて、四方全てのタイルカットを終わらせてくれたブルトンさん
全身だいだい色の粉おしろいをはたいた様な姿は、本当に哀れで、
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう、お疲れさま ブルトンさん。





e0206902_15172065.jpg





過酷な作業の後はアペロ☆
ご近所のムッシューペシャンをお招きして、
まだ工事中のアトリエ初めてのお客様となりました。

(ブルトンさんの後ろにはセメントミックスの機械があったりします。。)

これは偶然だったのですが、この翌日が彼の96歳のお誕生日ということで
楽しい前夜祭のひとときとなりました。





e0206902_15182225.jpg




ムッシューペシャンにいただいたお庭のチューリップのブーケ☆

[PR]
Commented by tomomato at 2016-05-17 23:16
お〜〜 お部屋がすっかりお部屋らしくなってます。 セメントミキサーにもかかわらず! と〜っても素敵!!! 素晴らしい!!  タイルを切るの・・・・ 知ってます。 みたら半径2m以内には近寄りたくなかったわ・・・・・ ほんと〜にどんどん形になってるね! 
Commented by pot-eri at 2016-05-18 05:32
tomoさん、お、お部屋というか、、、テーブルは作業用の折りたたみの脚に大きな板置いて布かけただけ、ムッシューぺシャンの後ろにはいらない配水管が立ってるしー...
タイル切りの過酷さtomoさんも知ってるのね、ブルトンさんがんばってくれました。
どんどんでないけど、出来ることを少しずつやってまーす。
いつもコメントありがとう☆
Commented by Abeille at 2016-05-19 14:59 x
タイルカット、無事に終わってよかったねー。
ブルトン様さまだね!お疲れ様ー。
これでアトリエの床が出来上がるねぇ。写真に写ってる素焼きタイルの床、すごくいい感じ。
うちは一昨日足場が組まれて、家の外壁に取り掛かりまーす。
昨日は一日中雨で作業できなかったけど、これから晴れが続きますように。。。
poteriさんの作業、S氏が必要だったらいつでも連絡してね。
お互い頑張ろー!
Commented by pot-eri at 2016-05-19 16:26
abeilleさーん、話に聞いていた通り、すごかったー。
今は石灰モルタルで土台作って、カットされたタイル貼りしてます。ザコツシンケイツウがあるから少しずつ...
この床にはストーリーがありすぎて、S氏と二人で頑張った過酷な作業のこと、タイル探し、運びのことetc... 思い出しています。いつかこの家が他の人の手に渡って、床のタイルを壊されたりしたら、私はきっとあの世から出てきてしまうのだろうなーと思ってる。。

外壁? 本当にS氏は休みなしだね。ということはアトリエは完成したの? 
≫≫S氏が必要だったらいつでも連絡してね。
ありがとう、はい、その時はどうぞよろしくお願いしまーす。
Commented by mamiosaki at 2016-06-05 22:12
もう本当にお家らしくなっていて、床がなかった事忘れてしまいそうです。とっても素敵です。私もムッシューのように早く遊びに行きたいです。
Commented by pot-eri at 2016-06-06 05:03
mamiちゃん、床無かった頃...懐かしいね。
もう二度と出来ないあの作業...
ブログにはキレイになったとこしか載せてないからね、でも、もう暮らし始めたら慣れてきちゃった(笑)
お友達用宿泊設備が整ったら来てね(...それは一体いつ?)
by pot-eri | 2016-05-10 15:19 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(6)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31