小石が届いた日とハチドリ le jour de la livraison des graviers et le colibri








e0206902_1857520.jpg







配達のトラックと入れ替わりくらい、
いつもより早めにやって来てくれたS氏と私でこの日やるべきことは一目瞭然

この山を↓







e0206902_1858613.jpg






家の中に運ぶ

スコップでがしっとすくって、一輪車に乗せ、運ぶ
ガシッ、ザバッ、ドドドーッ ひたすらこの繰り返し
(私はすくった小石を一輪車に放り投げる腕力が無いので、
低い位置でバケツに入れて運ぶ...)


ガシッ、ザバッ、ドドドーッ...



裏小路の角のブロカントのムッシューは、
容易く笑顔を見せず、一見気難しそうなおじさんに見えるけれど
実はとても心温かいヒト
ものごとの真髄が見え、暮しを愉しむ術を知っているヒト
冗談がピリッと楽しい


いつも工事現場の様子をからかうように見に来ては
だまって去ってゆき、その後自分の家から色んな使いやすい道具を持ってきて置いていってくれる
「これ、使ってみー」 と。

この日の朝も、小石をひとつ、ふたつ豆まきのように家の中へ投げ入れ
「ほら、僕も手伝ってるよ~」 と笑わせてくれたと思ったら

だまって大きなスコップを持って戻って来て
「ぽてり、一時間僕を雇うかい?」 と ウインク*
ガシッ、ザバッ、ドドドーッ を手伝いはじめてくれた


や*さ*し*い*






e0206902_19303985.jpg






男の人が二人になると作業も早い。。






e0206902_19344333.jpg







さすがの男子にも身に応えるこの作業は時々休息が必要


お話も愉しい、色んなことを知っているムッシュー.ル.ブロカントゥー (=ブロカントのムッシュー)


すると 突然、

「ねえ、キミ達、コリブリの話知ってる?」 (ムッシュー)

「いいえ」 (S氏)
「コリブリって何?」 (ワタシ)

「小さな鳥だよクチバシはこんな風で、うーん、もう、それはいいから、 あのね、コリブリの話はね、
昔南米の森で火事があって..」  (ムッシュー)

「あーーーっ 知ってるーその話!ハチドリでしょー!」  (ワタシ)


そう、それは 『ハチドリのひとしずく』 のお話でした 皆さんご存知ですか?


私も小さなこの本を持っていて、今は引越しのダンボールの中なのですが、
短いこのストーリーは一度読めば、心に刻まれます。

一番最後のハチドリの言葉
「私は私にできることをしているの」 フランス語にすると「je fais ma part ジュフェマパー」

「ジュフェマパーだよ、凄いでしょ?大好きなんだこの話」 (ムッシュー)


実は何を隠そう、私もいつもこのハチドリの言葉をつぶやいているの、
ムッシューには言わなかったけれど。。


 ワタシニデキルコトヲスルダケ



小さな力、小さなアクションが大きなことへ繋がったらいいなぁ、つながると信じて。




日本でこの『ハチドリ』を訳された辻信一さんによる素敵な運動があります→★


そしたらムッシューがもう一つ教えてくれた


「フランスにもmouvement colibrisというのがあってさ、僕このPierre Rabhiが好きなんだ」って



ピエール.ラビ氏 知らなかったのは私だけ?
とても素敵な思想の持ち主の方のようです 瞳が綺麗☆


アリガトウ ムッシュー.ル.ブロカントゥー



*オマケ* わたしのお友達のお庭にはハチドリがやってくるそう、いいなぁ。。 →★

[PR]
Commented by tomomato at 2015-10-25 16:51
わー 良いお話をありがとう。 ムッシュー素敵な人ね。  そんな風に手伝ってくださって、暖かいね。  でもその日がお天気の日で良かった。雨とか降ったら本当に大変だったね〜   無事に搬入がすんでよかった〜   
Commented by pot-eri at 2015-10-26 04:17
tomoさん、ムッシューはもう70歳を過ぎているらしいのだけれど、ガンガン手伝ってくれたー めるしぃ☆めるしぃ
本当、雨降らなくて良かった♪でも翌日の私のからだはガタガタでした。。
私も早く土方作業から解放されたいー お庭に行ってる時間もないくらい、、哀しい。。
Commented by mamiosaki at 2015-10-26 06:26
コリブリのお話は知らなかったので読みましたよー。良い話ですね。フランス語でもコリブリって言うんですね。ドイツ語でもそうですよ。英語ではhummingbirdです。でも頑張っていますね。私もムッシューに手伝ってもらいたい。そういう優しい人が近くにいると安心ですね。私は落ち葉を掻き集めるので忙しくて腰、腕が痛くなるのに、eriさんは砂利を運ぶのは大変だったと思います。家は砂利道なので砂利運びもたまにやりますが、どっしり重いんですよねー。無理しない様に頑張って下さい。
家のはちどりの写真リンクしてくれてありがとうございます。
Commented by papricagigi at 2015-10-26 22:42
素敵なお話、どうもありがとう。poteriさんの路地の人たち(子どもたちも)はみんな温かいね♪
フランス語、全然わからないけれど、みなさんのお話の様子聞いてみたいな。きっと耳にも優しいのだろうなー。
ジュフェマパ。なのね♪
Commented by helebore at 2015-10-26 22:48
うん、こういうムッシュいるよね。ちゃめっけがあって、それほど親しくない人にも優しさを分けてくれるような人。ほそくて小さなおんなのこみたいな(しつれい)ぽてりさんを見てたら思わず手伝いたくなっちゃうよ。。。
フランス語でコリブリっていうのね、わたしもこの話よく思い出すよ。自分に出来ること、いま出来ることだけ考えるようにしてる。将来のこと考えると不安になってきちゃうから。
フランスの好きなところは、人がひとりひとり自分の思うこと、情熱のあることをを何のてらいもなく地道に?してる(出来る環境がある)ってことだな。そういう人を見ると自分まで肯定されているように感じるよね。
寒くなってきたから無理しないようにねー。
Commented by pot-eri at 2015-10-28 07:47
mamiちゃんのお家のハチドリさんは今頃南米辺りにいるのかなー? 来春また戻って来てくれるといいね☆
コリブリ、きっとドイツ語とフランス語では発音が違うのだろうね。落ち葉掻き集めるのも敷地が広いと大変ね、うちの小さな庭の落ち葉は(といっても木は3本しかなくて、カエデとヘーゼルナッツの木とエルダの木)自然のままに放ったまま、そろそろ庭仕事に戻らなくては。。
ありがとう、ぼちぼち頑張るよー
Commented by pot-eri at 2015-10-28 07:53
papricaさん、そうなの、ご近所の人はみーんな温かい人たちで恵まれてるなぁと思っています。
フランス語ね、私もその心地良さに魅かれて勉強しはじめたのだけど、日常使うようになると音の心地良さとか気にとめなくなってるなー
意味がわからないくらいが丁度良いのかもね、わたしはイタリア語好きよ、papricaさん大分上達した?
Commented by pot-eri at 2015-10-28 08:08
heleboreさん、えー、わたしheleboreさんに会う日は落ち着いた大人の女っぽくしていったつもりだったのに~(ウソ☆)
将来のこと?私も考えないようにしてる、ケセラセラ...
この間電車の中で知らないフランスのおじさんに話しかけられて、何でも日本に行ってえらくカルチャーショックを受けたって、特に衛生面と人々のマナーの良さに。でもそのおじさんが言ってた゛日本人はもっと外に出て自由というのがあることを肌で感じるといいね゛って。
確かにーと思った。私の今してることも日本では、無理よねぇ。。 heleboreさんも南仏とアルザスの気候の違いでカラダ壊さないようにねー
Commented by oliverlocca at 2015-10-29 14:08
pot-eriさん
ボンジュール♪ ブロカントのムッシューも、ハチドリのひとしずくの話にも
そして正にこつこつとハチドリさんのように頑張っているpot-eriさんにも
いつも感動です。素敵なお話ありがとう♪
Commented by pot-eri at 2015-10-30 03:42
loccaさん、ボンジュール☆
ハチドリ、ウェールズでは見ない? 私は未だ一度も実物を見たことなくってブルターニュにも居るのかなぁ?
最近、ブルトンさんに゛プチコリブリ゛と呼ばれています、なんて光栄なことかしら。。
こちらこそやさしいコメントありがとう◎
Commented by mamiosaki at 2015-10-30 12:18
今家のハチドリさん達はメキシコかベリーズ辺りにいると思います。毎年やって来ますよ。
ハチのようにお尻でダンスをして何処に蜜があるか教えるのと一緒なのか、必ず蜜を下げておくと来ますよ。
eriさんも試して下さい。
Commented by pot-eri at 2015-11-01 04:13
mamiちゃん、昔観た渡り鳥のドキュメンタリー映画を思い出しているけれど、鳥って凄いね
ちゃんと同じところへ戻って来るなんて。蜜はハチミツ? 来春も忘れずに用意しなくてはね、楽しみ、楽しみ(←mamiちゃんのお家に戻って来る
ハチドリさん見るのが。うちの小さな庭はどうかなー...?)
by pot-eri | 2015-10-25 15:32 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(12)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30