素焼きタイル探し  a la recherche des carreaux de terre cuite









e0206902_4171061.jpg





地上階アトリエの床をどうするか
ここ数ヶ月ずっと考え、調べていました。

陶芸のアトリエでどうせ汚れてしまうので、コンクリートの素の感じで良いかなとずっと思っていたのですが
一度古い素焼きタイルを見てしまってからは→☆
もう気持ちは堅くなっていました。

素焼きタイル、それも古いもの。。

古い素材を扱う業者さんもあるのですが、お値段もそれなりで、予算オーバー、
タイル職人による昔ながらの手法で作られた新しいものなども調べてみましたが
手作りですからね、ごもっともなお値段なのかもしれません... お高い~  
あげくのはてにはポルトガルの業者さんにまで問い合わせてみたり、
(ポルトガルの素焼きタイルの価格はフランスの約半分でした)
遠距離の送料を入れても安い!

そんな折、ルボンコワンというフランスの個人売買のアンノンスのサイトで見つけたっ!
スタイルも大きさも、そして必要としている面積をやや上回るという理想的な量、良心的な価格
しかもブルターニュのお隣の県なので車で探しに行ける範囲内!

早速電話を入れてみますと、
「予約済みで今週見に来る人がいます。まぁ、万が一という事もあるので
来週初めにでも一応電話してみてください」 とのこと、、、

シュン... 
となりながらも、心を入れ替えまた探してみてもなかなか思う様な品は出てきません。。
素焼きタイルではなく、天然素材の石なども考えはじめ...
そしてこの月曜の朝、だめもとでルボンコワンの売主に電話を入れてみました。

「先日の素焼きタイルの件、ほんの少しの希望とチャンスにかけて電話してみたのですけれど、、、」
「あの素焼きタイルね、結局見に来なかったんですよ誰も。。」
「えっ?ということは私に優先権があるということですねっ!」

わーぉ 神様!
こういうことってあるのですね、人生希望は捨ててはいけません。


古いもの、それも大きなお買い物になるので、実物を見てチェックしなければ
アンノンスの写真だけで決めるにはリスクが大きすぎます。


それで一日も早く、実物を見に行って取り押さえなければ、と
S氏に無理を言い、車を出してもらい片道一時間半かけて、今日見に行ってきました。



マイエンヌという美しい河の流れる
なーんにも無い田舎で...









e0206902_4175935.jpg








実際目にした素焼きタイルは、古い家の屋根裏にあったものなので
傷みが少なく、状態はなかなか良いです、
これはあの家のために用意されたもの、という感じ
しかも値段も色々おまけしてくれました。
嬉しいー☆

素焼きタイルが1600枚、重さにして1200kg お買い上げー
と言っても今日はその一部をS氏の車で持ち帰り、
残りはヴァカンス明けにブルトンさんと二人で取りに行くことになっています。

残り、約900kg...    えいえいおー!



そして素焼きタイル貼り以前にやらなければいけないこと、
今あるセメントの床を壊す作業

ヴァカンス明けに待ち受けています







e0206902_4222344.jpg






八月のソンブルイユ
春の花とは違い、どこか悟りの境地のような佇まい
とても好きよ☆



[PR]
Commented by la_mia_coccolina at 2015-08-07 13:57
poteriさん、こんにちは^^
思い描いていた素焼きタイルがお迎えできることになって良かったですね♪
「これ!!」というものが見つかった時は本当に嬉しいですものね。
きっとことレンガたちはpoteriさんとのご縁が最初から決まっていたのだろうなと思いました^^
たくさんたくさん作業もあって気が遠くなるほど大変かもしれないけれど、夢が少しずつ形になっていくって素敵だなぁ♪
遠くから応援しか出来ないけれど、えいえいおー!!
Commented by helleboww at 2015-08-07 15:34
やったねー!おめでとうー!大変だけど(コンクリートの床壊すって、、、一人でやらないよね、、、?)素焼きタイルって足を踏み入れたときの優しい感じが目に浮かぶわー。私たちも今お家探しの真っ最中。安くて便利もいいけどやっぱりかえってきた時ほっと出来るところがいいなーと。ぽてりさんちの幸運ちょっと分けてー。来週あえるかなー。(まだ日にちが決まってない、、、笑)
Commented by pot-eri at 2015-08-07 22:09
coccolinaさん、ありがとう☆
ご縁だったのかな? そうね、きっと♪大切にしなくては。
そうなの、まだまだ沢山たくさん作業がありまーす!
がんばりまーす。
Commented by pot-eri at 2015-08-07 22:16
hellebowwさん、ありがとう、とっても嬉しいです。
コンクリートの床壊しはさすがに私には無理、今日電気ドリル買いにいったのだけれど
重くて持ち上げられなかった。。お友達のご主人S氏の横で私はアシスタントします、耳栓して(笑)
hellebowwさん達も新天地の準備で大変だと思うけれど、素敵な居心地良い住まいが見つかるといいね。
もう来週なのね!連絡しまーす。
Commented by helleboww at 2015-08-09 00:07
poteriさん 連絡先メールで送付したので見てみてね!
Commented by pot-eri at 2015-08-09 03:16
hellebowwさん、ありがとう、でもどうやらこちらの受信に問題がある様なので、今hellebowwさんのところへ別の作戦をコメントさせていただいたところです。
すみません、よろしくお願いします...
Commented by papricagigi at 2015-08-10 02:33
諦めなくて良かった!古い素焼きタイルへのpot-eriさんの熱い想いが別のバイヤーを退けちゃったんだね。来るべき人のところに来る、んだね♪
この素敵な味のあるタイルが敷き詰められた様子、見てみた〜い♪
Commented by pot-eri at 2015-08-10 08:02
papricaさん、こんにちは♪
ぐふふ、退けちゃったのかな?
うん、私も早く見たい!道のりはまだまだ長い~
長い目で見守ってねー、いつもありがとう☆
by pot-eri | 2015-08-07 04:24 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(8)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31