大工のジェラールおじさん  charpentier Gerard









e0206902_5284540.jpg



e0206902_529846.jpg







工事現場にも日常が戻って来ています。

2階と屋根裏の間に取り替えなければいけない梁があり、
大工のジェラールおじさんが来てくれています。






e0206902_5293992.jpg






半ズボンで作業をしてしまうようなお喋りで一風変わったジェラールおじさん、
腕はピカイチなのです。

年の初め、屋根を半分造り直した時の大工さんの話にはあまり触れずにいましたが
はっきり言って不満足な仕上がりでした。
そうは言ってももう出来てしまった屋根をやり直すわけにもいかず、
目を瞑ることにしましたが、もうこの人にはお願いしたくない、
それで、キレイに修復工事をしているabeilleさんに相談し、
ジェラールおじさんを紹介していただきました。

「お喋りだからね」

とabeilleさん達から前もって聞いていたのですが、
七月に初めて見積もりに来てくださったジェラールおじさん、
工事現場に入って来るなり喋る、喋る、ずーっと喋ってるの...そして声が大きくて通るのです。
でも、とても良い人◎
フランスにはコンパニオナージュと言って、職人さんが10年くらいかけ
国内のさまざまな地をまわり経験を積む修業システムがあるそうです。
18世紀頃が起源(←12世紀だって今日ジェラールおじさんが言っていましたので訂正します)のコンパニオナージュは、その後産業革命と共に消えつつある中、
現在もコンパニオナージュを終えた職人さんはコンパニオンと言って、
職人さんの中でもお墨付きのような格付けになっています。
ジェラールおじさんはコンパニオン、お城の修復等も手掛ける信頼出来る
大工さんなのです。

あー、良い大工さんと出会えて良かった。

でも本当に喋る、喋る…
私のことも 「poteri !」と呼び捨て(汗)

梁の取替えが終わった後も、お願いしたいことがいくつかあるので
心強いです。
どうぞよろしく、ジェラールおじさん。

ジェラールおじさん達が上の階で大仕事をしている間のpoteriはと言いますと、





e0206902_5302176.jpg





ちまちまと、地上階の階段にべっとり塗られていた白いペンキを
ヤスリをかけて落としています。
白の下から黄色のペンキも出てきたりしてます、チマチマ…
腱鞘炎にならないように気をつけなくちゃ。





e0206902_5325755.jpg




ブルターニュにラベンダーって? と思いつつ植えたうちの裏庭の子は
数は少ないけれど愛らしいく香しい花をつけてくれています。
まだ暦の上では夏な九月のブルターニュ。




[PR]
Commented by oliverlocca at 2014-09-18 21:01
pot-eriさん
ボンジュール ♪ ジェラールおじさん、素敵! クリスも
半ズボンおじさんだから、親近感が湧く:) 良い大工さんに
巡り会えて良かったね。コンパニオナージュというシステムも
素晴らしい。ずっと続いていくと良いなと思います。
これからの季節、段々花の数も減って来るから、こういうお花も
蜂にとっては貴重よね?うちは、パイナップルセージ隣りの
バジルミントが放置状態だったら、今紫色の花が咲いていて
可愛いから生けようかな?と思っていたんだけど、ハニーの為、
そのままにしておく事にしたところ。日頃から彼らには本当に
お世話になっているから:)それでは、ボンジョルネ ♪
pot-eriさんもペンキはがし、頑張ってねー☆
Commented by pot-eri at 2014-09-19 04:51
loccaさん、ボンジュール♪
クリスさんも半ズボンなのね、半ズボンでも微妙な長さの違いがあるよね。
今日もジェラールおじさんは半ズボンで素晴らしい仕事をして下さいました。
見ていてうっとり、昔ながらの熟練した手作業の技です。
屋根のことには悔やまれることがいっぱい、あー最初からジェラールおじさんにお願いしていれば、、、
と今日何度思ったことか。
でも少し遅れてでも出会えた事にとても感謝しています。
私も、香りのあるうちにラベンダー収穫したいのだけれど、loccaさんと一緒、
蜂が来ているのを見たら、切れなくなっちゃった。
親切にしてくれているご近所さんにラベンダーお届けしたいのだけれど。。。
Commented by Abeille at 2014-09-21 04:08 x
わー、ジェラールさんだー。
poteriさんにも喜んでもらえてよかったー。
我が家の梁もとっても素晴らしい出来栄えで大満足。
うちのご近所さんもジェラールさんに頼んでたけど美しい仕上がりだったよ。
それにしてもコンパニオナージュが12世紀からってすごいね! 私にもし息子がいたら絶対やらせてたわー。 現在は女子でもできるようになった職種もあるみたいだけど基本は男の世界みたいだよね。
職人の中の職人、素晴らしい。。。
Commented by pot-eri at 2014-09-22 07:11
abeilleさん、ジェラールさんだよー
素晴らしいお仕事に感動しました、abeilleさん達にも大感謝ですありがとう☆
もっと早くからお願いしてれば良かった。。
女子にも出来る仕事? 小abeilleちゃんに向いてそうな職種はないのかしら??
by pot-eri | 2014-09-18 00:54 | 未来の石の家.アトリエ | Comments(4)

懐かしい未来へ... フランス ブルターニュ地方、小さな古い家の修復作業 手さぐりな日々の暮し  *陶のアトリエHP* http://atelieraonoto.web.fc2.com/  


by poteri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30