今年の南フランス le Sud de la France 2015









e0206902_23261530.jpg





今年も二人と一匹で南仏へ、
三部構成のヴァカンス、コースは昨年と全く一緒 →★

第一部 : ガール県の小さな村、ブーケ村での音楽祭(ブルトンさんはお仕事)
第二部 : ドローム県南のアントワネットさんのヴァカンス用のお家へご招待
第三部 : ドローム県北のミュージックエレクトロアクースマティックの小フェスティバル


一つだけ昨夏と違って、私をわくわくさせてくれていたことがあります。


それはね、ブログのお友達hellebowwさんとご対面するお約束をしていました。
hellebowwさんは丁度一年前から南仏で暮らされていて、
私たちの行く音楽祭、ブーケ村の近くである事が昨夏ヴァカンスから帰ってきてからわかり
「もし来年も行く様だったら是非会いましょうねー」 とやりとりしていました。

それが実現! ドキドキ...


と言っても、残念な事にhellebowwさんはご主人の転勤で引越しがせまっており、
多分私達の到着に合わせて、引越し期日を考えて下さっていたのではないかと思うのですが
私たちが当初到着予定にしていた翌々日が、hellebowwさん達のお引越しの日でした。
そんな忙しい時なのにー





e0206902_232816.jpg






出発直前になってハプニングが続き、
私達のブーケ村到着は、コンサート初夜には間に合わなくなってしまいました。
お引越しの前夜、南仏での最後の大切な夜に私に会いにブーケ村までhellebowwさんが
ご主人と来てくれたのに、会うことは出来ず。。
翌日=お引越し当日の朝、hellebowwさん達のお家に会いに行くことに。。
南仏からアルザス地方へ、長距離が控えているし最後の最後にやることは色々あると思われる時に

朝7時半頃、hellebowwさん達の暮らす村へ着き、少し道に迷っていると
迎えに来てくれたhellebowwさんは、
想像していた通り、ナチュラルな香り漂う魅力的なお方でした
キラキラした目がとても印象的で、ご主人もとても穏やかな英国紳士さま
でも私、英語出来なくて、、、(汗) ブルトンさんが必死に話してくれていました

引越し当日の朝に朝食まで用意してくださって
私達のために、ファーブルトンを焼いてくれたhellebowwさん
美味しかったー ありがとう☆


初対面なのに、お互いに知っていることがあったり、好きなものが近かったり、
通じているところがあって、こんな風につながることが出来るのはブログ、インターネットの良いところ
としみじみ思いました。
もっともっと日本語でゆっくりお話したかったです。



あまり長居はせずにお別れ(さっき「初めまして」と言ったばかりなのに...)

hellebowwさんが 「本当は一緒に無花果採りに行ったりしたかったの。。」 
と教えてくれた近くの可愛い村へ行くことにしました。






e0206902_0122793.jpg





vezenobres ヴェズノブルという無花果で有名な村
本当に散歩していると、あちらこちらにたわわに実をつけた無花果の木がっ!
9月には無花果祭があるみたい。






e0206902_0152696.jpg





e0206902_016069.jpg





e0206902_0163832.jpg







朝早かったので、太陽もまだ上まで昇らず、人も少なくて気持ちよかった






e0206902_018918.jpg






ついつい、こういうところへ目が行ってしまうぽてりさん、職業病??







e0206902_0192711.jpg






hellebowwさんお会いできてとっても嬉しかったです
この次はもっとゆっくりお話して、一緒にヨガもしたいなー
シアワセに、元気でね☆



[PR]
by pot-eri | 2015-08-29 23:59 | おでかけ | Comments(0)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30