渋い     shiboui









e0206902_1759780.jpg






夕べはコトコト渋皮煮
気付くと零時

こういうちまちました作業は苦にならない
どころか、好き

黙々と手を動かしながら、ラジオに耳を澄ましたり
色んなことに思いを巡らせてみたり。。

渋皮、フランス語だと何ていうのかな?
きっとただの皮?ポーpeau?

渋いと言う単語はフランスにはないだろうなぁ、ないわよねー 
と思ってブルターニュに持って来ている豆仏和&和仏辞典を引いてみたらあった!

渋い : (味が)  d'une saveur astringente
(好みが) sobre et raffine(e)
     ~顔をする se renfrogner


へ~ぇ、フランス人も渋い顔するのね。。



渋皮煮は大変美味しく出来上がりました
ラム酒の効いた 酒飲みのデザート☆




[PR]
Commented by tomomato at 2015-10-20 21:11
私も頑張って作ったのよ〜〜〜 手が痛い〜   渋い^ー^  フランス人
渋い顔とくいそうだけれど?? ^0^
Commented by pot-eri at 2015-10-22 06:11
tomoさん、私の作ったのはtomoさんの3分の1の量でした 腱鞘炎にならないようにね、ゆっくり休めてね。
そうね、フランス人って渋い顔しょっちゅうしているかも、特にパリジャン
いや、あれは渋い顔とはちょっと違うかも、渋い顔って無言でするでしょ? パリジャンは渋い顔と同時に吠え立てるから...
Commented by mamiosaki at 2015-10-22 09:36
美味しそう。食べてみたいです。英語でも味の渋みの事Astringentといいます。フランス語と似ていますね。
Commented by pot-eri at 2015-10-24 06:17
mamiちゃんのお家の森に栗の木は無いの? コネチカットもきっと今は栗が手に入る時と思うので、渋皮煮作ってみてね
私が今回作ったのはこのレシピから↓
http://kitchen.woman.excite.co.jp/creation/4734.html
以前に作った時より、作りやすくシンプルなレシピな様に思う。 渋みって世界中にあるものなのね、日本特有なのかと思ってた。
Commented by mamiosaki at 2015-10-24 09:52
レシピありがとうございます。探してみます。マサチューセッツ州に行った時に栗を見たんですが、中身が全部食べられていました。笑
Commented by pot-eri at 2015-10-24 18:53
mamiちゃん、私はパリに居た頃は毎年秋になると森に栗拾いに行っていたのだけれど
ブルターニュに来てから未だ一度も拾いに行けてないの。。
今年もフリマで自作の野菜と栗を売っていたおじいさんから買いました。
栗もきのこも見つかりそうな森は辺りにあるのだけれど車が無いと行かれないから、なかなか実現出来ない
来年こそはー !! まみちゃんも美味しい栗が見つかるといいね。
Commented by Abeille at 2015-10-24 20:47 x
美味しそう!
我が家は私以外ふたりとも栗が苦手なので最近は拾いに行ってないけど、うちから徒歩圏内に
栗たくさん落ちてるよー。来年一緒に栗拾いに行こう!
Commented by pot-eri at 2015-10-25 15:54
abeilleさん、行きたい行きたい!カート持って行くー
栗もカボチャも食べれないなんて... 残念ねぇ。。
by pot-eri | 2015-10-20 18:17 | | Comments(8)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31