シードルカップとセーラー服 etc.. la bolee de cidre et la belouse marine etc..








e0206902_7135813.jpg







日曜はレンヌのヴィッドグルニエ=フリマへ

空がそろそろ明るくなりそうな時間を目指して(7時半くらい)行きます。
かなり大きな市でした。

カフェオレボールとシードルを飲む持ち手のついたカップ、吸い込まれるように手にすると
60代くらいのムッシューが
「これらはねとても古いもの、僕のお婆ちゃんの持ち物でね...
ずっととっておいたのだけれど、もう手放す事にしたの。
他にももっとステキなものが色々あったのだけどね、これが、最後の品。。」

 と奥さんの横でしんみりしてしまって
97歳で他界されたお婆さんのお話、一緒に過ごした思い出...

「大好きだったのよねー お婆ちゃんが」 とマダム

「あの... それならやはりこれは手放さない方がよろしいのでは?」 と私。

「いや、もういいんだ もう十分傍においてきたから 貴女、古いものが好きなようだから嬉しいよ。
そしたらこれも一緒に持って行ってこれで、本当に最後。。」


と、小さなデミタスカップをひとつ差し出されました (私コーヒー飲まないのですけれど、、とは言えず。。)


家へ帰って、ひととおりよーく洗って、
ほっと一息

新入りのシードルカップでハーブティをいただいてみると
手にした感じ、お茶をたっぷり飲む私にはとても具合が良く

装飾と呼ぶにはシンプルすぎる淡い緑の縞模様
一見、どうってこと無いようなこの古ぼけたカップが、
何故長く愛用されてきたのかがわかる様な気がします

そしてこれから日々活躍してもらおう。


ヤドカリ中のレンヌのお義母さんの家にも、こうしてじわじわ私物が増えてきています。。









e0206902_7151048.jpg






工事現場の作業着に、と思って買ったデニムのセーラー服(?)
洗濯して袖を通してみると、
可愛くて作業着にはもったいない!
...かと言って セーラー服着てお出掛けするのも ねぇ...
そういえばセーラー服着たフランス女性ってあまり見かけないかも







e0206902_7144455.jpg





落ち着いた水色、毛織りの手触りも気持ち良い大判の布は
アトリエが完成したら、寒い季節のひざ掛けにいいなー と値段を尋ねてみると
「3ユーロ」 
「2ユーロにしてくれますか?」 と聞いてみたけどだめでした(ケチ!←私が。)

まあいいや、と3ユーロでお持ち帰りすることに。

手洗いして、陰干しした大判の布の隅にチョコンとついている銀の珠をよーく見てみると
SR とあり

えー、そにありきえる
あまり今まで自分とは縁の無いデザイナーさんでしたが
ひざ掛けにはもったいないかなー
ストールにするべきか、と考え直しています。

うふふ、冬が楽しみになってきた☆中秋の名月










[PR]
Commented by tomomato at 2015-09-28 15:48
このセーラーとほぼ同じのを持っています。私のは米軍マリンの放出品、昔のもの。
私は庭仕事に時々きてるー
ムッシュの思い、お茶飲むたびにおもいだすね。
Commented by helebore at 2015-09-28 18:06
週末の収穫ね!このカップすごく懐かしい形だけど、ハーブティに最適なのね。蚤の市に行ってもあまりティカップって見かけないのだけどこれ、いいねー。。。そういえばモンテイユに来てもらったとき、わたしコーヒー勧めちゃったよね。。。飲まないって読んでたのに、気が動転しててごめん、、、あとで、あーって気がついたの。。。
セントジョンズワートのオイル効き目があったようでよかったわ。ででもきゅうとんって、、、その細い身体で。。。無理をしないように少しづつねー。
Commented by pot-eri at 2015-09-29 06:10
tomoさん、これ、お里帰り中のコメントでしょ?どうもありがとうー
わーいtomoさんとお揃いのセーラー服! 庭仕事用の作業着は良いアイデア、
エプロンだと紐が解けたりするから、丁度良いかも、私もそうします。
古いものって気のようなものがついているから苦手って言うヒトもいてその気持ちもわかるけれど
このカップは手にすると心地良い温もりが伝わってくるの。三代目として大切に使いたいと思いまーす。
残りの日本、満喫してねー。
Commented by pot-eri at 2015-09-29 06:25
heleboreさん、ちょっと綴りが変わったのね。
これ、シードル用だけどお茶にぴったり☆エスポワールで見つかるといいね、ブルターニュは本場だから今度もし
heleboreさんに似合いそうなステキなシードルカップと出会ったらお持ち帰りしておくね。
コーヒーね、たまーに飲むこともあるの、だから気にしないでね。
貴重なセントジョンズワートオイル、もったいないけど、使わなければもっともったいないから大切に愛用してますー
南仏の太陽をいっぱい浴びたオイルだから、エネルギーもぎゅっと詰まっているのかもね、ありがとう◎
by pot-eri | 2015-09-28 08:40 | もの | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31