ヤドカリ生活から新しい仮暮らしへ   la nouvelle vie, tout est provisoire







e0206902_17411690.jpg





ご無沙汰していました。

レンヌのブルトンさんの生家でのヤドカリ暮らしが事情が変わって出来なくなり、
ついに未来の家=工事現場での、新しい暮らしが始まりました。

トイレとシャワーがあればなんとかなるっ! という私に
ブルトンさんは「やはり流し台も無いと。。」と、この家の売主が設置せずに
置いていった私の嫌いな流し台、
「捨てる」と言い張る私を無視して確保していたブルトンさん、
夜中の3時頃までかかって設置してくれていました。

シャワーもトイレも、全て売主が買っただけでそこに置いていったもの。
これらも私は「いらない」と最初言い張っていたのですが...
ブルトンさん、アナタハタダシカッタ です。

仮のシンクに (料理は今のところキャンプ用のガス台一つだけ)



e0206902_174146100.jpg




仮のシャワー 宇宙から舞い降りてきたみたい。。(でも熱~いお湯が出る!)



e0206902_17422050.jpg




この仮暮らしが一体いつまでつづくのかな?


ブルトンさんと相談して
まずは実験的に10日間、一人で暮らしてみることに。。
3月のブルターニュはまだまだ寒く、
室温は6~7℃、、寒かったー 
まだ屋根の断熱も、壁作りも全て手付かずですので ... 暖房は電気のラジエター一つだけ



e0206902_17474535.jpg





3日目に悪寒が走り嫌な予感がしたので、
魔法の水薬を飲み続けました。
夏にheleboreさんにいただいてあった南仏のタイムフラワーのおかげで元気になれたよ、
アリガトウ☆
 
後半からは春らしいお天気になり
工事(まだちまちまタイルのジョイントしてます)に疲れると、気分転換に裏庭へ、
うす桃さんが一つぷっくりしていました うれしい。
庭も家も、やることだらけー 
実験期間を終えパリへ戻るのが寂しかったです。

パリへ行く前日に電話線も引いてもらえたのでネット環境も整ったはず。


このキャンプの様な仮暮らし、結構気に入っているの
早くブルターニュへ戻りたいー





[PR]
Commented by tomomato at 2016-03-16 22:49
お〜〜〜 ついに!! なんだか懐かしい・・・ 私たちの最初の頃の様・・・・  家には前から置いてあった古いプロパンガスのガス代があってねえ。 あれはオーブンもついていて結構便利。 でも主に薪で調理していたわ。。。 もし、来年の冬に屋根の断熱が間に合わなかったら、臨時に寝室のすぐ上の床に断熱材を敷き詰めるだけで全然違うから。 体冷えると抵抗力落ちるし、 気をつけてね。 でも冬前に、そういう準備が整うといいね! シンクもあるだけで全然違うでしょう!お仕事頑張って〜〜〜 ふれ〜ふれ〜 
Commented by pot-eri at 2016-03-17 16:08
tomoさん、ついにはじまったー!
高級キャンプ暮らし(←高級は言い過ぎ?)
この小さなガス台では長時間の煮込み料理とかは出来ないのだけど、工夫して楽しんでます☆ オーブンがあったなんて超高級キャンプだったのね(笑)
次の冬に屋根の断熱が仕上がっていないことは大いにありえるのでとても参考になります。
お山からフレーフレー アリガトウ♪
Commented by helebore at 2016-03-17 20:31
事情が後押ししたにせよ、ついにはじまったのね!でもこれから暖かくなる季節だからまだ気持も明るいかな?
ひとりで仮暮らしでまだ季節も寒くてなんて、、、あー、もう手伝いにいってあげたいわ。。。私(たち)も北海道でスーパーハウスで暮らしてたことがあるから、なんか想像できるよ。。。
本当、冬が来る前に準備ができるようにブルトンさんにも頑張ってもらってあと、頼める人にたくさん助けてもらってね!
でもとりあえず新生活開始、おめでとうー!_
Commented by pot-eri at 2016-03-18 16:10
heleboreさん、お手伝い?話し相手でも良いわー(笑)
スウプの冷めない距離だったら良かったのにねぇ。
「一歩踏み出してごらん」と、何か見えない力に押されている感じがしていたよ(良い意味でね)
スーパーハウス? お互いに色々経験してるのね、
いつか遊びに来てねー♪
Commented by francana at 2016-03-19 02:13
アトリエでの暮らし、はじまるのですね!
こういうシャワーボックス、あるあるって思いました(笑)。
石の家のなかで妙に浮いているけれど(笑)、こういうときは、あたたかいお湯が出るならじゅうぶん、かな・・・?
石を積んだ壁、木の梁もとてもすてき。
つぎの冬が来るまでに、断熱対策できるといいですね。
すこしずつ環境がととのって、家らしくなっていくのですね、私もたのしみです。
Commented by pot-eri at 2016-03-19 18:00
francanaさん、
はじまりましたー!(と言っても゛お試し期間゛を終えて今はパリ待機中。。来週戻ります♪)
妙に浮いてるでしょ、シャワーボックス。そう、でも熱いお湯は身と心に沁みる至福の時なのでありがたく思っています。
少しずつの変化ですが、見守っててね、ありがとう☆
Commented by Abeille at 2016-03-19 22:15 x
 はじまったね!
私達のブルターニュの田舎の石の家修復を思い出してしみじみ。。。寒さはつらいよね。
でもこれから暖かくなってくるし日も長くなるから、作業もはかどるし気持ちも上向きになるね!
いつでもS氏にヘルプ頼んでねー。私も行きたい。。。
キャンプ用品も必要だったら言ってね。
Commented by pot-eri at 2016-03-19 22:44
abeilleさん、
これは古い家の修復をする者、誰しもが通る過程なのかしら?
abeilleさん達はこの家のはじまりから知っているから、こうして仮住まいが出来るようになっただけでも進歩よね、
と、これに満足してはいけないのだけれど。
夫婦喧嘩(しないと思うけど)したら駆け込んでおいでー(笑)
キャンプ用品のこともありがとう。お宅はかなり充実していそうなので、困った時はよろしくお願いします。
Commented by mamiosaki at 2016-04-05 00:57
ついに始まりましたね。シャワーにキッチンに電気のヒーターもあって安心しました。これで暖かくなったらもう最高ですねー。仮のキッチンでも愛着わきますよー。
Commented by oliverlocca at 2016-04-05 06:04
pot-eriさん
素敵なキャンプ的ライフスタイルの始まりおめでとう♬
ここまで来たね:)何はともあれ暖かいシャワーがあると、他全て許せるって感じだけど、本当にエキサイティング !!
Commented by pot-eri at 2016-04-05 15:36
mamiちゃん、始まった頃は電気のヒーターに張り付いていたけれど、今はそれももう必要無くなりこの仮暮しに愛着が湧いてます。
キッチンのシンクの下の扉だけでも塗り替えようかな、と思い始めたけれど、他にやることありすぎて仮のものにかける時間がないー
Commented by pot-eri at 2016-04-05 15:41
loccaさん、何とかここまで来ました!
このボヘミアン的なライフスタイル、なかなか気に入っていて
「もうアトリエが始動出来たら、後はこれで良いかなー」なんて、やっぱり私はちょっと変な人なのだな、と
最近少しずつ自覚しつつあります。
でもお友達にも遊びに来て欲しいから、人を受け入れられるような環境づくりぽちぽち続けまーす。
by pot-eri | 2016-03-16 17:40 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(12)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31