朝の散歩 la promenade matinale








e0206902_1745381.jpg







工事中の未来のアトリエ-家のある小さな田舎町までは
駅から車道を真っ直ぐ行くと、お城の角に着きます。 (お城からうちはすぐです)
思えばこの2年半ほど、ずーっといつも同じコースを行き来していたのですが、
先日、ふ、と
「ここで曲がったらどうかしら?」 といつもと違う道を行ってみると







e0206902_17454797.jpg






急にわくわくするような自然への入り口☆

馬が居たり、
薄紫の花の咲いた畑が延々と広がっていたり(何の花?)

わー 田舎だー

すごく気持ちいい。


人間の造ったと思われる林へ自転車で入ってみる







e0206902_17464091.jpg





土曜の朝8時頃はまだ誰もいなくて
カシャ、グシュ、シュワッ と 枯葉を踏みしめるのが気持ちいい。




するとっ !!








e0206902_17472264.jpg





栗~!

あちらも、こちらも 


***クリ*クリ*クリ*クリ*クリ*クリ*クリ*クリ***


もっともっと拾いたかったけれど
「剥くのはワタシ」 と自分に言い聞かせ

このくらいにしておきました↓








e0206902_17475972.jpg







先週マルシェで栗を1キロ3.8ユーロで買ったところだったから

早起きは10ユーロの得 くらいかな?


きっとまた行ってしまうと思います。


[PR]
Commented by tomomato at 2015-11-01 18:28
ふふふ。。。 剥くのは私・・・・^0^   気持ちは分かります〜 
そのまま煎って食べちゃうのが一番簡単、 ここらあたりはもう栗が終わってしまって今年は余りとれなかったの〜 
近くに素敵なところがあるっていいよね! 
Commented by helebore at 2015-11-01 19:03
わたしもいつも同じ道を通ってしまうたちなんだけど、だんなさんと出かけると全然違った景色が見られるんだよね。。。方向音痴だからあまり冒険が出来ないんだけどたまにふと違う道を曲がってみるとほんと全然ちがっておもしろいよねー。
栗、このへんのはすごく小さくて、むくのが大変そうだから拾ってこなかったわー。
Commented by helebore at 2015-11-01 19:18
最初の写真、とても素敵!

Commented by pot-eri at 2015-11-02 00:38
tomoさん、ふふふ...でしょ。
夕べは深夜2時半までかかったよー 時計の針を見てtomoさんのこと思っていたの、感じた?
ここは歩いていけるのでもうこれから毎年秋の楽しみが増えました♪
Commented by pot-eri at 2015-11-02 00:46
heleboreさん、
私も方向音痴なの、困るよねー。
heleboreさんの天使の降りてきた写真に癒されていたら、私もこんな素敵なところに出合えた!
栗拾いはブルトンさんと一緒に行くと、彼は落ちてるのぜーんぶ拾うから小さいのもいっぱいあって困るのだけど
昨日の林の栗は木によって大きくてコロコロしてるのばかりの所があったから、明日はそこ目掛けて行ってみる!
Commented by tomomato at 2015-11-02 05:35
え? 道理で夜中に目が覚めたと思った〜〜〜〜 (ほんと)^0^ 3kgちかかったんだね、 それは死にそうだ〜〜 手、お大事に!
Commented by pot-eri at 2015-11-02 06:18
tomoさん、あら、通じちゃったのね夜中にごめんね(笑)
もう一回くらい拾いに行きたいと思ってるのだけど、またtomoさん目覚めさせちゃうかしら?
こういう作業ってやっぱり夜なべがはかどるよね、不思議。。
Commented by mamiosaki at 2015-11-02 09:44
色々な発見があると楽しいですよね〜。それもお城からお家が近いなんて最高ですよね。早く行きたい!!!栗良いな〜。
Commented by francana at 2015-11-02 15:52
癒されます、こういう風景。水があるのは、池?小川かしら?
栗を見つけたなんて最高ですね~!
2kg以上も拾えたのですか、うらやましい~
皮をむくのはたいへんですけど、おいしさが待っていますものね。
一部は冷凍してノエルまで出番待ちでしょうか(笑)。
私も、季節がおわる前にもういちど栗を食べたいです!
Commented by pot-eri at 2015-11-04 18:33
mamiちゃん、お城はすぐでそこがこの田舎町唯一の見所、
フランスの文豪家で政治家だったシャトーブリアンが子供の頃暮らしていたことで有名なのだけれど、お城の中はきらびやかという感じでなくて
ちょっと暗くて重い気が流れている。。
mamiちゃんの好きなタイプのお城とはちょっと違うかも。。でも遊びに来てね☆
Commented by pot-eri at 2015-11-04 18:42
francanaさん、木の癒しパワーはすごいですよね。
この田舎町には゛静かな湖゛という名の池があって、ここはその池と、もう一つの池をつないでいる水路のようです。
ノエル用の栗も準備しました☆ ノエルに冷凍ものって、、、とも思いますが、以前ノエルの頃にフレッシュな栗探しに大変だったのと(それは当然)
ノエルの時は栗剥きに時間をかけていられない!
拾った栗でfarine de chataigneが作れたらいいのになぁ、と思います、買うと高いから。。。無理っ!
by pot-eri | 2015-11-01 18:15 | ブルターニュ.日々 | Comments(11)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30