初秋の夕空、セージ茶とノワゼットle ciel du soleil couchant, de la tisane de sauge et des noisettes









e0206902_6481784.jpg







未来の家&アトリエの工事現場のある駅からレンヌ行きの最終電車は20時20分発。
日ごとに、日没時刻が早くなってきている今日この頃
終電を待ちながらの美しい夕空、サンマロの海に沈む
夕日が照らしてくれているのだなぁ。








e0206902_6492374.jpg






色んなことがあるけれど、落ち込んでなどいられない。
地上階アトリエ部分をブロックしていた瓦礫袋の山が無くなったので
古い硝子戸の修復準備に取り掛かっています。
この古い家で私のお気に入りが二つ、それはボロボロの螺旋階段と
このボロボロの硝子の扉。
(これを話すと大抵の人は首を傾げて笑います、私は真剣なのにっ!)

この扉を全て同じように作り直してもらうには、すごくお金が掛かります。
なので、当面はこの愛おしいボロボロ扉に手を加えて維持するつもりでいるのです。
解決策はまだしっかりと見つかっていないのですが、
今日は扉周りの壁に張り付いていた安っぽい木の額を全身の力を振り絞って
取り除きました。
うー 筋肉痛、でも石壁が見えてくるとすっきりと味がでて嬉しい。

次はべっとり塗られているペンキを剥がして木枠の状態をチェックしようと思います。
やっていることが正しいのか、遠回りな無駄な作業なのかもわかりませんが
えいえいおー。


最近の私の元気のもとは、





e0206902_650302.jpg





セージ茶。
朝も昼も夜も、セージ茶ではじまりセージ茶で〆
こころもからだも落ち着きます。







e0206902_6512050.jpg






うちの裏庭に実ってくれる、ヘーゼルナッツ フランス語でノワゼット、
カフェでエスプレッソコーヒーが濃すぎるなぁ、でもカフェクレームほど
たっぷり飲みたくないなぁ、という時は「1(ユヌ)ノワゼット」と注文すると
小さなエスプレッソコーヒーにほんの少しミルクを足してくれます。
その色がノワゼットの実の色の様だからそう呼ぶそう。

日干しにして山ほどあるノワゼット、
ノワゼットを使った美味しい焼き菓子レシピ、探しています
焼き菓子以外でもノワゼットを使った素敵なレシピがあったらぜひ教えてくださいー

[PR]
Commented by la_mia_coccolina at 2014-09-25 08:11
poteriさん、こんにちは^^
「ボロボロの螺旋階段にボロボロのガラスの扉」。。。私も聞いているだけでわくわくしちゃいます^m^
新しいものを古い感じにしようとしてもなかなかその雰囲気は出ないし、やはり時を経たものの趣きは心を捉えますよね。
一つ一つの作業はお話で聞いているよりもはるかに大変なのですよね。
でも、少しずつ素敵になっていく様子をいつも楽しみにしています*^^*
セージのお茶でリラックスしながらね♪ えいえいおー!
木の実は見ているだけでもかわいいな。「1ノワゼット」のお話もまたかわいい♪
Commented by helleboww at 2014-09-25 23:55
そっかー、ぽてりさんのアトリエ(陶房?)も作っているのねー。いいなあああ。。。夢がふくらむよねー。セージ、大家さんの庭に茂っているから、お茶にしてみようと思いながら乾かして忘れてたわー。今夜のんでみます。日本のシュタイナー学校の親だった時、新校舎のお清め?にセージの葉を燃やしてみんなで歩いたこと、思い出しました。デトックスとかにもよさそうよね?ノワゼット、どんぐりかと思ってた。。。このあいだ、くるみは拾いに行ったけど、ノワゼットの木も、どこかに生えていないかなー。あ、ノワゼットって女の子なのね!
Commented by pot-eri at 2014-09-26 03:24
coccolinaさん、ボロボロがわかってくれるのはとても貴重な人、嬉しいー
でもちゃんと完成させなければ、ただのボロボロで終わってしまう...
coccolinaさんがベビードールちゃんに素敵なお洋服を仕立てるように、私も最後までがんばらなくちゃ。
えいえいおー いつもやさしいコメントどうもありがとう☆
Commented by pot-eri at 2014-09-26 03:28
hellebowwさん、南仏ならハーブも気持ちよくカラカラに乾燥してくれるね。
校舎のお清めにセージ、とてもよくわかる様な気がします、どこの国の慣わしなのかしら? 
ノワゼットはクルミより虫食いにあいやすいから拾って穴がないかだけ
チェックしてね。野生の小動物がいるところだと全部持って行かれている可能性が高いかも。。
Commented by helleboww at 2014-09-26 15:42
ネイティヴアメリカンの習慣だと思う。。。セージ茶、もしかしたら苦手かもと思っていたけど、飲んでみたら、おいしかった!定番になりそうです。もっと摘んでこなきゃ。昨日くるみを割ってみたけど、けっこう虫が入ってたなあ。たぶん一度地面に落ちたのはすぐだめになるのかも。栗とかもそうだよね。。。そういえば、栗の木って、あんまりないよね。。。
Commented by pot-eri at 2014-09-27 15:38
hellebowwさん、ネイティヴアメリカンの習慣なのね、良いなぁ。
セージ茶気に入ってもらえて良かった☆ 胡桃にも虫!? うちもいつも
地面に落ちたの拾っているけれど、クルミに虫は遭遇したことないなぁ。。
栗の木、あるところには集中してあると思うのだけれど、どこか素敵な森を探してみて!
それとも寒いところにあるものなのかな? 栗こそ拾ってきたらすぐに
処理しないとダメになってしまう。
栗拾いは楽しいし、美味しい分作業は大変、あーでも拾いに行きたいー
キノコはどうですか?
by pot-eri | 2014-09-25 07:11 | ブルターニュ.日々 | Comments(6)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31